最終更新日:

外資系グローバルディーラーとは?仕事内容やスキルを紹介

まずディーラーとは、「特定の自動車メーカーを直接販売やメンテナンスする業態の店」のことです。そして、外資系でグローバル展開となると主に外車を取り扱うことになります。このページでは、ディーラー全般の仕事内容やスキル、外資系だと何が違うのか、といったことを解説していきます。

外資系グローバルディーラーの仕事内容

まずディーラーの仕事内容は、顧客対応、アフターサポート、営業等になります。車を売るために顧客に対して営業を行い、売れたらその後のフォローも行います。

外資系グローバルディーラーの役割・フロー

ディーラーの役割は車の販売からアフターフォローで、そのためには顧客とのコミュニケーションや書類作成が不可欠になります。一人の顧客に対する作業フローは営業~アフターフォローまでですが、当然複数の顧客に対して同時に対応する必要があるので、1日の作業内容は多岐に渡ります。

そして、ディーラーの役割は外資系でも日系企業でも同じです。同様に営業~アフターフォローまでを行います。

外資系グローバルディーラーに求められる経験


外資系グローバルディーラーになるためにまず日系企業で働くべきなのかという疑問が出てくるかもしれませんが、結論としてはいきなり外資系のグローバルディーラーになって問題ありません。

未経験でも相性が良い業界・職種

外資系グローバルディーラーは営業職の部分が多いので、他の業界でも営業職の経験があると転職に有利です。ただし、取り扱う商品が車なので、車に詳しい車好きである必要はあります。

また外資系を目指すのであれば、英語での業務経験があるとより良いです。

外資系グローバルディーラーに求められるスキル・資格

外資系グローバルディーラーに求められるスキルや資格について紹介します。

外資系グローバルディーラーに求められるスキル

外資系グローバルディーラーに求められるスキルは以下です。

  • コミュニケーション能力
  • 書類作成能力
  • 忍耐力
  • 英語力

すべての能力が必須というわけではありませんが、少なくとも顧客とやり取りするためのコミュニケーション能力や、基本的な書類作成能力は必須です。次に、忍耐力も重要です。カーディーラーの仕事は高額商品を営業販売することになるので、顧客から信頼を得なければ売れません。

しかし信頼を得ることは簡単ではなく、顧客から厳しい言葉を浴びせられることも多いです。顧客に何を言われても顧客第一で動く必要があるので、大変な面も多いでしょう。

最後に英語力ですが、外資系企業では英語力が重視されます。カーディーラーの場合も例外ではなく、英語力があると仕事の幅が広がります。

外資系グローバルディーラーに求められる資格

車の整備を行う場合は整備士資格が必要ですが、ディーラーのような営業職では資格は必要ありません。ただし、洗車や納車の際には運転するので普通自動車免許は必須です。さすがに運転免許を持っていないと採用されないでしょう。

外資系グローバルディーラーの注意点

外資系グローバルディーラーを目指す前に、その仕事が自分に合っているかどうか確認する必要があります。もちろんやってみなければわからないことの方が多いのですが、せめて事前にわかっていることは確認し、自分に向いているかどうか判断すると入社後のギャップを減らせます。

外資系グローバルディーラーに不向きな人の特徴

外資系グローバルディーラーに不向きな人の特徴は以下です。

  • 顧客の機嫌取りはやりたくない
  • 高額商品の営業という責任重大な仕事は厳しい
  • 顧客に何か言われた際に傷つきやすい
  • プライベートな時間を大切にしたい

以上のような条件に当てはまるとディーラーは厳しいでしょう。営業職のなかでも特に高額商品を取り扱うことになるので、その分責任も重く、顧客をより大切にする必要があります。

顧客とは深くかかわっていくことになるので、傷つくことを言われる可能性もあるでしょう。最後にプライベートな時間に関してですが、もちろんディーラーはまったく休みがないというわけではありません。

しかし、まず土日は基本的に仕事があり、顧客のスケジュールに合わせて動く必要もあります。たとえば、顧客が土日の夜しか会えないと言えば、それに合わせて顧客宅を訪問することもあります。

外資系グローバルディーラーの給与・待遇・将来性

ディーラーの平均年収は400万円~500万円程度です。しかし、ディーラーはインセンティブが付くので、売り上げに応じて収入も増えます。また外資系はより実力主義なので、平均年収を大きく上回る年収を得られる可能性もあります。

待遇に関しては他の職種と同水準ですが、土日休みではなく火曜休みのケースが多いです。火曜以外にももう1日休んで週休2日の週もあれば、火曜日のみの週休1日の週もあるイメージです。

参考URL
http://careergarden.jp/jidoushadealer/salary/

今後の推移

若者を中心に車離れが進んでおり売り上げが落ちている、今は車もネットで買える時代なのでディーラーは必要ない、といったことが言われることもあります。これが100%事実というわけではありませんが、上記の指摘もあながち間違いではありません。

しかし、もしもディーラーという職業自体の規模が縮小しても、車に関する知識や営業のノウハウを活かして転職や独立することは十分可能です。そういう意味では、将来性のある職業と言えるでしょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事