最終更新日:

化粧品のバイヤーってどんな仕事?化粧品のバイヤーへの確実な転職成功法

化粧品コスメのバイヤー

「化粧品のバイヤーの仕事内容は?」「化粧品のバイヤーにはどんなスキルが必要?」

化粧品のバイヤーは一般的なバイヤーよりも敷居が高いイメージがあり、転職に足踏みする求職者も少なくありません。

化粧品のバイヤーはバイヤー経験あると有利ですが、コミュニケーション能力や情報の分析スキルが高ければ転職は成功します。

今回は化粧品のバイヤー向け転職支援サービスと、化粧品のバイヤーの仕事内容や必要な経験、年収や将来性を解説していきましょう。

化粧品のバイヤー向け転職支援サービス

まずは化粧品のバイヤーの転職に有利な支援サービスをご紹介♪自分に最適なサービスを選べば希望の転職が成功するわ☆

リクルートエージェント マイナビエージェント
転職エージェント
主な年齢層 20代~35歳 20代~35歳
主なサポート対象者 全転職者に対応 20代、第二新卒、1~3回目の転職者
支援実績 採用成功実績は54万人超 20代の信頼No.1を獲得
バイヤー・MDの求人 250件以上 約50件
特徴 業界最大手
求人数No.1
面接対策が充実
サポートが◎
中小企業に特化
独占求人も豊富
簡単登録
(無料)


doda パソナキャリア
転職エージェント
主な年齢層 26~35歳 25~35歳
主なサポート対象者 関東、関西、東海の大卒以上 東名阪の年収400万以上
支援実績 業界30年の採用成功実績 顧客満足度調査1位
バイヤー・MDの求人 約100件 80件以上
特徴 求人約10万件
営業職に強い
丁寧なサポート
年収UP率67%
大都市圏の求人が豊富
簡単登録
(無料)


化粧品バイヤーの仕事内容

化粧品のバイヤーってどんな仕事なんだろう?

主な仕事内容は商品の買い付けよ☆美容業界は他の業界と比べてトレンドの変化が速いから、より綿密な分析・選定能力が問われるわ。

化粧品バイヤーの役割

美容への意識が高まり、アジアでは低価格で良質な化粧品ブランドが増加中。

化粧品のバイヤーは国内商品だけでなく、アジアやヨーロッパなど海外商品の買い付けにも携わります。

直感やセンスは必要ですが、日本の消費者が化粧品のどこを重視しているのか把握していないと、日本で売れる商品を発掘できません。

化粧品に関わる様々な情報を収集し、緻密な分析と戦略を重ねた上で商品を選定する能力が求められます。

化粧品バイヤーの仕事の流れ

一般的な化粧品のバイヤーの仕事の流れは下記の通りです。

  1. 商品の売れ行き・トレンドの情報収集
  2. 売れ筋や過去の実績を分析
  3. 競合他社のリサーチ
  4. 新しい商品の買い付けの戦略立て
  5. 合致する商品やメーカーに買い付け交渉

今すぐ転職活動を始めるならこちら→

化粧品バイヤーに必要な経験・スキル

化粧品のバイヤーは、ただ商品を買えばいいだけじゃないんだね!

調査や分析、戦略の立案、買い付け交渉まで、化粧品のバイヤーはマルチタスクをこなせなきゃ務まらないわ★

化粧品バイヤーに有利な経験・スキル

化粧品のバイヤーは、化粧品業界に関する何らかの経験や知識があると有利です。

化粧品業界未経験でも、商品の買い付けや交渉をしたバイヤー経験は重宝されます。

    化粧品のバイヤーに有利な経験

  1. 化粧品業界でのバイヤー経験
  2. 他業界でのバイヤー経験
  3. 化粧品業界でのバイヤー職以外の経験

化粧品のバイヤーは、勘に頼らずデータに基づいた商品の選定や買い付けが必須。

メーカーの開拓や継続的な仕入れのために、取引先と良好な関係性を築くのも仕事です。

    化粧品のバイヤーに有利なスキル

  1. 情報を収集・分析するスキル
  2. コミュニケーション能力
  3. 交渉スキル

化粧品バイヤーに不向きな人

バイヤーは化粧品の買い付けを一手に引き受けるため、やりがいも責任も大きいです。

化粧品のバイヤーに不向きな人
・数値目標にプレッシャーを感じる
・データの分析が苦手

結果が数字ではっきり分かるため、プレッシャーに弱い人には向いていません。

数字に基づいて物事を考えられないと、化粧品のバイヤーは難しい仕事です。

化粧品バイヤーへの転職成功法

化粧品バイヤーの年収・将来性を把握

求人情報・転職サイトのdodaによると、化粧品バイヤーの平均年収は下記の通りでした。(※1)

年代 全体平均 購買×メーカー
20代 348万円 401万円
30代 444万円 531万円
40代 510万円 597万円
50代~ 613万円 766万円

化粧品のバイヤーは同年代と比べて平均年収が50~150万円程度高くなっています。

大手が独占していた日本の化粧品メーカーですが、化粧品の好みが多様化し様々な中堅メーカーや海外メーカーがシェアを拡大中。

世の中のトレンドを見極め、次に売れる商品を見つけだす化粧品のバイヤーは今後も需要があり将来性は高いでしょう。

化粧品のバイヤーは、結果さえ出せば順当に年収アップ・ステップアップしていける職種なの♪

化粧品バイヤーへの転職前に自己分析

化粧品のバイヤーに転職する前に徹底的に自己分析しておきましょう。

自分の強みを整理・詳細まで的確に把握していれば志望動機に説得力が生まれ、納得感のあるアピールができます。

事前に仕事の適性を理解していれば、自分に向いている仕事を探せるので効率的です。

急に自己分析なんて言われても難しいよ。自分の強みや仕事の適性が簡単にわかる方法はないの?

自己分析が苦手・自分の適性を今すぐ診断したい人は、リクナビNEXTのグッドポイント診断を利用しましょう。

簡単な質問に答えるだけで自分の強みが見つかる本格診断サービスで、時間もお金もかけずに仕事の向き不向きの適性をチェックできます

化粧品のバイヤーの適性診断(※会員登録すると無料で診断できます)

業界最大手の「RECRUIT」が開発しているため、診断結果の精度も信頼性も抜群です。

たった数分で適性が見えてくるので、自分に化粧品のバイヤーが向いているか知りたい人はさっそくチェックしてみましょう。

リクナビNEXTの求人数は約4万件。診断後にはそのままマッチする求人を探せるのでスピーディー。

化粧品バイヤーの転職をエージェントで効率化

化粧品のバイヤーに限らず、一人で転職活動を進めると求職者の負担は少なくありません。

転職エージェントは面倒な作業をすべて代行してくれるため、転職活動の時間や手間が省けて大幅に効率がアップします。

好条件の化粧品のバイヤーの求人紹介や手厚いサポートを望むなら、転職エージェントを活用した方が確実です。

【化粧品のバイヤー向けのサービス一覧】

サービス名 特徴
リクルートエージェント 転職実績&求人数No.1。20~30代の転職決定者多数
マイナビエージェント 20代の信頼度No.1。中小企業に特化
doda 業界・職種が幅広く手厚い面接対策も人気
パソナキャリア 顧客満足度No.1。転職後の年収アップ率67.1%

登録・利用はすべて無料なので、特徴やサポート内容を比較して自分に合う転職エージェントを選びましょう。

転職エージェントは2~3社併用すると求人の選択肢が広がります。

化粧品バイヤーへ効率良く転職成功

化粧品のバイヤーは他の業界と大きな違いはないものの、調査や分析から戦略の立案、買い付け交渉まで多岐に渡る対応が求められます。

商品の買い付けや交渉の経験の他、高いコミュニケーション能力や化粧品業界の経験・知識があると転職に有利です。

上記サービスを上手に活用して、効率良く化粧品のバイヤーへの転職を成功させましょう。

(※1 出典:doda/平均年収ランキング「購買」×「メーカー」×「年代」)

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事