最終更新日:

建設事務とは?仕事内容や求められるスキル・給料について解説

「普通の事務よりハードル高いの?」「CADが使えないとダメ?」建設事務は一般的な事務職よりも求められるスキルレベルが高いと、転職に足踏みする求職者は少なくありません。

今回は建設事務の仕事の疑問や建設事務の仕事内容、建設事務に必要なスキル、建設事務の給料等をご紹介。事務職全般に通じる部分から、建設業界ならではの事情まで、建設事務に関するすべてを浮き彫りにしていきます。建設事務の転職を有利にする転職エージェントについても併せてご紹介していきましょう。

建設事務の仕事内容

建設事務の仕事が他の業界の事務職と大きく異なるわけではありませんが、傾向としては幅広い業務が求められます。特に建設業界ならではの現場事務や、経理に関しては他の事務職よりも込み入った作業が必要です。

建設事務の役割・フロー

建設事務の役割は、事務作業全般、業務に関わる経理、現場での来客対応や電話対応です。まず建設業界の事務職では経理の役割を担う比率が高く、勘定科目も完成工事高、完成工事原価、完成工事未収金と建設業界ならではの項目を使用する機会が多いです。

特別難しい知識が必要というわけではなく、あくまでも建設業界の会計に慣れる必要があります。また、設計補助的な役割を担う可能性もあり、CADなどが扱えると重宝されるでしょう。

CADは応募前に必須のスキルではないので、後々勉強していく意欲があればOK。

1日の仕事の流れ

建設事務の業務は上記の通り幅広く、特に経理、設計の分野で他業界の事務職よりも建設業界に特化した業務を求められます。1日のなかで一つの仕事に特化するよりも、いわゆるマルチタスク能力が求められます。具体的に1日の流れは以下の通りです。

  • 来客対応(顧客や、公共事業の場合役所の人が来る場合もある。)
  • 電話対応(来客対応同様、同業他社や顧客や役人とのやり取り。)
  • メール対応(来客、電話と相手は同じ。)
  • 事務作業(備品の補充や清掃など。)
  • 経理業務(伝票作成、帳簿転記、請求書作成など。)
  • 採用業務(小さな建設会社であれば、事務職が採用に関する手続きや面接を行う場合もある。)

すべてを1日で行うわけではありませんが、必須作業を自分で判断し、上手にスケジューリングする必要があります。たとえば来客時間などが決まっている場合、事務作業は時間をずらす。電話から突発的な作業が発生する可能性もあるので、経理業務は時間が取れそうなタイミングで行う、といった自己管理能力も重要です。

建設事務に求められる経験


建設事務は未経験からでも応募可能。特別専門知識が必要ではありません。ただし、後述するような経験やスキルがあると転職活動の際有利です。

未経験でも相性の良い業界・職種

建設事務と相性が良い業界はやはり同業種です。建設業界ならより良いですが、設計事務所などでの事務経験があると重宝されるでしょう。事務作業全般で共通する部分が多いだけでなく、経理やCADを使った設計等にも慣れていれば他の職種のサポートにも回れます。

建設事務に求められるスキル・資格

次に建設事務に求められるスキルや資格について紹介します。

建設事務に求められるスキル

建設事務に求められるスキルは以下です。

  • コミュニケーション能力
  • 事務処理能力(ミスなく正確に書類作成等を行う)
  • 簿記に関する一定の知識(建設業務に関する経理知識があるとより良い)

コミュニケーション能力と事務処理をコツコツミスなく行う能力は事務職全般に必要です。簿記に関しては他の事務職よりも重視される傾向にあります。

建設業界は大きなお金が動くため、売掛金や費用計上を分割するケースが多いです。消耗品になるのか固定資産になるのかよくわからない、減価償却はどうなるのか、といったことから、建設業界独自の勘定科目もあるので、勉強が必要です。

建設事務に求められる資格

上記の通り建設事務では経理能力が重視され、資格に関しても必須ではありませんが、建設業経理の資格があると重宝されます。具体的には以下の資格です。

  • 建設業経理検定試験
  • 建設業経理事務士試験
  • 宅地建物取引士
  • 日商簿記
特に上の二つは建設業界で必要な経理知識を網羅しているため、取得していると転職に有利です。

建設事務の注意点

建設事務を目指す前に、本当に自分に向いているかどうか確認しておいた方が良いでしょう。

建設事務に不向きな人の特徴

  • 建築、土木、モノづくりなどに興味がない
  • コミュニケーションを取りたくない
  • 事務作業や経理業務が嫌い

建設事務は事務職なので直接的に設計や施工業務を行うわけではありませんが、当然見聞きする機会は多いです。事務職であっても知っておかないと事務処理に困るので、建築業界そのものに興味がないと必要な情報が頭に入りにくくなるでしょう。

コミュニケーションや事務作業に関しては事務職全般に必須の業務なので、避けては通れません。

建設事務の給与・待遇・将来性

建設事務だけの平均年収データはありませんが、建設業界全般の平均年収は400万円程度です。ただしこれには設計や施工の職種も含まれるので、事務職単体だともっと低くなると考えられます。

待遇に関しては、事務職の方が休暇等はむしろ充実しているでしょう。

参考URL
https://mynavi-agent.jp/helpful/income/industry/realestate_04.html

建設事務の今後の推移

建設業界は震災復興やオリンピック特需で盛り上がっており、今後も状況に応じて需要が高まる機会は多くあると考えられます。事務職は組織にとっても必要不可欠な職種なので、なくなることはないでしょう。

転職エージェントの活用で建設事務への転職を効率化

一人でできる転職活動には限界があり、自分一人での作業が多いのは否めません。転職エージェントは転職活動の手間のかかる作業をすべて代行してくれる存在です。

    転職エージェントが代行する転職活動

  1. 求人の検索、紹介、応募、推薦
  2. 応募書類の添削
  3. 面接日程の調節、面接対策
  4. 採用条件、給与、配属先、ポジションなど企業との交渉
  5. 契約書や入社関連の手続き、入社日のすり合わせ

転職エージェントを利用すれば面接の本番以外で企業と直接やり取りする機会はほぼ0。転職エージェントは企業との繋がりも深く自分一人だけでは知りえない企業の内部情報まで知れる場合もあり、建設事務のニーズを最大限に活かした転職が可能です。企業とのミスマッチも未然に防げます。

転職活動は転職エージェントを活用した方が確実に効率的です。

転職エージェントの仕組みはこちらの記事をチェック↓

転職エージェントの選び方はこちらの記事をチェック↓

建設事務への転職を有利にする転職エージェント

転職エージェントによって特性やサポートの質、得意な求人は異なるため、下記から自分に合う転職エージェントをピックアップしましょう。

公式サイトから各転職エージェントの転職支援サービスに申し込み後、キャリアコンサルタントと面談すると様々な転職サポートが受けられます。登録・利用はすべて無料です。

転職エージェントは複数併用すると転職活動がより円滑に進みます。

doda

doda

求人数10万件以上!非公開求人80%超!!
履歴書添削や面接対策など丁寧なサポートが人気で転職後のアフターフォローも手厚い。
女性の求職者にも高評価!

【公式サイト】https://doda.jp/
登録は3分で完了!

dodaの詳細はこちらの記事をチェック↓

マイナビエージェント

マイナビエージェント

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!
登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。
主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。
転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/
登録は3分で完了!

マイナビエージェントの詳細はこちらの記事をチェック↓

パソナキャリア

パソナキャリア

オリコン顧客満足度調査 転職エージェント部門1位!
首都圏など大都市圏の求人数が豊富。25~35歳転職初心者キャリアのある女性の転職サポートに特化。
転職成功者の年収アップ率は驚異の67.1%!

【公式サイト】https://www.pasonacareer.jp/
登録は3分で完了!

パソナキャリアの詳細はこちらの記事をチェック↓

Spring転職エージェント(アデコ)

Spring転職エージェント(アデコ)

2018年利用者満足度No.1!
管理職や金融、営業やマーケティング、ITやメディカルなど4つの職種専門部があり専門領域に特化。
企業と求職者が同じ担当でマッチング率が高い。

【公式サイト】https://www.springjapan.com/
登録は3分で完了!

Spring転職エージェント(アデコ)の詳細はこちらの記事をチェック↓


RECOMMEND

関連記事