最終更新日:

アパレルの企画ってどんな仕事?仕事内容や必要なスキル、将来性などを徹底解説

アパレル会社の企画の仕事というと、あまり具体的なイメージがわかない人が多いかもしれません。

企画の仕事というのは、新しい商品を企画するためのデータ分析から始まり、どうやって流通させるのか、さらには販売数量をどうするのかなど、新商品の上流から下流まで一連の工程を進めていく重要な仕事です。デザイナーや工場の生産、営業職まで様々な専門スタッフと共同し、仕事を進めていくことが求められます。

企画の仕事は、データの分析やマーケティングの要素が強く、新商品の企画販売を進めていくうえでの司令塔のような存在です。工程全体を俯瞰的にとらえ、各部署の進捗管理も行っていきます。どうすれば売れる商品を最適な形でお客様のもとへ届けることができるのか、商品だけではなく売り方や魅せ方を設計していく、非常にやりがいのある仕事です。

アパレル会社の企画職というのは実際にはどのような仕事をしているのか、必要なスキル、具体的な仕事の流れ、さらには待遇や将来性などについてご説明します。

アパレル会社の企画職の仕事内容

アパレル会社の企画職の仕事内容は、商品の企画から販売企画まで、商品販売のために、様々な戦略を立て実行に移していく仕事です。また、戦略の実現に向け、専門職のスタッフの間を調整し、全体のスケジュール管理も行わなければならない、非常に高度な仕事です。

企画職の具体的な中身について詳しくご紹介していきます。

アパレルの企画職が果たすべき役割とは

アパレル会社の企画職はその名の通り、新しい商品や販売に関する企画を立て、その実現に向けて社内を巻き込み推進していくことが仕事です。

ただ企画するといっても、自分の頭の中で考えた、やりたい企画を進めていけるという訳ではありません。企画職の、重要な役割の一つが、データの収集とその分析です。現在自社がどのような状況に置かれているのか、競合はどうなっているのか、世界的なトレンドはどうなっているのか、様々な角度から情報を分析し、売れる商品や売るための方法を考えていくことが求められます。

また、分析に基づいた戦略を立てることができれば、それを各部署と共同して実行に移していかなければなりません。企画職だけではどんな商品も生み出すことはできず、お客様のもとに届けることはできません。デザイナーがデザインという形に昇華させ、生産部門が量産体制を整え、販売部門が実際の販売を行っていくことが必要です。

これらの部門や専門スタッフの間を調整し、全体の工程や進捗を管理し、一つの方向に向かって進めていくことも企画職の重要な役割です。

アパレルの企画の仕事の流れとは

アパレル会社の企画職は、具体的にどのように仕事を進めていくのでしょうか。一般的な流れについてご説明をしていきます。

新たな商品を企画していく際は、まずは、全体スケジュールをひいて、対応すべき事項の洗い出しを行います。商品の発売から逆算し、対応していかなければなりません。

そして、世の中のトレンドや競合の情報を徹底的にリサーチし、分析を行います。場合によっては、現在の最新のトレンドだけではなく、過去にまでさかのぼって、情報分析を行う場合もあります。企画職は特に、高い視点から物事をみて、思考することができる能力が求められます。様々な角度から分析した情報は、視野を高めるためにも有効です。

  • 対応事項の洗い出し
  • トレンドや競合調査

新商品の戦略は、デザイナーやマーチャンダイザーなどと協力しながら立案していきます。デザイナーがデザインを描いたり、素材の選定を行っていったりする際にも、方向性がずれていないかなど一歩引いた目線からチェックしていきます。

デザインから生産に移っていくときには、スムーズに進むように間に入って調整をし、納期にも目を配ります。さらに、販売については、営業職や販売スタッフともに、最適な販売戦略を検討していきます。

このように、企画職というのは、戦略を立て、商品を生み出し、販売するまでの全工程を管理、調整するという非常に多様な仕事を行っています。現在のプロジェクトがどのフェーズにあるかによって、企画職の仕事内容は大きく変わるといえます。

アパレル会社の企画職となるため経験やスキルについて

新しい企画を考え、形にしていく企画職の仕事にチャレンジしたいと考えている人も多いかもしれません。企画職にはどのような経験やスキルが求められるのかについて解説していきます。

未経験でも相性の良い業界や職種というのはなにかあるか

アパレル会社の企画職になるためには、他の業界でも構わないため、何らかの企画を行う経験があると有利となります。情報を収集分析し、そこから仮説や戦略を立て、実行していったという経験は、どの企画職でも応用が利きます。

また、アパレル以外でもモノづくりのメーカーに勤めていた経験は役に立つ可能性があります。商品を企画し生産していく基本の流れは、どこのメーカーも同じです。商品が出来上がるまでの工程を理解していると役立ちます。そのほか、コンサルタントの職種も、情報の分析や企画立案という要素が近いため、相性がいいといえます。

アパレルの企画職に必要なスキルや資格はどんなものがあるか

アパレルの企画職に必ず必要なスキルは、物事を俯瞰的にとらえるスキルです。大きな戦略に基づいて様々な社内外の折衝を行い、ゴールに向かってプロジェクトを進めていく力が求められます。特に、関係者が増えるほど、全体を捉えて判断できる力は非常に重要になります。また、冷静な情報収集、分析能力も必要不可欠です。データに基づいて物事を検討していかなければなりません。

さらに、コミュニケーション能力も大切となってきます。様々な部署の間に入って調整をしたり、指示を出したりするのが企画職の役目です。円滑に人に動いてもらうことができるような対人能力が必要です。

なお、デザインに関するスキルは必ずしも求められるわけではありません。専門的な部分はデザイナーに任せ、あくまでも全体の戦略を立て、進行していくことができる能力が重要です。

こんな人はアパレル会社の企画職に向いないので注意

アパレル会社の企画職に向いていないのはどのような人でしょうか。まず、決められた領域の仕事をしていたいという人には向いていません。企画職は、社内全体の仕事や役割を把握し、臨機応変に対応をしていかなければなりません。イレギュラーの対応ができない人には難しい仕事になっています。

また、新しいことを学ぶのが苦手だという人も避けたほうがいいかもしれません。企画を立てる際には、情報収集や分析によって新しいトレンドを読み解くことが求められます。常にまわりの人より先に、学び続けることが必要な仕事です。

アパレル会社の企画職の待遇や将来性について

アパレル会社の企画職は一般的に、その企業の中である程度の地位や待遇が与えられているといえます。始めは小さな販促の企画から始まるかもしれませんが、新商品の企画などへと活躍の幅を拡げていくことも期待できます。

現在アパレル業界は、EC化の流れや、トレンドの多様化など、様々な変化が急激に生じています。そして、従来の商品や売り方では、通用しなくなってきています。このような状況だからこそ、企画職に求められる役割は大きくなってきているといえます。現状をいち早く分析し、次の手を考えていくことができれば、変化を捉えて会社を大きく伸ばしていくことも可能です。

スピード感を持って企画を立て、実行に移していくことができる企画職が今後は求められていくと考えられます。


RECOMMEND

関連記事