最終更新日:

生産管理はきつい?仕事内容と向いている人・将来性まで大解剖

生産管理はきつい?仕事内容と向いている人・将来性まで大解剖

「生産管理ってなに?」
「生産管理の仕事内容は?」
「生産管理はきついのか」

生産管理と聞いて、管理とはわかるものの具体的にはどんな仕事をしているのかイメージしずらいですよね。

本記事では、生産管理の仕事内容や必要な資格・向いている人、年収や将来性に加えておすすめ転職エージェントをご紹介します。

あなたが「生産管理に向いているか」適性診断するにはこちら→

生産管理の仕事内容

生産管理は、生産活動をスムーズに行うため作業全体を見渡し管理する仕事です。

製品生産において司令塔の役割を担う生産管理は、全体を把握し的確な指示を出す必要があります。同時期に複数の製品を生産する際は、在庫や優先順位によって工程を見直さなければなりません。

    生産管理の仕事内容

  1. 販売・生産計画を立てる
  2. 原料の仕入先決定や価格交渉・
    納期/在庫管理・作業員の割り当て

生産が決定したら、まずは過去の傾向や景気動向などのデータからどの時期にどの程度需要があるかを予測し販売計画を立てます。売上・利益を伸ばすには、需要予測は不可欠です。

需要予測後は、販売計画を基に数量や納期などの生産計画を練ります。原材料やその仕入先・出荷までどの程度日数がかかるのかを算出し、実際の作業に入るのです。

生産管理はきつい?

    ≪生産管理がきついと言われる点≫

  • トラブル発生時の対応
  • クライアント(営業)と現場で板挟みになる
  • 長時間労働

生産では、クライアントによる急な計画変更や生産の遅れ・不良品の発生などトラブルがつきもの。臨機応変に対応し、クライアントの要求通りかつ納期厳守で生産できるよう調節しなければなりません。

急な変更依頼が来ると、元がタイトな計画でも練り直し製造現場に伝えます。現場では、スケジュール変更に伴い工程が前後するなど段取りが狂うため嫌がられる場合も。

クライアントや営業と現場で板挟み状態になる点もきついと言われる理由の一つと言えるでしょう。

また、トラブルが起きると通常の業務ができず残業が発生する可能性も。24時間体制で動いている現場であれば、夜間や休日のトラブルで出勤しなければならないケースもあります。

生産管理のやりがい

生産管理でのやりがいは、製品の完成・出荷まで一連の流れに関われる・人との信頼により工場全体を動かせる点です。

前項目では、営業・現場での板挟みが懸念されるとお伝えしました。

しかし、会社の中核となり現場を動かしている製造現場など関係部署と良好な関係が築けると、急なスケジュール変更でも動いてもらえる様になるでしょう。

中核となる生産を動かしていると実感が湧くと、やりがいを感じられ自信にも繋がります。

生産管理に転職するには

生産管理に必要な資格

生産管理に必須の資格はありません

しかし、生産管理はコストや計画進行度など全体を管理する能力が求められるため、下記資格を持っていると就職・転職に有利です。

  1. ビジネス・キャリア検定(生産管理分野)
  2. 中小企業診断士≪国家試験

ビジネス・キャリア検定

ビジネス・キャリア検定は、職務で必要な知識・実務能力の評価を目的とした資格。

生産管理への転職に役立つ分野は、ビジネス・キャリア検定の中で2つあります。

・生産管理プランニング
「生産管理業務」に関する検定。生産計画/システム設計/原価/品質/納期まで、生産管理で必要な知識を証明できる

・生産管理オペレーション
「物流業務」に関する検定。作業工程/工場設備管理/資材・在庫/運搬・物流管理まで製造業の流れを管理する知識を証明できる

上記2つの検定を取得すれば、生産管理に関する知識があると証明できます。

中小企業診断士

中小企業診断士は、中小企業を対象にコンサルティングを行う経営コンサルタントに関する国家資格。

製造工程や品質管理など生産管理についての内容も含まれ、経営者目線での知識がつくため業務の質が上がるでしょう。

国家資格はハードルが高いですが、取得すれば生産管理・経営の知識があると証明できるので就職や転職・キャリアアップに役立ちます。

生産管理に向いている人

  • 冷静に物事を考えられる
  • 臨機応変に対応できる
  • 責任感がある
  • 社交性がある
  • ストレス耐性がある

生産管理は、全体を管理しイレギュラーにも対処しなければならないため、冷静に物事を考え臨機応変に対応する能力が求められます。

一連の作業を管理するには、社内外のやり取りが多く発生するので社交性・コミュニケーション能力は不可欠です。

また、業務でのイレギュラーが起きたり板挟みになる可能性が高い生産管理では、自身がストレス耐性があるかを把握するのも大事。どんな環境が自分にとって負担になるかを知っておけば、今後のキャリアを考える要素になります。

生産管理への適性はあるかを知る

生産管理の適性があるかを知るなら、下記2つの診断がおすすめです。

≪おすすめ診断ツール≫

グットポイント診断 byリクナビNEXT
自身の5つの強みが分かり、適職を診断できる
ミイダス
ストレスを感じやすい環境やプレッシャーへの耐性など性格・人間性が分かる

■ グットポイント診断
簡単な質問に答えていくだけで、自身の強みが5つ分かる本格診断サービス。8,568通りの中からあなたのグットポイントが算出され、仕事の向き不向きが分かります。

生産管理への適性 グットポイント診断

業界最大手のリクルートが、過去の実績を駆使して開発した診断だからこそ、精度・信頼度が高いです。

グットポイント診断は、自己分析だけでなく診断結果を職務経歴書に反映すれば強みをアピールできます。リクナビNEXTから応募する求人であれば、結果を添付して応募できるため企業が求める人物像に合っていれば有利になるでしょう。

生産管理への適性 グットポイント診断5つの強み

生産管理には、対応力やコミュニケーション能力が不可欠なため「社交性」や「挑戦心」、「バランス」や「受容力」に長けている人に向いている仕事です。

数分間質問に答えるだけで適性がわかるので、生産管理に興味があるならチェックしてみましょう。

\無料で簡単に診断できる!/
リクナビNEXTの求人数は約4万件。診断後にはそのままマッチする求人を探せるのでスピーディー。
    【適性診断の開始手順】
    ※会員登録が完了すると無料で利用できます

  1. リクナビNEXTに会員登録
  2. 生産管理の適性検査

  3. 診断ページへ
  4. 生産管理の適性検査

  5. 診断スタート
  6. 生産管理の適性検査

適性診断の詳しい手順はこちら→

    グッドポイント診断のメリット

  • リクナビNEXT会員限定で本格診断が無料
  • どこでも手軽に診断可
  • 自分の強みを客観的に把握できる
  • 診断結果は求人応募時に添付OK
  • 自己分析の負担が軽減され転職効率アップ
リクナビNEXT

求人数4万件超!利用満足度No.1
日本最大級の求人データベースから検索可能&AIが最適な求人をレコメンドする転職サイト。
本格診断サービス「グッドポイント診断」で自分の適性を把握できる。

【公式サイト】https://next.rikunabi.com/
登録は5分で完了!

■ ミイダス
ミイダスでは、グッドポイント診断とは違う切り口での診断が可能。

市場価値診断」「コンピテンシー診断(総合適性検査)」「パーソナリティ診断」3つの診断があり、共通して、今転職すべきか・適職は何かを知れます。

≪ミイダス診断≫

・市場価値診断
経歴やスキル・資格などから市場価値(適正年収)を予測
・コンピテンシー診断(総合適性検査)
自身の強みやストレス要因・上司/部下としてのタイプや相性を抽出
・パーソナリティ診断
仕事をする上でのタイプを抽出

適性診断の詳しい情報はこちら→

    ミイダス診断のメリット

  • 結果が公開され面談確約スカウトが届く
  • 市場価値が知れて適した求人に応募できる
  • 性格など自己分析ができる
ミイダス

診断結果が当たっていると定評のある自己診断ツールミイダス。
自身が持つポテンシャルや適職・人間関係構築のヒントなどを知れて、今後のキャリアを考える指標になる。診断後は、登録企業に診断結果が表示され、企業から面談確約スカウトが届く。

【公式サイト】https://miidas.jp/
簡単登録!

生産管理への転職は転職エージェントを利用する

個人での転職活動は、求人検索から入社手続きまでステップが多く長期化してしまう可能性があります。

転職エージェントでは、下記の内容を代行してくれるためスムーズな転職活動が期待できるのです。

    転職エージェントのサポート内容

  1. 求人の検索、紹介、応募、推薦
  2. 応募書類の添削
  3. 面接日程の調節、面接対策
  4. 採用条件、給与、配属先、ポジションなど企業との交渉
  5. 契約書や入社関連の手続き、入社日のすり合わせ

転職エージェントは、企業の内部情報も把握している場合もあり求人情報に書いていない情報を伝授。長期労働が懸念される生産管理でも、安心して企業選びができるでしょう。

事前に内部情報を知れば、企業とのミスマッチを防げます


生産管理におすすめ 転職エージェント・サイト

工場求人ナビ
転職サイト
求人数 300件以上
生産管理
求人数
約20件
主な年齢層 全年代
主な対象者 工場/製造業希望者
特徴 オリコン顧客満足度 製造派遣2年連続No.1
簡単登録
(無料)
リクナビNEXT doda
転職サイト
求人数 4万件以上 約10万件
生産管理
求人数
約1,300件 約1,700件
主な年齢層 全年代 26~35歳
主な対象者 全転職者に対応 大卒者
特徴 満足度No.1
丁寧なサポート
企業からの
オファーも
幅広い層の求人
エージェント・サイト機能+スカウトもあり
簡単登録
(無料)


生産管理の年収・将来性

生産管理の年収

dodaは2020年1月に職業別平均年収ランキングを発表。生産管理の平均年収は484万円と全体平均年収の408万円を超える程高い水準にあります。

生産管理は年代別平均年収と比較しても高く、経験・スキルを積んでいくと更なる高みを目指せると言えるでしょう。生産管理は、開発から流通に携わるなどスキルが幅広く、高いため企業に求められやすく年代問わず活躍できます。

年代 生産管理
平均年収
年代
平均年収
20代 394万円 345万円
30代 492万円 442万円
40代 537万円 507万円
50代~ 713万円 622万円

参考:doda
1.平均年収ランキング 最新版【職種別】
2.平均年収ランキング 最新版【年齢別】

生産管理の将来性

機械の自動化が進んでいる中、製造業に欠かせないポジションの生産管理職は将来に渡って需要があると言えるでしょう。

近年では、海外に工場を建てる企業も増えており海外転職したい人もチャレンジ可能です。

生産管理 まとめ

生産管理への転職を目指すなら、本当になりたいか情報を確認し適性があるかを診断すると良いでしょう。

診断には、リクナビNEXTのグッドポイント診断ミイダスがおすすめ。

自己分析・適正チェックは今後のキャリアを考える要素になります。

≪おすすめ診断ツール≫

グットポイント診断 byリクナビNEXT
自身の5つの強みが分かり、適職を診断できる
ミイダス
ストレスを感じやすい環境やプレッシャーへの耐性など性格・人間性が分かる

転職エージェントを利用し、スムーズな転職活動をするなら工場求人ナビリクナビNEXTdodaが効果的です。

エージェントを併用し、自身に合ったサービスを見つけると転職を成功への近道になります。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事