最終更新日:

新卒の学歴の書き方は?新卒の好印象を与える学歴の書き方と就職成功法

新卒 履歴書 書き方

「新卒の正しい学歴の書き方は?」
「新卒の学歴の書き方に注意点はある?」
「新卒の学歴の書き方のコツは?」

新卒で履歴書を書こうと思っても、学歴の正しい書き方がわからず悩んでいる人は少なくありません。

新卒で自己分析を徹底して就職の軸を定めて履歴書を書くと選考通過率が上がり、エージェントを活用すれば効率的に就職が成功します

本記事では、新卒で学歴を書く理由や最終学歴別の好印象を与える書き方、新卒がやりがちな失敗を詳しく解説していきましょう。

【最終学歴別】新卒の学歴の書き方はこちら
↓ ↓ ↓

新卒で学歴を書く理由

新卒はその年に学校を卒業する人なのに、学歴を書かないといけないの?

就職活動では一般的に新卒でも履歴書に学歴を書きます。

学歴を書く理由は下記の通りです。

  1. どんな場所で教育を受けたかの確認
  2. 専攻から人間性や価値観の確認
  3. 正式名称で誤字・脱字がないか

履歴書の内容に詐称がなければ些細なミスでは不採用になりにくいですが、正しい書き方をしていないと仕事でも同じような間違いをすると思われて印象が悪いです。

正しい書き方の履歴書は好印象を与えられるので、就職活動を効率よく進められるでしょう

新卒の学歴の正しい書き方

新卒で学歴を正しく書くにはどうしたらいいのかな?

新卒の学歴の書き方は最終学歴に応じて異なるわ♪順番に見ていきましょ♡

【大卒】はこちら→
【短大卒】はこちら→
【専門卒】はこちら→
【大学院修了】はこちら→
【高卒】はこちら→

新卒の最終学歴別の書き方

履歴書 基本

  1. 学歴欄の1行目の中央に「学歴」を書く
  2. 義務教育卒業時の中学校卒業から記入
  3. 学校名や学部・学科を省略しない
  4. 在学中は「卒業見込み」と書く

一般的に通用する略称があったとしても必ず正式名称で記載するのがマナーです。

転校や留学も記載方法が決まっているので正しい書き方を確認しましょう。

【大卒】の新卒の学歴の書き方

履歴書 大学

専攻している分野によっては企業で活かせる経験やスキルを強みとしてアピールできます

大学は同じ学校でも専攻によって学んだ内容やスキルは異なるので、採用担当者がイメージしやすいように省略せずに記載しましょう

【短大卒】の新卒の学歴の書き方

履歴書 短大

教育水準の順序は専門学校と短大は同等です。

短大と専門学校の両方に通ったら直近で卒業した教育機関が最終学歴になります

【専門卒】の新卒の学歴の書き方

履歴書 専門

専門学校は学校法人名から学部・学科・コースまでの正式名称を記載します。

複数の専門学校に通ったら最後に卒業した学校が最終学歴です。

無認可校は公的な学歴として認められていないので学歴欄には書けません。

【大学院修了】の新卒の学歴の書き方

大学院 学歴
高校や大学の卒業とは違い、大学院は修了と記載します

一行に書ききれなくなったら二行にしても問題ありません

【高卒】の新卒の学歴の書き方

履歴書 高校

学校名の記載では頭の部分の学校法人や国立・県立も省略せずに書きます

普通科以外の学科なら商業科や工業科など学科名も記載しましょう

新卒の学歴の書き方はフォーマットを利用

新卒は履歴書の学歴の正しい書き方に沿って作成すれば決して難しくはありませんが、細かいルールが多く手間がかかるのは否めません。

新卒で学歴の書き方に自信がない人は、エージェントに登録すれば名前や住所、学歴・自己PRなどの情報を入力するだけで、正しい学歴の書き方を反映した履歴書を自動で作成可能です

採用担当者は複数の履歴書を見るので、履歴書の第一印象が良いと有利に働きます。

エージェントは2~3社併用すると履歴書の精度が上がるため、書類選考通過率も大幅にアップするでしょう

Meets Company キャリアパーク(新卒)
就活エージェント
主なサポート対象 23卒、24卒 23卒
主なサポート地域 東京、札幌、仙台、名古屋、京都、大阪、広島、福岡(オンラインは全国可) 東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪
支援実績 イベント開催数1000回以上 年間1000名以上に面談実施
特徴 2~8社と話せる合同説明会
即日内定の可能性あり
最短2週間での内定が可能
就活ノウハウメディアを提供
簡単登録
(無料)
irodasSALON(イロダスサロン) キャリアチケット
就活エージェント
主なサポート対象 23卒 まだ卒業していない全ての卒業年度の学生
主なサポート地域 全国 東京、神奈川、名古屋、大阪、福岡
支援実績 年間13,000名以上の就活生が利用 就活相談実績13,000人以上
特徴 10種以上のキャリア講座を実施
講座・面談の満足度95%
最短3日内定が可能
企業からのスカウト制度あり
簡単登録
(無料)
キャリアスタート キャリセン就活エージェント
就活エージェント
主なサポート対象 23卒、20代、未経験、フリーター、第二新卒 23卒
主なサポート地域 関東(オンライン面談は全国対応) 首都圏、関西圏
支援実績 1万人の就職・転職を支援 紹介社数1000社
特徴 新型コロナ就職支援サービスを提供中 AI面接対策サービス「RECOMEN」を提供
簡単登録
(無料)

新卒が学歴を書いた後の正しい郵送方法

正しい学歴の書き方ができても郵送方法を間違えると選考時の評価に影響を与えかねません

新卒者は学歴と同様に郵送方法も発送前に基本のルールを確認しておきましょう

郵送用の封筒の書き方

  1. 白色の封筒(角型2号サイズ)を用意する
  2. 黒と赤の(油性)ボールペンを用意する
  3. 宛名は縦書きで記入

1.白色の封筒を用意する

白い封筒は茶色の封筒よりもフォーマルな印象を与えるので新卒者が応募書類を送る際に最も適している色です。

履歴書などの応募書類を折るのは印象が良くないので、A4サイズの紙を折らずにそのまま入れられる角型2号サイズで郵送しましょう

2.黒と赤の(油性)ボールペンを用意

封筒は雨で濡れても滲まないように油性のボールペンで書くのがマナーです。

赤色のボールペンは封筒の表面左下に履歴書在中と書いて定規で四角く囲む作業に使います。

手書きが不安な人は元から印字している封筒やスタンプを利用しましょう。

3.宛名は縦書きで記入

宛名は縦書きで右側から住所・会社名・採用担当者の順番で記入します。

学歴同様に宛名は省略せず、住所は丁目・番地・号で記載して使用する数字は漢数字です。

採用担当者の名前がわからない人は社名や部署名の後ろに「御中」を書き、採用ご担当者様宛に書きましょう

応募書類を封筒に入れる前のルール

  1. 応募書類はクリアファイルに入れる
  2. 添え状を作成する
  3. 応募書類は順番通りに入れる

1.応募書類はクリアファイルに入れる

応募書類は綺麗な状態で採用担当者に届くように透明のクリアファイルに入れて郵送します。

クリアファイルに入れるのは、雨や郵送中に折れたり曲がったりするのを防ぐためです。

手持ちのクリアファイルを使いまわすのではなく、企業に好印象を与えるためにも新品を準備しましょう

2.添え状を作成する

ビジネスでは、書類を郵送するなら添え状(送付状)を同封するのがマナーです

パソコンでA4サイズのコピー用紙を使用して作成しましょう。

3.応募書類は順番通りに入れる

応募書類を封筒に入れるには書類の順番にも気を付けなければなりません

新卒は1枚目に添え状、2枚目に履歴書、それ以降にエントリーシートやポートフォリオを重ねましょう。

新卒が学歴の書き方でやりがちな失敗

新卒の学歴の書き方にはルールが多いけどエージェントを利用すると効率的なんだ!やりがちな失敗はあるかな?

  1. 消えるペンで書く
  2. 修正テープを使用する
  3. 誤字・脱字の見落とし

新卒が学歴を消えるペンで書く

鉛筆やシャープペンシル、消せるボールペンは書き直しの手間が省けますが、誰でも書き換えられるので正式な書類として認められません

文字が消えてしまい正しい情報が伝わらなければ、書類選考の通過率は低いです。

履歴書は消えない筆記用具で書くのがマナーなので油性かゲルインクの黒のボールペンを使用しましょう

芯の太さは0.5~0.7mmがおすすめです。

新卒が書いた学歴を修正テープで消す

修正液・修正テープを使って書き間違いを修正すると正式な書類としての信頼性を欠きます

修正した履歴書を提出すると、ビジネスマナーを知らない・志望度が低いと捉えられ採用担当者からの印象は悪いです。

書き直しできるように時間に余裕を持って質の高い履歴書を作成しましょう

新卒が書いた学歴に誤字・脱字

誤字・脱字があるだけでは不採用になりにくいですが、同程度の評価をされている他の応募者がいれば不利になります

ミスのある履歴書を提出すると時間管理ができていない・仕事でもミスをすると思われて印象が悪いです。

好印象を与える質の高い履歴書を提出するためにも、完成後に誤字・脱字がないかをしっかり確認しましょう

郵送後に誤字・脱字に気づいたら担当者に連絡で確認してから再送します。

新卒が学歴以外も質を高める適性診断

新卒で学歴以外でも自己PRなども充実させたい新卒は、自己分析をしておくと向いている業界やアピールすべきポイントがわかります

自分の性質・強みや転職市場価値を無料で診断できるサービスを活用すれば、スマホやパソコンで簡単に自己分析が可能です。

【グッドポイント診断】

自分の適性をすぐ知りたい人はリクナビNEXTのサービス「グッドポイント診断」を利用しましょう。

診断結果ではあなたならではの5つの強みが分かり、仕事の向き不向きの適性をチェックできます。

新卒の学歴の書き方と診断

自分に向いてる仕事がわかるから手に職をつけるヒントになるわよ♡

グッドポイント診断の詳しい手順はコチラ→

【グッドポイント診断のメリット】
・リクナビNEXT会員限定で本格診断が無料
・どこでも手軽に診断可
・自分の強みを客観的に把握できる
・診断結果は求人応募時に添付OK
・自己分析の負担が軽減され転職効率アップ
\無料で手軽に適性がわかる!/

【ミイダス】

新卒の学歴の書き方と診断【公式サイト】https://miidas.jp/

ミイダスはあなたの本当の価値を『見い出す』アプリで、簡単な質問に答えるだけ転職市場価値や行動特性、適正などを診断できます。

登録すると条件にマッチする企業からオファーが届くので、転職活動が効率的です。

ミイダスの適性診断の開始手順はこちら→

【ミイダスのメリット】
家で手軽に適性診断可
5分程度かつ無料で転職市場価値がわかる
スマホだけで企業からオファーが届く体制に
・オファーが届いた時点で面接確約
・求人を探す手間が省けて転職の負担を軽減

新卒は学歴の書き方のマスターで就職成功

新卒は誤字・脱字なく学歴を書くと第一印象が良くなり、就職活動を進めやすいです。

新卒で履歴書の学歴以外も充実させるには多くの時間がかかりますが、正しく書けば書類選考通過率が上がります

新卒でも使えるエージェントは豊富なので、履歴書を丁寧に添削してくれるサービスを上手く活用し希望の就職を成功させましょう

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事