最終更新日:

Spring(アデコ)を第二新卒者におすすめできる理由!!

「新卒で入社したけれど、やりたかった仕事じゃないと感じている」「今の職場では、自分の能力を発揮できないかもと不安」「会社を辞めたい、でも特に夢があるわけじゃない」など、さまざまな理由で転職を考えている第二新卒の方も多いと思います。近年、企業の第二新卒への需要は高まっています。転職サイトにも「第二新卒歓迎」と書かれていることが多くなりました。転職をするタイミングとして、第二新卒は絶好のチャンスです。この記事では、第二新卒の方の転職活動に、Springの利用をおすすめしています。自分の可能性を広げたい方にも、自分のやりたいことが見つからない方にも、なぜ第二新卒の方にSpringがおすすめなのか、お伝えしましょう。

第二新卒での転職を目指すなら、Spring(アデコ)がおすすめ

転職エージェントに登録すると、保有する案件から、求職者のスキルに合った求人を紹介してくれ、コンサルタントがサポートしてくれます。数あるエージェントの中で、第二新卒の方にSpringをおすすめする理由は、「求人の質の高さ」「コンサルタントのマッチング」にあります。

企業との太いパイプで質の高い求人が多い

せっかく第二新卒で転職するんだもの、「今より条件が上の会社」
を狙いたいじゃない?
Springは第二新卒の子におすすめの求人がたっぷりあるのよ♡

あこがれの大手企業に第二新卒で再チャレンジできる

Springは派遣事業で有名なアデコグループの人財紹介サービスブランドです。さまざまな雇用形態で企業との信頼関係を築いているので、他のエージェントにはない大手企業の求人が多いのです。新卒で諦めたあこがれの大手企業に、第二新卒の転職で再挑戦するチャンスです。

地方転職を目指す第二新卒も安心

アデコグループは、北海道から沖縄まで、日本全国のエリアをカバーしています。また実績が30年以上あり、大手から中堅、ベンチャーにいたるまで、企業に太いパイプがあります。それにより、地方での転職を希望する第二新卒の方も安心です。

Springの求人の多くが非公開求人です。人気企業になればなるほど、求人を公開すると応募が殺到してしまうからです。非公開求人の数が多いことは、魅力的な求人が多いということです。

コンサルタントのマッチング精度が高い

第二新卒の転職理由に多いのが「思っていた仕事内容じゃなかった」「人間関係が合わなかった」「労働条件が悪かった」なの。
でも、求人情報には悪いことなんて書かないし、自分の力だけで調べるのは、なかなか難しいわ★

学生時代は先生や同級生が相談に乗ってくれたけど、第二新卒の転職は、相談する相手がいないもんね。
そういう時に頼りになるのがSpringのコンサルタントだよ。どんどん質問や相談をして、アドバイスしてもらおう!

360度式コンサルティングで企業研究が深い

Springは、360度式コンサルティングを採用しています。これは企業担当者と求職担当者が同じ、という方式です。そのためコンサルタントは、企業の求めている人材を深く理解し、イメージできています。それを求職者に伝えることで、双方に後悔のないマッチングができるのです。

派遣されているスタッフからの貴重な情報

企業へ派遣されているスタッフから労働環境や人間関係などの具体的な報告が日々入ります。その情報はSpringのコンサルタントにも共有されていて、企業の内部環境をリアルで知っているからこそ転職に慎重になっている第二新卒者には頼りになるエージェントです。 

360度式コンサルティング上手に利用するために必要なポイントなどは、こちらの記事に詳しく書いています。ご覧ください。

第二新卒での転職に悩む方にも、Spring(アデコ)がおすすめ

転職はしたいけど、目標が見つからない…って思ってる人も大丈夫よ☆
悩んでる途中の第二新卒も、Springがサポートしてくれるわ♡

悩んでいる段階から相談に乗ってくれる

「とりあえず転職したいけど、自分が何がやりたいのかわからない。」「世の中には星の数ほど仕事はあっても、自分に向いている仕事がわからない。」そう考えて、一歩を踏み出せずにいる方も多いと思います。Springのコンサルタントは、答えを出せずに悩んでいる状態から相談に応じてくれます。企業と求職者をマッチングするプロのコンサルタントに相談することで、自分の今後の「キャリアプラン」が明確になります。

Spring(アデコ)に届く質問

第二新卒の方から、さまざまな質問がSpringに寄せられているようです。よくある質問をまとめてみました。

Q:「第二新卒」の対象は何歳までですか?
 A: 厳密な定義はありませんが、一般的には「学校等を卒業して就職し、社会人経験三年未満、25、26歳までの転職希望者」と考えられます。
Q:「第二新卒」の職務経歴書には何を書きますか?
 A: 経験が浅いので書くことがない、と悩まれる方は多いです。第二新卒者に実績が少ないのは当然のことです。日々の小さな努力や工夫がアピールの材料です。職場でどこに問題意識を感じて改善のためにどう行動したのか、もちろん成果もあればそれも具体的に書きましょう。
Q: 自分自身、何がしたいのかわからなくなりました。
 A: 私たちSpringのコンサルタントには、「マイコンサルタント」というコンセプトがあります。漠然とした気持ちを具体的に形にするために、経験豊富なコンサルタントがじっくりとご相談させていただきます。大切なことは「転職する」ことではなく、希望する「キャリアプラン」を実現することだと思います。

出典:第二新卒について/Spring

Spring(アデコ)は第二新卒に注目している

第二新卒って、以前はあんまり聞かない言葉だったよね?
「新卒で入社した会社を数年で退職しちゃった人」って言うマイナスイメージがなくなってきたんだね。

転職自体がネガティブなものじゃなく、自分をより向上させるための、ポジティブなものだととらえる人が日本でも増えてるの。
そんな中で若くて活きがいい第二新卒は、一つのブランドだって言う人もいるのよ。
Springが熱い視線をおくるのも当然よね☆

第二新卒として転職活動する人が増えている

第二新卒の方はどのくらいいるのでしょうか。厚生労働省の発表した調査によると、平成27年卒で3年以内に離職した人の割合は31.8%、3割以上が3年以内に離職しているのです。人数にすると14万人以上で、この人数はここ数年増加傾向です。その人たちの多くが、第二新卒として転職活動を始めます。その中を勝ち抜くためには、賢く転職活動する必要があるのです。

出典:新規学卒者の離職状況/厚生労働省

第二新卒を求める企業も増えている

企業は、多数の早期退職者が抜けた穴を埋めるために、第二新卒の方を求めています。もう一つは、少子化により、学生の数が少なくなったことです。多くの企業が新卒者の確保にも苦労しており、予定の採用人数に至らなかった場合もあります。それらの理由で、企業は第二新卒の方を積極的に採用しようとしているのです。

この需要と供給の多さもあり、Springは第二新卒の方にも力を入れているのです。

第二新卒としての転職状況が明るいのは事実です。しかし、無職の期間が長ければ長くなるほど、転職は不利です。できるだけ今の会社を辞めずに新しい職場を探しましょう。

第二新卒者におすすめできる理由

おすすめできる理由

第二新卒が応募できる案件を大量に保有している。

まず、第二新卒者が転職を考えて、エージェントに応募しても紹介してもらえる求人がなければ意味がありません。Springは多くの案件を保有しているので、安心して応募できます。

第二新卒の転職ノウハウに精通している

第二新卒者がよく悩むポイントは経歴が浅くて心配という事。Springのコンサルタントはそんな方に対しても職務経歴書の書き方などをサポートしてくれます。

Spring(アデコ)を利用して、第二新卒の転職を成功に導こう!

働きながらの転職活動は、精神的にも肉体的にもハードです。限られた時間の中で情報を集め、吟味し、実際の行動に移していくのは容易ではありません。初めての転職で、不安や疑問もたくさんあるでしょう。

Springに登録すれば、無料で手厚いサポートが受けられます。効率よく転職活動し、第二新卒という絶好のチャンスを活かしましょう。それが、夢を叶える転職の第一歩です。

入社した会社を短期間で辞めてしまうことへの反省も大切よ★
間違いを繰り返さないように自分を振り返って、新しい職場では誠心誠意、がんばりましょ♡


RECOMMEND

関連記事