最終更新日:

総合インテリアメーカーで働く営業の仕事内容とは?

総合インテリアメーカーで働く営業の仕事内容とは?

インテリアを取り扱う営業をわかりやすく言うなら、自社インテリア商品の魅力をアピールし、売上に貢献する人というところでしょう。

インテリアで必要な家具や照明、カーテン、壁紙など、さまざまな商品を扱う総合インテリアメーカーで働く営業は、魅力的な自社商品をネットショップ店舗や企業、個人などを相手に取引します。

インテリア業界の営業ならではの仕事内容を見ていきながら、他業界の営業とは違う点を解説していきます。

インテリアの営業はどんな特徴があるのか?

他業界同様、営業なので基本的な動きは変わりませんが、インテリアメーカーならではの働き方もあります。その辺りを中心に、インテリアの営業について解説します。

インテリアの営業が具体的にやっている仕事内容

  • 顧客への商品提案
  • オフィスの空間プロデュース

総合インテリアメーカーでは、一般家庭に置く家具やインテリア雑貨、小物を始め、オフィス用の家具や雑貨も取り扱います。ホテルや病院などに設置する家具や雑貨も取り扱うため、取り扱いアイテム数の多さは他業種と比べると、とても多いです。

そのため、商品知識を勉強する手間も掛かりますし、新商品を扱うことも多くなります。各商品の特徴や魅力を把握し、企業や個人相手に提案していくのがメインの仕事です。

あとは企業相手に、オフィスの空間プロデュース的な仕事をすることもあります。オフィス全体に設置するオフィス用家具や雑貨を選び、レイアウトまで提案したりと、かなり大掛かりなプロジェクトとなることもあるようです。

インテリア業界における営業の役割

インテリアメーカーが魅力的な商品を開発し、販売することで、インテリア業界の他職種である、インテリアデザイナーやインテリアコーディネーターの仕事にも良い影響が出ます。魅力的なさまざまな商品を用いることで、すてきな内装に仕上げられ、顧客満足度を引き上げられるからです。

インテリアメーカーが魅力のある商品を企画開発し、余すことなく魅力を伝えて、多くの企業にアピールするのがインテリアメーカー営業の役割です。

インテリアの営業の1日を紹介!

出勤してメールチェックや事務作業をするところまでが一般的な営業活動となります。ここからは、大掛かりなプロジェクト単位で動く場合と、企業回りで個人営業をしていく場合です。

プロジェクトの場合
プロジェクト単位では、大人数で分担して動くため、グループ単位での打ち合わせが多くなります。

オフィス全部のプロデュースするプロジェクトの場合は、クライアントとの窓口は1つですが、実際に進行するのは各担当部門ごとです。それぞれ入念な打ち合わせをして、クライアントの希望通りに進行していきます。

個人営業
企業に商品を提案していく場合は、担当企業に訪問し、担当者にカタログやパンフレットを持参して、営業活動を行っていきます。ネットショップやインテリアショップ(バイヤーも含め)に、既存商品や新商品をアピールして、販売に繋げるのがメインの仕事です。

外回りが終わったあとは帰社し、報告書や事務作業、翌日の準備をして終業となります。

インテリアの営業は簡単になれる職業なのか?

営業はやる気と熱意が必要であって、とくに経験や資格は必須ではありませんが、インテリアメーカーの営業も同様なのかを見てみましょう。

インテリアの営業になるために必要な経験

  • 営業経験
  • 商品開発部門での実務経験
  • インテリアコーディネーターとしての実務経験

インテリアの営業となる場合、他業界でも大丈夫なのですが、企業相手の営業経験必須としているところがほとんどです。未経験は難しいと考えて良いでしょう。

何かしらの法人営業経験が必要となるため、インテリアメーカーに営業で入りたい場合は、他企業で営業経験を積むか、またはインテリアメーカーに入社し、商品開発部門か、もしくはインテリアコーディネーターとして実務経験を積むのが得策です。

インテリアの営業に求められるスキルや資格

  • ビジネスで通用する英語スキル
  • 必須資格はなし

働くメーカーにもよりますが、海外企業とのやり取りも多いため、英語スキルはあった方が良いです。ビジネスマナーでも通用する英語力があると良いでしょう。資格についてはとくに必須となるものはありません。

インテリアの営業に不向きな人の特徴

  • 協調性がない人
  • 勉強が苦手な人
  • コミュニケーションが苦手な人

コミュニケーションスキルや協調性がない人が向いてないのは当然のことですが、インテリア商品知識が膨大なため、勉強が苦手な人も止めておいた方が良いでしょう。

インテリアの営業は高収入?将来性はある職業なのか?

少し敷居が高いインテリアメーカーの営業なため、収入も高いのではないかと期待するかもしれませんね。気になる年収や将来性について見てみましょう。

インテリアの営業の平均年収

20代 340万円
30代 435万円
40代 533万円

インテリアメーカーの営業の平均年収は、20代で340万円、30代で435万円、40代で533万円となっていて、40代で一気に給与アップという結果になりました。40代では業界で長く経験を積んで来た結果が実を結んでの高収入が見込めるということではないでしょうか。

平均年収ランキング「②営業系x①メーカー-家具/インテリア/生活雑貨x20代~40代」
参考URL
https://doda.jp/guide/heikin/search/

インテリアの営業の将来性について

さまざまな施設内の内装を手掛けることもあるため、インテリアの商品知識に長けた営業は、インテリア業界にとっても重宝したい人であることは間違いないでしょう。インテリア業界自体、縮小することは考えにくいため、将来的にも安定した職業であると考えられます


RECOMMEND

関連記事