最終更新日:

転職エージェントと直接応募はどちらがいいの?両方のメリットを公開!

転職活動をする上で以下のような疑問を抱いた時はありませんか。

・転職エージェントは使った方がいいの?
・転職エージェントを使うのと直接応募するのとではどちらが有利なの?

結論から言うと、場合にもよりますが転職エージェントを利用する方が有利です。

それぞれの強みを見た上で、なぜ転職エージェントを使う方がおすすめなのか見ていきましょう。

転職エージェントのメリット

転職エージェントには5つのメリットがあります。

  • 無料で利用できる
  • 面倒な手続きを代行してくれる
  • 転職のプロにアドバイスしてもらえる
  • 企業と密な関係があるため優遇される
  • 非公開求人を紹介してくれる
  • 雇用のミスマッチを減らせる

簡単に言えば、転職エージェントを使うと転職に精通したプロが適性から企業紹介、内定獲得までの手助けをしてくれます。

自分一人では限界がある転職を支える心強いパートナーです。

転職エージェントのメリットについて詳しく知りたい方はこちら↓

直接応募のメリット

採用されやすくなる可能性がある

企業の立場になってみれば分かりやすいでしょう。

基本的に会社は無駄にお金を使いたくありませんので、お金のかからない方を選択する傾向があります。採用活動でも同じです。

企業は転職エージェント経由で人材を採用した場合、成功報酬をエージェントに支払います。その額は採用した人の推定年収額の約30%。対して直接応募は転職エージェントを介していないので、その費用は大幅に削減されます。

直接応募 転職エージェント経由
手数料 0円 150万円
(推定年収500万円 × 30%)

例えば、同スペックの人が2人企業に訪れたとします。異なる点は直接応募か転職エージェント経由かの経路だけ。

この場合、企業は直接応募をしてきた人を採ると考えられます。

会社は求める人材を早く確保したいから紹介業者に斡旋してもらいます。噛み砕いて言えば手に入りにくいものはお金で買うといったところです。

当然お金を出して紹介してもらうので企業の要望に沿った人材でないと納得はできません。

しかし、自社ホームページから直に応募した人と、お金を出して紹介してもらった人が同じようなレベルであれば、費用を抑えるためにも前者を採用しようとするのが自然な流れです。

ただし採用活動にかける予算が豊富な企業であれば、費用が高くなっても問題ない場合もあるので、ケースバイケースではあります。

企業に好印象を与える

転職経路

出典:全国就業実態パネル調査2019

昨今において、求職者はハローワークや転職エージェントなどの公共・民間の転職仲介機関を使った転職方法を採っています

求人サイトで自分に合いそうな求人を探してみたり、自分で探すのが難しければプロに紹介してもらったりするのが基本。

求職者にとっては、企業のホームページに訪れて応募するのは非効率的です。

しかしそんな中、わざわざ「この会社」と決めて直接応募すると、企業側からしてみれば好印象に映ります。

手続きがスピーディになる

企業が面接の日程を決めるのに転職エージェントを経由していると時間がかかります。

    転職エージェントを経由した場合の面接設定フロー

  1. 面接官のスケジュール仮押さえ
  2. 仮押さえ日を転職エージェントに連絡
  3. エージェントが応募者に伝達
  4. 応募者がエージェントに連絡
  5. 転職エージェントが企業に連絡
  6. 面接のセッティング

対して直接応募の場合は面接設定までがスムーズです。

    転職エージェントを介さない面接設定フロー

  1. 面接官のスケジュール仮押さえ
  2. 応募者に連絡
  3. 応募者の希望日選択
  4. 面接のセッティング

手続きに必要なステップが少ない分スピーディな転職活動ができるでしょう。

エージェントと直接応募の両方を担っている転職エージェント

実際には転職エージェントを利用するか、直接応募をするかの二極に分かれるのが基本ですが、その両方を担ってる転職エージェントもあります。中でも有名なエージェントはdodaです。転職サイトや転職エージェントとしても知名度が高いです。直接応募とエージェントからの応募で本当に決められない方にとってdodaは良い味方と言えます

二刀流のエージェント

自信のない人は転職エージェントを使うべき

基本は転職エージェント経由がいい

転職を検討している人は転職エージェントを使うべきです。以下に示す条件に一つでも当てはまる人は迷わず相談してみましょう。

  • 転職が初めての人
  • 転職で失敗経験がある人
  • 転職活動に時間を割きにくい人
  • 転職のプロからアドバイスが欲しい人
  • キャリアの幅を広げたい人

転職エージェントは完全無料で利用できるので、相談をしてからエージェント経由で転職をするかどうかを決めてもいいでしょう。

求人の検索や書類の添削など一人では時間がかかる部分を代行してくれたり、応募企業に推薦状を書いてくれたりするので転職エージェントを利用しない理由はありません。まずは話だけでもしてみてはいかがでしょうか。

リクルートエージェント

転職成功実績No.1!非公開求人20万件超!!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。
特に20~30代の転職決定者が多く、営業職に強い。充実の面接対策も人気!

パソナキャリア

オリコン顧客満足度調査 転職エージェント部門1位!
首都圏など大都市圏の求人数が豊富。転職成功者の年収アップ率は驚異の67.1%!
利用者の利益を最優先に考えるのでサポートが手厚い!

自己PRなどに自信がある人は直接応募も選択肢に

情報収集能力に長けていたり自己PRに自信があったりするといった、上記の条件に当てはまらない転職の熟練者は直接応募でもいいかもしれません。

スペックが同じような人と競う場合は、採用費を安く抑えられる直接応募の方が面接通過の可能性が上がります

ただし、直接応募をするには注意が必要です。それは以下の3つ。

  • 企業とのやり取りも評価対象になる
  • 年収などの雇用条件は自分で確認・交渉する
  • その他転職エージェントがする内容を全て自分一人でこなす

応募から面接の日程調整、人事部とのやりとりまで自分一人でしなければなりませんすべての行動が評価につながりますので、電話でのやりとりやメールの文章にも細心の注意を払ってください。

自分次第で印象をよくも悪くもできます。直接応募をするだけで高評価が狙えるので、その恩恵を活かせるように準備をしていきましょう。

転職エージェント経由で落ちた企業に直接応募してもいいのか?

エージェント経由で落ちた企業への直接応募は可能

エージェント経由で落ちた後に直接応募しても全く問題はありません

  • 基本的に応募回数に上限はない
  • 転職エージェント内の選考で落とされたら応募すらされない

日本には、企業への応募回数に関するルールは存在せず、基本的に何度応募しても問題ありません

ちなみに、エージェント経由で落ちた後の直接応募が実は初応募のになるケースもあります。

転職活動の手助けをする転職エージェントは、求職者から求人の応募があれば登録情報を企業に送りますが、例外もあります。

転職エージェントは企業の欲しい人材と求職者のマッチング率を上げるためにエージェント内で選考を行っており、エージェント内の書類選考が不合格であれば応募すらされません

エージェント内で選考を実施していると事前に説明するところもあるようですが、中には企業に応募した体を装い企業側の選考で落ちた事実が伏せられる場合もあります。

企業によっては再応募するまでに一定期間を設けている場合があるので注意が必要です。

転職エージェント利用の方がメリットが大きい

    転職エージェントのメリット

  • 無料で利用できる
  • 面倒な手続きを代行してくれる
  • 転職のプロにアドバイスしてもらえる
  • 企業と密な関係があるため優遇される
  • 非公開求人を紹介してくれる
  • 雇用のミスマッチを減らせる
    直接応募のメリット

  • 採用されやすくなる可能性がある
  • 企業に好印象を与える
  • 手続きがスピーディになる

直接応募にも良い面はありますが、求職者自身の力で転職活動をすべてこなす必要があります。

しかし転職エージェントは企業の検索から書類の添削や応募まで面倒な手続きを代行してくれたり、転職や企業における最新の情報を提供してくれたりするので、比較的転職がしやすいです。

エージェント内で選考が行われるデメリットもありますが、なぜダメだったかのフィードバックをしてもらえるので次につなげられます。

直接応募よりも転職エージェントの方が受ける恩恵が大きいのでエージェント経由の転職がおすすめです。しかし、直接応募の道も残しておきたいと考えるならば
doda
を利用しましょう。


RECOMMEND

関連記事