最終更新日:

転職エージェントを使わないで転職できる?利用した方が確実に成功する

転職エージェントを使わない

「転職エージェントを使わないで転職する方法は?」「転職エージェントは使わなくても転職できる?」「転職エージェントを使わないメリットやデメリットは?」

転職エージェントは転職活動を有利にしてくれるサービスですが、利用せずに転職活動する求職者も少なくありません。

転職エージェントを使わなくても転職活動は可能。しかし、利用した方が確実に効率がアップするため希望の転職が実現します。

本記事では、転職エージェントを使わない方が良いと想定される場合、使わないメリット・デメリット、転職エージェントを使わない転職方法を詳しく解説していきましょう。

効率よく転職するための併用おすすめ転職エージェントもご紹介します。

転職エージェントを使わない方が良いと想定される場合

  • ベンチャー企業や中小企業への転職
  • 知名度が高い大企業への転職
  • 離職率の低いホワイト企業への転職
  • 転職したい企業が決まっている

上記に当てはまる場合、転職エージェントを利用しなくても転職活動はスムーズに進みそうですが、転職エージェントを使わない方が良いケースはほぼありません。

どんな求職者でも転職活動には転職エージェントを利用しないより利用した方が効率的よ♪

ベンチャー企業や中小企業への転職

大手ほど資金に余裕がないベンチャー企業や中小企業は、転職エージェントに求人の依頼を出さないイメージが強いでしょう。

しかし、転職エージェントは入社が決まって始めて報酬が発生する成功報酬型のシステムのため、企業が普通に求人を募集するよりもコストがかかりません。

ベンチャー企業や中小企業に強い転職エージェントもあるため、利用した方が希望に近い求人が見つかりやすいです。

知名度が高い大企業への転職

テレビCMを頻繁に流していたり消費者が直接商品と関わる誰もが知るような大手企業では、公式サイトや求人誌で大々的に募集を出すと応募が殺到してしまいます。

非公開求人で応募者を厳選+ピンポイントで欲しい人材を確保するために、転職エージェントに依頼している大手企業は多いです。

中には限られた転職エージェントにしか求人を出していない企業もあるため、転職エージェントを利用した方が確実に選択肢が広がります。

離職率の低いホワイト企業への転職

福利厚生も待遇も良く業績も安定しているホワイト企業は、そもそも離職者が少ないです。

欠員が出なければ求人を出す必要はないと考えられがちですが、特定の分野での採用強化や管理職クラスの募集など条件に合う人材を転職エージェントにピンポイントで依頼します。

実際に転職エージェントにも定着率90%以上の求人は多数存在

離職率の低いホワイト企業に転職したい人こそ転職エージェントを利用すべきです。

転職したい企業が決まっている場合

業界や職種ではなく転職したい企業が決まっている場合、企業の採用ページから直接応募する方法もあります。

転職エージェントを経由しないため直接の方が内定までスピーディーなイメージがあるかもしれません。

しかし時期によっては大量募集をしておらず公式サイトに情報がない場合も。

大々的に募集がない時期でも転職エージェントに非公開で求人を出している可能性が高いので、まずは転職エージェントで転職したい企業の求人を探す方が確実です。

転職エージェントを使わないメリット

転職エージェントを使わないと自分の意思だけで転職可能

転職エージェントを使わない場合は担当者の意見に左右されずに自分のペースで転職活動ができます

自分の希望から外れた求人を紹介されたり、転職を急かされたりする心配はありません。

複数の企業に応募して選考が進み面接や内定を辞退する場面があっても、エージェントとの関係を気にせず自分の意思だけで調整可能です

一人だと自分の思うままに転職活動できるけど、転職サポートがないと不安だね。

自分のペースで進められる分、客観的な意見なしで転職活動をするリスクも責任もあるわ。エージェントと相談しながら自分の意見を尊重しつつ適度なペースで転職活動できるのが理想ね。

転職エージェントを使わないデメリット

転職エージェントを使わないと非公開求人に応募不可

転職エージェントは一般には公開されていない非公開求人を多数保有。

中にはその転職エージェント限定の独占求人もあります。

転職エージェントを使わないと非公開求人の応募はおろか閲覧すらできません。

転職エージェントを使わないとサポートがない

転職エージェントを使わないとサポートがないため、下記全てが一人での作業になります。

    転職エージェントのサポート内容

  1. 希望条件に合った求人の厳選
  2. 求人募集企業の情報収集
  3. 応募書類の添削
  4. 面接日時の調整、面接対策
  5. 面接後のフォロー
  6. 年収交渉

求人を厳選してもらえない

転職エージェントは面談で求職者の経験やスキル、希望条件を細かくヒアリングします。

保有している全求人の中から求職者にマッチする求人を厳選して幅広く提案。

求人を探す時間と手間が大幅に削減できます。

転職エージェントを使わないと、自分の経験やスキルで応募できるか、希望条件にどれだけ近いか、膨大な求人を一つ一つチェックしなければなりません。

企業の内部情報を知れない

転職エージェントは企業と太いパイプを構築していて人事とも深く繋がっています。

把握している情報は、求人票にはない職場の雰囲気や上司・同僚の人柄、企業が求める人物像から好印象のアピール方法まで。

転職エージェントを使わないと企業の内部情報は知れないため、転職活動が不利になります。

応募書類の指導・添削がない

転職エージェントは履歴書や職務経歴書の添削をしてくれます。

企業の人事担当者がどんなアピールを好むか把握しているため、書類選考通過率が高いです。

転職エージェントを使わないと第三者の添削はなく自力で書類選考に通過できる書類を作成するしかありません。

日程調整も面接対策も自分一人での作業に

転職活動では複数の企業に応募し同時に選考を進める方が効率的です。

転職エージェントでは各企業との面倒な面接日時の調整や面接対策、退職の引継ぎを考慮した入社日の調整もしてくれます。

転職エージェントを使わないと全ての日程調整から対策まで自分一人での作業、応募企業が増えるほど管理の難易度が高くなるでしょう。

面接後のフォローがない

転職エージェントは面接後にも手厚いフォローがあります。

面接に失敗した場合は求職者の魅力を改めて企業にプッシュしてくれるため、挽回も可能。

面接後に転職エージェントの担当者に想定と異なった点を伝えれば、面接を分析して次の面接に活かせるアドバイスをもらえます。

一人で転職活動していると、面接の失敗を挽回する場面も面接後の第三者による分析もありません。

面接が苦手な求職者は面接通過率に大きな差が生まれるでしょう。

年収がアップしやすいエージェントの年収交渉がない

年収交渉に長けている転職エージェントも少なくありません。

交渉力の高い担当者が求職者に代わって企業と年収交渉してくれるため、希望の年収額よりアップする可能性が高いです。

提示する年収額に見合ったキャリアをアピールできれば自分での年収交渉も可能ですが、転職エージェントの年収交渉よりは確実性は低いでしょう。

転職エージェントを利用すれば時間の節約にもなるし、手厚いサポートで転職が有利になるのは間違いないわ。

転職エージェントを使わない転職方法

転職エージェントを利用した方が良いのはわかったけど、それでも信用できないとか人に意見されたくないとかの理由で使いたくない人もいるよね?転職エージェントを使わないで効率的な転職方法ってあるのかな?

転職エージェントを使わない方法①転職サイト

転職サイトとは、企業の求人情報が大量に掲載され登録した求職者が自由に求人の閲覧・応募ができるサービスです。

業界や職種、勤務地、給与など検索機能が充実していて、どんな企業がどんな条件で求人を募集しているかがわかりやすくなっています。

担当のキャリアアドバイザーのサポートがあるのが転職エージェントで、自分一人で転職活動を進めるのが転職サイトです。

転職サイトには大量の求人がありますが、一人で選定するため時間と手間がかかるのは否めません。

リクナビNEXT

求人数4万件超!利用満足度No.1
日本最大級の求人データベースから検索可能&AIが最適な求人をレコメンドする転職サイト。
本格診断サービス「グッドポイント診断」で自分の適性を把握できる。

【公式サイト】https://next.rikunabi.com/
登録は5分で完了!

転職エージェントを使わない方法②ハローワークを使う

ハローワークとは職業相談や求人紹介などの就職・転職支援が受けられる公共の機関です。

中小企業や地元の企業を希望するならハローワークで希望に近い求人が見つかるでしょう。

書類選考なしで面接から始まる企業も多いため、結果がすぐにわかるメリットがあります。

転職エージェントを使わない方法③企業採用ページからの直接応募

企業のコーポレートサイトの採用ページで求人募集をしている企業も多いです。

転職したい企業が決まっているなら直接応募の方が早い場合もありますが、書類の添削や内部情報の共有、年収交渉などの転職サポートはありません。

自分の市場価値を見誤って転職活動をすれば希望通りの転職は実現しにくいでしょう。

自分の市場価値がよくわからない場合は、転職アプリ「ミイダス(MIIDAS)」を利用すれば簡単に市場価値の診断ができます。

ミイダス

自分のキャリアを見いだす適性チェックができるアプリ。社会人だけでなくニートでも想定年収が算出され、自分の市場価値がわかる。
オファーはすべて面接確約で転職活動が効率的。

【公式サイト】https://miidas.jp/
市場価値を5分で算出!

転職エージェントを使わない方法④在籍社員からの紹介

入社したい企業に在籍している社員と交流があれば、人事担当者に推薦してもらう方法もあります。

推薦されて特別に選考をしてもらうため、面接後や内定後にイメージと違う企業だったと感じても辞退するのは難しいです。

スムーズに入社できたとしても縁故採用は周囲からよく思われない可能性もあるので、気を遣わないといけません。

一人での転職活動はメリットが少ないの。転職でのキャリアップを目指すなら転職エージェントを利用する方がスムーズよ☆

転職エージェントを使わないよりも併用した方が効率的

転職エージェントを使わない転職方法もありますが、希望通りの転職をスムーズに成功させるためにも転職エージェントを利用するのが賢明です。

転職エージェントは複数併用すれば転職活動がより円滑になります。

特性やサポートの質、得意な求人はエージェントごとに異なるので下記から自分に合った転職エージェントを選びましょう。

併用おすすめ転職エージェント

経験が浅い20代におすすめ

DYM就職 ジェイック
(JAIC)
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~39歳
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、フリーター 社会人未経験、中退者もOK
支援実績 20000名以上を支援 正社員就職成功者5000人
特徴 書類選考なし
優良企業2千社
就職率96%
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)

経験がある20~30代におすすめ

リクルートエージェント マイナビエージェント
転職エージェント
主な年齢層 20代~35歳 20代~35歳
主なサポート対象者 全転職者に対応 20代、第二新卒、1~3回目の転職者
支援実績 採用成功実績は41万人超 20代の信頼No.1を獲得
特徴 業界最大手
求人数No.1
面接対策が充実
サポートが◎
中小企業に特化
IT系にも強い
簡単登録
(無料)


女性におすすめ

doda パソナキャリア
転職エージェント
主な年齢層 20~30代 25~35歳
主なサポート対象者 全転職者、女性にも好評 東名阪のハイクラス層、女性
支援実績 業界30年の採用成功実績 顧客満足度調査1位
特徴 求人約10万件
非公開多数
丁寧なサポート
年収UP率67%
大都市圏の求人が豊富
簡単登録
(無料)


転職エージェントを使わないより利用して希望の転職を実現

転職エージェントを使わない転職方法で転職に成功している人も少なからずいます。

しかし、転職エージェントを利用した方が転職活動は効率的です。

    転職エージェントを使わないデメリット

  1. 非公開求人の閲覧・応募不可
  2. 求人を厳選されず内部情報も知れない
  3. 応募書類の添削がない
  4. 面接対策も面接後のフォローもなし
  5. 自分で日程調整、年収交渉が必要

転職エージェントを使わないのはデメリットの方が大きいでしょう。

転職エージェントを利用して希望通りの転職を成功させましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事