最終更新日:

短期離職者は転職エージェントを使わないと損?短期離職後の転職成功法

短期離職者の転職エージェント活用法

「短期離職者は転職エージェントを使える?」
「短期離職者向けの転職エージェントは?」
「短期離職者のエージェント活用法は?」

短期離職後に転職エージェントを利用できるかわからず、登録を迷う人は少なくありません。

短期離職者でも転職エージェントは利用可能、短期離職が不利にならない求人と手厚いサポートを活用すれば、効率良く転職が成功します

今回は短期離職者が利用できる転職エージェントと、短期離職者の転職エージェント活用法を詳しく解説していきましょう。

監修者_画像
佐竹 遼平
採用コンサルタント
新卒で人材会社に入社→大手人材会社エン・ジャパンへ転職。人材業界歴8年で、若手の転職・キャリアチェンジ・ハイクラス転職に精通。大手から中小まで1,000企業超の採用を支援。現在はセールスマーケターとして活躍中。

■主な経歴・実績
元エン・ジャパン採用支援担当
採用支援実績1,000社以上

短期離職者に最適な転職エージェント

まずは短期離職者に最適な転職エージェントをご紹介★自分に合ったサービスを利用すれば転職が成功するわ!

経験が浅い第二新卒の短期離職者向け

マイナビジョブ20’s 就職Shop
転職エージェント
主な年齢層 20代 20代
主なサポート対象者 東名阪の第二新卒・フリーター・短期離職者 学歴・職歴・社会人経験不問
短期離職も歓迎
支援実績 累計利用者
41万人
突破
利用者累計
13万人超
特徴 20代対象の求人のみ。ポテンシャル採用中心 書類選考なし
優良企業1万社
最短7日で内定
簡単登録
(無料)
えーかお
キャリア
UZUZ
転職エージェント
主な年齢層 18〜29歳 20代
主なサポート対象者 中退、ニート、短期離職者 既卒、第二新卒、フリーター
短期離職者
支援実績 毎月300名以上の面談に対応 11万人以上の就業をサポート
特徴 20代に特化
Google口コミ評価☆4.8
定着率93.6%
ブラック企業を徹底排除
簡単登録
(無料)

経験が浅い20~30代の短期離職者向け

DYM就職 就職カレッジ
転職エージェント
主な年齢層
18~35歳
18~35歳
主なサポート対象者 短期離職者、既卒、第二新卒、中退者、フリーター、ニート
支援実績 経験が浅い若年層を積極支援 入社後の定着率92.2%
特徴 優良企業を厳選
人物重視の採用
親身なサポート
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)

経験がある20~40代の短期離職者向け

リクルート
エージェント
LHH転職エージェント
転職エージェント
主な年齢層 20~50代 20~40代
主なサポート対象者 経験やスキルがあれば
短期離職者も歓迎
支援実績 採用成功実績は54万人超 平均101万円
年収アップ
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
専門分野に精通
年収UP率62%
面談を断らない
簡単登録
(無料)

短期離職者はエージェントを使わないと損

短期離職って言ってもどの程度の期間が「短期」って言われるのかな?

一般的な短期離職の定義

業界や企業・個人でも「短期」の定義は変わりますが、一般的に短期離職は勤続3年以内での退職を指します。

1年程度でスキルが身につく職種もあれば、3年以上かけても一人前になれない実務レベルが高い職種もあるでしょう。

若手ばかりの企業では勤続3年は長いと捉えられても、ミドル層の多い老舗企業では勤続3年だと短いです。

どの企業でも勤続年数1年以内の子は短期離職してるって思われるわ。

短期離職者はイメージが良くない

短期離職した人は、面接官から下記のイメージを抱かれます。

【短期離職に抱かれるイメージ】
・我慢強さがない
・自己分析ができていない
・計画性がない
・社会人としての基礎がおろそか
・業界/職種の知識や経験、スキルが浅い

行動力や決断力などを評価してもらえる短期離職者もいますが、ほとんどの企業ではマイナスな印象です。

短期離職者のイメージは面接官が様々な懸念を抱く要因になります。

【短期離職者の企業の懸念点】
・採用してもまたすぐに辞めるのでは?
・忍耐力がないのでは?
・考えが甘いのでは?

書類選考の志望動機や面接の自己PRで懸念点を払拭できないと採用を見送られかねません。

他の応募者と比較して短期離職者は不利になるから、一人で転職活動を進めると大変なんだね!

短期離職者はエージェントで有利に

短期離職者は、応募書類の内容や面接での受け答え一つで採用企業にネガティブな印象を与えます

    転職に失敗する短期離職者の特徴

  1. 短期離職の原因を曖昧に話す
  2. 今後のキャリアビジョンが不明確
  3. 転職先で働きたい理由に説得力がない

数年の実務経験を積んだ求職者と比較すると経歴が見劣りしてしまうため、短期離職者の書類選考や面接の難易度は決して低くありません。

    短期離職を不利にしない準備

  1. 短期離職した要因を整理できている
  2. 要因を解消できる具体的な解決策がある
  3. 解決策を既に実行できているor実行予定

転職エージェントではキャリアカウンセリングから内定獲得まで転職活動をトータルサポートしてくれます。

転職エージェント_サービス一覧

専任のアドバイザーがポイントを押さえた自己PRや志望動機を一緒に考えてくれるので、選考通過率が格段にアップするでしょう。

短期離職者はエージェントで選択肢増

転職エージェントは、ハローワークや求人サイトには公開されない非公開求人を多数保有

非公開求人には大手優良企業の好条件の募集が多いです。

転職エージェントの利用者に優先紹介されるため、非公開求人が選択肢に入れば短期離職者でも希望条件以上の転職が成功するでしょう。

転職エージェントが保有する50%~90%が非公開求人なの!登録するだけで選択肢が倍以上になるわ♡

短期離職者でも推薦状を提出

転職エージェントは、面談の内容から推薦状を作成し、選考企業に必要書類と合わせて提出してくれます。

推薦状には熱意や人柄・企業に推薦する理由などを記載、第三者からの評価を書類選考時に伝えられる。

自己PRや志望動機に説得力が増し、短期離職者でも書類選考を通過しやすいです。

企業側は書類選考の時点で人物像を把握できるので、ミスマッチが起こりにくくなります

推薦状の内容は希望すればどの転職エージェントでも基本的に見せてもらえるわ★気になる子は申し出ましょ♪

転職エージェント利用前に短期離職の現状把握

短期離職者への印象は転職時の年齢によっても大きく異なるの。

一般的に年齢が高く経験やスキルが浅い短期離職者の転職は不利です。

短期離職者はなるべく若い内に、30代以上で在職中ならできるだけスキルを磨いてから転職を検討しましょう。

20代の短期離職者

厚生労働省の新規学卒者の離職状況によると、約3人に1人が3年以内に短期離職しています。

企業は20代に仕事への意欲や熱意、将来性やポテンシャルを求めているため、経歴はそこまで重視されません

短期離職を繰り返していると選考通過率は下がりますが、20代なら有利に転職可能です。

30代の短期離職者

厚生労働省の転職者実態調査の概況によると、30代の約3人に1人が前職を2年以内に短期離職しています。

企業は30代に即戦力性やマネジメント能力を求めているため、実務経験やスキルが浅い30代は採用されません

短期離職を繰り返していればより不利になりますが、転職でスキルアップ・キャリアアップが実現している30代なら十分に転職可能です。

40代の短期離職者

厚生労働省の雇用の構造に関する実態調査によると、40代の転職者の約4人に1人が前職を2年以内に短期離職しています。

企業は40代に豊富な経験や高い専門性、マネジメントや指導能力を求めているため、未経験職種へのキャリアチェンジは厳しいでしょう。

短期離職を繰り返していても企業への付加価値をアピールして、希望条件にこだわらなければ転職は不可能ではありません

短期離職者向け転職エージェントの詳細

経験が浅い第二新卒の短期離職者向け

短期離職した20代に好条件求人

マイナビジョブ20'sの公式

拠点:東京・名古屋・大阪
【公式サイト】https://mynavi-job20s.jp/

マイナビジョブ20’sは年間3万4000人が登録する20代専門の転職エージェントです。

求人の50%以上が未経験歓迎で、人柄やポテンシャルを評価されて大手企業に就職できた短期離職者も多数います。

好条件の企業を探す20代の短期離職者は絶対に登録しておきましょう。

短期離職からの未経験歓迎

就職shopの公式

拠点:東京・埼玉・千葉・神奈川・大阪・神戸・京都
【公式サイト】https://www.ss-shop.jp/

就職Shopは正社員経験がない・少ない20代向けの転職エージェントです。

利用者の9割が20代で、直接訪問して取材した信頼できる1万社の優良企業の中から求人を紹介してもらえます。

すべての求人が未経験歓迎・書類選考なしで面接に進めるので、短期離職した第二新卒には最適なエージェントでしょう。

短期離職からのキャリアチェンジが◎

えーかおキャリア公式

対応エリア:東京・千葉・神奈川・埼玉・大阪・京都・兵庫・奈良
【公式サイト】https://e-kao.co.jp/

えーかおキャリアは学校中退・フリーター・ニート・早期退職者など、不利な経歴を持つ20代向けの就職・転職支援サービスです。

毎月300名以上の面談を実施し、カウンセラーが100%マンツーマン対応でサポートします。

未経験職種への転職実績も多いため、短期離職後にキャリアチェンジを目指す20代には外せないサービスでしょう。

短期離職でも経歴不問で全力サポート

UZUZLP

拠点:東京・大阪・北海道
【公式サイト】https://uzuz.jp/

UZUZは第二新卒・既卒・フリーター・ニートなど、経験が浅い20代向けの転職エージェントです。

厳しい自社基準でブラック企業を徹底排除し、3,000社以上の優良企業から求職者にベストマッチする求人を紹介してくれます。

入社後のサポート体制も万全で約95%と定着率も高いため、短期離職した第二新卒には最適なエージェントでしょう。

経験が浅い20~30代の短期離職者向け

短期離職を不利にしない

DYM就職公式

拠点:東京、札幌、仙台、名古屋、京都、大阪、広島、福岡
【公式サイト】https://www.dshu.jp/

DYM就職は第二新卒やフリーターなど若年層向けの転職エージェントです。

厳選した優良企業から短期離職者でも不利にならない求人を紹介してくれます。

長期的に働ける企業へ素早く転職したい短期離職者は、必ず利用するべきでしょう。

短期離職でも書類選考なし

就職カレッジの公式サイト

拠点:東京・神奈川・仙台・大阪・名古屋
   広島・福岡
【公式サイト】https://www.jaic-college.jp/

就職カレッジは経歴やスキルに自信がない人向けの転職エージェントです。

正社員求人のみを保有し、就職成功率81.1%・入社後定着率91.3%の手厚いサポートで、これまでに2万人以上の転職支援実績があります。

書類選考なしの集団面接会では最短2週間での転職も可能なので、転職が不安な短期離職者はまず相談してみましょう。

経験がある20~40代の短期離職者向け

短期離職者でも選択肢が豊富

リクルートエージェントの公式サイト

拠点:全国
【公式サイト】https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは求人数・転職支援実績No.1の転職エージェントです。

業界・職種が幅広く、短期離職した人でも応募できる未経験可の求人が豊富にあります。

模擬面接やセミナーなど面接対策が充実しているので、短期離職者でも不安なく転職活動ができるでしょう。

短期離職者でも面談を断らない

LHH転職エージェントの公式

拠点:東京・大阪・名古屋
※3拠点以外の地域でも随時個別転職相談会を開催しています

【公式サイト】https://jp.lhh.com/

LHH転職エージェントは世界最大手の人材サービス企業「アデコ」が運営する転職エージェントです。

アドバイスやサポートの専門性が高く、企業とのマッチング精度はピカイチ。年収UP率は59%を誇ります。

基本的に面談を断らないので、転職エージェントを利用できるか不安な短期離職者は積極的に利用しましょう。

短期離職者の転職エージェント有効活用法

短期離職者は転職前に市場価値診断

転職活動の前に、自分の市場価値を正確に把握しておけば求人のミスマッチを防げるため、短期離職でも不利になりません。

ミイダスは、あなたの本当の価値を“見いだす”効率的な就職活動ができるアプリです。

簡単な質問に答えるだけで想定年収が算出され、自分の今の市場価値がわかります。

短期離職者の転職エージェントと診断(※会員登録完了後に自動で市場価値を算出)

業界大手「doda」の運営会社の新ブランドで、同社が持つ膨大な過去の就職者データから自分のキャリアの分析が可能。

すぐに42万社以上の優良企業に経歴が公開され、企業からオファーが届くシステムです。

短期離職者は転職前に自己分析を徹底

短期離職した人は、転職活動前に徹底的に自己分析しておくのが賢明です。

自分の強みを整理・詳細まで的確に把握していれば志望動機に説得力が生まれ、納得感のあるアピールができます。

事前に仕事の適性を理解していれば、自分に向いている仕事を探せるので効率的です。

急に自己分析なんて言われても難しいよ。自分の強みや仕事の適性が簡単にわかる方法はないの?

自己分析が苦手・自分の適性を今すぐ診断したい人は、リクナビNEXTのグッドポイント診断を利用しましょう。

簡単な質問に答えるだけで自分の強みが見つかる本格診断サービスで、時間もお金もかけずに仕事の向き不向きの適性をチェックできます

短期離職者の転職エージェントと診断(※会員登録すると無料で診断できます)

業界最大手の「RECRUIT」が開発しているため、診断結果の精度も信頼性も抜群です。

たった数分で適性が見えてくるので、自分にどんな仕事が向いているか知りたい人はさっそくチェックしてみましょう。

短期離職者は早めに転職活動を始める

短期離職した後は次の企業が決まるまでのブランク期間が短くなるよう素早く転職活動を進めましょう。

ブランク期間が長くなるほど転職に不利に働きます。

【ブランク期間が長い人の面接官の懸念点】
・働く意欲が低い
・計画性がない
・ビジネスの感覚が鈍っている
・入社後すぐに働く環境に慣れない

離職後3ヶ月以上経っていると利用できない転職エージェントもあるので、在職中に転職活動を始められるのが理想的です。

短期離職を考えているなら今の会社を辞める前にまず転職エージェントに相談しましょう。

短期離職者は転職エージェントを併用

リクナビNEXTによると、転職成功者は平均4.2社の転職エージェントを利用しています。

採用に不利な要因が多い短期離職者は特に、効率良く転職活動するためにも2~3社を併用しましょう。

    【併用がおすすめな理由】

  1. 各転職エージェントの非公開求人を網羅
  2. 相性が良いアドバイザーに出会える
  3. 多角的視点で自分を分析してもらえる

短期離職者は冷静な判断を

短期離職者の転職活動では、早期内定を目指すあまり気持ちが焦りがちです。

転職エージェントは転職のプロではありますが、希望条件が不明確なまま相談や応募・選考を進めると望まない転職になりかねません。

・長所/短所は把握できているか?
・転職先で働くイメージができるか?
・次の職場では長期で働けそうか?

入社後に自分にミスマッチだと気付けば、また短期離職を繰り返してしまいます。

転職エージェントのアドバイスはすべて鵜呑みにせず、冷静に判断しながら転職活動を進めましょう

短期離職してもエージェントで転職成功

転職エージェントを利用すれば、短期離職しても有利に転職できます。

転職先が決まる前に短期離職した人は早めに転職エージェントへ相談するのが得策です。

転職エージェントを有効活用して、短期離職後に希望通りの転職を成功させましょう。

【経験が浅い第二新卒の短期離職者向け】
マイナビジョブ20’s
就職Shop
えーかおキャリア
UZUZ
【経験が浅い20~30代の短期離職者向け】
DYM就職
就職カレッジ
【経験がある20~40代の短期離職者向け】
リクルートエージェント
LHH転職エージェント

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と優良企業を厳選した『DYM就職』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

転職成功実績No.1!非公開求人多数
幅広い業界・職種から希望条件にマッチする求人を紹介可能

年代問わず転職決定者が多く、キャリアアップ・キャリアチェンジに強い。充実の面接対策も人気!

第二新卒・既卒向けの正社員求人が多数!
厳選された優良企業からマッチングを考えた上で求人を紹介。

人物重視の採用で経験が浅くても安心。
面接対策も充実していて、女性のキャリアアップにも◎

フリーター・未経験・既卒なら無料就職講座があるサービスを利用!

未経験からの就職成功率80%超!18~35歳なら誰でも利用可能な就職講座が無料

ビジネスマナーの基礎から面接対策まで、就職活動の全スキルを一気に学べる!


SUPERVISION

この記事の監修者

監修者_画像
採用コンサルタント

新卒で人材会社に入社→大手人材会社エン・ジャパンへ転職。人材業界歴8年で、若手の転職・キャリアチェンジ・ハイクラス転職に精通。大手から中小まで1,000企業超の採用を支援。現在はセールスマーケターとして活躍中。

■主な経歴・実績
元エン・ジャパン採用支援担当
採用支援実績1,000社以上


RECOMMEND

関連記事