最終更新日:

半導体エンジニアの仕事内容や年収は?半導体エンジニアの確実な転職成功法

半導体エンジニアの転職成功法

「半導体エンジニアってどんな仕事?」
「プロセスエンジニアとの違いは?」
「他のエンジニア職とは何が違う?」

エンジニアには馴染みがあっても“半導体エンジニア”となると業務をイメージしにくい人も少なくありません。

半導体(プロセス)エンジニアは比較的年収が高い職種で、実務経験を重ねれば順当なキャリアアップが望めます

今回は半導体エンジニアの仕事内容や必要な経験、年収や将来性、半導体エンジニアの転職成功法を解説していきましょう。

半導体(プロセス)エンジニアとは

半導体は家電製品や自動車など、日常で良く利用する製品に使われる大切な部品です。

半導体エンジニアの仕事内容は大きく2つに分類されます。

半導体プロセスエンジニア
半導体の製造過程で設備や装置の管理、生産性を上げるために計画を立てるエンジニア。製品や装置のデータ分析にも携わり、問題が起きないように監視するお目付け役のような存在。
半導体エンジニア
半導体を設計する技術者。安全性や品質、生産性の効率を重視した設計力が求められる。
半導体そのものの設計者と製造過程の製品や装置の管理者で作業が分けられているケースが多い。

半導体業界のなかで半導体エンジニアが担う役割

以前の半導体業界には技術力の高いエンジニアが多かったのですが、現在はエンジニア自体減ってしまい業界全体のクオリティが下がっているようです。

何とか技術力を高めようと、半導体エンジニアの増加とクオリティを高めるために、業界全体でバックアップに努めています。

半導体エンジニアは半導体業界のなかでとても重要なポジション。

世界に通用するクオリティの高い製品を作るためにも、半導体エンジニアの技術力を高めていくのが業界全体の狙いです。

半導体エンジニアの業務フロー

    製品開発の半導体エンジニア

  1. 社内で何度も打ち合わせ
  2. 設計スタート
  3. 設計中も何度も打ち合わせ
  4. 製造開始

まずは製品開発の半導体エンジニアですが、当然ながら自分の作りたい製品を制限なく作れるわけではありません。

予算やタイミング、市場調査などさまざまな事項を考慮しつつ、社内で打ち合わせをしながら新製品開発プロジェクトが進行していきます。

長期にわたり何度も打ち合わせを重ね、会社が承諾してようやく設計スタートです。

設計を開始してからも何度も打ち合わせしながら検討し、やり直しや修正を重ねて設計が完成すれば、いよいよ製造開始となります。

    半導体プロセスエンジニア

  1. 設計をもとに製造
  2. 高クオリティを求め作り直しの連続
  3. 完成後、機器への組込み

半導体プロセスエンジニアは設計をもとに計画通りに製造を進めていきます。

品質管理や装置の点検などに留意しながら、高クオリティの製品が完成するまで何度も作り直しです。

ようやく完成した製品がさまざまな機械や機器に組み込まれます。

半導体(プロセス)エンジニアの必要スキル

半導体エンジニアに必要な経験・スキル

半導体エンジニアに必要な経験

  • ものづくりの実務経験
  • フィールドエンジニアの経験
  • サービスエンジニアの経験

半導体プロセスエンジニア、半導体エンジニアともに未経験求人はあります。

ただし、新卒で工業大学卒業者など条件付の応募が多いため、転職者はそれなりの経験がないと難しいでしょう。

半導体以外でも、エンジニアとしてものづくりの実務経験があった方が転職時には有利です。

フィールドエンジニア・サービスエンジニアとしての実務経験も、半導体エンジニアへの転職に活かせます。

半導体(プロセス)エンジニアに求められるスキルや資格

海外企業と合同でプロジェクトを進める企業も多く、英語スキルがあると有利です。

半導体関連の資格はいくつかありますが、転職時にそれほど有利に働く資格はないので、とくに必須となる資格はありません

半導体(プロセス)エンジニアの転職成功法

半導体エンジニアに限らず、一人で転職活動を進めると負担は大きいでしょう。

転職エージェントは面倒な作業をすべて代行してくれるため、転職活動の時間や手間が省けて大幅に効率がアップします。

好条件の半導体エンジニアの求人紹介や手厚いサポートを望むなら、転職エージェントを活用した方が確実です。

【半導体エンジニアに有利なサービス一覧】

サービス名 特徴
リクルートエージェント 求人数&実績No.1。20~30代の転職決定者多数
マイナビエージェント 20代の信頼度No.1。中小企業に強く独占求人が豊富
doda 業界・職種が幅広く丁寧なサポートが人気
パソナキャリア 顧客満足度No.1。転職後の年収アップ率67.1%
WORKPORT 専任の転職コンシェルジュがマンツーマンでサポート
リクナビNEXT 独自の高精度AIが最適な求人をレコメンド

転職エージェントによって特性やサポートの質、得意な求人は異なるため、自分に合う転職エージェントをピックアップしましょう。

登録・利用はすべて無料です。

転職エージェントは複数併用すると転職活動がより円滑に進みます。
リクルートエージェント マイナビエージェント
転職エージェント
主な年齢層 20代~35歳 20代~35歳
主なサポート対象者 全転職者に対応 20代、第二新卒、1~3回目の転職者
支援実績 採用成功実績は41万人超 20代の信頼No.1を獲得
半導体エンジニアの求人数 1000件以上 100件以上
特徴 業界最大手
求人数No.1
面接対策が充実
サポートが◎
独占求人が豊富
中小企業に特化
簡単登録
(無料)


doda パソナキャリア
転職エージェント
主な年齢層 26~35歳 25~35歳
主なサポート対象者 関東、関西、東海の大卒以上 東名阪の年収400万以上
支援実績 業界30年の採用成功実績 顧客満足度調査1位
半導体エンジニアの求人数 400件以上 1500件以上
特徴 求人約10万件
営業職に強い
丁寧なサポート
年収UP率67%
大都市圏の求人が豊富
簡単登録
(無料)


WORKPORT(ワークポート) リクナビNEXT
転職支援サービス
主な年齢層 23~35歳 全年代
主なサポート対象者 IT業界経験者&業界・職種未経験者 全転職者に対応
支援実績 転職決定人数No.1を獲得 求人データベースが日本最大級
半導体エンジニアの求人数 約200件 800件以上
特徴 人材紹介専門で18年。内定までスピーディー 利用満足度No.1!企業からのスカウト機能も
簡単登録
(無料)


半導体(プロセス)エンジニアに不向きな人

半導体エンジニアに向いていない人の特徴は以下の通りです。

  • 極端に手先が不器用な人
  • 飽きっぽい人
  • 集中力がない人

ものづくりがメインの仕事なので、極端に手先が不器用な人は挑戦しない方が良いでしょう。

日々根気よく作業を継続していく職種なので、飽きっぽい人や集中力がない人にも半導体エンジニアは向いていません。

半導体エンジニアの適性を自己分析

半導体エンジニアに転職するなら、徹底的に自己分析しておきましょう。

自分の強みを整理・詳細まで的確に把握していれば志望動機に説得力が生まれ、納得感のあるアピールができます。

急に自己分析なんて言われても難しいよ。自分の強みや仕事の適性が簡単にわかる方法はないの?

自己分析が苦手・自分の適性を今すぐ診断したい人は、リクナビNEXTのグッドポイント診断を利用しましょう。

簡単な質問に答えるだけで自分の強みが見つかる本格診断サービスで、時間もお金もかけずに仕事の向き不向きの適性をチェックできます

半導体エンジニアの適性診断(※会員登録すると無料で診断できます)

業界最大手の「RECRUIT」が開発しているため、診断結果の精度も信頼性も抜群です。

たった30分で適性が分かるので、自分に半導体エンジニアが向いているか知りたい人はさっそくチェックしてみましょう。

リクナビNEXTの求人数は約4万件。診断後にはそのままマッチする求人を探せるのでスピーディー。

半導体(プロセス)エンジニアの年収と将来性

半導体プロセスエンジニアの平均年収

20代 406万円
30代 548万円
40代 632万円
50代 712万円

プロセスエンジニアの平均年収は別職種の同年代と比べても高めです。

20代で400万円台~50代で700万円台と、実務経験を重ねていくたびに順当に給与アップしていく特徴があります。

doda 平均年収ランキング「技術系(電気/電子/機械)-プロセスエンジニアxメーカーx20~50代」

半導体(プロセス)エンジニアの将来性は◎

半導体業界は現状人手不足で、とくに半導体エンジニアは今後もさらに優秀な人材を育てていく動向が見られます。

しっかりと技術を磨いているエンジニアは転職市場で長期的に重宝されるでしょう。

安定した仕事がしたいなら、半導体エンジニアはおすすめです。

半導体(プロセス)エンジニアへ効率良く転職成功

半導体エンジニアには、生産性を上げる技術力・設計力が求められます。

エンジニアの実務経験に加えて、高いコミュニケーション能力や英語スキルがあると転職に有利です。

上記サービスを上手に活用して、効率良く半導体エンジニアへの転職を成功させましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事