最終更新日:

転職エージェントは退職後だと利用できない?退職後の効率的な転職成功法

転職エージェントは退職後でも利用できる?退職後の転職を効率化する方法

「転職エージェントは退職した後でも利用できる?」「退職後の転職活動に有利な転職エージェントは?」「退職後の転職成功法は?」

次の仕事が決まる前に退職すると資金繰りやブランク期間のリスクがありますが、転職エージェントを活用すれば転職活動は停滞しません。

転職エージェントには退職後のリスクをカバーする手厚いサポートがあるため、上手に活用すれば退職後でも希望の転職が成功します

今回は退職後でも利用できる転職エージェントと退職後に転職エージェントが必須な理由、退職後の転職エージェント活用法を詳しく解説していきましょう。

退職後でも利用できる転職エージェント

まずは退職後のサポートが充実した転職エージェントをご紹介★自分に最適な転職エージェントを選べば、効率良く転職が成功するわ!

退職後3ヶ月以内の人向け

リクルート
エージェント
Spring転職
エージェント
転職エージェント
主な年齢層 20代~35歳 20代~40代
主なサポート対象者
全転職者に対応
支援実績 採用成功実績は54万人超 大手優良企業への紹介実績多数
求人数 約40万件 約1万6000件+非公開求人
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
専門分野に精通
年収UP率59%
面談を断らない
簡単登録
(無料)

退職後3ヶ月以上の人向け

ジェイック
(JAIC)
DYM就職
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~35歳
主なサポート対象者 社会人経験がない・浅い人 正社員就職・転職を目指す人
支援実績 入社後の定着率91.5% 経験が浅い若年層を積極支援
求人数
非公表
特徴 正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
優良企業を厳選
人物重視の採用
親身なサポート
簡単登録
(無料)

退職後の第二新卒向け

就職Shop マイナビ
ジョブ20’s
転職エージェント
主な年齢層 20代 20代
主なサポート対象者
既卒・第二新卒など経験やスキルに自信がない人向け
支援実績 利用者累計10万人超 年間約3万4000人が登録
求人数 非公表 約2600件
+非公開求人
特徴 書類選考なし
優良企業1万社
早期就職可能
求人は20代対象。ポテンシャル採用中心
簡単登録
(無料)

退職後でも利用できる転職エージェントの詳細

退職後でも幅広い求人紹介 リクルートエージェント

退職後でも利用できる転職エージェント

求人数:約40万件
拠点:全国
【公式サイト】https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは求人数・転職支援実績No.1の転職エージェントです。

業界・職種が幅広く、退職後の求職者が不利にならない求人を多数紹介してくれます。

模擬面接やセミナーなど面接対策が充実しているので、退職後でも不安なく転職活動ができるでしょう。

退職後に年収UPの提案 Spring転職エージェント

退職後でも利用できる転職エージェント

求人数:約1万6000件+非公開求人
拠点:東京・大阪・名古屋
※3拠点以外の地域でも随時個別転職相談会を開催しています

【公式サイト】https://www.springjapan.com/

Spring転職エージェントは世界最大手の人材サービス企業「アデコ」が運営する転職エージェントです。

アドバイスやサポートの専門性が高く、企業とのマッチング精度はピカイチ。年収UP率は59%を誇ります。

基本的に面談を断らないので、転職エージェントを利用できるか不安な退職後の求職者は積極的に利用しましょう。

退職後に手厚いサポート ジェイック

退職後でも利用できる転職エージェント

求人数:非公表
拠点:東京・神奈川・仙台・大阪・名古屋
   広島・福岡
【公式サイト】https://www.jaic-college.jp/

ジェイック(JAIC)は経歴やスキルに自信がない人向けの転職エージェントです。

正社員求人のみを保有し、就職成功率81.1%・入社後定着率91.3%の手厚いサポートで、これまでに2万人以上の転職支援実績があります。

書類選考なしの集団面接会では最短2週間での転職も可能なので、退職後の転職活動が不安な人はまず相談してみましょう。

退職後にスピード転職 DYM就職

退職後でも利用できる転職エージェント

求人数:非公表
拠点:東京、札幌、仙台、名古屋、京都、大阪、広島、福岡
【公式サイト】https://www.dshu.jp/

DYM就職は第二新卒やフリーターなど若年層向けの転職エージェントです。

厳選した優良企業から退職後のブランク期間が長くても不利にならない求人を紹介してくれます。

退職後に長期的に働ける企業へ素早く転職したい人は、必ず利用するべきでしょう。

退職後に書類選考なし就職shop

退職後でも利用できる転職エージェント

求人数:非公表
拠点:東京・埼玉・千葉・神奈川
   大阪・神戸・京都
【公式サイト】https://www.ss-shop.jp/

就職shopは正社員経験がない・少ない20代向けの転職エージェントです。

利用者の9割が20代で、直接訪問して取材した信頼できる8500社の優良企業の求人を紹介してもらえます。

すべての求人が未経験歓迎・書類選考なしで面接に進めるので、退職後の第二新卒には最適なエージェントでしょう。

退職後に未経験転職 マイナビジョブ20’s


退職後でも利用できる転職エージェント

求人数:約2600件+非公開求人
拠点:東京・名古屋・大阪
【公式サイト】https://mynavi-job20s.jp/

マイナビジョブ20’sは年間3万4000人が登録する20代専門の転職エージェントです。

求人の50%以上が未経験歓迎で、人柄やポテンシャルを評価されて大手企業に就職できた退職後の転職者も多数います。

退職後に好条件の企業を探す20代は絶対に登録しておきましょう。

退職後に転職エージェントが必須な理由

退職後の求職者に好条件の求人紹介

転職エージェントは、ハローワークや求人サイトにはない非公開求人を多数保有しています。

大々的に求人を出すと応募が殺到するため、転職エージェントに非公開で求人を依頼する大手企業や人気企業は多いです。

【非公開求人に好条件が多い理由】
・急な異動や退職での早期欠員補充
・役員や管理職募集の情報漏洩防止
・企業が欲しい人材のピンポイント獲得

転職エージェントを利用すれば求人の選択肢が広がり、退職後でも好条件の企業へ転職できるでしょう。

急募の求人はすぐに人材を獲得できるように、通常よりも高待遇で募集してる企業が多いの♪

退職後に転職のプロのサポート

転職エージェントでは、転職のプロのアドバイザーがあなた専任の担当者となり、退職後の転職活動をトータルサポートしてくれます。

【アドバイザーのサポート内容】
・キャリアカウンセリング
・仕事の悩み相談
・提出書類の添削
・最適な求人紹介
・企業とのやり取り代行
・選考企業に合わせた面接対策
・年収/待遇面の交渉
・入社手続きの代行

日程調整や年収交渉など面倒な作業はすべて代行し、進捗も一括で管理してもらえるため、退職後の求職者は転職エージェントを利用した方が確実に効率的です。

退職後の転職活動は不安も多いから、アドバイザーにいつでも相談できるのは安心だね。

退職後の転職エージェント活用法

退職後は転職エージェントを併用

リクナビNEXTの調査では、転職成功者は平均4.2社の転職エージェントを利用しています。

転職エージェントを併用すれば転職の選択肢が増えるため、退職後の転職活動では必ず2~3社併用しましょう

    【併用がおすすめな理由】

  1. 各転職エージェントの非公開求人を網羅
  2. 相性が良いアドバイザーに出会える
  3. 多角的視点で自分を分析してもらえる

退職後の転職エージェント利用前に転職の軸を明確に

転職の軸を明確にしておかなければ、退職後の転職活動は停滞します。

【明確にすべき項目】
・退職理由
・転職先に求める希望条件
・将来のビジョン     など

退職理由は、退職に至るまでの経緯や現状・気持ちを整理すると、転職理由や将来なりたい自分を導きやすいです。

希望条件には優先順位を設定し、譲れない条件を1~3つ決めておくと、理想の職場が明確になるでしょう。

個性が伝わる書類作成や面接での回答の仕方は、転職エージェントのアドバイザーが手伝ってくれます。

転職エージェントのアドバイスを鵜呑みにしない

転職エージェントのアドバイザーは転職のプロですが、希望条件がうまく伝わっていないまま転職相談や求人応募をすると、望まない転職になってしまう恐れがあります。

退職後の転職活動はどうしても早く内定が欲しくなり、気持ちが焦ってしまいますが、冷静な判断を心がけてください

・自分の長所・短所に間違いはないか?
・紹介求人で働く姿が想像できるか?
・本当に長く働けそうか?

入社してから自分に合わないと気付いても、取返しがつきません。

上記以外でもアドバイスや紹介求人が自分と合わないと感じたら、アドバイザーに随時相談しましょう。

退職後の転職活動は内定が出た企業に即決したくなる気持ちも分かるけど、内定が出たら本当に続けられそうか改めて考え直しましょ!

アドバイザーの意見も大切だけど、自分自身で整理して判断しないといけないね。

退職後は転職エージェントを利用しないと不利

在職中と退職後の転職活動では何が変わるのかな?

一般的に、在職中の転職活動の方がリスクは少ないとされています。

在職中 退職後
転職活動に充てる時間 少ない 多い
資金 余裕がある 余裕がない
離職(ブランク)期間 なし あり
気持ち 余裕がある 余裕がない

在職中の転職活動は収入に余裕がある分、気持ち的にも余裕が生まれます。

しかし、転職活動に割ける時間が少なく、仕事と並行しながらの転職活動にはかなりの体力と根気がいるでしょう。

退職後なら転職活動だけに専念できて、面接対策や提出書類の作成などにも多くの時間を割けます。

ただし、収入源がなく長期化するほど焦りが生まれるため、希望条件を妥協して望まない転職をしてしまう人もいるようです。

在職中と退職後、どちらにもメリットやデメリットがあるんだね。

転職のしやすさを左右するのはブランク期間

在職中と退職後での決定的は違いは「離職期間(ブランク期間)が発生するかどうか」です。

ブランク期間は一般的に3ヶ月以上の無職期間を指します。

退職後3ヶ月以内なら在職中の転職活動とほぼ差はありませんが、3ヶ月以上経過すると一気に不利になります。

ブランク期間が発生してる求職者に対して企業が抱くイメージは下記の通りです。

【ブランク期間がある人への企業のイメージ】
・計画性がないのでは?
・仕事に対する意識が低いのでは?
・ビジネスの感覚が鈍っているのでは?
・入社してもすぐに馴染めないのでは?

退職後の転職活動が万が一長期化してしまい、ブランク期間が長くなると転職はどんどん難しくなります。

マイナスイメージをカバーする書類作成や面接対策が必要になるので、在職中より退職後の転職は不利になりやすいです。

ワークポートの調査で、ブランク期間があると不利になると回答した企業が9割との結果になったの!ブランク期間は採用でかなり重要視されるわ。

退職後でも転職エージェントで転職成功

退職後の転職活動にはリスクはあるものの、転職エージェントを利用すれば十分に転職は成功します。

ブランク期間が長引けば焦りや妥協で望まない企業へ転職してしまいかねないので、常に冷静な判断を心がけてください

転職エージェントを有効活用して、退職後でも理想の転職を実現させましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事