最終更新日:

責任重大!インテリアバイヤーは大変な仕事?

責任重大!インテリアバイヤーは大変な仕事?

バイヤーは「これなら売れる!」と確信した魅力のある商品を見つけだす、センスの問われる仕事です。商品が売れなければ、それはバイヤーの責任となります。

流行の色や形、模様など、SNSやニュース、インターネットなどで動向を探り、現在最も注目されているアイテムは何かを見極めなければなりません。インテリアショップにおいて、とても重要なポジションとも言えるインテリアバイヤーについて解説していきます。

具体的にどのような仕事をしているのか、収入は高いのか、将来性についてはどうなっているのかを見ていきましょう。

インテリアバイヤーは売上を左右する重要なポジション?

インテリアショップに来る人が、もしも自分が欲しいと思う魅力的な商品が何1つ置いていなかった場合、自然とそのショップに訪問する機会も減るのではないでしょうか?訪問客が欲しい商品をなるべく多く仕入れることが、とても重要です。

そのため、インテリアバイヤーの仕事は、とても重要なポジションと言えるでしょう。責任の重いインテリアバイヤーの仕事について、詳しく解説していきますね。

インテリアバイヤーの仕事内容

インテリアバイヤーとは、インテリアショップに置く商品を何にするのか、トレンドを考慮した人気商品を見つけだすことがメインの仕事です。常に現時点で何が売れるのかを模索しながら、仕入れる商品を決めなければなりません。

SNSやインターネット、雑誌など、あらゆるメディアから、トレンド情報を仕入れ、年齢や性別ごとにどんな商品が人気で、トレンドは何かを探ります。

新商品が出れば、新商品情報を真っ先に仕入れ、実際に人気が出そうかどうか調査し、インテリアショップに置くかどうかを検討するのもインテリアバイヤーの担当です。最終的な決断はショップの責任者ですが、そこまではすべてインテリアバイヤーの手に掛かっています。

インテリアバイヤーは常にトレンドを追い、最新の情報に敏感にアンテナを張る必要があります。

インテリア業界におけるインテリアバイヤーの役割

インテリアショップの売上が増えることは、インテリア業界自体の活性化につながるため、とても重要なポイントだと言えます。そして、売上を左右するのは、いかに需要の高い商品を仕入れるかということです。

需要の高い商品、いわゆる現時点で人気の高い商品を見極めて仕入れる仕事を担うのがインテリアバイヤーで、インテリアショップの売上に直接関わる重要な役割を持っています。

インテリアバイヤーの業務フロー

決まった時間に、決められたことをこなすという仕事ではないので、いつも決まった作業をするわけではありませんが、大まかな流れはあります。

  1. 流行の調査・情報収集
  2. ショップ責任者との交渉
  3. ショップへの商品配置
  4. 仕入れた商品の売れ行きのデータ収集・分析

『トレンドや人気商品』『インテリア業界の動向』『新商品発売情報』などは、常日頃から注意しながら情報を探索します。新商品や人気アイテムを見つけると、それが本当に売れるのかどうかを調査していきます。

十分に検討を重ね、売れると確信が出たところでインテリアショップの決定権のある責任者と交渉し、承諾が得られればインテリアショップに置けるというわけです。仕入れたあとも、その商品がどれだけ売れているのか、性別や年齢、どういう人かなどのリサーチも忘れません。

そして、よく売れた商品と売れ残った商品の原因を探り、次回の仕入れ時に参考にしながら進めていくというのが、一連の流れです。

インテリアバイヤーになるために努力すべきことは?

責任は重いですが、とてもやりがいのあるインテリアバイヤーになるには、どうすれば良いのか、とても気になりますよね。インテリアバイヤーはやる気さえあれば、誰にでもできる仕事なのか、必要な資格はあるのかを見ていきましょう。

インテリアバイヤーを目指すために必要な経験

  • インテリア業界でのバイヤー実務経験
  • 商品開発や企画で働いた経験

インテリアバイヤーの求人を見てみると、残念ながら未経験でも応募可となっているところは、ほとんどありません。インテリア業界でのバイヤー実務経験がある人か、もしくは商品開発や企画で働いた経験がある人しか応募できません。

インテリアバイヤーを目指す人は、まずはインテリア商品を扱っている会社に勤務し、新商品開発部門に入るところから始めましょう。

インテリアバイヤーに求められるスキルや資格

ほとんどのケースで、海外企業から買い付けることも多いため、英語スキルは必須です。ビジネスマナーも兼ねた英語力を身に付けている必要があります。資格についてはとくに必須となる資格はないようです。

インテリアバイヤーに向かない人の特徴

休みの日も常に仕事のことを考えるくらい熱心な人向きの仕事なので、オンオフはしっかり線引きしたいという人には向いていない仕事です。

インテリアバイヤーの気になる収入と将来性はどうなっているのか?

敷居の高いインテリアバイヤーの、気になる収入と将来性について見てみましょう。

インテリアバイヤーの平均年収

バイヤー全体の平均年収になりますが、449万円となっています。経験やスキルを要する仕事のため、高い給与設定となっているようです。

平均年収ランキング「販売/サービス系-バイヤー・ディストリビューターx業種問わないx年代問わない」
参考URL
https://doda.jp/guide/heikin/search/

インテリアバイヤーの将来性について

ネットショッピングが増えて、リアル店舗が少なくなったとしても、バイヤーによる目利きの能力自体は需要があるため、長い目で見ても安定した職業であることが言えます


RECOMMEND

関連記事