最終更新日:

プラントエンジニアの仕事内容とは?将来性や必要スキルを解説

プラントエンジニアの仕事内容とは?将来性や必要スキルを解説

世の中には、いろいろな仕事があり、業種や職種によってさまざまな呼び方や役目があります。そのなかでも、この分野を学んだ人以外聞きなれないプラント業界。

しかし聞きなれないといってバカにできません。なぜなら専門職ゆえにそれなりの待遇が待っている可能性があるからです。そこでプラント業界のことや、その分野を支えているブラントエンジニアの役割についてみていきましょう。

プラントエンジニアはどんな仕事をする職業なのか?

プラントエンジニアの社会における役割

そもそもプラントとは何を意味するのでしょうか。石油やガスのようなエネルギーをつくったり、医薬品や食料品をつくるための工場のことだったりを総じてプラントといいます。これを聞いてたしかに、重要な業種ということを知ることができます。

プラントは廃棄物処理やエネルギー創出、浄水など生活を支えるインフラ整備の役割を持っています。

プラントエンジニアの業務内容

工場と言えば流れ作業の仕事をイメージしてしまいがちですが、そうではありません。まさにエンジニアと名前がつく以上、工員とは違う仕事をやっています。

プラントエンジニアという職種はまた多岐にわたります。

土木系
道路の設計や施工及び管理を行います。
化学系
石油または鉱物原料から商品を誕生させるまでの流れを構築します。
電気系
工場へ電気を流すシステムをつくる仕事が主な役割です。
機械系
工場全体の設計や構築、メンテナンスまで一貫して行います。さらには、機械開発や設置なども行うことがあります。

求人票で工場系を見ているとどうしてもライン工ばかりが目につきますが、このような専門職があるということも知っておいてください。

また、工場だからといって地味そうだと思ってしまいますが意外とそうではありません。さきほどの例であげた化学系になると、世界中のあらゆるところで活躍することができます。極端な話だと、ジャングルのような熱帯雨林であったり砂漠であったりします。南極のように極寒の地や海まで、依頼があれば現地に行くのです。

まさに、世界をまたにかけて働ける仕事といっても過言ではありません。

仕事の流れ

  1. 工場の設計
  2. クライアントにプレゼン
  3. 契約締結後に各業者と協力
  4. 完成後、工場の引き渡し
  5. 保守・点検

工場を建設して儲けが出るのかを計算した後に、工場の設計に移ります。設計が終わったらクライアントにプレゼンをし、よければ契約締結。

契約が成立したら、より詳細な設計の作成、部品の購入・搬出、工場の建設の業務を進行させるために建設会社や部品を扱う販売会社などと連絡を取っていきます。

プラントが完成したらテストを行い、問題なければ工場の引き渡しをして、仕事の完了です。

完成後も定期的に訪れ、機械や設備の点検や保守を行い品質の管理を行います。

プラントエンジニアになるためにはどうしたらいいのか?

プラントエンジニアになるための方法などについてご紹介します。

プラントエンジニアに求められる条件とは?

  • 取得しないといけない資格はなし
  • 最低条件は学校を卒業していること

プラントエンジニアは専門職ゆえに、求められるスキルは高度なものになる傾向があります。ただ取得しておかなければならない資格がないのが唯一の救いでしょうか。

もし、プラントエンジニアになりたいのであれば、土木、化学、電気、機械など各分野の大学工学部ほどの専門知識が必要なため、学校を卒業していることが最低条件といえるでしょう。

プラントエンジニアになるために有利なスキル

  • CADや、機械建設技術者の資格
  • 高い英語スキル

あるといい資格はジャンルによっても変わってきますが、CADや、機械建設技術者の資格をもっていると有利に進むことでしょう。

さらに現在では国内だけにとどまらず、海外にも進出している会社があるため、英語をマスターしておくとベストです。

プラントエンジニアに向いていない人の特徴

  • 流れ作業が好きな人
  • チャレンジ精神のない人
  • コミュニケーションの苦手な人

プラントエンジニアに向いていない人の特徴といえば、おなじ工場だったとしてもライン工のように流れ作業が好きであれば難しいといえます。ライン工は、おなじ場所でおなじ作業をひたすら繰り返すのが仕事です。もちろん、ライン工も重要な役割を果たしていますが、プラントエンジニアは世界を見ているため想像以上にスケールがおおきいのです。

また、プラントエンジニアは単純作業でなく、機械の開発や設置、メンテナンスまで幅広く行うため、いろいろなことにチャレンジしたくない人はプラントエンジニアは目指すべき職種ではないといえるでしょう。

プラントエンジニアは、ある程度コミュニケーション力も必要とされます。すべて機械がやってくれるといいですが、そうもいきません。機械の開発や設置もですが、人とコミュニケーションができて正常に進めれるわけです。会話ができないと、意図が伝わらずに開発や設置ミスが起きてしまい、とてつもない損害を起こしてしまう可能性があります。

エンジニアといえども事業責任者的側面が濃い職業となっています。

プラントエンジニアの年収や将来性について

インフラ整備の役割を持つプラントエンジニアの年収や将来性についても見てみましょう。

プラントエンジニアの収入

年齢 平均年収
20代 415万円
30代 521万円

プラントエンジニアの平均年収は、20代では415万円、30代では521万円と高めの設定となっています。

プラントで扱うものが変わればその作りも違ってくるため、それぞれのジャンルについての専門的な知識や経験が必要になります。

また、プラント建設には多くの職種の人が一緒に作業を進めなくてはなりません。専門的な知識や経験のみならず多くの人をまとめるコミュニケーション能力も必要になってきますが、該当する人材が少ないため高めの設定となっています。

マイナビAGENT 「プラント・設備設計の年収」
参考URL
https://mynavi-agent.jp/helpful/income/category/realestate_02.html

プラントエンジニアに将来性はあるの?

日本国内でいうと新規でのプラント建設はあまり活発ではありません。その理由の1つとしては、日本は狭いということです。世界と比べてみるとどうでしょうか。いかに日本の小ささが目立ちます。

工場は一軒家やマンションくらいの規模であれば、いくらでも建設できますが、そうもいきません。やはり広大な敷地でないとなかなか工場は建設できないものです。そこで海外にプラント建設の需要が眠っているわけです。

たとえば、石油で活発な中東だったり、逆にインフラがまだまだ整っていない東南アジアもそう。ですから、プラントエンジニアを目指すのであれば、海外を中心に事業展開している会社を選ぶと将来も見えてくることでしょう

そのかわり、現地で仕事をするためには英語をマスターしておかないといけません。それさえできれば、プラントエンジニアとして海外で活躍できることでしょう。


RECOMMEND

関連記事