最終更新日:

化粧品会社の企画職ってどんな仕事?仕事内容や必要なスキル、将来性などを徹底解説

化粧品会社の企画の仕事というと、新商品を企画開発する憧れの存在だと感じる人も多いかもしれません。

企画の仕事というのは、現在のマーケットの情報収集や分析から始まり、自社のブランドにあった商品の開発、プロモーション、さらには販売価格まで、新商品を売り出すまでのすべての工程に関わる重要な仕事です。社内の研究職やマーケティング、生産部、営業まで様々な部門と協力しながら仕事を進めていくことが必要です。

化粧品会社の企画職というのは実際にはどのような仕事をしているのか、必要なスキル、具体的な仕事の流れ、さらには待遇や将来性などについてご説明します。

化粧品会社の企画職の仕事内容

化粧品会社の企画職の仕事内容は、最新のトレンドや競合の調査から新商品の企画、さらには販売の企画まで、ブランドのイメージや売り上げを上げるために、様々な戦略を立てて実行していく仕事です。

また、企画の推進にあたっては、社内の各部署との調整役を務め、全体の工程管理を行っていく必要があり、難易度の高い仕事だといえます。

  • 最新トレンドや競合の調査
  • 新商品の企画
  • 販売の企画
  • 全体の工程管理

企画職の具体的な中身について詳しくご紹介していきます。

化粧品会社の企画職が果たすべき役割とは

化粧品会社の企画職の仕事は、新規のアイテムの開発や新ブランドの立ち上げ、販売戦略に関する企画立案と、その実行に向けて社内を引っ張っていく役割を担っています。

企画職というと、アイデアマンが担当するものと考える人もいますが、決してそうではありません。企画の仕事の上で非常に重要なのが、データ収集と分析です。自社の状況、競合の状況、世の中の美容のトレンドなど様々な角度から情報を分析することで初めて、今後の商品の企画の検討を進めることが可能になります。

また、データに基づいた企画を立てた後は、研究職から生産、営業まで社内の各部門を巻き込み実行に移していくことが必要です。時には部署の間に入って調整を行い、社内を同じ目標に向かって推進していく力が求められます。

化粧品会社の企画職の仕事の流れとは

化粧品会社の企画職の具体的な仕事の流れはどのようになっているのでしょうか。新商品を企画する際の一般的な流れについてご説明をしていきます。

新商品の企画を行う場合、まずは現在の美容業界や化粧品市場のトレンドや競合の情報をしっかり調査し、分析を行います。また、自社の過去のブランドや売り上げ、戦略の分析も併せて行い、新商品の方向性を検討していきます。

新商品の開発は、研究開発職やマーケティング部門などと協力しながら進めていきます。試作品を何度も作り、試行錯誤しながらより良い商品の開発を目指します。

実際の生産に移っていく際は、スムーズに量産へと移ることができるよう、生産部との間に入って調整を行います。また、販売については、営業職や販売スタッフともに、どのようにお客様にアイテムをお勧めすればいいのか、最適な販売戦略を検討していきます。

このように、化粧品会社の企画職というのは、情報収集と分析、企画の立案、社内調整、工程管理など、非常に多岐にわたる仕事を担っています。

化粧品会社の企画職となるため経験やスキルについて

化粧品会社の企画職になるためには、何らかの商品企画の経験があれば有利となります。また、化粧品会社での研究職や生産など、企画職以外から、企画職へとステップアップする道もあります。企画職は外部からの新規での募集は少ないため、まずは化粧品会社に入って経験を積むということも一つの方法です。

化粧品会社の企画職に必ず必要なスキルは、データの収集と分析能力です。独りよがりなアイデアではなく、必ずデータに基づいて物事を考えていかなければなりません。また、物事の全体観を捉えるスキルも必要になっていきます。さらに、社内の様々な部署間を調整し指示を出すことができる、コミュニケーション能力も大切といえます。

こんな人は化粧品会社の企画職に向いないので注意

  • 人との調整ごとが苦手
  • 臨機応変な調整ができない
  • 新しい情報にキャッチアップすることが苦手

化粧品会社の企画職に向いていないのはどのような人でしょうか。まず、人との調整ごとが苦手だという人には向いていません。新商品の企画開発を進めていくうえで、スケジュール通りに進まないことや、スタッフ間での衝突が起きてしまうことは避けられません。

企画職はそのような状況の中で、全体の工程を管理し、社内のあらゆる場面の調整をしていくことが求められます。臨機応変な調整ができない人には、難しい仕事になっています。

また、新しい情報にキャッチアップすることが苦手だという人も避けたほうがいいかもしれません。企画職は常に新しい情報を収集し、学び続けることが必要不可欠です。

化粧品会社の企画職の待遇や将来性について

化粧品会社の企画職は、一般的に、社内で一定以上の待遇や報酬が与えられるポジションです。また、成果を出せば大きな企画を任され、キャリアアップしていくことも可能です。

現在化粧品業界では、ECサイトやインターネットを活用した販売の流れが進んできています。各メーカーは、業界のトレンドの変化にいち早く適応し、新たな打ち手を企画していかなければなりません。このような状況だからこそ、新たな戦略を考える企画職が担う役割は大きくなっていくと考えられます。

今後は、よりスピード感を持って戦略を立て実行に移すことができる企画職が、活躍の場を広げていく可能性があります。


RECOMMEND

関連記事