最終更新日:

直接応募は受かりやすい?直接応募で受かりやすい人の特徴と転職成功法

直接応募の方が受かりやすい?

「直接応募は受かりやすい?」
「転職エージェントの方が有利?」
「直接応募で受かりやすい人の特徴は?」

転職を検討していても、直接応募と転職エージェントのどちらが受かりやすいかわからず迷っている人は少なくありません。

転職エージェントを利用すれば効率的に転職できますが、確実に応募できる直接応募の方が受かりやすい人もいます。

本記事では、直接応募の方が受かりやすいかどうか、直接応募で受かりやすい人や直接応募以外の方が受かりやすい人を詳しく解説していきましょう。

直接応募は受かりやすい?

直接応募する人は多い

直接応募とは転職/就職したい企業にエージェント等を通さず自分で応募する方法です。

    主な直接応募方法

  1. 企業の採用ページから直接応募
  2. 転職サイトから直接応募
  3. 知人の紹介を受けて直接応募

転職サイトから直接応募する人はたくさんいそうだけど、採用ページや紹介を受けて応募する人って多いの?

全国就業実態パネル調査によると、会社に直接問い合わせ・家族や知人の紹介などで転職先を見つけたと多くの人が回答しています。

直接応募は受かりやすい

転職サイトの利用も含めて多くの求職者が直接応募して転職しているようです。

引用:2021年全国就業実態パネル調査

直接応募=受かりやすいではない

直接応募する人が多いのは受かりやすいからかな?

企業は転職エージェント経由で人材を採用すると、エージェントに成功報酬を支払います。

直接応募より採用コストはかかりますが、企業の求めるスキルとマッチする転職者を厳選してもらえるため、優秀な人材のみ採用可能

費用をかけてでも効率よく採用を進めたい企業も多く、直接応募の方が受かりやすいと一概には言えません

直接応募の方が受かりやすい人

直接応募だから受かりやすいとは限らないのか。直接応募の方が受かりやすい人はいないの?

スキル/経験が豊富・自己PRが得意な子は直接応募の方が受かりやすいわ☆

経験豊富なら直接応募が受かりやすい

エージェント経由で人材を採用すると、企業は一人あたり年収の30%前後を報酬としてエージェントに支払うのが一般的です。

高い報酬額を払ってでも転職エージェントを利用した方が、企業は優秀な人材を素早く採用できます。

しかし、スキル/経験が豊富な人から直接応募があれば採用コストはほぼかかりません。

直接応募する方が企業にとってコスト面でもスキル面でも歓迎され受かりやすいでしょう。

直接応募と転職エージェント経由で応募してきた人が同じくらいのスキルなら、採用コストのかからない直接応募者を採用した方がお得だね!

自己PRが得意なら直接応募が受かりやすい

転職エージェントでは非公開求人を紹介してもらえますが、企業の求める条件にスキルが満たないとエージェント内の選考で落とされるため求人に応募できません。

直接応募なら募集要項に多少スキルが満たなくても、確実に企業へ応募でき自分の強みや熱意のアピールが可能

スキル/経験に自信はないものの自己PRは得意な人なら、社内選考のある転職エージェントより直接応募した方が受かりやすいでしょう。

挑戦したい企業があるなら直接応募してみるのもアリね♬

直接応募以外の方が受かりやすい人

スキル/経験が豊富・自己PRが得意な人は直接応募の方が受かりやすいかもしれないけど、転職活動に自信がなかったらどうしたらいいの?

転職活動に不安があるなら転職エージェントを利用しましょ。手厚いサポートがあるから効率的に転職できるわ♪

転職活動が不安なら直接応募より転職エージェントが◎

転職エージェントを利用すると、下記の転職サポートを受けられます。

【転職エージェントのサポート内容】
・キャリアカウンセリング
・希望条件に合った求人の紹介
・応募書類添削
・面接対策
・フィードバック
・面接日程の調整
・入社手続き
・企業への給与/条件交渉 など

経験豊富な転職のプロのサポートで選考通過率がアップ・企業との面倒なやり取りも全て代行してくれるため、転職活動が効率的です。

転職活動に不安がある人は、転職エージェントを利用した方が受かりやすいでしょう。

好条件転職したいなら直接応募より転職エージェントが◎

一般公開されている求人は条件が良いほど応募が殺到しますが、転職エージェントは好条件・高待遇な非公開求人を数多く保有しています。

非公開求人は条件にマッチする転職者にしか紹介されないため、ライバルが少なく受かりやすいです。

好条件で転職したい人は直接応募ではなく転職エージェント経由で応募しましょう

エージェント併用でより受かりやすい

転職エージェントは一社だけでなく複数併用した方が選択肢が広がり、転職したい企業により受かりやすくなります。

転職エージェントごとにサービスや求人内容は異なるため、比較検討して自分に合うサービスを選びましょう。

経験が浅い20代向け

DYM就職 ジェイック
(JAIC)
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~35歳
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、女性もOK 中退者、フリーター、ニート
支援実績 経験が浅い若年層を積極支援 入社後の定着率91.5%
特徴 優良企業を厳選
人物重視の採用
親身なサポート
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)

経験がある20~30代向け

リクルート
エージェント
マイナビ
エージェント
転職エージェント
主な年齢層 20代~35歳 20代~35歳
主なサポート対象者 全転職者に対応 20代、第二新卒、1~3回目の転職者
支援実績 採用成功実績は54万人超 20代の信頼No.1を獲得
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
サポートが◎
中小企業に特化
IT系にも強い
簡単登録
(無料)


直接応募&エージェント利用も◎

転職エージェントの手厚いサポートや豊富な非公開求人は魅力的だけど、受けたい企業があったらどうすればいい?どっちかを選ぶのは難しいよ!

決めきれないなら、両方の機能を持つ転職サービスを利用すればいいわ☆

転職エージェントか直接応募か決められない人は、dodaを利用しましょう。

dodaの公式サイト【公式サイト】https://doda.jp/

dodaは転職サイト・転職エージェント両方の機能を持っている数少ない転職サービス

dodaは国内最大級の求人数を誇り、転職者の希望条件にマッチする求人を提供してくれます。

転職エージェントでは、履歴書添削や面接対策などのサポートはもちろん、転職後のアフターフォローも手厚いと評判です。

直接応募or転職エージェント受かりやすい方を選択

    直接応募の方が受かりやすい人

  1. スキル/経験が豊富な人
  2. 自己PRが得意な人
    転職エージェントの方が受かりやすい人

  1. 転職活動に不安がある人
  2. 好条件で転職したい人

基本的には転職エージェントを利用した方が効率的に転職できますが、直接応募の方が受かりやすい人もいます。

転職活動に少しでも不安があるなら、サポートが手厚く非公開求人が豊富な転職エージェントを利用して希望の転職を実現しましょう。

決めきれない人は業界トップクラスの求人数を保有するdodaでそれぞれの長所を体感してみるのもおすすめです。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事