最終更新日:

半導体エンジニアってどんな仕事?必要スキルや将来性は?効率よく半導体エンジニアに転職する方法

設計?製造?半導体エンジニアを徹底解説!

半導体エンジニアという職業を初めて知る人、もしくは何となく知っているという人でも、どのようにして『半導体を製造するのか』『半導体自体を設計するのか』というところまで詳しい人というのは少ないですよね。

そこで、今回は、半導体エンジニアにスポットを当てて、どういう仕事なのかを具体的に紹介し、魅力や特徴などをメインに解説していきます。半導体エンジニアになる方法や収入、将来性についても合わせて見ていきましょう。

半導体エンジニアの仕事内容

半導体は家電製品や自動車など、日常で良く利用する製品に使われる大切な部品ですが、その半導体に関わる職業の1つとして、半導体エンジニアという職業があります。今回はこの半導体エンジニアが、具体的にどのような仕事をしているのか説明します。

半導体エンジニアの仕事大きく分けて2種類

半導体エンジニアには、大きく2つに分類されます。

プロセスエンジニア
一つが半導体を製造する過程で設備や装置の管理をしたり、生産性を上げるために計画を立てる人のことで、半導体の「プロセスエンジニア」とも呼ばれています。製品や装置のデータ分析も行い、問題が起きないように監視するお目付け役です。
半導体エンジニア
そしてもう1つが、半導体を設計する技術者の「半導体エンジニア」で、安全性や品質、生産性の効率を重視した設計力が求められます
どちらも半導体エンジニアで間違いはありませんが、半導体そのものを設計する人と、製造過程のなかで製品や装置管理を行う人で、作業を分けている場合が多いです。

半導体業界のなかで半導体エンジニアが担う役割

以前、半導体業界では技術力の高いエンジニアが多く存在していたのですが、現在はエンジニア自体減ってしまい、業界全体のクオリティが下がっています。何とか技術力を高めようと、半導体エンジニアの増加とクオリティを高めるために、業界全体でバックアップを検討中です。

半導体は日常で使われる製品に使われる大切な部品で、それを作る半導体エンジニアは半導体業界のなかで、とても重要なポジションとして扱われています。今後の半導体業界を担う半導体エンジニアの育成に掛かっているということです。

世界に通用するクオリティの高い製品を作るためにも、半導体エンジニアの技術力を高めていこうというのが、業界全体の狙いでもあります。

車等の日常でよく使う製品を作るためにも、半導体エンジニアが必要となってきます。

半導体エンジニアの業務フロー

    製品開発の半導体エンジニアの業務フロー

  1. 社内で何度も打ち合わせ
  2. 設計スタート
  3. 設計中も何度も打ち合わせ
  4. 製造開始

まずは製品開発の半導体エンジニアですが、当然ながら自分の作りたい製品を制限なく作れるわけではありません。まずは予算やタイミング、市場調査など、さまざまな事項を考慮しつつ、社内で打ち合わせをしながら、新製品開発プロジェクトが進行していきます。

長期にわたり何度も打ち合わせを重ね、会社が承諾してようやく設計スタートです。設計を開始してからも、何度も打ち合わせしながら検討し、やり直しや修正を重ねて、設計が完成すれば、いよいよ製造開始となります。

    プロセスエンジニアの業務フロー

  1. 設計をもとに製造
  2. 高クオリティを求め作り直しの連続
  3. 完成後、機器への組込み

ここからはプロセスエンジニアの出番です。設計をもとに計画通りに製造を進めていきます。品質管理や装置の点検などに留意しながら、高クオリティの製品が完成するまで何度も作り直しです。こうして、ようやく完成した製品がさまざまな機械や機器に組み込まれます。

半導体エンジニアに必要な経験・スキル

高い技術力が必要となる半導体エンジニアには、どうすればなることができるのでしょうか?最も気になるであろう『未経験でもなれるのか』『必要な経験や資格』『スキルは何なのか』を解説していきます。

半導体エンジニアに必要な経験

  • ものづくりの実務経験
  • フィールドエンジニアの経験
  • サービスエンジニアの経験

プロセスエンジニアと、設計に関連する半導体エンジニア、両方ともに未経験求人はあります。ただし、新卒で工業大学卒業者など、条件付の応募が多いため、転職者はそれなりの経験がないと難しいでしょう。

半導体以外でもエンジニアとして、ものづくりの実務経験があった方が、転職時に有利となります。フィールドエンジニア・サービスエンジニアとしての実務経験がある人も、半導体エンジニアへ転職したいときは有利です。

半導体エンジニアが求められるスキルや資格

海外企業と合同でプロジェクトを進める企業も多く、必須ではありませんが英語スキルがあると有利になります

資格については、とくに必須となる資格はありません。半導体関連の資格はいくつかありますが、転職時に有利となる資格はないので、取得しなくても大丈夫です。

半導体エンジニアの注意点

半導体エンジニアに向いていない人の特徴は以下の通りです。

  • 極端に手先が不器用な人
  • 飽きっぽい人
  • 集中力がない人

ものづくりがメインの仕事となるので、極端に手先が不器用な人は止めたおいた方が良いでしょう。諦めないで根気よく継続することが大切なので、飽きっぽい人や集中力がない人も向いていません。

半導体エンジニアの給与・待遇・将来性

高い技術力が必要な半導体エンジニアの年収は高いのか、将来性のある職業なのか、気になるポイントを説明していきます。

半導体エンジニアの平均年収

20代 408万円
30代 535万円
40代 634万円
50代 776万円

半導体エンジニア(プロセスエンジニア)の平均年収は、20代408万円、30代535万円、40代634万円、50代776万円と、実務経験を重ねていくたびに順当に給与アップしていくようですね。

平均年収ランキング2017「技術系(電気/電子/機械)-プロセスエンジニアxメーカーx20~50代」
参考URL
https://doda.jp/guide/heikin/search/

半導体エンジニアの将来性は◎

半導体業界は現状人手不足で、とくに半導体エンジニアは今後もさらに優秀な人材を育てていこうという動向が見られます。そのため、しっかりと技術を磨けば、長きに渡り重宝される人材となっていくことでしょう。長期的に安定した仕事がしたいなら、おすすめの職業です。

転職エージェントで半導体エンジニアへの転職を効率化

一人でできる転職活動には限界があり、自分一人での作業が多いのは否めません。転職エージェントは転職活動の手間のかかる作業をすべて代行してくれる存在です。

    転職エージェントが代行する転職活動

  1. 求人の検索、紹介、応募、推薦
  2. 応募書類の添削
  3. 面接日程の調節、面接対策
  4. 採用条件、給与、配属先、ポジションなど企業との交渉
  5. 契約書や入社関連の手続き、入社日のすり合わせ

転職エージェントを利用すれば面接の本番以外で企業と直接やり取りする機会はほぼ0。転職エージェントは企業との繋がりも深く自分一人だけでは知りえない企業の内部情報まで知れる場合もあり、半導体エンジニアのニーズを最大限活かした転職が可能です。企業とのミスマッチも未然に防げます。

転職活動は転職エージェントを活用した方が確実に効率的です。

転職エージェントの仕組みはこちらの記事をチェック↓

転職エージェントの選び方はこちらの記事をチェック↓

半導体エンジニアへの転職を有利にする転職エージェント

転職エージェントによって特性やサポートの質、得意な求人は異なるため、下記から自分に合う転職エージェントをピックアップしましょう。

公式サイトから各転職エージェントの転職支援サービスに申し込み後、キャリアコンサルタントと面談すると様々な転職サポートが受けられます。登録・利用はすべて無料です。

転職エージェントは複数併用すると転職活動がより円滑に進みます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職成功実績No.1!非公開求人16万件超!!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。
特に20~30代の転職決定者が多く、充実の面接対策も人気!

【公式サイト】https://www.r-agent.com/
登録は3分で完了!

リクルートエージェントの詳細はこちらの記事をチェック↓

doda

doda

求人数10万件以上!非公開求人80%超!!
履歴書添削や面接対策など丁寧なサポートが人気で転職後のアフターフォローも手厚い。
女性の求職者にも高評価!

【公式サイト】https://doda.jp/
登録は3分で完了!

dodaの詳細はこちらの記事をチェック↓

マイナビエージェント

マイナビエージェント

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!
登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。
主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。
転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/
登録は3分で完了!

マイナビエージェントの詳細はこちらの記事をチェック↓

パソナキャリア

パソナキャリア

オリコン顧客満足度調査 転職エージェント部門1位!
首都圏など大都市圏の求人数が豊富。25~35歳転職初心者キャリアのある女性の転職サポートに特化。
転職成功者の年収アップ率は驚異の67.1%!

【公式サイト】https://www.pasonacareer.jp/
登録は3分で完了!

パソナキャリアの詳細はこちらの記事をチェック↓

Spring転職エージェント

Spring転職エージェント

2018年利用者満足度No.1!
管理職や金融、営業やマーケティング、ITやメディカルなど4つの職種専門部があり専門領域に特化
企業と求職者が同じ担当でマッチング率が高い。

【公式サイト】https://www.springjapan.com/
登録は3分で完了!

Spring転職エージェントの詳細はこちらの記事をチェック↓

市場価値を把握して転職をより確実に

自分の市場価値が分かるアプリ「ミイダス(MIIDAS)」

ミイダス(MIIDAS)は、あなたの本当の価値を“見いだす”、効率的な転職活動ができるアプリです。dodaを運営するパーソルキャリアの新ブランドで、同社が持つ膨大な過去の転職者データから自分のキャリアの分析が可能。

簡単な質問に答えるだけでおおよその年収が算出され、自分の今の市場価値がわかります。すぐに優良企業50,000社にあなたの経歴が公開され、あなたを必要としている企業からオファーが届くシステムです。半導体エンジニアの仕事以外にも、転職の可能性を大きく広げられます。

    MIIDASのメリット

  • 家で手軽に適性チェック可
  • 5分程度の短時間かつ無料で、転職市場での自分の価値がわかる
  • スマホだけで企業からオファーが届く体制ができる
  • オファーがきた時点で書類選考合格済み(面接確約!)
  • 求人を探す手間が省けて書類選考もなし。転職の負担を大幅軽減
MIIDAS

自分のキャリアを見いだす適正チェックができるアプリ。
社会人だけでなくニートでも想定年収が算出される。自分の市場価値がわかり、転職するべきか客観的な判断が可能に。
オファーはすべて面接確約で転職活動が効率的。

【公式サイト】https://miidas.jp/
市場価値を5分で算出!

MIIDASの詳細はこちらの記事をチェック↓

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職実績No.1の『リクルートエージェント』と20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかるアプリ「ミイダス」も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント

転職成功実績No.1!非公開求人20万件超!!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!
登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ

年収500万円から利用できるハイクラス転職サイト。
求人の3割以上が年収1,000万円超え!登録時に入力した情報をもとに企業から直接スカウトされる。

中でも「プラチナスカウト」を受け取ると企業やヘッドハンターと必ず面談できる。キャリアアップを望む人は必ず登録しておきたい転職サービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事