最終更新日:

ロバート・ウォルターズは英語ができないと利用不可?外資系へ転職するコツ

ロバート・ウォルターズは英語ができないと利用不可?外資系へ転職するコツ

「ロバート・ウォルターズは英語ができないと利用不可?」
「外資系転職に必要な英語力はどの程度?」

ロバート・ウォルターズの利用を検討していても英語ができないため、登録を迷っている求職者は多いです。

英語が苦手な方でもロバート・ウォルターズのサポートを受ける方法はありますが、簡単な条件とは言えません。

本記事では、英語ができない方がロバート・ウォルターズを利用する方法、ロバート・ウォルターズで転職に必要な英語力などを解説。

外資系・日系グローバル企業などへの転職を考えている方は必読の一記事です。

英語ができないとロバート・ウォルターズは利用不可?

全く英語ができないと利用が難しい

ロバート・ウォルターズでは登録後、キャリアアドバイザーとの面談を経てから求人紹介が始まります。

面談はバイリンガルのキャリアアドバイザーが英語でヒアリングしてくるため、一切英語ができないと求人紹介を受けるのが難しいです。

英語ができない人は英語以外のスキルをアピール

英語ができないとロバート・ウォルターズの利用自体が無理なの!?

英語ができない子がロバート・ウォルターズを利用したいなら、英語以外の特別なスキルをアピールしましょ。

ロバート・ウォルターズでは、英語ができない状況をカバーするスキルをアピールできれば求人紹介される可能性が高いです。

英語ができない場合に有効なスキル

  1. 中国語
  2. その他の外国語
  3. 高度なプログラミングスキル

ただし、転職後にはキャリアアップしていくために英語が必要となる場合が多いため、勉強は欠かせません。

外資系企業に転職したいなら英語での会話や読み書きは必須よ☆焦って転職をするより英語を話せるようになってから転職する方が選択肢が広がるわ♪

ロバート・ウォルターズで転職に必要な英語力

ロバート・ウォルターズで必要な英語のレベル

外資系企業では、英語を日常的に使わない場合でも、日常会話レベルの英語が求められます。

日常的な業務での英語とは、メール・電話でのやり取りが中心ならTOEIC700点以上が目安。

英語を使った会議でのディスカッションやレポートの提出、外部との打ち合わせが必要な場合はTOEIC800点程度は必要です。

TOEICの点数が高くても英語でのコミュニケーションが円滑に進むかは別の問題よ。あくまで目安として考えましょ☆

ロバート・ウォルターズで転職する各業界で必要な英語のレベル

    英語力レベル

  1. 基礎レベル(TOEIC~700点)
  2. 会話レベル(TOEIC700点~)
  3. ビジネスレベル(TOEIC800点~)
  4. 流暢レベル(TOEIC900点~)
  5. 母国語レベル

ロバート・ウォルターズでの英語レベルは上記の5段階で、業界別に必要なレベルが設定されています。

金融業界

金融業では曖昧さが致命的なミスに繋がるため、常に的確な英語表現が求められます

社内会議に出席し、担当分野についてのディスカッションに応じられるレベルの英語を求める会社が多いです。

経理・財務業界

必要な英語レベルは役職ごとに異なります。

スタッフレベルでは、英文メールの「読み書き」と、日常的な確認程度の会話力

マネージャーレベルなら、海外拠点へのレポーティングとプレゼンを英語でこなせて、交渉や議論ができる流暢に話せる力

財務部長(統括者)レベルでは、欧米グローバル本社との対応で現地の人と同程度に話せる力(特に読み書き)が不可欠です。

人事業界

海外に合わせた人事制度、研修等の導入の際に海外の本社と円滑にコミュニケーションをとれる英会話力や英語読解力が必要です。

特に日本独自の労務・組合問題を英語で説明できる程度を求められます。

IT業界

日本市場に参入して長い期間を経ている大手IT企業では日本支社内にナレッジが蓄積されているため、高い英語力を必要としない場合も。

従業員数50名未満の会社では海外拠点との密なコミュニケーションを求められるケースが多く円滑な意思疎通ができる必要があります。

製造業界

エンジニア

優秀な技術力を持った人材に限ると、英語ができなくても採用を検討される場合もあります

エンジニア職全体の3割前後は技術力が優秀な人材でその他は英語が堪能な優秀な人材である会社もあり、そのような会社なら英語があまりできなくても転職できるでしょう。

営業

営業の実務である日本人顧客への折衝・交渉が主な仕事のジュニアレベルでは「日常会話が理解できる」レベルの英語力で入社し、昇進までに英語力を磨く人も少なくありません。

中堅レベル以上では、国内営業に加えて、海外拠点へのレポートが日常的に発生するため、高い英語の読解力や作文能力が必要です。

マネージャー

海外拠点への報告、ディスカッションが業務の大部分のため、英語での流暢なコミュニケーションが必要です。

ヘルスケア(製薬&医療機器)業界

医療機器の使用効果、副作用報告、マニュアルなどの資料は全て英語のため、サイエンス用語を含めて「理解の不一致や誤解のない」高い英語読解力が求められます。

関係当局への各種申請、海外本社へのプレゼン、ディスカッションを担う中間管理職以上では流暢に話せる力が不可欠です。

消費財・小売・ホスピタリティ業界

常にグローバル主体で海外拠点とのやり取りが日常的に発生するため、円滑に意思疎通できる英語のレベルが必要です。

そこまで英語ができない人でも、経理・財務やIT、製造業界なら、すぐに転職できる可能性もあるんだ!

業界ごとに求められる英語のレベルは異なるから、自分の今の英語力から転職先を検討してみてもいいかも☆

業界名 英語力レベル
金融業界 流暢~母国語レベル
経理・財務業界 会話~流暢レベル
人事業界 ビジネス~流暢レベル
IT業界 会話~流暢レベル
製造業界(エンジニア、営業) 会話~ビジネスレベル
製造業界(マネージャー) ビジネス~流暢レベル
ヘルスケア(製薬&医療機器)業界 ビジネス~流暢レベル
消費財・小売・ホスピタリティ業界 ビジネスレベル

英語ができないならロバート・ウォルターズ以外の他社を利用

英語ができない場合は、まずは総合型転職エージェントを利用するのがおすすめです。

将来外資系企業で勤めたいポジションに転職しておくと、今後の転職活動が効率的になるでしょう。

外資系企業には日本人顧客のみを対象とするサービスの企業もあり、英語ができない求職者でも転職できる可能性がある求人もあります。

総合型転職エージェントを併用しておけば、幅広い求人と出会えるため、英語ができなくても転職できる外資系企業が見つかりやすいです。

外資系求人もある総合型転職エージェント

リクルート
エージェント
spring転職
エージェント
転職エージェント
主な年齢層 20代~30代 20代~40代
主なサポート対象者 全転職者に対応 全転職者に対応
外資系企業求人数 約11500件 約400件
支援実績 採用成功実績は54万人超 大手優良企業への紹介実績多数
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
専門分野に精通
年収UP率59%
IT系に強い
簡単登録
(無料)


doda パソナキャリア
転職エージェント
主な年齢層 26~35歳 25~35歳
主なサポート対象者 関東、関西、東海の大卒以上 東名阪の年収400万以上
外資系企業求人数 約1500件 約800件
支援実績 業界30年の採用成功実績 46万人の転職成功実績
特徴 求人約10万件
営業職に強い
丁寧なサポート
年収UP率67%
大都市圏の求人が豊富
簡単登録
(無料)


外資系転職を目指せるロバートウォルターズ以外の転職サービス

ロバート・ウォルターズを利用できない場合でも、別のスキル・経験があればハイクラス向け転職サービスを利用できるかもしれません。

ハイクラス向けの転職サービスでは外資系の求人を扱うケースも多いです。

年収、スキルなどで利用条件が限られている場合もあるので、自分に合いそうなサービスを複数社登録しておくとよいでしょう。

【英語ができない方向け】外資系・ハイクラスに強い他社転職エージェント

ハイクラス特化スカウト型転職サイト

ビズリーチ リクルートダイレクトスカウト
サイト BIZREACH リクルートダイレクトスカウト
タイプ スカウト型転職サイト
入会審査 あり なし
料金 一部有料 完全無料
年齢層 30代~40代 20代~40代
特徴 年収600万円以上の人向け
コンサルタント ヘッドハンターがコンサルタントの役割を担う
サポート 「外資系」でヒットするヘッドハンター
約1,100名
「外資系」でヒットするヘッドハンター
約800名
実績 年収600万円以上の人に支持される転職サービスNo.1 転職時の平均年収900万円
面談 ヘッドハンターとのやり取りで各自調整
外資系
求人数
約3,500件 約3,600件
日系グローバル
求人数
約140件 約130件
主な
業種/職種
IT系・管理職/役員・経営
公式


iX
サイト
iX公式サイト
年齢層
タイプ スカウト制転職サイト
入会審査
なし
特徴 長期の付き合いで市場価値を向上させるサポートが受けられる
面談 ヘッドハンターとのやり取りで各自調整
案件年収 800~2,000万円
主な
業種/職種
非公開
公式

英語ができないならロバート・ウォルターズで業界を絞るor他社利用で転職成功

ロバート・ウォルターズで紹介される外資系企業は、最低でも日常会話レベルの英語力が必要な求人ばかりで、英語が全くできないと求人紹介されません。

しかし、日本人顧客のみを対象とした、英語ができない人でも転職できる外資系企業や業界も存在します。

今すぐ転職したい人は他社総合エージェントを利用すると希望の求人が見つかりやすいです。

ロバート・ウォルターズや他社転職エージェントを活用して、外資系企業への転職を成功させましょう。

ロバート・ウォルターズ

外資系や日系グローバル企業に特化した転職エージェント。20年以上の外資系の転職支援実績と数々の受賞歴を持つプロフェッショナルなサポートが特徴。英語レジュメの添削や英語での面接対策もしっかりしてもらえる!

(※1 出典:ロバート・ウォルターズ業界・職種別: 外資系で求められる本当の英語力(1))

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事