最終更新日:

物流コンサルタントってどんな仕事?効率よく転職する方法を解説!

物流でも必須?物流コンサルタントの仕事とは?

物流と言えば、商品が私たちの手元に届くまでに必ず通る過程で必要となるものです。最近では都心から離れた広大な土地に大型の物流施設を構える大企業も増えてきました。そこへ全国から商品を入荷し各家庭や会社などに商品を運ぶなど、商品を扱う企業にとって大切な拠点です。

多くの商品を大量に集め、管理し、出荷する一連の作業で、物流コンサルタントとしての業務はどう関係してくるのでしょうか。

一見するとコンサルタント業務自体必要がなさそうに思える業界ですが、今回は物流業界で活躍する物流コンサルタントの仕事について解説するほか、気になる収入や将来性やなるためにはどうすれば良いのかについて説明していきます。

物流業界でなぜ物流コンサルタントが必要なのか?

商品を売る際に開発やマーケティングなど重要なポジションを担う部門がありますが、物流も無視できない大切な部門と言えるでしょう。物流が滞ると大事な商品を届けられなくなり、信用問題にも関わります。

大切な物流の潤滑油とも言える存在が物流コンサルタントです。物流コンサルタントの具体的な仕事内容を見てみましょう。

物流コンサルタントの業務内容

商品が完成してから物流センターに集荷されて、各小売業や消費者に回るまですべての業務について携わるのが物流コンサルタントの仕事です。

それぞれの流れで問題点を探し、コストが掛かり過ぎていないか、人手不足で作業が滞っていないか、適切な商品管理はされているかを見ていきます。

物流業界における物流コンサルタントの存在意義

物流業界は以前は小規模なものでしたが、今では大きな施設で大量の商品を扱う施設となっており、その責務はとても大きくなっています。

全国に出荷されるケースが多く、少しでもスムーズに商品の流れがうまく行っていないときは、大量の商品がどこかで止まってしまい商品の遅延や届かないというアクシデントもありえます。

そうなると相当なクレームにつながり企業の信頼度は地に落ちてしまいます。そのくらい物流は商品を売る企業にとって大切な部門であることは間違いありません。従って物流コンサルタントの役割はとても大きいと言えるでしょう。

より円滑な商品の流れを作る役割があります。

物流コンサルタントの1日を紹介!

物流コンサルタントはほかの業種コンサルタントとは違い、物流施設は都心から少し離れた場所に多いため直接現場へと向かうことが多いです。

  1. 担当者や関係者との打ち合わせ
  2. 現場の視察
  3. 社内会議にて情報の共有
  4. 提案書・報告書の作成

まずは担当者や関係者との打合せから始まり、現状の問題点や課題、取扱い商品の説明や特徴などを把握していきます。そのあと物流施設を回って現場の様子や声を拾い、頭の中で整理しながら帰社します。

そのあとは社内で会議があり、情報の共有や問題点の解決策などをまとめていきます。あとは会議で出た解決策をもとに提案書やその日の報告書を作成して終わりです。

物流コンサルタントになりたいなら「物流技術管理士」は必須?

物流コンサルタントはほかのコンサルタント業務とは違うように感じますが、実際にどのような経験や資格が必要なのか気になりますよね?そこで物流コンサルタントになるためにはどうすれば良いのか、必要な資格は何かを解説していきます。

物流コンサルタントで有利になる経験

  • 2年以上の物流コンサルタントの経験
  • 他業種でのコンサルの経験
  • プロジェクトリーダー経験
  • プロジェクト企画経験

物流コンサルタントをした経験が2年以上あると有利になることはもちろん、他業種でのコンサルティング業務経験があることが望ましいです。それからプロジェクトチームのリーダー経験や、プロジェクトで企画を担当するなどの経験も歓迎されます。

物流コンサルタントに求められるスキルや資格

  • 日常会話レベルの英語スキル
  • 物流技術管理士
  • プロジェクトマネージャの資格
  • SAP認定コンサルタントの資格

スキルですが日常会話ができる程度の英語スキルはあると良いでしょう。資格に関しては必須ではありませんが、「物流技術管理士」という物流・ロジスティクス全体に関する専門知識を習得する資格があります。

あると良い程度にはなりますが、雇用する側も目安となるため有効な資格と言えるでしょう。また、プロジェクトマネージャーの資格やSAP認定コンサルタントの資格取得者も有利になります。

物流技術管理士 資格認定講座とは
参考URL
http://www.logistics.or.jp/education/clm.html

プロジェクトマネージャー(PM) 試験の概要
参考URL
https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/pm.html

SAP認定コンサルタント 受験タイプ別詳細
参考URL
https://training.sap.com/content/cert

物流コンサルタントに不向きな人の特徴

  • 柔軟な考えができない人
  • 提案力、スピーチ力、コミュニケーション能力が不足している人

柔軟な考えができない人には向いていない仕事です。多面的な考え、あらゆる問題に即対応できる頭脳を持ち合わせていないと務まりません。あとは提案力、スピーチ力、コミュニケーション能力が不足している人もやめておいた方が良い仕事です。

物流コンサルタントは高収入なのか?将来どうなる?

物流コンサルタントは、年収が高いのか、低いのかが気になるところですよね。平均的な収入と将来性について見ていきましょう。

物流コンサルタントの平均年収

年代 平均年収
20代 559万円
30代 854万円
40代 849万円
50代 1111万円
平均 722万円

物流としてというよりはコンサルタント業務の一般的な収入となりますが、経営コンサルタントの場合平均して722万円となっています。

平均年収ランキング2017「専門職(コンサルティングファーム・専門事務所・監査法人)」
参考URL
https://doda.jp/guide/heikin/syokusyu/

物流コンサルタントの将来性について

コンサルタント業務は将来性のある職業なうえに物流業界も今後もますます大型化が予測されるので、物流コンサルタントの需要は増えていくでしょう。最も将来的に安泰な職業の一つと言えます

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職実績No.1の『リクルートエージェント』と20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかるアプリ「ミイダス」も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント

転職成功実績No.1!非公開求人20万件超!!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!
登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ

年収500万円から利用できるハイクラス転職サイト。
求人の3割以上が年収1,000万円超え!登録時に入力した情報をもとに企業から直接スカウトされる。

中でも「プラチナスカウト」を受け取ると企業やヘッドハンターと必ず面談できる。キャリアアップを望む人は必ず登録しておきたい転職サービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事