最終更新日:

【既卒者向け】もう書類選考で失敗しない!履歴書の書き方と選び方を解説

【既卒者向け】もう書類選考で失敗しない!履歴書の書き方と選び方を解説

はじめて就活に挑んでいる既卒のあなたは、以下のような壁にぶち当たっているのではないでしょうか。

  • 履歴書の書き方が分からない
  • 社会人経験がないのに職歴って何を書けばいいのかな
  • どんな履歴書を使えばいいのかな

既卒と社会人経験のある中途採用や第二新卒では、履歴書の選び方や重視するべき点が異なります。履歴書はあなたと企業がはじめて顔を合わせる書類です。第一印象を左右する履歴書だからこそ、凡ミスで内定獲得を逃すのだけは避けたいものですね。

この記事では、既卒向けの履歴書の書き方を紹介します。

  1. 既卒におすすめの履歴書
  2. 好印象を与える履歴書の書き方
  3. 履歴書に関するよくある疑問

など、既卒の就職に有利な履歴書の書き方を解説しますので、ぜひじっくりご覧ください。

既卒におすすめの履歴書はどんなもの?

「履歴書って何でも同じじゃないの?」と考えていた方は注意が必要です。なぜなら、冒頭でも触れた通り既卒者には職歴がありません。しかし、空白の多い履歴書は「社会人マナーができてない」と悪い評価に繋がりやすいのです。

この問題を解決するためには以下の条件に合った履歴書を選ぶと良いでしょう。

  • 職歴欄が小さい
  • 自己PR欄が大きい
  • 志望動機欄が大きい

採用担当としても既卒者に職歴がないことは周知の事実。だからこそ書類選考では、既卒者の人となりや「なぜうちを選んだのか」を知りたいと考えています。既卒者が履歴書でアピールするべきは、経歴ではなく意気込みやモチベーションということを覚えておきましょう。

既卒に最適なのは「自分を売り込む履歴書」

自分を売り込む履歴書

出典:自分を売り込む履歴書/アピカ株式会社

既卒者におすすめできる市販の履歴書は「自分を売り込む履歴書」です。コンビニやスーパーで販売されている一般的な履歴書と比較して、自己PRと志望動機欄が大きく確保されています。

  • 志望動機をもうちょっと書きたい
  • 職歴に書けることが少ない
  • ライバルと差別化したい

このような想いを抱いている方は「自分を売り込む履歴書」を使うことで悩みを解消できます。Amazonや楽天などのオンラインショッピングサイトで購入できるので、気になる方はぜひ試してみてくださいね。

既卒者が採用担当に好印象を与える履歴書の書き方

ここからは、既卒者が採用担当に好印象を与える履歴書の書き方を見ていきましょう。

自己PR:過去の経験を具体的なエピソードと交える

履歴書の自己PRは、あなたの人柄を伝える格好の場です。上手な自己PRを書くコツは以下の通り。

  • 過去の経験で学んだことを書く
  • 今現在の状況も端的に書く
  • 具体的なエピソードで人間性をアピール

採用担当は、あなたが今まで「学んできたこと」や「仕事のどんなところに注力してきたのか」などを分析します。応募する企業や職種に対して、何かしらのメリットを提示できることが望ましいです。

既卒向け自己PRの例文

大学時代は、派遣会社でアルバイトをしていました。主に展示会の設営・撤去をしており、夏休みは全国各地に出張した経験もあります。就職セミナーなどは夜間設営、日中対応、夜間撤去が恒例で睡眠を取れないこともありましたが、仕事を通して「どんなに辛い状況でも乗り越えられる」といった自信がつきました。

現場で先方から「よく頑張ったね。ありがとう!」と言われるのがとても嬉しく、大変だからこそ乗り越える価値があると思うようになりました。現在は社会人経験を少しでも養うためにインターンをしています。過去に培った経験を貴社の営業職で役立てていきたいです。

アルバイトの経験から学んだ忍耐力や、仕事に対する喜びをシンプルにまとめた例文です。

忍耐力は「ポータブルスキル」と呼ばれる汎用性の高いもので、どの仕事にも役立つスキルを意味しています。社会人経験のない既卒でも、過去の経験からポータブルスキルをアピールすることは可能なので、積極的に自己PRに取り込んでいきましょう。

志望動機:就職に対する想いと仕事を結びつける

志望動機は採用担当が最も気になる「なぜこの企業を選んだのか」を伝える場です。

  • 入社に対する意欲
  • 具体性が増すキーワード
  • 企業に貢献できるポイント

注意するべきは、よくある「志望動機の例文」にあるような綺麗で当たり障りのない文章にしないこと。採用担当は無数の応募者から送られてくる履歴書に目を通しています。ありきたりな志望動機を書いても、採用担当の心を動かすことはできません。

好印象を与えるには、企業研究から分かった「その企業にしかないキーワード」を抜き取って、志望動機に盛り込むことが大切です。

既卒向け志望動機の例文

小さな頃からパソコンで仕事をする人を見て漠然とした憧れがありました。中学2年生からプログラミングをはじめ、趣味でWebサイトを作ったり簡単なWebサービスを作って友人に公開したりしていました。

高校卒業に合わせて就職しようと、地元で働けるWeb制作会社を探しましたが、2年前の当時は見つけることができませんでした。私はWeb制作に対して「低コストかつ場所を選ばず開発できる」ところに魅力を感じています。

地方在住であろうと、都会の企業と肩を並べられるのがIT業界のメリットであると考えています。「素晴らしい自然と暖かい人々に恵まれた地元で働きたい」という想いを諦めきれず、既卒になって職探しをしていた時、貴社の求人を見て「この企業しかない!」と応募させていただきました。

求人欄にある「〇〇から日本を笑顔にするサービスを!」の記載を見て、心の底から共感し震えたことを覚えています。独学ではございますが、約6年間のプログラミング経験を活かして、小さな〇〇の街から沢山の笑顔を生み出すサービス開発に携わりたいと考えて応募しました。

上記は「この場所には貴社しかなかった」という分かりやすい例ですが、志望動機で採用担当を納得させるには「ここしかない」と伝えられるかがポイントになります。

志望動機を作る際は

  1. 企業研究を徹底する
  2. 志望動機の下書きを作成
  3. 客観的な視点で改善点を出す

を繰り返してみてください。採用担当が「これなら他の会社でも良いのでは?」と突っ込まれないかイメージして、試行錯誤してみてくださいね。

職歴:アルバイト or インターン経験を書く

既卒の場合、履歴書の職歴にはアルバイトやインターンの経歴を記入します。職歴を空白のまま提出するのは印象が悪いので、ブランクの有無に関わらず過去に働いた経験をフォーマットに沿って記載してください。

既卒向け職歴の例文

平成〇年〇月 株式会社〇〇コーポレーション 入社 (アルバイト)
平成〇年〇月 一身上の都合により退職

既卒の場合、アルバイトまたはインターン経験のみになりますので「入社」の右側に「アルバイト(またはインターン)」と記載するようにしてください。アルバイトを退職した旨は「一身上の都合により退職」と記載すればOKです。

学歴:最終学歴の1つ前から書く

学歴は最終学歴の1つ前から学校名を略さずに記載します。

  • 最上部には「学歴」と記載
  • 学校名は正式名称を記載
  • 学科、学部、専攻まで書く
  • 企業に関連するテーマは記載する
  • 1年以上の留学・休学も記載

予備校は教育機関として認められていないので、学歴に記載する必要はありません。応募企業に対して、あなたの学歴と紐付けられる部分(研究テーマなど)があれば積極的に記入しておきましょう

既卒向け学歴の例文

平成〇年〇月 〇〇市立〇〇高等学校 入学
平成〇年〇月 〇〇市立〇〇高等学校 卒業
平成〇年〇月 〇〇大学〇〇学科   入学
平成〇年〇月 〇〇大学〇〇学科   卒業

高校や大学を中退している方は、いつ中退したのかも明記するようにしてください。書き方は「中途退学」と記載します。

「不利になりそうだから書きたくない」と経歴を偽ると、低評価の原因になるので注意してくださいね。

資格:企業にメリットのある資格でアピール

応募企業に対して、役立つ資格がある方は漏れなく記載しておきましょう。

  • 資格が沢山ある人は厳選する
  • 資格名は略さずに正式名称を書く
  • 評価に当たらない資格は書かない

英検3級や趣味で取得した資格などは評価対象にならないので、記載の必要はありません。

  • 仕事に関連するもの
  • 国家資格
  • 普通自動車免許

普通自動車免許に関しては、業務で車を使う機会も多いので必ず記載するようにしてください。

既卒向け資格の例文

平成〇年〇月 普通自動車第一種運転免許取得
平成〇年〇月 実用英語技能検定1級取得
平成〇年〇月 マイクロソフトオフィススペシャリスト取得

資格は既卒者のスキルを分かりやすく証明できる材料です。「この資格は関係ないから書かなくていいや」と考えるのではなく、採用担当に対してアピールする意味でも活用していきましょう。

既卒の履歴書でよくある疑問

ここでは既卒者が履歴書作成時によくある疑問をまとめました。

  1. 履歴書は手書きとPC入力どっちが良い?
  2. 証明写真はスピード写真でもOK?
  3. 本人希望欄に理想の給料や待遇を書くべき?
  4. 既卒も職務経歴書を書くべき?

履歴書は手書きとPC入力どっちが良い?

履歴書の作成方法は、手書きとPCのどちらでも問題ありません。よく言われるのは「IT企業の履歴書を手書きで書くのは良くない」や「PCで作成すれば書類作成スキルのアピールに繋がる」というもの。

これらは確かに一理ありますが、結論として採用担当が読みやすいかどうかを最優先に考えるべきですね。

  • 手書きに自信がないならPCで作成
  • PCの文章作成に時間がかかるなら手書き

このように状況に応じて作成方法を変えてみてください。手書き、PCともに言えるのは誤字脱字に注意することです。ミスの多い履歴書をそのまま提出すると、確認能力のなさを露呈することになるので、履歴書作成後は必ず見直すようにしましょう。

証明写真はスピード写真でもOK?

履歴書の証明写真は、スピード写真ではなくプロに撮影を依頼しましょう。

プロに写真を依頼すると

  • 姿勢・表情のアドバイスが受けられる
  • 写真の補正も対応してくれる
  • 写真のデータがもらえる

など、スピード写真にはないメリットが得られます。証明写真は採用担当が履歴書を見た際に、まず目が行く場所とも言われているのです。大事な初対面の機会を、数百円の差で逃してしまうのはもったいないですね。

第一印象を左右する重要なものなので、必ずプロのカメラマンに依頼してください。

証明写真の裏には名前を書いておくこと

証明写真の裏面には、フルネームを書いて履歴書に貼り付けてください。名前を書いておくことで、万が一履歴書から証明写真が剥がれてしまった際も誰のものか特定できます。

証明写真が剥がれた時に裏面に名前が書いてないと、社会人マナーができてないと判断されることもあるので注意しましょう。

本人希望欄に理想の給料や待遇を書くべき?

既卒の場合、履歴書の本人希望欄に給与や待遇を書くのはふさわしくありません。

本人希望欄に記載して良いことは

  • 勤務地
  • 職種

などになります。給与や待遇面は、内定をもらった後に交渉するのが一般的です。

既卒も職務経歴書を書くべき?

はい。既卒の場合であってもアルバイト経験やインターン経験が複数ある場合は、職務経歴書に記載することをおすすめします。

過去のアルバイト経験やインターンによって得たスキルなどは、採用担当が注目する箇所です。面接選考の際、話のネタになることもあるので詳細な職務経歴書を作成しておきましょう

既卒が成績証明書と卒業証明書を受け取る方法

応募企業によっては、既卒者に対して大学の成績証明書と卒業証明書を提出するよう求めてくることもあります。ブランクのある既卒者からすると「どうやって取得できるんだ?」と焦ってしまうかもしれませんね。

しかし、成績証明書と卒業証明書は、以下いずれかの手順で簡単に取得できます。

  1. 大学で直接受け取る
  2. 書類発行機で作成
  3. 郵送で受け取る

大学へ簡単にアクセスできる方は、直接訪問するか発行機で作成すれば即日受け取れます。現住所と大学が離れている場合、郵送になりますが書類発送から手元に届くまで時間がかかる可能性もあるので、早めに連絡するようにしましょう。

ちなみに、各書類がいくつ必要になるかは分からないため、予備を含めて発行してもらうと安心です。

既卒の履歴書作成は就職エージェントで添削してもらおう

ここまで読んできて「それにしても、履歴書を上手く書けるか不安すぎる…」と心配になっている方は、既卒者の就活をフルサポートしてくれる就職エージェントの利用をおすすめします。

既卒向けの就職エージェントなら

  • 履歴書の書き方
  • 志望動機・自己PRの添削
  • 既卒OKの非公開求人

など、様々な恩恵が得られるのです。就職エージェントによっては、書類選考をパスして面接選考から応募できる会社もあります

現在アルバイトが忙しく、集中して履歴書を書く時間が取れない方は、無料でサポートしてくれる就職エージェントを活用してみてはいかがでしょうか。

就職エージェントについて詳細を確認したい方は、下記記事をご覧ください。

まとめ

既卒にとって履歴書とは、就活を成功させる上で欠かせない非常に重要な書類です。企業はあなたの履歴書から人となりを想像し、面接するかどうかを判断します

  • 履歴書の書き方は合っているか
  • 志望動機・自己PRはありきたりではないか
  • 自分をしっかりできているか

数々の応募者を見てきた採用担当は、ほんの数秒で上記の要素を分析するのです。僅かなミスで不採用に傾くのだけは避けたいものですよね。凡ミスを最小限に防いで、就活を成功に導きたい方は就職エージェントの利用も欠かさずに行ってくださいね。

面接選考へ進むための鍵を握る履歴書。たかが書類と甘く見ずに細部まで作り込んで、社会人への切符を掴みにいきましょう

面接に進んでからの対策は以下の記事にまとめていますので、こちらも参考にしてみてくださいね。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事