最終更新日:

第二新卒は直接応募した方が有利?直接応募のメリットと第二新卒の転職成功法

第二新卒の転職に直接応募は有利?

「第二新卒が直接応募するメリットは?」
「転職エージェントとどちらが有利?」
「第二新卒は直接応募すべき?」

直接応募と転職エージェントのどちらが転職に有利かわからず、迷っている第二新卒は少なくありません。

転職エージェントを利用すれば効率的に転職可能ですが、直接応募は確実に企業に応募でき、自分のペースで転職活動を進められます。

本記事では、第二新卒が直接応募するメリット・デメリットや直接応募の向き不向き、第二新卒の直接応募での転職成功法を詳しく解説していきましょう。

【第二新卒向け】
転職エージェントはこちら⇒

第二新卒は直接応募すべき?

直接応募者は多い

転職/就職したい企業に直接自分で応募する方法を直接応募って言うんだよね。直接応募する人は多いのかな?

2021年の全国就業実態パネル調査によると、転職先を見つけた経路は下記の通りでした。

転職先を見つけた経緯

引用:2021年全国就業実態パネル調査

家族や知人の紹介・会社に直接問い合わせなど、多くの求職者が直接応募して転職先を見つけています

転職できるか不安な第二新卒は直接応募以外が◎

直接応募する人は多いけど、経験が浅い第二新卒の転職って不利じゃない?直接応募しても大丈夫かな?

第二新卒は基本的な社会人マナーを備えているため、新卒と比べると教育コストを削減できるのが企業側のメリットです。

今後の伸びしろに期待するポテンシャル採用がある第二新卒の転職は十分可能ですが、不安なら転職エージェントを利用するのが賢明。

第二新卒向けの転職エージェントもあるので、手厚いサポートを受けて効率よく転職を実現しましょう。

【転職エージェントのサポート内容】
・キャリアカウンセリング
・希望条件に合った求人の紹介
・応募書類添削
・面接対策
・フィードバック
・面接日程の調整
・入社手続き
・企業への給与/条件交渉 など

転職のプロが書類添削・面接対策してくれるのは心強いわね♡

第二新卒向けの転職エージェント

マイナビジョブ20’s ジェイック
(JAIC)
転職エージェント
主な年齢層 24~29歳、24歳未満の既卒 18~35歳
主なサポート対象者 東名阪の既卒、第二新卒、フリーター 中退者、第二新卒、フリーター、ニート
支援実績 利用者数累計
29万人突破
入社後の定着率91.5%
特徴 20代対象の求人のみ。ポテンシャル採用中心 正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)


第二新卒エージェントneo 就職Shop
転職エージェント
主な年齢層 20代 20代
主なサポート対象者 第二新卒、職務経験なしも可 フリーター、既卒、中卒も可
支援実績 職歴なし支援実績1万人以上 利用者累計10万人超
特徴 1名のサポート平均8時間。相談しやすさ1位 書類選考なし
優良企業1万社
最短7日で内定
簡単登録
(無料)


第二新卒が直接応募するメリット

転職できるか不安な第二新卒は転職エージェントを利用した方がいいのか。直接応募のメリットも知りたいな。

直接応募なら確実に応募できる

転職エージェントは好条件な非公開求人を多数保有していますが、応募するには一定のスキルが求められます。

企業の求める条件に満たないとエージェント内の選考で落とされるため、経験の浅い第二新卒は不利です。

直接応募なら応募書類が確実に企業へ届き、第二新卒の伸びしろや熱意をアピール可能

募集要件に多少満たなくても挑戦したい企業があるなら、直接応募をしてみましょう。

転職エージェントを利用するなら、第二新卒向けを選ぶほうが良さそうね★

第二新卒向け転職エージェントはコチラ>>>

直接応募なら自分のペースで転職可能

転職エージェントではアドバイザーが希望に合った求人を紹介してくれますが、中には希望と関係なく自社の都合で求人を紹介してくるアドバイザーもいます。

直接応募なら求人検索から入社まで自分のペースで負担を感じず転職活動を進められます

ゆっくり急かされずに転職活動を進めたい第二新卒は、直接応募をしてみましょう。

第二新卒が直接応募するデメリット

直接応募なら挑戦したい企業に確実に応募できるのか!エージェントは使わず直接応募すればすぐ転職できそう!

確かに直接応募するメリットはあるけど、第二新卒には特にデメリットに感じる部分もあるから注意して。

直接応募は応募者が多い

直接応募できる求人は誰でも応募できるため、好条件だと応募が殺到します。

第二新卒はポテンシャル採用されやすいですが、経験者と比べるとスキル/経験不足は否めません

応募が殺到している募集に直接応募しても、よっぽど光る経歴やスキルがないと大量の応募者の中に埋もれてしまうでしょう。

直接応募は転職活動の負担が大きい

直接応募では、求人探しから応募、日程調整など全て自分一人でしなくてはいけません。

自己分析や企業調査も徹底しないと転職は成功しないので、個人での転職活動はかなり負担が大きいです。

特に転職活動に慣れていない第二新卒は、自己分析や応募先へのメールの送り方、職務経歴書の書き方など一つ一つに時間を取られてしまうでしょう。

自己PRが苦手で転職活動に不安がある第二新卒は転職エージェントを利用しましょ☆

第二新卒の直接応募での転職成功法

直接応募にはメリットもデメリットもあるんだね。第二新卒が直接応募で転職成功させる方法はある?

第二新卒が直接応募で転職成功するには、徹底的な自己分析・企業調査・面接対策が必須よ♪

直接応募では自己分析して転職成功

伸びしろへの期待がある第二新卒は異業種・異職種にも挑戦しやすいですが、選択肢が多いため迷いやすく転職先が定まらない人もいます。

転職活動前に自己分析を徹底して、仕事をする上で何が大事か・どうキャリアアップしたいかなど自分の価値観を深堀りするのが賢明です。

譲れない希望条件が明確になると、自分に合った求人が探しやすくなる。

直接応募では企業調査をして転職成功

第二新卒の転職に限らず、求人の募集要項だけでは把握できない情報は多いです。

■ミスマッチを防ぐ企業調査方法
○ネットで企業の評判や口コミを調べる
○面接時に具体的な業務内容を聞く

入社後のミスマッチを防ぐためにも企業調査を怠らないようにしましょう。

直接応募では面接対策をして転職成功

企業側は第二新卒のポテンシャルに期待しますが、「またすぐに辞めるのではないか」と懸念も抱いています。

企業側の懸念を解消するためにも長く働ける人材だとアピールできるよう準備しましょう。

退職理由の明確な説明・想定質問への回答・自己PRの用意など入念な面接対策をすれば転職成功率がアップします。

自己分析や企業調査に面接対策!?自分一人でできる気がしないよ!

不安ならぜひ転職エージェントを利用しましょ。細かい企業情報を教えてくれて面接対策のサポートもあるから安心して転職活動できるわよ♡

第二新卒は状況毎に直接応募or転職エージェントを選択

第二新卒は今後の伸びしろを期待するポテンシャル採用があるので、自己PRが得意なら直接応募して企業に熱意をアピールするのが賢明。

もし転職活動に少しでも不安があるなら転職エージェントの利用がおすすめ。

転職エージェントでは非公開求人へ応募できてサポートも手厚いので、転職活動に慣れていない第二新卒もスムーズに転職できるでしょう。

直接応募と転職エージェントのメリットを比較して、自分に合った応募方法で転職を成功させましょ♡

    直接応募のメリット

  1. 希望企業に確実に応募できる
  2. 自分のペースで転職できる
    転職エージェントのメリット

  1. 好条件な非公開求人に応募できる
  2. 手厚いサポートを受けられる
働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職成功実績No.1!非公開求人21万件!幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

年代問わず転職決定者が多く、キャリアアップ・キャリアチェンジに強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サービスがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サービス。登録者のレジュメを見た企業やヘッドハンターからスカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事