最終更新日:

効率的な直接応募のやり方は?直接応募の具体的なやり方・注意点と転職成功法

直接応募のやり方

「直接応募にはどんなやり方があるの?」
「直接応募で効率的に転職するやり方は?」
「直接応募のやり方の注意点は何?」

直接応募での転職を検討していても、直接応募のやり方や注意点がわからず迷っている人は少なくありません。

企業の採用ページから直接応募するやり方なら最短で応募可能、転職エージェントと比較して自分に合ったやり方を選択すれば効率的に転職が成功します

本記事では、直接応募のやり方や直接応募するやり方の注意点、直接応募で成功するやり方を詳しく解説していきましょう。

【効率的な転職が可能】
転職エージェントはコチラ↓↓

直接応募するやり方とは?

直接応募とは

    主な直接応募のやり方

  1. 企業の採用ページから直接応募
  2. 転職サイトから直接応募
  3. 知人の紹介を受けて直接応募

転職エージェントやハローワークを介さず自分で応募する直接応募は、求人探しや応募など自分のペースで転職活動を進められます。

特に企業の採用ページから直接応募するやり方は、転職サイト経由より素早い応募が可能

ただし全て自分一人でこなす必要があるため、転職活動の負担は非常に大きいです。

直接応募するやり方が不安な人はどうしたらいい?転職活動の途中で疲れてしまいそう…。

直接応募に負担を感じるなら転職エージェントを利用しましょ♪

直接応募するやり方が負担なら
転職エージェントを活用する

    転職エージェントのサポート内容

  1. 求人の紹介・応募・推薦
  2. 応募書類の添削
  3. 面接日程の調整・面接対策
  4. 採用条件・給与・役職などの交渉
  5. 入社手続き・入社日の調整

転職エージェントを利用すると、転職のプロが内定獲得まで徹底サポートしてくれます。

無料で利用できるので個人での転職活動に少しでも不安を感じている人は、転職エージェントを利用しましょう。

自分では言い出しにくい給与・条件交渉も代行してくれるんだね!

経験がある人向け転職エージェント

リクルートエージェント マイナビエージェント
転職エージェント
主な年齢層 20~40代 20代~35歳
主なサポート対象者 全転職者に対応 20代、第二新卒、1~3回目の転職者
支援実績 採用成功実績は54万人超 20代の満足度
No.1
を獲得
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
サポートが◎
中小企業に特化
IT系にも強い
簡単登録
(無料)

経験が浅い人代向け転職エージェント

DYM就職 就職カレッジ
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~35歳
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、女性もOK 中退者、フリーター、ニート
支援実績 経験が浅い若年層を積極支援 入社後の定着率91.5%
特徴 優良企業を厳選
人物重視の採用
親身なサポート
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)

ハイクラス向け転職サービス

ビズリーチ リクルートダイレクトスカウト
スカウト型転職サービス
主な年齢層 25歳~50代 20~50代
主なサポート対象者 現年収500万円以上 現年収600万円以上
支援実績 導入企業数23,500社(累計) 転職決定年収の平均900万円超
特徴 ハイクラス国内最大級。1千万超の求人多数
年収800〜2000万円の求人多数。完全無料
簡単登録
(一部有料)

採用ページから直接応募するやり方

転職サポートを受けられるのは心強いね!企業の採用ページから直接応募するやり方も知っておきたいな。

企業の採用ページから直接応募するやり方は、下記の通りです。

    採用ページから直接応募するやり方

  1. 気になる企業の採用ページを確認
  2. 履歴書・職務経歴書を作成
  3. 応募フォーム・メールなどで直接応募

気になる企業の採用ページを確認

まず気になる企業が求人を募集中か、募集しているなら応募方法を確認します。

採用情報が載っていないなら、電話で公式サイトを確認した旨を伝えてから現在の募集の有無を問い合わせましょう

履歴書・職務経歴書を作成

企業から特に指示がないなら、履歴書などは手書き/パソコンどちらで作成してもOKです。

採用担当者によって好みは分かれますが、昔ながらの企業は手書きの方が熱意が伝わりやすく比較的新しい企業はパソコンの方がスキルをアピールしやすいでしょう。

応募フォーム・メールなどで直接応募

履歴書等が作成できたら、確認した応募方法に従って応募書類を送付します。

よくある応募方法は、採用ページに用意してある応募フォーム・メール・郵送です。

応募書類が届くと書類選考が始まるので、企業からの連絡を見落とさないようにしましょう

転職エージェントでは応募から入社手続きまで代行してくれるわ。直接応募するのが不安なら利用してみて♡

直接応募するやり方の注意点

企業に自分で電話・メールするなんて緊張するなぁ。注意点はないのかな?

選考とは直接関係ない部分でマイナス評価されないよう、直接応募するなら最低限の社会人マナーを押さえましょう

電話で直接応募するやり方の注意点

・採用担当者を確認しておく
・面接の希望日を考えておく
・時間帯を選んで電話する
・騒がしくない場所で電話する

電話での直接応募に手間取ると、時間を奪われてしまう企業側から良い印象を抱かれません。

不安なら採用担当者の名前や面接希望日を書いておいてメモを見ながら電話しましょう。

電話をかける時間帯は、忙しい朝一や休憩時間、午後一は避けた方が好印象

メールで直接応募するやり方の注意点

・件名に要件と名前を入れる
・社名や名前は略さない
・添付ファイル名はわかりやすくする
・氏名や住所などを文末に記載する

採用担当者は他の応募者からも毎日たくさんのメールを受け取っているので、件名だけで名前と要件が確認できるようにしておくとやり取りがスムーズです。

添付ファイルにも日付・内容・氏名を書いておくと採用担当者が管理しやすくなります
 
選考が進み企業とメールでやり取りするなら、深夜など非常識な時間は避け、できれば24時間以内に返信しましょう

【直接応募のメール例文】※1
件名:○○○職応募の件/氏名
株式会社○○○○
採用ご担当者様

はじめまして。
○○○○と申します。

△△△△で御社の求人情報を拝見し、これまでの
営業経験を新商品の販促に活かせるのではと思い、○○○職に応募したくご連絡を差し上げました。

履歴書と職務経歴書を添付しております。
ご査収の程、よろしくお願い申し上げます。

応募書類には念のためパスワードを設定しております。
後ほど、パスワードをお送りさせていただきますので、ご確認いただけますでしょうか。

お忙しいところ大変恐縮ですが、面接の機会をいただけますと幸いです。
何卒、よろしくお願い申し上げます。
———————————–
氏名
郵便番号+住所
電話番号
メールアドレス
———————————–

メールで直接応募するやり方には個人情報が詰まった履歴書等を誤送信してしまうリスクがあるので、パスワードを設定しましょう。

【パスワードを連絡するメール例文】
件名:【パスワード】履歴書ご送付の件/氏名
株式会社○○○○
○○○○様

先ほど応募書類を送付させていただきました○○○○です。
添付ファイルに設定したパスワードをお送りいたします。

パスワード:XXXXXXXXXX

お手数をおかけいたしますが、
ご査収の程、よろしくお願い申し上げます。

パスワードを記載したメールは間を置かずに送信します。

郵送で直接応募するやり方の注意点

・送付状を同封する
・クリアファイルに入れる
・書類をコピーしておく

応募書類を郵送するなら、誰が・何を・何部送ったかわかるよう送付状をつけましょう。

クリアファイルに入れて送付すると郵送時に折れたり、雨に濡れる事態を回避できます。

送付すると手元に書類がなくなり書いてある内容を確認できなくなるので、送付前にコピーを取るのが得策です

直接応募で成功するやり方

直接応募では基本的な社会人マナーを守れてるか注意が必要なんだね!転職を成功させる方法はないの?

スケジュールに余裕を持った状態で、企業調査を徹底すれば直接応募で転職成功できるわ☆

余裕のあるスケジュールで直接応募

直接応募では第三者のサポートが一切ないため、転職活動の負担が大きいです。

書類作成や企業とのやり取りに手間取ってしまうと、思うように転職活動が進みません

直接応募するなら余裕のあるスケジュールを立て、途中でモチベーションが途切れたり、焦って転職する事態を防ぎましょう

企業調査を徹底して直接応募

募集要項だけでは把握できない情報は多く、特に採用ページでは細かい情報を載せていない企業もあります。

■ミスマッチを防ぐ企業調査のやり方
○ネットで企業の評判や口コミを調べる
○面接時に具体的な業務内容を聞く

調査を怠ると転職後ミスマッチしやすいので、リサーチを徹底して転職を成功させましょう

業界の動向や企業の詳細情報に詳しい転職エージェントに聞くのも◎

直接応募のやり方を理解して転職成功

直接応募するなら採用ページから直接応募するやり方が最も素早く応募できますが、転職活動の負担は大きいです。

直接応募が不安なら、手厚いサポートがある転職エージェントを利用して効率よく転職成功させましょう

自分に合った転職エージェントを取捨選択しましょ★

【転職エージェント一覧】

DYM就職 経験が浅い若年層を積極支援
就職カレッジ 入社後の定着率91.5%
リクルートエージェント 採用成功実績は54万人超
マイナビエージェント 20代の満足度No.1を獲得
ビズリーチ 1千万超の求人多数
リクルートダイレクトスカウト 転職決定年収の平均900万円

(※1 引用:リクナビNEXT)

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティーワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、業界・職種が幅広い『doda』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職成功実績No.1!非公開求人多数
幅広い業界・職種から希望条件にマッチする求人を紹介可能

年代問わず転職決定者が多く、キャリアアップ・キャリアチェンジに強い。充実の面接対策も人気!

doda公式へ

求人数20万件超!非公開求人多数!!
こだわり条件にマッチする求人を提供する国内最大級の求人情報・転職サイト

特に営業職に強く、丁寧なサポートとアフターフォローに定評あり。大卒以上の26~35歳関東、関西、東海の求職者向け。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サービスがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超。登録者のレジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

会員登録時に基本情報や職務経歴まで入力するとスカウト率アップ!
関連記事:転職エージェント23社を徹底比較!自分に合う転職エージェントを選ぶコツ

RECOMMEND

関連記事