最終更新日:

障害者でも転職エージェントを利用できる?障害者の転職が成功する方法とは

障害者でも転職エージェントを利用できる?

「障害者は転職エージェントを利用できる?」「転職エージェントの利用は障害者の転職活動にも有益?」

障害者は転職の難易度が高く、一人で転職活動すると時間と手間がかかり非効率です。

転職エージェントの利用を検討していても転職活動に有益かわからず、登録を迷っている障害者は少なくありません。

障害者に特化した転職エージェントや障害者をサポートする転職エージェントもあるため、上手に活用すれば希望の転職が成功します。

本記事では、障害者が転職エージェントを利用できるか、転職エージェントを利用するメリット、転職エージェントを障害者が上手く活用する方法を詳しく解説していきましょう。

障害者の転職をより確実にする利用すべき転職エージェントもご紹介します。

障害者は転職エージェントを利用可能?

厚生労働省の令和元年「障害者雇用状況の集計結果」によると雇用障害者数は56万人を超え、対前年で4.8%(約2万5千人)増加しています。

一般的な転職活動より障害者の転職活動は躓きやすいですが、転職エージェントを利用するとスムーズです。

転職エージェントは障害者も問題なく利用可能、実際に転職エージェントを利用して転職に成功した障害者も数多くいます

障害者の転職は働ける職場を選ぶのにも苦労するから、転職エージェントを活用した方が転職しやすいわ☆

障害者が転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントは企業の障害者枠に詳しい

障害者雇用促進法で全従業員数の2.2%以上の障害者の雇用が義務付けられているため、従業員が45.5人以上の企業は障害者を一人以上雇用しなければなりません。

一人で転職活動していると、障害者雇用枠の空き状況や職場が障害者に対応しているかわからず、無駄が多くなります。

転職エージェントなら企業と繋がっていて障害者枠が空いている求人だけを厳選して紹介してくれるため、転職効率のアップは確実です。

転職エージェントは障害者に配慮してくれる企業を紹介

障害者は企業側に配慮してもらわなければ、長く働き続けられない場合もあります。

一人での転職活動では障害の状態や働き方など全て自分で説明しなければなりません。

転職エージェントを利用すれば障害の状態をあらかじめ企業に伝えてくれるため、転職活動の負担が軽減するでしょう。

転職エージェントは障害者の年収交渉に尽力

障害者の年収の相場を知らないと希望年収額より低い条件になりかねません。

転職エージェントのキャリアアドバイザーは障害者雇用の年収の相場を把握しているため、障害者のキャリアに応じた年収交渉が可能。

年収に見合った実績や経験があれば、希望年収額よりアップする場合も多いです。

障害の状態によって求人を厳選、非公開の優良求人もあって希望額以上の年収交渉まで!障害者は転職エージェントを利用するとメリットがたくさん♪

障害者が転職エージェントを利用するデメリット

転職エージェントは障害者手帳の所持者のみに障害者雇用枠を紹介

障害者雇用枠には、障害者手帳を持っていないと応募できません。

障害者手帳申請中の場合は障害者雇用枠の求人を紹介されないため、申請が通って障害者手帳が発行されてから再度転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントを障害者が利用できない場合も

転職エージェントには様々なサポートの基準が設けられています。

障害者をサポートしていない転職エージェントの場合、「現在紹介できる求人はない」旨のメールが届き実質サービスを利用できません。

転職エージェントが障害者のサポートをしているか確認し、障害者でも利用できる転職エージェントを選びましょう。

転職エージェントを障害者が上手く活用する方法

転職エージェントに障害特性を伝える

転職エージェントには自分の障害の特性を伝えておくと求人紹介がスムーズになります。

どのような業務ならできて、何ができないのかを詳細にすり合わせるとミスマッチが起きにくいです。

転職エージェントに障害者雇用の疑問や不安点を確認

障害者に特化した転職エージェントには、豊富な障害者の転職成功実績に基づいた転職ノウハウがあります。

これまでサポートした障害者の障害の度合いからどのような職場で働けるのかを熟知しているため、障害者雇用の様々な不安や悩みの解決法の提案が可能です。

疑問や不明点が少しでもあれば障害者雇用に精通したキャリアアドバイザーに遠慮せずに質問しましょう。

転職エージェントを併用して転職効率アップ

転職エージェントによって特性やサポートの質、得意な求人は異なります。

転職エージェントを2社以上併用すれば、求人の選択肢が広がるため、自分に合う転職エージェントを選びましょう。

登録・利用は全て無料です。

障害者特化の転職エージェントを利用

障害者に特化した転職エージェントには、障害者採用に精通したキャリアアドバイザーが在籍しています。

紹介求人も障害者向けだけなので、登録すると転職活動が効率的です。

身体障害者にはバリアフリーの職場、精神障害者には心的負担のかかりにくい職場の紹介など障害の症状によって適切な支援があります。

エージェントサーナ アットジーピー
転職エージェント エージェントサーナ公式サイト atGP公式サイト
主な年齢層 20~40代 20~40代
主なサポート対象者 障害者特化 障害者特化
支援実績 障害者支援28年の実績 障害者転職サポート実績No.1
特徴 2ヶ月以内の内定率60% 好条件の企業多数。全国対応
簡単登録
(無料)

障害者サポートのある転職エージェントを利用

障害者支援をしている総合型転職エージェントもあります。

障害者雇用枠以外の求人も豊富なため、軽度の障害なら一般枠での選考も可能です。

doda
転職エージェント
主な年齢層 26~35歳
主なサポート対象者 関東、関西、東海の大卒以上
支援実績 業界30年の採用成功実績
特徴 障害者転職支援(dodaチャレンジ)サービス有
簡単登録
(無料)
Spring転職エージェント ランスタッド
転職エージェント
主な年齢層 20~40代 20~35歳
主なサポート対象者 全転職者に対応 全転職者に対応
支援実績 大手優良企業への紹介実績多数 年間約20万人の転職サポート実績
特徴 障害者転職支援(Social Partners)サービス有 障害者転職支援(チャレンジド)サービス有
簡単登録
(無料)

障害者でも転職エージェントを利用して希望の転職を実現

障害者の転職は難易度が高く、一人での転職活動は非効率です。

転職エージェントを利用すれば障害者の転職実績豊富なキャリアアドバイザーが手厚くサポートしてくれるため、転職活動がスムーズになります。

障害者雇用に特化した転職エージェントと総合型転職エージェントを併用し、効率よく希望の転職を実現しましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事