最終更新日:

残業したくない時にうまく回避する方法とは?

社会人である以上、だれもが会社に属してそこでのルールにのっとって仕事をしています。それもあってか、残業を半ば強制的にせざるをえない環境になることもしばしば。

正直、残業をする理由はさまざまですが、なぜプライベートの時間を削ってまでやらないといけないのか。残業したくない方にできる回避方法を一緒に考えていきましょう。

残業したくないのにしなければならない理由

仕事をする際には、必ずスケジュールが組まれます。その予定通りに進めばいいですが、必ずしもそうではありません。

工場のような決められた工数だったとしても、誰かがミスをするとズレが生じ残業することになってしまいます。一般の会社ではさらにスケジュール調整が難しいといえます。

たとえば、1カ月で1件のホームページ制作の受注が入っており、そのためのスケジュールを組んだとしましょう。順調に進んでいる最中で、クライアントより修正依頼がきたりさらには新規申し込みを受注する場合もあります。

そうなってくると、スケジュール通りにいかなくなり納期に間に合わせるために残業をせざるをえない状況になるということです。

残業代が欲しいために無駄に残る

残業代が支払われない会社がまだまだ多いとはいえ、しっかり残業代を支払ってくれる優良な会社も存在しています。

しかしそれを悪用して、無駄に残る社員がいることも事実です。残業すればするほど1分単位で残業代がつくため、生活費欲しさに無理やり会社に残るというわけです。

それが先輩や上司が率先して実行しているのであれば、自分が後輩や部下だった場合は先に帰りにくい雰囲気があります。

残業するだけで評価が上がる場合も

日本の会社の悪いところでしょうか。なぜか残業している人は偉いし頑張っているとみなされる会社はいまだに多くあります。

本来であれば、定時に仕事を終わらせて残業せずに帰宅する人がいちばん才能があるはずです。将来的な昇給や昇格を目標に、とにかく何時間でも残業する人もいるというのは事実です。

結果的に、無駄に残業していたとしても評価され、仕事をしっかり終わらせて定時上がりの人は評価が下がってしまうというわけです。

こうなってしまうと、将来のことを考え無駄に残業するか、己を貫き通すかのどちらかになるでしょう。

誰かが残っているから帰りづらい

このケースは非常によくあるのではないでしょうか。それは、誰かが残業しているため先に帰宅しにくいことです。

ほかの人たちが一生懸命残業をしてまで仕事をこなしているのに、そのタイミングでお先に失礼します。なんてなかなかいいだしづらいものです。

仕方なく、誰かが帰る支度をはじめるまで残業をしなくてはなりません。

家に帰りたくないパターンも

家に帰りたくないパターンとしては、既婚者に当てはまるのではないでしょうか。本来であれば家庭のためにはやく帰って食卓を囲むものですが、全員がそうではありません。

特に夫婦仲が悪いと、どうしても帰るのが嫌になってしまいます。結局、無駄に時間を引き延ばすために残業をしている場合があります。

なかなか帰りづらい空気をはなっている会社で、自分自身が家庭円満や独身であればたまったものではありません。

残業を拒否するのは当然の権利ではない?

会社や人によって残業する理由はそれぞれあります。自分がすすんでしたい残業であれば問題ありませんが、ほとんどの人は1分でも早く自宅に帰りたいと思うものです。

本来であれば、1日8時間で1週間にすると40時間以上働かせてはいけないという法律が定められています。

ただし、会社側で36協定といわれるものを就業規則等に記載され了承したのであれば、残業を断ることはできません。

この36協定とは、労働基準法36条にあたります。この手続きを行うことで残業の強制、すなわち断ることができなくなるというわけです。

もちろん、残業したのであればその分の残業代を支払うことでWIN-WINの関係になるのが一般的です。

ただ、当然のように残業代が支払われないケースも多々あります。その場合労働者側にとっては苦痛以外のなにものでもありません。

残業を断れるケース
・体調不良
・小さな子供がいるシングルマザー
・自分自身や家族の誰かが事故を起こしてしまった場合

残業を断れるケースとしては、たとえば体調不良だったり、小さな子供がいるシングルマザーなど、体調面や家庭内に支障をきたしてしまう場合には、断る権利としてあります。

また、自分自身や家族の誰かが事故を起こしてしまった場合も、残業を断る権利が発生します。

残業が断れないなら転職を考えよう

とはいえ、毎日体調が悪いわけではないですし、事故も頻繁におきるわけではありません。その場合の最終手段として、転職することを考えてみてはいかがでしょうか。

どこの会社も、すべてが残業をしているわけではありません。ちゃんとした給料でピッタリ定時に帰宅できる会社はたくさんあります。

転職活動をするのであれば、事前に転職エージェントへ登録しておくことをおすすめします。

転職エージェントは、無料で転職支援をしてくれるサービスです。一般的には転職サイトを登録しますが、求人票をみても残業があるのかないのかなんてわかりません。

面接をしてはじめてそれがわかるものです。せっかく履歴書や職務経歴書を時間をかけて書いたのにも関わらず面接時に、残業は必ずあります。なんていわれたら転職活動の努力が無駄になってしまいます。

ですが、転職エージェントは、登録をし面談を行うことで希望する会社の内部事情をある程度おしえてくれます。ですから残業の有無を確認することも可能です。

転職エージェントには遠慮なく、自分のしたい仕事や希望する職場環境をお伝えしましょう。


RECOMMEND

関連記事