最終更新日:

横浜でリクルートエージェント転職!求人数や業界・職種を紹介

横浜でリクルートエージェント転職!求人数や業界・職種を紹介

このページでは横浜のリクルートエージェントの全体求人数や、業界、職種ごとの求人数を紹介します。横浜は全国的に見てトップクラスに求人数が多い地域なので、その分選べる転職サイトも豊富です。そのなかでリクルートエージェントを選ぶメリットや実際に横浜でリクルートエージェントを使って転職した人の口コミも紹介しますので、実際に利用する際のイメージが湧きやすいかと思います。

また合わせて横浜で盛んな産業や経済動向についても解説するので、ぜひリクルートエージェントの求人と照らし合わせつつ市場分析してみてください。

リクルートエージェント横浜オフィスの場所

リクルートエージェントの横浜オフィスは下記になります。
横浜在住や横浜で転職を考えている方はこちらをご利用下さい。

横浜支社
〒220-0011 神奈川県横浜市西区高島2-19-12 スカイビル 16階
アクセス
各線 横浜駅より直結徒歩3分
TEL
045-440-2130

横浜の地域性

横浜(神奈川)で盛んな業界・産業

横浜と言えば赤レンガや中華街が真っ先に思い浮かびそうですが、どのような産業が盛んなのでしょうか。

横浜で盛んな業界・産業

横浜で盛んな産業は、IT、バイオテクノロジー、といったIT業界や研究機関が活躍しています。立地条件の問題ではなく、単純に横浜は都市として発達しており世界中から企業が集まっているから最先端技術の研究が発達しています。

東京を除けば、外資系企業の数は断トツ1位で、大阪市の2倍以上です。

参照:
職業紹介-都道府県別有効求人倍率/独立行政法人労働政策研究・研修機構

  • 富士ソフト
  • パナソニックモバイルコミュニケーションズ
  • レノボ

IT業界の主な企業としては、富士ソフト、パナソニックモバイルコミュニケーションズ、外資系だとレノボなどが有名です。大学も東京工業大学、横浜国立大学、慶應義塾大学などが横浜で研究を行っています。

ITのなかでもハードウェアや半導体設計開発等に強みがあり、逆にソフトウェアに関しては東京が中心です。IT業界に在籍されている方であれば、横浜にハードウェアや半導体が集中しているイメージをお持ちかと思います。

  • 旭硝子
  • キリン
  • リコー
  • 資生堂

バイオテクノロジーで有名な企業は、旭硝子、キリン、リコー、資生堂などです。これらの超有名企業が横浜でバイオテクノロジー系の研究を行っています。大学は横浜市立大学、東京工業大学、慶應義塾大学といった大学が横浜で研究に従事しています。

横浜の経済動向

神奈川県全体の経済動向になりますが、関東財務局から平成30年4月分の報告が発表されています。全般的な景気に関しては、回復しつつあると報告されています。これに関しては横浜、神奈川だけでなく全国的に同様の傾向があります。

個人消費や生産活動は緩やかに持ち直していますが、神奈川県の大きな特徴としては企業の景気が右肩上がりに拡大している点です。これは神奈川県全体の統計データですが、神奈川県の主力は横浜市と言っても過言ではないので、神奈川県の景気拡大に関するデータはほぼそのまま横浜市のデータとして解釈して問題ないでしょう。

参照:
神奈川県分の経済情勢報告(平成30年4月)/財務省 関東財務局

横浜の求人状況

次に横浜の求人状況について解説します。

横浜の有効求人倍率・動向や傾向

2019年3月の神奈川県の有効求人倍率は1.54です。高度経済成長期のピークに迫る数値です。求職者数を考えると求人数はそれ以上に多いので求人は多いと言えます。横浜市は特に全国から求職者が集まるので、その求職者数以上の求人数があります。

横浜の求人動向

神奈川県の有効求人倍率をまとめると以下のようになります。

年月 有効求人倍率
2018年 1月 1.66
2018年 2月 1.63
2018年 3月 1.49
2018年 4月 1.34
2018年 5月 1.29
2018年6月 1.33
2018年7月 1.42
2018年8月 1.46
2018年9月 1.47
2018年10月 1.48
2018年11月 1.58
2018年12月 1.63
2019年 1月 1.62
2019年 2月 1.59
2019年 3月 1.54

参照:
横浜市主要経済指標(失業率・有効求人倍率)/横浜市

多少上下している部分はありますが、全体的な傾向としては徐々に有効求人倍率の数字は上がってきています。ただしこれは神奈川県に限った話ではなく、全国的に同じような推移をたどっています。

今後の見通しとしては、各所で徐々に有効求人倍率の数値は上がってくると予測されています。その理由は『企業の景気が伸びるとその分求人数は増加する』からです。企業の業績が今後も伸びて求人数が増加すると予測されていますが、求職者の数はあまり変わらないでしょう。

企業業績が伸びると求人数は増えますが求職者には影響がないので、結果的に有効求人倍率は高くなります。求職者にとってはメリットのある状態です。横浜は東京同様全国から求人を募っており、全国のどこから応募しても特に違和感のない企業が多いです。

そういう意味では地域密着型のローカル企業よりも応募しやすいので、特にIT系を中心に狙っていくと求職者の方は就職しやすいでしょう。

IT系は高スキル者も募集していますが、初心者の募集もあるので横浜で求職している方におすすめの業種です。

横浜のリクルートエージェントの求人数

横浜限定の求人数はわかりませんが、神奈川県全体のリクルートエージェントの求人数は公開求人で3,924件、非公開求人が17,402(2018/09/08現在)となっています。特に非公開求人数は他のサイトに比べてかなり多いです。これだけの求人数があれば、一般的な仕事探しに困ることはまずないでしょう。次に、業界、職種ごとの求人数を紹介します。

    業界

  • IT、通信業界 公開求人数1,254件 非公開求人数4,365件
  • 人材業界 公開求人数1,009件 非公開求人数3,218件
  • 機械、電気業界 公開求人数374件 非公開求人数5,046件
  • 小売り、卸売り、サービス業界 公開求人数332件 非公開求人数2,389件
  • Web、インターネット業界 公開求人数133件 非公開求人数641件
  • 商社 公開求人数89件 非公開求人数860件
  • 旅行、エンタメ業界 公開求人数41件 非公開求人数601件
    職種

  • SE、ITエンジニア 公開求人数1,468件 非公開求人数4,314件
  • エンジニア(設計、生産技術、品質管理) 公開求人数1,142件 非公開求人数4,173件
  • 営業、販売、カスタマーサービス 公開求人数1,037件 非公開求人数3,580件
  • コンサルタント 公開求人数337件 非公開求人数507件
  • 管理、事務 公開求人数95件 非公開求人数771件
  • 物流、購買、貿易、店舗開発 公開求人数69件 非公開求人数891件

業界別、職種別の求人数は上記のようになります。

特徴としては、全体的に求人が多いものの、エンジニアの求人が特に多いです。ITの時代なのでシステムエンジニアの求人数が多いのはもちろん、横浜には研究機関が多いため設計や生産技術のエンジニア求人も豊富です。
リクルートエージェント横浜は、総合求人サイトのなかではIT求人の件数についてもトップクラスです。

横浜での転職にリクルートエージェントは使えるのか

横浜でのリクルートエージェントの求人は上記の通りで、特にエンジニアの求人が多くありました。そのため、自身の技術を活かしてエンジニアとして転職したい方には使い勝手の良いサービスです。ただし、ITに特化した転職エージェントサイトに比較すると取り立てて高収入案件は少ないと言えます。

IT一本に絞って転職活動を進めるのであれば、リクルートエージェントのような大手総合求人サイトと合わせてIT求人サイトにも登録をおすすめします。

また、エンジニア以外にも営業や販売等の一般求人はかなり多いです。特別なスキルに特化した求人ではなく一般的な求人を探している方にとって、リクルートエージェントは最高級の転職エージェントサイトと言えるでしょう。では、実際に横浜でリクルートエージェントを使用した方の口コミを紹介します。

リクルートエージェント横浜の口コミ・評判

総合満足度:4.75
有効口コミ件数:2
職務経歴書の添削やアドバイスが転職成功のカギになった

20代後半~30代前半くらいの比較的若い女性キャリアアドバイザーについてもらいました。コミュニケーション能力が高く、テンポよく話が進んだ印象です。希望を伝えたところ一気に20社程度求人を出してくれたので、多すぎて迷うくらいでした。各企業について詳細を聞いて応募する会社を決めたら、そこからはキャリアアドバイザーとマンツーマンで職務経歴書の作成や面接練習が行われます。職務経歴書はいったん自分で持ち帰って記載する形ですが、添削してもらったところ非常に丁寧に改善点を指摘してくださり、これも転職成功のカギになったかと思います。

キャリアアドバイザーの提案力が高く満足度も高い

求人の量は他社に比べて圧倒的に多かったです。キャリアアドバイザーの提案力が高く、総合的に満足度は高いと言えるでしょう。サポート体制に関しても、履歴書の添削や職務経歴書の添削が充実していました。すべて自力で転職しようと思うと、履歴書やの中身がいまいちなままで、また面接も独りよがりな進め方でやってしまっていたと思います。自分のことは自分でわかっているようで案外わかっていないものなので、キャリアアドバイザーに見てもらって良かったと思います。転職の件だけでなく、自分を見つめ直すきっかけにもなったと思います。

エンジニアはIT特化サイトと併用がオススメ

私自身IT業界での転職経験があり横浜も視野に入れて活動していたのですが、IT特化の求人サイトの方がリクルートエージェントに比べて高単価案件が多いと感じました。ただしITに特化した求人サイトは求められるスキル要件が高いため、よほど自信のある方以外はリクルートエージェントのような総合求人サイトも併用した方が良いでしょうね。実際自分も併用して転職活動を進めました。

以上のように、横浜でのリクルートエージェントの口コミは良いものが多かったです。他の地域は場所によって求人が少なかったりもするようですが、神奈川県内なら横浜だけでなく全体的に求人があります。そして特に横浜は圧倒的に求人数が多いため、希望条件が一般的なものであれば、仕事が見つからなくて困ることはまずないでしょう。

リクルートエージェント横浜は利用価値が高い

リクルートエージェント横浜支社は他の地域と比べてトップクラスの求人数を誇り、転職活動を新たに始める・現在うまくいっていない人は利用してみる事をおすすめします。
目指したい業界や職種が決まっていない人でも、相談からのってくれるため行く価値はあるでしょう。

リクルートエージェントに面談に行く際は、下記記事を読んで対策しておきましょう。

↓実際にリクルートエージェントでの面談を受けてきた方の口コミ内容はこちら↓


RECOMMEND

関連記事