最終更新日:

ブライダルメイクアップアーティストはどんな仕事?

ブライダルメイクアップアーティストはどんな仕事?

ブライダル業界で働きたいと漠然としたイメージしかないけど、できれば新郎新婦をきれいにする仕事が良いなと考えている人もいるのではないでしょうか?

一生の思い出に残るような結婚式を挙げるために、きれいに着飾るのはとても重要なポイントです。そのお手伝いをする仕事がブライダルメイクアップアーティストで、思わずため息が出るほどきれいにメイクアップを施す職業だと言えます。

新郎新婦が良い結婚式を挙げられるように手助けする仕事、ブライダルメイクアップアーティストについて、どんな仕事なのかを解説していきます。

ブライダルメイクアップアーティストは具体的にどのような仕事をしているのか?

ブライダルメイクアップアーティストという職業の名称から連想すると、顔に化粧を施すことのみを指しているのかと勘違いしてしまいそうですが、実際には仕事はそれだけではありません。実際にどのようなポイントで仕事をしているのか見ていきましょう。

ブライダルメイクアップアーティストの仕事内容

ブライダルメイクアップアーティストの仕事で重要なことは、メイクをするときに、トータルで仕上げなければならないということです。ウェディングドレス、ブーケ、アクセサリーなど全体像を見て、バランス良くメイクをしていきます。

さらにはメイクだけではなく、場合によってはヘアスタイルも整える必要があり、メイクとヘアスタイリング両方とも、それなりの技術が必要です。

あとは挙式時の式場内における内装や照明も考慮して、全体のバランスを見ながら仕上げる必要があります。ただ、きれいにメイクするだけでは務まらない職業と言えるでしょう。

新郎新婦の衣装や小道具、髪型、式場の照明等の式に関連するもの全てに調和を持たせるようにメイクを施すのが仕事です。

ブライダル業界におけるブライダルメイクアップアーティストの役割

結婚式の準備や進行、衣装、靴やブーケなどのアイテム、そしてメイク(ヘア含め)など、すべてを完璧に仕上げてこそのプロフェッショナルな仕事と言えます。

そして、その完璧な仕上げで顧客満足度をアップさせることで、ブライダル業界全体の評判、そして利益を増やしていくことが大切です。

少子化で結婚式の回数自体を増やすことができない現状を考えると、1回の結婚式で、どれだけクオリティを高くし満足度を上げていくかが重要となっています。

ブライダルメイクアップアーティストとして、トータルで華やかにきれいに仕上げる技術が、顧客満足度を上げることにつながっていくということです。

ブライダルメイクアップアーティストの業務フロー

  1. 仕上がりやスキンケアの打ち合わせ
  2. メイクアップ道具の確認
  3. 新郎新婦のメイク
  4. 式中のお色直し
  5. 2次会に向けてのメイク

挙式前に、当日はどのように仕上げていくのかの打合せがあります。打合せでは仕上がりイメージのほかにも、結婚式当日までに、肌の具合やスキンケアの相談もしておき、肌の調子を整えておくなど、さまざまな注意事項の説明などを行うことが多いです。

結婚式当日は早めに式場へ向かい、メイクアップ道具の点検や確認、準備をしていきます。そして、結婚をする主役を迎え、メイクやヘアに取り掛かり、衣装を着替えた段階で、最後の仕上げをしていって完了です。

メイクを終えたら終わりではなく、お色直しでもメイクやヘアをし直します。短い時間で仕上げなくてはならないので、洗練された技術が必要です。結婚式が終わり、2次会へ向かう新郎新婦のメイクも担当し、ようやく終了となります。

ブライダルメイクアップアーティストを目指すためには?

思い出に残るすてきな結婚式を手助けするブライダルメイクアップアーティストには、どうすればなれるのでしょうか?なりたい人のために、資格やスキルなど必要なものはあるのかを解説していきます。

ブライダルメイクアップアーティストになるために有利な経験

  • 美容室での実務経験
  • 着付けの経験

未経験から経験を積んで正式な社員となれる応募もありますが、ヘアメイクの実務経験があった方が、断然有利です。可能ならば美容室で働いていた経験があると良いでしょう。

それから着物の着付けをしていた経験などがあると歓迎されます。着物教室などに通い、着付けなどを習っていたという経験も役立つこともあるでしょう。

ブライダルメイクアップアーティストに必要なスキルや資格

    持っていると有利なスキル・資格

  • 日常会話レベルの英語スキル
  • 美容師免許

コミュニケーションスキルはもちろんのこと、日常会話に困らない程度の英語スキルがあると、転職時に有利となる場合があります。必須ではありませんが、外国人のクライアント相手に仕事をする場合もあるため、英語が話せると面接時に有利となったり、待遇が良くなる可能性も高いです。

資格はなるべくなら、美容師免許の資格は取得しておいた方が良いです。企業のなかには、入社してから取得することも可能としているところもありますが、可能なら事前に取得し、美容室で実務経験を積んでから、ブライダルメイクアップアーティストを目指した方が、早くプロとして活躍できます

ブライダルメイクアップアーティストに不向きな人の特徴

  • 感情的になる人
  • キツイ性格の人
  • とにかく喋りたいという人

結婚式前はナーバスになっている新郎新婦が多いため、感情的になる人やキツイ性格の人には向いていません。話し上手よりは聞き上手な人が向いているため、とにかくしゃべりたいという人も向いていないです。

ブライダルメイクアップアーティストの収入や将来性はどうなのか?

気になる収入や将来性について見ていきましょう。

ブライダルメイクアップアーティストの平均年収

経験年数 平均年収
1年目 200万円
5年目 350万円
10年目 500万円

段階を踏んで給与アップする体制となっており、1年目で年収200万円、5年目で350万円、10年以上で500万円となっています。

クリエイティブ業界研究「ブライダルメイクアップアーティスト」
参考URL
http://scape.vantan.com/jobstudy/gyoukai/bridal-hairmake.php

ブライダルメイクアップアーティストの将来性について

ブライダル業界自体が拡大する可能性は低いですが、ヘアメイクアップ技術さえあれば、シニア向けなどにも対応が利くので、技術力を磨けば安定した職業と言えるでしょう


RECOMMEND

関連記事