最終更新日:

ファイナンシャルプランナー(FP)になるには?資格や仕事内容を徹底解説

ファイナンシャルプランナー(FP)とは?必要な資格や仕事内容を徹底解説

「ファイナンシャルプランナー(FP)とは?」「ファイナンシャルプランナー(FP)になるには?」

ファイナンシャルプランナー(FP)は資産に関するプロフェッショナルですが、実際にどんな職種なのか知らない人も少なくありません。

今回はファイナンシャルプランナー(FP)とは何か?から、ファイナンシャルプランナー(FP)になる方法・仕事内容・年収や将来性までご紹介します。

ファイナンシャルプランナー(FP)への転職をより確実にする転職エージェントも併せてご紹介しましょう。

あなたが「ファイナンシャルプランナー(FP)に向いているか」適性診断するにはこちら→

ファイナンシャルプランナー(FP)とは?

ファイナンシャルプランナー(FP)ってどんな仕事なの?

ファイナンシャルプランナー(FP)とは人の人生設計を資産の観点からサポートする仕事です。

ファイナンシャルプランナー(FP)はお金に関わる幅広い知識を活かして、顧客の夢や目標達成のために資金設計を行います。

【ファイナンシャルプランナー(FP)への相談例】
・家計管理  ・老後の生活設計
・教育資金  ・年金・社会保険
・住宅資金  ・資産運用
・税制  ・介護・医療費
・保険  ・相続・贈与

場合によっては弁護士・税理士・社会保険労務士などの各分野の専門家と協力しながら仕事を進めます。

生きるために必ず必要な「お金」を必要な部分に適切に使えるよう、計画してくれるのがファイナンシャルプランナー(FP)よ★

ファイナンシャルプランナー(FP)の仕事内容

ファイナンシャルプランナー(FP)は顧客の資産の相談・アドバイスがメインの仕事です。

他にも資産に関するセミナーの講師記事の執筆などの業務が発生する場合も。

独立すると、顧客は個人客のみではなく企業や学校法人・官公庁など、幅が広がりより豊富な知識が必要です。

ファイナンシャルプランナー(FP)の業務は幅広いから、自分の得意分野と組み合わせると活躍の幅が広がりそう!

ファイナンシャルプランナー(FP)になるには

ファイナンシャルプランナー(FP)になるには具体的に必要な資格やスキルはあるのかな?

ファイナンシャルプランナー(FP)に必要な資格

ファイナンシャルプランナー(FP)として勤務する場合、資格は必須ではありません

ただ、能力を証明する手段として多くの企業で資格取得が推奨されています。

ファイナンシャルプランナー(FP)の資格は「FP技能士」「AFP」「CFP®」の3種類があり、証明できるスキルが異なります。

資格 資格認定 詳細
FP
技能士
国家資格
ファイナンシャルプランナー(FP)を目指す人は受験するであろう資格。入門の3級から難関の1級まである。それぞれ受験資格が異なる。更新は不要。
AFP
民間資格
アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナーの略。2年ごとの資格更新と所定の継続教育が必要。
CFP®
国際認定
資格
(国際
ライセンス)
サーティファイド・ファイナンシャル・プランナーの略。FPの頂点とも言える資格で、信頼度は高い。2年ごとの資格更新に所定の継続教育が必要。

受験資格と認定条件をまとめると以下の通りになります。

ファイナンシャルプランナー(FP)資格の日本FP協会の認定資格と技能検定の関係

AFP認定研修の修了とFP2級合格はどちらが先でも構いません。

ファイナンシャルプランナー(FP)として勤務する場合、FP2級以上の取得が求められる場合が多いです。

独立を目指す場合はFP1級以上か、CFP®の取得をすると有利になります。

ファイナンシャルプランナー(FP)に必要な経験・スキル

ファイナンシャルプランナー(FP)になるために必須の経験やスキルはありません。

しかし、多くの企業で大卒以上が求められています。

無資格で就職し、入社後に勤務をしながら資格獲得を目指す人も多いので、キャリア形成は自由度が高いです。

ファイナンシャルプランナー(FP)の働き方

ファイナンシャルプランナー(FP)は企業内で働くケース独立するケースに分けられます。

企業で勤務する場合

ファイナンシャルプランナー(FP)が企業で働く場合、以下のような業界が勤務先となります。

・証券  ・銀行・金融
・生命保険 ・損保
・不動産・住宅

実際にAFPやCFP®の認定者は上記の業界で活躍している人が多いです。

ファイナンシャルプランナー(FP)のAFPとCFPの認定者の勤務属性※2019年9月時点

企業で働く場合、一般の個人顧客向けのライフプランの作成が主な業務です。

企業によっては営業やセミナー講師・教育担当などを兼任する場合もあります。

独立する場合

ファイナンシャルプランナー(FP)として事務所を立ち上げて独立する場合も業務内容は大きく変わりません。

一般顧客以外にも企業や団体など幅広く対応するケースが多いです。

独立する際は自身のライフプランの作成や事業計画・資金の準備も必要になります。

企業で力をつけて独立するのが一般的ね。実務経験が必要な資格もあるからステップアップは計画的にしましょ★

ファイナンシャルプランナー(FP)になる際の注意点

企業で専業としてファイナンシャルプランナー(FP)になるのは難しい

企業に勤務するファイナンシャルプランナー(FP)は営業と兼任しているケースが多いです。

ファイナンシャルプランナー(FP)を専業にしたい人はダブルライセンスの取得やFP1級・CFPの取得など、より専門性の高い知識を学ぶ必要があります。

ダブルライセンスとは?
より専門的なアドバイスができるよう、ファイナンシャルプランナー(FP)の資格以外の資格を取得する。ファイナンシャルプランナー(FP)と相性の良い資格は「税理士」「宅地建物取引士」「社会保険社労士」「日商簿記」などがある。

ダブルライセンスは独立したい子にもおすすめよ☆

ファイナンシャルプランナー(FP)に不向きな人

ファイナンシャルプランナー(FP)に不向きな人の特徴は以下の通りです。

  1. 計算・法律が苦手
  2. 責任感のある仕事はしたくない
  3. じっくり信頼関係を構築するのが苦手

ファイナンシャルプランナー(FP)は最適なプランを作成するために幅広い法律や制度を理解・把握する必要があります。

ファイナンシャルプランナー(FP)は人や企業の今後を左右するため責任感を要する仕事です。

ファイナンシャルプランナー(FP)は軽い相談から深い事情まで相手を知る必要があるので、信頼関係構築力が求められます。

ファイナンシャルプランナー(FP)は人のお金や人生を託されるわ。常に緊張感をもって挑まないとダメよ。

相手に寄り添いながら進めていくから、頼ってもらえる部分にやりがいを感じる人も多いんだね!

ファイナンシャルプランナー(FP)の年収・将来性

ファイナンシャルプランナー(FP)の年収

ファイナンシャルプランナー(FP)の平均年収は約400万円前後ですが、業界によって年収にかなり差があります。

例えば、不動産業界では年収600万も目指せますが、年金事務所の平均年収は200万円です。

資格の有無やその他の仕事内容によっても年収は変動するので、自分の希望する業界の年収は事前に確認しましょう。

FP1級を保有する場合、資格手当として1万以上支給される企業もあるわ!手当もしっかりチェックしましょ♪

独立した場合

ファイナンシャルプランナー(FP)として独立した場合、人気や実力次第で年収1000万円以上も目指せます。

しかし、人脈や信頼関係がないと安定した収入を確保するのは難しいです。

前職より収入が減少したり、年収300万円前後になる子も珍しくないわ。独立は計画的に進めましょ。

ファイナンシャルプランナー(FP)の将来性

現在、老後の資金が2000万必要と言われ、将来の資金運用を不安に感じる人も少なくありません。

お金の悩みも多様化する中で、客観的な視点と専門知識でアドバイスしてくれるファイナンシャルプランナー(FP)の需要は増加傾向です。

多くの企業でファイナンシャルプランナー(FP)の資格取得も推奨されており、今後も活躍できる場所は多く、必要とされる職種でしょう。

ファイナンシャルプランナー(FP)は金融・不動産など自分の興味や得意分野と掛け合わせた働き方ができるね。

ファイナンシャルプランナー(FP)が適正かどうか知る

ファイナンシャルプランナー(FP)の適性をすぐに知りたい人はリクナビNEXTのサービス「グットポイント診断」を利用しましょう。

簡単な質問に答えるだけで自分の強みが見つかる本格診断サービスです。

\無料で手軽に適性がわかる!/

診断結果ではあなたならではの5つの強みが分かり、仕事の向き不向きの適性をチェックできます。

ファイナンシャルプランナー(FP)の適性を診断できる「リクナビNEXT」のグッドポイント診断

リクナビNEXTでもファイナンシャルプランナー(FP)の求人を取り扱っています。

顧客との信頼関係や責任感が重要なファイナンシャルプランナー(FP)は「親密性」「現実思考」「自立」に長けている人には向いている仕事です。

簡単に適性が見えてくるので、自分にファイナンシャルプランナー(FP)が向いているか知りたい人はさっそくチェックしてみましょう。

\無料で手軽に適性がわかる!/

グットポイント診断の詳しい手順はコチラ→

【グッドポイント診断のメリット】
・リクナビNEXT会員限定で本格診断が無料
・どこでも手軽に診断可
・自分の強みを客観的に把握できる
・診断結果は求人応募時に添付OK
・自己分析の負担が軽減され転職効率アップ
リクナビNEXT

求人数4万件超!利用満足度No.1
日本最大級の求人データベースから検索可能&AIが最適な求人をレコメンドする転職サイト。
本格診断サービス「グッドポイント診断」で自分の適性を把握できる。

【公式サイト】https://next.rikunabi.com/
登録は3分で完了!

ファイナンシャルプランナー(FP)への転職を転職エージェントで効率化

転職活動は自分でできる範囲には限界があり、在職しながらの転職活動になるとかなりの負担になります。

転職エージェントを利用すれば、転職活動の負担が大幅に減少し、スムーズに転職できます

リクルート
エージェント
doda
転職エージェント
主な年齢層 20代~35歳 20~30代
主なサポート対象者 全転職者に対応 全転職者
女性にも好評
支援実績 採用成功実績は41万人超 業界30年の採用成功実績
ファイナンシャルプランナー(FP)の
求人数※1
約10件 約140件※2
特徴 業界最大手
求人数No.1
面接対策が充実
求人約10万件
非公開多数
丁寧なサポート
簡単登録
(無料)

※1 非公開求人は含まない
※2 dodaが運営する求人サイトの求人数も含む


ファイナンシャルプランナー(FP)とは今後も重宝される職種

ファイナンシャルプランナー(FP)とは顧客の夢や目標を二人三脚で叶えるお手伝いができる職種です。

グットポイント診断や転職エージェントを有効活用してファイナンシャルプランナー(FP)への第一歩を踏み出しましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事