最終更新日:

20代外資系企業向け転職エージェントは?20代外資系転職の実態と転職方法

20代外資系企業向け転職エージェントは?20代外資系転職の実態と転職方法

20代転職で外資系企業を目指すには、「どの転職エージェントがいいのか」「外資系に転職する方法は?」「日系企業との違いは?」など疑問ですよね。

本記事では、20代外資系転職の実態や外資系企業のメリット/デメリット、20代外資系転職を成功させる方法と20代外資系転職向き転職エージェントをご紹介します。

20代転職で外資系企業を目指す人は、読破必須の一記事。

>>20代外資系転職向き転職エージェントはこちら<<

20代外資系転職の実態

外資系企業はスキル重視

日系企業が採用において年齢重視するのに対し、外資系企業はスキルを重視します。

外資系企業は募集をかける際に職種別で求人を出すため、転職成功させるには希望職種の実務経験やスキルが必須です。

求められる人物象が20代前半・後半で異なる

20代の中でも、20代前半と後半では外資系企業から求められる人物像が異なります。

・20代前半
営業・事務職の求人が多く専門性が低い、未経験歓迎のケースもあり転職しやすい
・20代後半
マネジメント経験が問われる求人が多く、管理職経験やチームワークの有無などをチェックされる。職種スキルだけでなくマネジメント能力が必要

よって、未経験から外資系企業へ転職を目指す場合には、20代前半であれば成功しやすいと言えます。

外資系企業に求められるスキル・能力

・英語力
・コミュニケーション能力
・自主性

英語力

外資系企業には英語が不可欠ですが、企業の環境によって求められる英語力が異なります。

同僚/上司/クライアントが多国籍
社内公用語が英語のケースが多く、日常会話レベルの英語力が必要
海外拠点勤務
英語/現地の言葉をビジネスレベルで話せなければならない
人事関連の部署/研究や技術職
外部取引があり、専門用語を用いた高いビジネスレベルの英語力が求められる

上記に当てはまらない部署でも、英語力不足で業務に支障が出ないよう日常会話や読み書きなど最低限の英語力は必要です。

コミュニケーション能力

多国籍の社員が存在する企業では年齢関係なく上司・部下や同僚がおり、国内企業のように年功序列はありません。

様々な社員と仕事をする上で、意見を交わすのは重要です。

自主性

外資系企業では、年棒制+インセンティブ制度が採用されており、従業員は自身の成果をあげる意識で業務にあたります。

よって、自主性がある人ほど成果を上げていき給与にも差が出るのです。

また、上記のように働く意識が異なる点から、ストレートに意見を伝えあう場面が多いため自身から意見を発信する根気強さが無ければなりません。

外資系企業の面接でも、意見が言えるかをみられるので、未経験での転職でも自主性をしっかりアピールしましょう。

外資系企業のメリット/デメリット

外資系企業のメリット

  • キャリア/スキルアップしやすい
  • 高年収を狙える
  • 仕事とプライベートの両立がしやすい
  • 視野/世界感が広がる

上述したように、外資系企業は実力主義のため向上心が高い人が多いです。それにより、常に学んでいく必要がありキャリア・スキルアップしやすいと言えます。

また、若年層であっても年収800万円を超える人が存在するなど成果により高年収を目指せるので、実力で評価されたい人は向いているでしょう。

実力主義の外資系企業では、成果が出ていれば早い時間で退勤できるので仕事とプライベートの両立も可能です。

外資系には様々な国や業界の人が集うため、自身とは異なる考え方・視点に触れられて世界感が広がります。

外資系企業のデメリット

・成果を出し続けなければならない
・収入が不安定
・日系企業と比べ福利厚生がない/少ない

メリットにある「実力で評価される」制度は、常に成果を出し続けなければならないデメリットにもなります。

社員全員は結果を意識しているため気を抜けばすぐに追い抜かれてしまったり、成果は収入にもつながるため仕事でプレッシャーを感じる可能性も。

また、日系に比べて企業規模によらず福利厚生が充実していない傾向があります。しかし、外資系企業は年収が高いため、福利厚生を考慮して支払われていると言えるでしょう。

企業を探す際には、年収に惑わされず福利厚生などトータルを含めて検討するのが得策です。

20代外資系転職を成功させる方法

  • 企業の特徴を把握する
  • 英語面接の対策をする
  • 経験/実績を具体的に伝える
  • 論理的思考力をアピール
  • 転職エージェントを活用する

企業の特徴を把握する

外資系企業への転職で失敗しないためには、日系企業との相違点を確認しましょう。

外資系企業でも、日系企業に近い企業もあるので「何基準に評価されるのか」「公用語は英語か」など事前に把握すれば、入社してからのギャップを防止できます。

英語面接の対策をする

英語で面接を進められるケースも多いため、日本語だけでなく英語での面接対策をしておく必要があります。

面接会場も、出向く場合と電話・スカイプなどで海外本社と繋げて実施される場合も。

経験/実績を具体的に伝える

外資系企業では入社後すぐに即戦力として見られるので、経験・実績は重要視されます。

転職したらどのように貢献できるのか・今までの実績を具体的な数字を盛り込んで伝えると効果的です。

外資系企業では、管理者クラスの採用も多いためマネジメント能力があればどのように活かせるのかを伝えるといいでしょう。

論理的思考力をアピール

情報を素早くとらえ効率よく論理的に考える能力(ロジカルシンキング)が必須とされる外資系企業。「考えを整理し、簡潔に説明できる」とアピールしましょう。

面接では、自身を分析して強みをアピールできると高い評価を得られる可能性があります。

転職エージェントを活用する

外資系企業に強い転職エージェントを利用すれば、企業の内部情報や英語書類の添削などをサポートしてくれるためスムーズな転職活動が可能です。

目指す業界・職種や求めるサポート内容で、自身に合った転職エージェントを利用すると有利になります。

20代外資系転職向き転職エージェント

ランスタッド キャリアカーバー
転職サイト
ランスタッド
キャリアカーバー
タイプ 転職エージェント 転職サイト
アドバイザー 専任制 ヘッドハンターがアドバイザーの役割を担う
サポート 英文レジュメフォーマット/書き方公開 「外資系」でヒットするヘッドハンター約800名
実績 年間約20万人の転職サポート実績 転職時の平均年収900万円
特徴 世界39の国/地域に4600以上の拠点あり 年収600万円以上の人向け
面談 平日~19:00
※土日祝不可
ヘッドハンターとのやり取りで各自調整
案件年収 800~
3,000万円
600~
2,000万円
主な
業種・職種
外資系企業
技術/エンジニア/管理職
IT系・管理職/役員・経営
公式サイト


リクルート
エージェント
Spring転職エージェント
転職サイト
リクルートエージェント
Spring転職エージェント
タイプ 転職エージェント
アドバイザー 専任制 複数担当する場合あり
サポート 英文レジュメフォーマット/書き方公開 英文レジュメフォーマット/外資系企業転職術公開
実績 老舗ならではの転職ノウハウで採用成功実績41万人超 2018年 利用者満足度No.1
特徴 求人数No.1
面接対策充実
コンサルタントが6つの専門分野に分かれている
面談 10時~19時半
※土日対応
9時半~20時
※事前相談で土日対応
案件年収 300~
1,000万円
300~
1,000万円
主な
業種・職種
IT・通信業界
営業・SE/ITエンジニア職
外資系企業/メーカー/IT・通信系
公式サイト

※情報は2020/8/14現在

20代外資系転職 転職エージェントで効率化

外資系企業は、日系企業と重視される点が違ったり、英語での書類作成や面接対策があるため転職エージェントを活用すると効率よく転職活動ができます。

1社だけでなく、いくつかの転職エージェントを併用すればサポート・求人数の幅が広がるため更に効果的です。

外資系企業に転職する際は、年収だけでなく評価基準や福利厚生・内部情報を把握したうえで応募し、入社後のギャップを減らすと転職成功する可能性が高いでしょう。

20代外資系転職向き転職エージェント
ランスタッド
キャリアカーバー
リクルートエージェント
Spring転職エージェント

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事