最終更新日:

アパレルのグラフィックデザイナーってどんな仕事?仕事内容や必要なスキル、将来性などを徹底解説

アパレル会社のグラフィックデザイナーの仕事というと、あまり具体的なイメージがわかない人が多いかもしれません。アパレル会社によっては、グラフィックデザインは、外注に依頼するという会社もよくみかけます。しかし、大手企業やブランドの世界観の統一にこだわる企業は、インハウスのグラフィックデザイナーを自社で雇い、活躍の場を設けています。

グラフィックデザイナーは、広告やポスター、カタログやパッケージなどの制作物をデザインすることが主な業務です。社内の各部署と連携を取りながら、ブランドや商品を深く理解し、最適な魅せ方を考えなければならない、非常に重要な仕事です。実際の商品を手に取りたくなるような、表現方法が求められます。

グラフィックデザイナー仕事は、感性だけではなく、データの分析やマーケティングの要素も必要です。デザインや訴求方法によってどれだけお客様の反応率が変化するかなど、データを集めながら、対応していくことが重要です。

アパレル会社のグラフィックデザイナーというのは実際にはどのような仕事をしているのか、必要なスキル、具体的な仕事の流れ、さらには待遇や将来性などについてご説明します。

アパレル会社のグラフィックデザイナーの仕事内容

アパレル会社のグラフィックデザイナーの仕事内容は、ブランドの世界観や商品アイテムを、いかに魅力的に表現するかを考え、お客様の自社へのブランドイメージを高め、購買意欲を喚起することが仕事です。

広告やポスターなどだけではなく、パッケージやカタログ、場合によってはwebのデザインにも携わることがあります。グラフィックデザイナーの具体的な中身について詳しくご紹介していきます。

アパレルのグラフィックデザイナーが果たすべき役割とは

アパレル会社のグラフィックデザイナーは、ブランドの世界観や商品を、グラフィックによって表現することが仕事です。アパレル会社のデザイナーというと洋服そのものをデザインすることイメージされやすいですが、グラフィックデザイナーは、その洋服や商品が一番魅力的に見える表現方法をデザインする役割を担っています。

具体的には、下記の様に様々なアイテムのデザインを手掛けていきます。

  • 広告やポスター
  • カタログ
  • パンフレット
  • 店舗の什器
  • ディスプレイ
  • ホームページ

デザインするといっても、自由な発想でゼロからイチを生み出す独創性というよりも、いかにブランドが表現したいものをくみ取り、形にするかということが非常に重要です。そのためには、社内のデザイナーやディレクター、マーチャンダイザーなど各部署と連携を取りながら、仕事を進めていくことが求められます。

現在のトレンドや最新の表現技法など、常に外部からの情報収集を行い、それらを取り入れたデザインを描いていくことが大切です。

アパレルのグラフィックデザイナーの仕事の流れとは

アパレル会社のグラフィックデザイナーは、具体的にどのように仕事を進めていくのでしょうか。ここではポスターの作成を一つの例として、一般的な流れについてご説明をしていきます。

新たなブランドや商品の開発を行う会議の中に、グラフィックデザイナーも参加し、そのコンセプトや魅せ方を検討していきます。そして、競合や世の中のトレンドなどの情報収集や分析を、徹底的に行っていきます。仕事の時だけではなく、日々の生活の中で、雑誌や広告などに目を向け、感度を高めておくことが大切です。

また、これまでの自社の制作物を洗い出し、引き継ぐべきテイストや、変更すべき箇所などの検討をします。ポスターにモデルが必要であれば、モデルの検討も併せて行います。

実際の商品が出来上がってくれば、カメラマンと協力しながら撮影を行い、写真を仕上げます。そして、それらの素材を組み合わせながら、ポスターという具体的な制作物に落とし込んでいきます。時には何十パターンも案を出し、チームで最適なデザインを探していきます。デザインが完成すれば、印刷所に発注し、ポスターが完成となります。

  1. コンセプト決め
  2. 競合調査など
  3. 撮影
  4. 制作

現在のプロジェクトがどのフェーズにあるかによって、グラフィックデザイナーの仕事内容は大きく変わるといえます。

アパレル会社のグラフィックデザイナーとなるため経験やスキルについて

ブランドの世界観を表現し、たくさんの人の目に触れるポスターやパッケージなどを生み出すグラフィックデザイナーの仕事に、チャレンジしたいと考えている人も多いかもしれません。グラフィックデザイナーには、どのような経験やスキルが求められるのかについて解説していきます。

未経験でも相性の良い業界や職種というのはなにかあるか

アパレル会社のグラフィックデザイナーというのは、専門職のため、何らかのグラフィックデザインの経験が必要となり、全くの未経験は難しい場合があります。ただ、グラフィックデザイナーとしての仕事の経験がなくても、大学や専門学校、または趣味などでグラフィックデザインの制作物があれば、力を認めてもらえる可能性はあります。また、グラフィックデザイン以外でもなんらかのデザイナーとしての経験があれば、有利となります。

広告会社やカタログの制作会社など、アパレルに限らず幅広くグラフィックデザインを経験していると役に立ちます。そのほか、メーカーなどブランドイメージを大切にする企業での経験は相性がいいといえます。

アパレルのグラフィックデザイナーに必要なスキルや資格はどんなものがあるか

アパレルのグラフィックデザイナーに必ず必要なスキルは、相手の意図を読み取って形にする力です。独りよがりになるのではなく、会社やブランドの大きな方向性やイメージを的確に読み取るスキルが非常に重要です。そして、それを他の人に共感してもらえるような形で、表現していかなければなりません。また、日ごろから情報の感度を高くし、新しいトレンドや表現方法を取り入れていく姿勢も大切です。

グラフィックデザインの仕事を行うにあたっては、IllustratorやPhotoshopというソフトを使用する場合が多く、これらを使いこなせる必要があります。そのほか色や空間把握に関するスキルがあれば、役立ちます。

こんな人はアパレル会社のグラフィックデザイナーに向いないので注意

アパレル会社のグラフィックデザイナーに向いていないのはどのような人でしょうか。まず、自分が素晴らしいと思う表現やデザインを追求したいという人には合っていません。企業で求められるグラフィックデザインは、芸術ではありません。どれだけ企業価値を高め、どれだけブランドイメージを高めることができるか、そしてそれが売り上げへとつながるかが重要です。冷静な思考でデザインの検討ができない人は、避けておきましょう。

また、人と関わることが苦手だという人も向いていないかもしれません。新しいグラフィックデザインを検討する際は、必ず社内のチームメンバーと協力して進めていくことが求められます。相手のことを理解し、自分の考えを理解してもらうコミュニケーションに抵抗がある人には、難しい仕事になります。

アパレル会社のグラフィックデザイナーの待遇や将来性について

アパレル会社のグラフィックデザイナーは、一般的に、その企業の中である程度の地位や待遇が与えられているといえます。始めは小さなウェブページのデザインから始まるかもしれませんが、シーズンカタログやつり革広告のデザインなどへと活躍の幅を拡げていくことも期待できます。

現在アパレル業界は、EC化の流れが進んでおり、今後はwebのデザインがグラフィックデザイナーにとって非常に重要なフィールドとなってくる可能性があります。また、グラフィックデザインの仕事は業界に関わらず、スキルの転用がしやすい職種です。しっかりとインハウスのグラフィックデザイナーとして実績を積み重ねていけば、その後のキャリアの幅は大きく拡がっていくといえます。


RECOMMEND

関連記事