最終更新日:

パタンナーの仕事内容とは?アパレル業界でパタンナーに転職成功する方法

パタンナーの仕事内容とは?アパレル業界でパタンナーに転職成功する方法

「パタンナーの仕事内容は?」「パタンナーになるには?」

アパレル業界でのパタンナーは少数精鋭と言われ、就職や転職が難しいと感じる人も多いのではないでしょうか。

今回はパタンナーとは何か?から、パタンナーになる方法・仕事内容・年収や将来性までご紹介します。

パタンナーへの転職をより確実にする転職エージェントも併せてご紹介しましょう。

あなたはパタンナーに向いてる?
適性診断をするにはこちら→

パタンナーとは

パタンナーって具体的にどんな仕事をする職種なの?

パタンナーとはファッション・アパレル業界において、服や靴などのデザイン画からパターン(型紙)を創る仕事です。

いくら優秀なデザイナーがいてもパタンナーなしでは商品は完成しないので、パタンナーは重要なポジションを担っています。

パタンナーは緻密さ繊細さ根気強さが必要な仕事です。

優秀なデザイナーには必ずと言っていいほど信頼できるパタンナーがパートナーになってるわ♪

パタンナーとデザイナーの違い

パタンナーを目指す上で比較されやすいのがデザイナーですが、業務内容や役割は全く異なります。

デザイナー パタンナー
役割 服・鞄などのデザインを考案 服・鞄などの設計図を作成
経験 未経験でもセンスや知識があれば採用される 未経験募集もあるが、基本的には知識と経験が必要
必須
資格
なし なし

デザイナーとパタンナーは常に意見を交わしながら業務を進めます。

パタンナーの力量次第で仕上がりの印象や見栄えは大きく左右されるため、デザイナー以上にパタンナーは重要なポジションです。

デザイナーとパタンナーの意思疎通ができないと仕事にならないの。二人三脚で仕事をすすめるのよ★

パタンナーの仕事内容

パタンナーの代表的な仕事の流れは以下の通りです。今回は洋服の作成を想定しています。

  1. 仕様書の作成
  2. パターンの作成
  3. トワールチェック
  4. サンプルの作成

【1.仕様書の作成】
仕様書とはいわば「服の設計図」です。

デザイナーから受け取ったデザインから1着の服を作成するために必要な情報を全て記入していきます。

【仕様書に記載する例】
・それぞれのパーツの長さ
・生地の素材
・ボタンの形・個数
・タグの位置

少しでも記入漏れがあれば制作工場から何度も問い合わせが来たり、タグの位置が違っていたりと、問題が発生してしまいます。

見習い期間は仕様書のみを作成するケースも多く、パタンナーの業務の中で避けては通れない根気の要る作業です。

1つの商品を作成するための情報を漏れなく記入するのはパタンナーの業務の中でもかなり大変なの。

【2.パターンの作成】
仕様書を基に型紙の作成・生地の裁断します。

1ミリ単位のズレが洋服全体の仕上がりに大きく関わるため、的確さ・繊細さが求められる作業です。

【3.トワールチェック】
実際に作成した型紙や裁断した生地をトワール(人型模型)に実際に合わせる作業です。

パタンナーの一番の腕の見せ所で、生地の浮きや見栄えなどの修正部分に気づく感覚が必要になります。

トワールチェックが甘いと服だけじゃなくてブランド全体の価値も下げかねないわ。

【4.サンプルの作成】
仕上がった服が仕様書通りに作成できているか最終チェック。

その後、量産を求められる場合は量産するための仕様書やパターンの作成をします。

パタンナーは服が完成するまでの全ての工程に関わってるんだね!

パタンナーになるには

パタンナーになるにはどうすればいいのかな?

パタンナーに必要な経験・スキル

パタンナーになるには服の基礎から応用まで把握する必要があるため、服飾専門の大学・専門学校・短大を卒業後、企業へ就職するのが一般的です。

パタンナーを未経験で採用している企業は少ないので、アパレル関連企業にデザイナーや営業として就職後、経験を積んでからパタンナーになるケースもあります。

仕様書やパターン作成にはアパレルCADを使用するようになっているため、アパレルCADのスキルは必須でしょう。

未経験でもパタンナーにはなれるけど、トワールチェックなどの業務に携われるまでには最低でも3年ほどかかるわ。

パタンナーに必要な資格

パタンナーになるために必要な必須の資格はありません

ただし、専門知識やスキルを証明するために推奨されている資格は下記の通りです。

  1. パターンメイキング技能検定
  2. CAD利用技術者試験

①パターンメイキング技能検定

パターンメイキング技能検定とは、アパレル・リテール企業等のパターン技術者として十分な活躍ができる技術を証明する検定です。

パターンメイキング技能検定の取得でデザイナーとして就職する際も有利になるケースもあります。

難易度
3級 入門レベル。ファッション(服飾)専門学校などで1~2年間ファッション造形知識・技術とパターンメーキングに関する教育を履修した程度。
2級 ファッション(服飾)専門学校などで3年間、ファッション造形知識・技術・工業用パターンメーキングやグレーディングに関する専門的な教育を履修した程度。
1級 アパレル企業のパターンメーキング部門などで、量産を前提としたパターンメーキング実務経験を5~6年程度積んだレベル。

パタンナーとして働く際は2級以上であれば転職や就職に有利です。

パターンメイキング技能検定は実技試験もあってかなり本格的なの★腕試しとして受けてみるのもおすすめね♡

②CAD利用技術者試験

アパレルCADに特化した試験ではありませんが、CAD技能を証明する手段としてパタンナーで取得する人も多いです。

CADには2次元と3次元がありますが、アパレルで使用するのはほぼ2次元CADのため、2次元のみの取得で十分でしょう。

パタンナーの働き方

パタンナーの就職先はファッション・アパレル業界で、以下のような企業になります。

・アパレルメーカー
・デザイン会社
・縫製工場

大小様々な規模の企業でパタンナーは活躍の場がありますが、1つの企業でパタンナーとして働く人数は企業規模に関わらず少ないです。

パタンナーは正社員での採用が中心ですが、フリーランスやアルバイト・パートなどで働く人もいます。

パタンナーだけじゃなくてアパレル業界全体が雇用形態に縛られない働き方を選ぶ子が多い傾向なの。

パタンナーに向いている人

パタンナーに向いている人の特徴は以下の通りです。

  1. 根気強さ・集中力がある
  2. PC作業が苦ではない
  3. コミュニケーション能力がある

商品のズレを1ミリ単位で修正を繰り返して進めるパタンナーの仕事は根気強さ集中力が不可欠です。

仕様書やパターンの作成は基本的にパソコンで業務を行うため、パソコンに抵抗がある人には不向きな仕事になります。

デザイナーと蜜にコミュニケーションを取り合いながら業務を進めていくので、コミュニケーションも必要です。

デザイン画を見ただけでパターンを瞬時に想像できるまでにはかなりの経験と技術が必要になるんだって!

パタンナーは実際に服に触れる時間より、パソコンで作業をする時間の方が圧倒的に長いのよ。

パタンナーの年収・将来性

パタンナーの年収

一般企業に勤める場合、パタンナーの年収は300万円~500万円ほどと言われています。

専門性が問われる割に年収は低いため、スキルと経験を積んでからフリーランスとして独立する人も少なくありません。

フリーランスで人気のパタンナーになれば年収1000万円以上も狙えます。

企業に勤めていれば年収1000万円は厳しいわ。パタンナーで高収入を狙うにはフリーランスがよさそうね。

パタンナーの将来性

今後、AI化が進んだとしても最終調整や感覚が必要な部分はパタンナーが必要になります。

そのため、パタンナーはより専門性や感覚が優れた人材が重宝されるようになるでしょう。

パタンナーの働き方は現在もかなり自由に選択できるので、技術を磨けば活躍の場は幅広くあるようです。

パタンナーへの転職を転職エージェントで効率化

在職中の転職活動は1人でできる範囲には限界があります。

パタンナーへの転職を成功させるためには、アパレル業界に特化した転職エージェントの利用がおすすめです。

クリーデンスはアパレル・ファッション専門の転職エージェントで、スキルや経験を活かした転職がスムーズに成功できます。

アパレル・ファッション業界に特化したクリーデンスの公式【公式サイト】https://career.levtech.jp/lp/604ad/

サイト名 クリーデンス
登録ユーザー数 14万3000人
求人数 2,800社+
非公開求人500件以上
対象地域 関東・関西・中部

クリーデンスは大手転職エージェントのdodaで知られるパーソルキャリアが運営しています。

クリーデンスには、アパレル関連の営業や販売員の他に、パタンナーの求人も豊富。

クリーデンスのキャリアアドバイザーは全員アパレル・ファッション業界経験者で、パタンナーについても専門的な内容まで相談可能です。

クリーデンスは年収交渉なども得意な転職エージェントなの★

\1分で登録完了!/

パタンナーの適正があるか知る

正確性・経験・専門的な感覚が重要なパタンナーは「バランス」「継続力」「柔軟性」などに長けている人には向いている仕事です。

自分がパタンナーに向いているか判断する方法はあるの!?

パタンナーの適性をすぐに知りたい人はリクナビNEXTのサービス「グットポイント診断」を利用しましょう。

簡単な質問に答えるだけで自分の強みが見つかる本格診断サービスです。

\無料で手軽に適性がわかる!/

診断結果ではあなたならではの5つの強みが分かり、仕事の向き不向きの適性をチェックできます。
パタンナーに向いているか分かるリクナビNEXTのグットポイント診断

リクナビNEXTでもパタンナーの求人を多数取り扱っています。

簡単に適性が見えてくるので、自分にパタンナーが向いているか知りたい人はさっそくチェックしてみましょう。

\無料で手軽に適性がわかる!/

グットポイント診断の詳しい手順はコチラ→

【グッドポイント診断のメリット】
・リクナビNEXT会員限定で本格診断が無料
・どこでも手軽に診断可
・自分の強みを客観的に把握できる
・診断結果は求人応募時に添付OK
・自己分析の負担が軽減され転職効率アップ
リクナビNEXT

求人数4万件超!利用満足度No.1
日本最大級の求人データベースから検索可能&AIが最適な求人をおすすめする転職サイト。
本格診断サービス「グッドポイント診断」で自分の適性を把握できる。

【公式サイト】https://next.rikunabi.com/
登録は3分で完了!

パタンナーとはアパレル業界で重要な職種

ファッション・アパレル業界ではデザイナーばかり注目されがちですが、パタンナーは縁の下の力持ちとしてなくてはならない職業です。

グットポイント診断・転職エージェントを有効活用してパタンナーへの第一歩を踏み出しましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事