最終更新日:

インテリアコーディネーターになるには?必要資格や将来性をご紹介

インテリアコーディネーターとは?資格は必要?仕事内容や将来性まで大公開

「インテリアコーディネーターになりたい!」「インテリアコーディネーターになるには?」

住宅空間を創造するスペシャリストであるインテリアコーディネーターを目指す人は少なくありません。

本記事ではインテリアコーディネーターとは何か?から、インテリアコーディネーターになる方法・年収や将来性まで紹介します。

インテリアコーディネーターへの転職をより確実にする転職エージェントも併せてご紹介しましょう。

あなたが「インテリアコーディネーターに向いているか」適性診断するにはこちら→

インテリアコーディネーターとは?

インテリアコーディネーターってどんな職業なの?

インテリアコーディネーターは顧客のアバウトな要望を具体的な住空間に導く役割。

インテリアや住宅に関する幅広い知識・技術を駆使し、家具やカーテン・照明等をトータルプロデュースするのがインテリアコーディネーターの仕事です。

とらばーゆの働く女性600人が対象の調査で、人と接する職種編でインテリアコーディネーターは人気TOP5にランクインしています。

1位
フラワーコーディネーター
2位
インテリアコーディネーター
デザイナー
3位
ファッション販売
ショップスタッフ
4位
受付
5位
フードコーディネーター
企画・販促

自分のセンスやスキルを活かして人の役に立てる仕事として女性に人気の職種です。

インテリアコーディネーターは「こんな雰囲気の空間に住みたい」を形にする専門職なの!住まいの魔法使いってとこね★

学歴不問・未経験OKの求人もある

インテリアコーディネーターは新卒での採用はほぼなく、社内で抜擢されたり、中途採用で募集するケースが多いです。

スキルや資格が企業の求めるレベルであれば学歴や経験を問われないケースもあります。

ただ、資格取得者や学校で空間デザイン・建築などを学んだ人の方が圧倒的に有利です。

個人のセンスが問われる職業だから、企業のイメージと合えば未経験でも大抜擢されるケースも少なくないわ!

インテリアコーディネーターになるには

実際にインテリアコーディネーターになるにはどうすればいいのかな?

インテリアコーディネーターに必要な経験・スキル

インテリアコーディネーターになるには必須の経験やスキルはありません

しかし、インテリアコーディネーターはインテリアに関する知識だけでなく、建築の構成材や空間デザイン・コスト管理などの幅広い知識が必要になります。

建築・住宅業界は専門用語が多いので、大学・短大・専門学校等で基礎から学ぶのがインテリアコーディネーターへの近道になるでしょう。

デザイン系の学校を卒業して住宅メーカーへ就職してから転職って道もあるわ。自分に合った方法でインテリアコーディネーターを目指しましょ♪

インテリアコーディネーターに必要な資格

インテリアコーディネーターは必須の資格はありませんが、インテリアコーディネーター資格があった方が有利です。

2019年度のインテリアコーディネーター資格試験の合格者は1896名、合格率は25.1%難易度は少し高めです。

インテリアコーディネーター資格試験の合格者推移

インテリアコーディネーターの資格試験は覚える内容がとにかく多い試験なので、根気強さ反復学習が必須な試験です。

ただ、インテリアコーディネーターの資格試験は年齢や職歴に受験制限はなく、努力次第で独学でも十分合格を目指せます

その他にもインテリアコーディネーターを目指す上で有利に働く資格があります。

資格名 資格の詳細
福祉住環境
コーディ
ネーター
高齢者や障がい者に対して住みやすい環境を提案するアドバイザー資格。
建築士 建物の設計や工事監理を行うための資格。
色彩検定 色の基礎・配色技法(色の組み合わせ方)・専門分野における利用などの知識がある証明ができる資格。
CAD検定 建築一般図を作成する実力を測る・与えられた建築図面をCADシステムを使って正しくトレースする技能を測る資格。

インテリアコーディネーターの資格取得後、キャリアアップや活躍の幅を広げるためにその他の資格を取得するのは効果的です。

インテリアコーディネーターの勤務先

インテリアコーディネーターは下記のように勤務先の選択肢は豊富です。

【インテリアコーディネーターの勤務先の一例】
・家具や照明などのメーカー
・ショールーム  ・住宅メーカー 
・インテリアショップ
・設計事務所  ・工務店
・設備・建材などの内装施工業者

実際にインテリアコーディネーターの資格試験に合格した人の勤務先の取扱品目別データは以下の通りです。

インテリアコーディネーターの勤務先の取り扱い品目の合格者数

新築の住宅を扱う人を中心に家具や内装に関わる人も多くなっています。

住宅に関わる企業であればインテリアコーディネーターとして活躍できる場があるようです。

独立して活躍してるインテリアコーディネーターも多いわ★

インテリアコーディネーターの仕事の流れ

以下はインテリアコーディネーターの代表的な仕事流れの一例です。

インテリアコーディネーターの仕事の流れ

他にもインテリア商品(照明、家具、カーテン等)の選択やアドバイスを行う例もあります。

①・②・④の工程はインテリアコーディネーターの腕の見せ所です。

理想の住空間を造るにはたくさんの工程をこなさないといけないんだね。

インテリアコーディネーターは⑧納品が終わってからのアフターフォローも大切なの★

インテリアコーディネーターになる際の注意点

残業は職場によって様々

インテリアコーディネーターは納期までに完了するよう、多方面と連携しながら進めます

1人あたりの受け持つ案件が多い場合は残業が多くなる可能性もあります。

スケジュールをしっかり管理しながら進められたら、無理な残業はない企業が多いわ★

インテリアコーディネーターに不向きな人

インテリアコーディネーターに不向きな人の特徴は以下の通りです。

・コミュニケーションが苦手
・自分を貫きたい
・決まった仕事以外はしたくない

インテリアコーディネーターは顧客はもちろん、インテリア関連の企業・実際に施工する企業など様々な人と関わる仕事です。

自分の感覚やセンスを貫き、意見を押し付けるのではなく、相手のイメージを具現化するために柔軟に考えられる力が求められます。

ルーティン作業や決まった仕事のみをこなすのではなく、案件の納期や状況によって臨機応変な対応が重要です。

インテリアには流行があるから、流行をすかさずキャッチできる探求心も大切ね♪

自分の個性を出しながら相手に満足してもらえるように提案する…!難しいけどやりがいのある仕事だね!

インテリアコーディネーターの年収・将来性

インテリアコーディネーターの年収

インテリアコーディネーターの年収は実はそれほど高くありません。

企業内インテリアコーディネーターの平均年収は約380万円で、ボーナスを年3~4ヵ月分とした場合、月給は約24万で、ボーナスは年約90万円の計算です。

勤続
年数
年収
詳細
1年目
250万~
 350万円
初任給は20万円前後。インテリアコーディネーターの資格を持っていると、一般社員より給与面でも優遇されるケースが多い。
5年目
400万~
 500万円
スキルアップをはかる時期で、インテリア設計業務など専門的な仕事に就いてキャリアを積めば、高収入も期待できる。
10年目
500万~
 600万円
トラブルの対応なども行う責任あるポジションを任されるようになり給与もアップする。

フリーランスの場合

フリーランスのインテリアコーディネーターとして働く場合、年収は実力次第になります。

平均では年収400万~700万円と言われていますが、独立前よりも収入減になってしまう人から年収1000万以上稼ぐ人まで様々です。

企業で実力を積んから独立する子が多いわ!フリーランスを目指す子はキャリアプランを組んでみましょ★

インテリアコーディネーターの将来性

比較的安価なインテリアも増えており、インテリアを楽しむ場も自宅のみならずオフィスや老人ホームなど拡大傾向です。

現在、インテリアコーディネーターの活躍の場は住宅業界がメインですが、住宅以外でも活躍できる場は広がるでしょう。

福祉住環境コーディネーターの資格があればバリアフリーの知識も得られてより活躍できる可能性があるわね。

独自のセンスや感性で人気のインテリアコーディネーターになれば、書籍やwebでインテリアを選ぶコツや暮らし方を提案・発信できます。

インテリアコーディネーターの働き方は将来より一層自由になるでしょう。

自分を発信できる場が増えたから、今までより沢山の人の暮らしに影響を与えられる存在になってるんだね!

インテリアコーディネーターが適正かどうか知る

インテリアコーディネーターの適性をすぐに知りたい人はリクナビNEXTのサービス「グットポイント診断」を利用しましょう。

簡単な質問に答えるだけで自分の強みが見つかる本格診断サービスです。

\無料で手軽に適性がわかる!/

診断結果ではあなたならではの5つの強みが分かり、仕事の向き不向きの適性をチェックできます。
インテリアコーディネーターに向いているか分かるリクナビNEXTのグットポイント診断

リクナビNEXTでは200件以上のインテリアコーディネーターの求人を取り扱っています。

コミュニケーション能力や相手の希望を形にする力が必要なインテリアコーディネーターは「社交性」「柔軟性」「親密性」に長けている人には向いている仕事です。

簡単に適性が見えてくるので、自分にインテリアコーディネーターが向いているか知りたい人はさっそくチェックしてみましょう。

\無料で手軽に適性がわかる!/

グットポイント診断の詳しい手順はコチラ→

【グッドポイント診断のメリット】
・リクナビNEXT会員限定で本格診断が無料
・どこでも手軽に診断可
・自分の強みを客観的に把握できる
・診断結果は求人応募時に添付OK
・自己分析の負担が軽減され転職効率アップ
リクナビNEXT

求人数4万件超!利用満足度No.1
日本最大級の求人データベースから検索可能&AIが最適な求人をレコメンドする転職サイト。
本格診断サービス「グッドポイント診断」で自分の適性を把握できる。

【公式サイト】https://next.rikunabi.com/
登録は3分で完了!

インテリアコーディネーターへの転職を転職エージェントで効率化

転職活動は自分でできる範囲には限界があり、在職しながらの転職活動になるとかなりの負担になります。

転職エージェントを利用すれば、転職活動の負担が大幅に減少し、スムーズに転職できます

リクルート
エージェント
doda
転職エージェント
主な年齢層 20代~35歳 26~35歳
主なサポート対象者 全転職者に対応 全転職者
支援実績 採用成功実績は41万人超 業界30年の採用成功実績
インテリアコーディネーターの
求人数※1
60件以上 300件以上※2
特徴 業界最大手
求人数No.1
面接対策が充実
求人約10万件
営業職に強い
丁寧なサポート
簡単登録
(無料)

※1 非公開求人は含まない
※2 dodaが運営する求人サイトの求人数も含む


インテリアコーディネーターとは人に喜ばれる職業

インテリアコーディネーターは自分の感覚やスキルを最大限生かしながら、人に喜んでもらえる職業です。

グットポイント診断や転職エージェントを有効活用してインテリアコーディネーターへの第一歩を踏み出しましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事