最終更新日:

中退者の履歴書の書き方は?中退者の有利になる履歴書の書き方と就職成功法

中退 履歴書 書き方

「中退の正しい履歴書の書き方は?」
「中退の履歴書の書き方に注意点はある?」
「中退の履歴書の書き方のコツは?」

中退者で履歴書を書こうと思っても、学歴の正しい書き方がわからず悩んでいる人は少なくありません。

中退者は自己分析や企業分析を徹底して履歴書を書くと選考通過率が上がり、エージェントを活用すれば効率的に就職が成功します

本記事では、中退者の履歴書の書き方や不利にならないコツ、就職成功法を詳しく解説していきましょう。

【中退者向け】履歴書の書き方はこちら
↓ ↓ ↓

中退でも履歴書に学歴を書く理由

中退はマイナスなイメージで書きたくない人もいると思うけど、履歴書には絶対中退を書かないといけないの?

履歴書はこれまでの正確な経歴を伝える文書なので、イメージが悪いからと事実と異なる内容を書いてはいけません。

中退は選考で不利になるイメージがあるので隠そうとする人もいますが、経歴詐称は懲戒解雇や損害賠償など重い処分の対象です

家庭の事情や健康上の問題などやむを得ない理由もあると企業も理解しているので、履歴書に中退を書いただけでは不採用にはなりません。

履歴書や面接では中退した事実を隠さずに、働く意欲や強みをアピールして希望の就職を成功させましょう

中退者は履歴書の書き方でイメージ払拭

文部科学省の令和3年度「支援状況等に関する調査」によると学生数に占める中退者数は年間で約11万人でした。

    学生数に占める中退者数

  1. 大学・大学院:56,901人 (1,95%)
  2. 高校・専門学校:55,648人 (1,85%)

文部科学省「支援状況等に関する調査」

中退は引け目を感じやすく面接でも理由を聞かれますが、企業が求めているのは学歴ではなく知識やスキルです。

中退後に何を学んだか・どのように活かせるのかを前向きに伝えて、志望動機や自分の強みをアピールしましょう

履歴書の学歴で中退を正しく書く方法

履歴書の学歴で中退を正しく書くにはどうしたらいいのかな?

履歴書で中退を書くにはいくつか注意点があるわ☆一緒に見ていきましょ♪

  1. 中退の履歴書の書き方【基本】
  2. 中退後に高認試験や大検に合格
  3. 履歴書の中退理由の書き方【例文】

中退の履歴書の書き方【基本】

中退 履歴書 書き方

履歴書では中退と省略せずに正式名称の「中途退学」と記載します。

中退はネガティブな印象を与えやすいですが、家庭の事情や留学・就職などポジティブな理由は簡潔に書きましょう

人間関係で問題があった・出席日数が足りず単位を落としたなど言いたくない理由なら「一身上の都合により」と記載するのが無難です

高認試験や大検に合格した中退

中退 履歴書 書き方 高認試験

高認試験や大検に合格した人は高卒と同等の学力があると認められます。

学歴欄が足りなくなるのであれば資格欄に記載しても問題ありません

面接では高校を中退した理由や高認試験の内容を聞かれても答えられるように準備しておきましょう。

履歴書の中退理由の書き方【例文】

履歴書に中退を書くなら決まりに沿って書けばいいんだね!書いた方が良い理由は具体的になんだろう?

やむを得ない中退理由の書き方

  1. 経済的な理由
  2. 家庭の経済的事情のため退学

  3. 病気や怪我
  4. 病気療養のため退学(現在は完治しています。)

  5. 家庭内での介護
  6. 親の介護が必要になったため退学

自分自身は通い続ける意欲はあったが中退せざるを得なかった旨を書くと中退に対するマイナスなイメージは持たれません。

病気や怪我での中退なら、理由だけではなく現在は完治している・仕事に支障がないと記載してアピールしましょう。

前向きな中退理由の書き方

  1. 進路変更
  2. 進路志望変更を決意し退学

  3. 留学
  4. 英語取得を目的とした留学のため。アメリカに1年間留学しTOEIC〇〇点取得

  5. 就職
  6. 社会人として就業したいと考え退学

前向きな理由での中退は一言付け加えると好印象を与えやすいです

進路変更や留学では中退後に何を頑張ったのかを記載しましょう

好感を持たれにくい中退理由の書き方

下記の理由での中退は履歴書に書く必要はありません。

●単位を落とした
●人間関係で上手くいかなかった

ネガティブな理由での退学は、採用担当者に悪い印象を与えます。

無理にポジティブな言葉に言い換えずに「一身上の都合により」と記入するのが無難です。

面接時に中退後にどのような改善をしたのか・努力をしたのかを伝えられるように準備しておきましょう

中退者が履歴書で学歴を書くなら転職エージェントを利用

中退者が1人でマイナスのイメージを払拭する履歴書を書くのは負担が大きいです。

学歴に自信がない人は転職エージェントに登録すれば名前や住所、学歴などの情報を入力するだけで、選考に不利にならない履歴書の書き方をアドバイスしてもらえます。

企業側はやむを得ない理由での中退もあると理解しているので、学歴は関係なく質の高い履歴書を書けば書類選考通過率が上がり就職活動が効率的です

履歴書・職務経歴書の作成や面接対策など充実したサポートがある転職エージェントは多いのでそれぞれを比較して2~3社併用しましょう。

DYM就職 ジェイック
(JAIC)
就職支援サービス
主な年齢層 18~35歳 18~35歳
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、大学中退 中退者、フリーター、ニート
支援実績 経験が浅い若年層を積極支援 入社後の定着率91.5%
大学中退者向け求人数 非公開 非公開
特徴 優良企業を厳選
人物重視の採用
親身なサポート
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)


マイナビジョブ20’s 就職Shop
就職支援サービス
主な年齢層 24~29歳、24歳未満の既卒 20代
主なサポート対象者 東名阪の既卒、大学中退、フリーター 中卒・高卒OK、大学中退、フリーター
支援実績 年間3万人以上が登録 利用者累計10万人超
大学中退者向け求人数 100件以上 非公開
特徴 20代対象の求人のみ。ポテンシャル採用中心 書類選考なし
優良企業1万社
最短7日で内定
簡単登録
(無料)


中退者の履歴書を書く前に適性診断

中退者で履歴書の学歴に自信が持てず自己PRなどを充実させたい人は、自己分析をしておくと向いている業界やアピールすべきポイントがわかります

自分の性質・強みや転職市場価値を無料で診断できるサービスを活用すれば、スマホやパソコンで簡単に自己分析が可能です。

【グッドポイント診断】

自分の適性をすぐ知りたい人はリクナビNEXTのサービス「グッドポイント診断」を利用しましょう。

診断結果ではあなたならではの5つの強みが分かり、仕事の向き不向きの適性をチェックできます。

新卒の学歴の書き方と診断

自己分析ができてると仕事選びの軸が明確になって自分の強みをしっかりアピールできるわよ♡

グッドポイント診断の詳しい手順はコチラ→

【グッドポイント診断のメリット】
・リクナビNEXT会員限定で本格診断が無料
・どこでも手軽に診断可
・自分の強みを客観的に把握できる
・診断結果は求人応募時に添付OK
・自己分析の負担が軽減され転職効率アップ
\無料で手軽に適性がわかる!/

【ミイダス】

新卒の学歴の書き方と診断【公式サイト】https://miidas.jp/

ミイダスはあなたの本当の価値を『見い出す』アプリで、簡単な質問に答えるだけ転職市場価値や行動特性、適正などを診断できます。

登録すると条件にマッチする企業からオファーが届くので、転職活動が効率的です。

ミイダスの適性診断の開始手順はこちら→

【ミイダスのメリット】
家で手軽に適性診断可
5分程度かつ無料で転職市場価値がわかる
スマホだけで企業からオファーが届く体制に
・オファーが届いた時点で面接確約
・求人を探す手間が省けて転職の負担を軽減

学歴の低い中退者でも就職成功

中退は選考で不利になるイメージがありますが、中退後に学んだ知識やスキルをアピールできれば履歴書の学歴で中退を書いても就職活動を進めやすいです。

中退で学歴に自信がなくても、自己分析や企業分析を徹底して質の高い履歴書を書けば書類選考の通過率が上がります

中退者でも利用できる転職エージェントは豊富なので、中退が不利にならない履歴書の書き方を教えてもらい効率よく希望の就職を成功させましょう

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事