最終更新日:

設計?製造?半導体エンジニアを徹底解説!

設計?製造?半導体エンジニアを徹底解説!

半導体エンジニアという職業を初めて知る人、もしくは何となく知っているという人でも、どのようにして『半導体を製造するのか』『半導体自体を設計するのか』というところまで詳しい人というのは少ないですよね。

そこで、今回は、半導体エンジニアにスポットを当てて、どういう仕事なのかを具体的に紹介し、魅力や特徴などをメインに解説していきます。半導体エンジニアになる方法や収入、将来性についても合わせて見ていきましょう。

半導体エンジニアはどんな仕事をする職業なのか?

半導体は家電製品や自動車など、日常で良く利用する製品に使われる大切な部品ですが、その半導体に関わる職業の1つとして、半導体エンジニアという職業があります。今回はこの半導体エンジニアが、具体的にどのような仕事をしているのか説明します。

大きく分けて2種類あり?!半導体エンジニアの仕事内容

半導体エンジニアには、大きく2つに分類されます。

プロセスエンジニア
一つが半導体を製造する過程で設備や装置の管理をしたり、生産性を上げるために計画を立てる人のことで、半導体の「プロセスエンジニア」とも呼ばれています。製品や装置のデータ分析も行い、問題が起きないように監視するお目付け役です。
半導体エンジニア
そしてもう1つが、半導体を設計する技術者の「半導体エンジニア」で、安全性や品質、生産性の効率を重視した設計力が求められます
どちらも半導体エンジニアで間違いはありませんが、半導体そのものを設計する人と、製造過程のなかで製品や装置管理を行う人で、作業を分けている場合が多いです。

半導体業界のなかで半導体エンジニアが担う役割

以前、半導体業界では技術力の高いエンジニアが多く存在していたのですが、現在はエンジニア自体減ってしまい、業界全体のクオリティが下がっています。何とか技術力を高めようと、半導体エンジニアの増加とクオリティを高めるために、業界全体でバックアップを検討中です。

半導体は日常で使われる製品に使われる大切な部品で、それを作る半導体エンジニアは半導体業界のなかで、とても重要なポジションとして扱われています。今後の半導体業界を担う半導体エンジニアの育成に掛かっているということです。

世界に通用するクオリティの高い製品を作るためにも、半導体エンジニアの技術力を高めていこうというのが、業界全体の狙いでもあります。

車等の日常でよく使う製品を作るためにも、半導体エンジニアが必要となってきます。

半導体エンジニアの業務フロー

    製品開発の半導体エンジニアの業務フロー

  1. 社内で何度も打ち合わせ
  2. 設計スタート
  3. 設計中も何度も打ち合わせ
  4. 製造開始

まずは製品開発の半導体エンジニアですが、当然ながら自分の作りたい製品を制限なく作れるわけではありません。まずは予算やタイミング、市場調査など、さまざまな事項を考慮しつつ、社内で打ち合わせをしながら、新製品開発プロジェクトが進行していきます。

長期にわたり何度も打ち合わせを重ね、会社が承諾してようやく設計スタートです。設計を開始してからも、何度も打ち合わせしながら検討し、やり直しや修正を重ねて、設計が完成すれば、いよいよ製造開始となります。

    プロセスエンジニアの業務フロー

  1. 設計をもとに製造
  2. 高クオリティを求め作り直しの連続
  3. 完成後、機器への組込み

ここからはプロセスエンジニアの出番です。設計をもとに計画通りに製造を進めていきます。品質管理や装置の点検などに留意しながら、高クオリティの製品が完成するまで何度も作り直しです。こうして、ようやく完成した製品がさまざまな機械や機器に組み込まれます。

半導体エンジニアになるための方法とは?

高い技術力が必要となる半導体エンジニアには、どうすればなることができるのでしょうか?最も気になるであろう『未経験でもなれるのか』『必要な経験や資格』『スキルは何なのか』を解説していきます。

半導体エンジニアに必要な経験

    あると有利な経験

  • ものづくりの実務経験
  • フィールドエンジニアの経験
  • サービスエンジニアの経験

プロセスエンジニアと、設計に関連する半導体エンジニア、両方ともに未経験求人はあります。ただし、新卒で工業大学卒業者など、条件付の応募が多いため、転職者はそれなりの経験がないと難しいでしょう。

半導体以外でもエンジニアとして、ものづくりの実務経験があった方が、転職時に有利となります。あとはフィールドエンジニア・サービスエンジニアとしての実務経験がある人も、半導体エンジニアへ転職したいときは有利です。

半導体エンジニアが求められるスキルや資格

海外企業と合同でプロジェクトを進める企業も多く、必須ではありませんが英語スキルがあると有利になります

資格については、とくに必須となる資格はありません。半導体関連の資格はいくつかありますが、転職時に有利となる資格はないので、取得しなくても大丈夫です。

半導体エンジニアに不向きな人の特徴

  • 極端に手先が不器用な人
  • 飽きっぽい人
  • 集中力がない人

ものづくりがメインの仕事となるので、極端に手先が不器用な人は止めたおいた方が良いでしょう。あとは諦めないで根気よく継続することが大切なので、飽きっぽい人や集中力がない人も向いていません。

半導体エンジニアは高収入?将来性のある職業なのか?

高い技術力が必要な半導体エンジニアの年収は高いのか、将来性のある職業なのか、気になるポイントを説明していきます。

半導体エンジニアの平均年収

20代 408万円
30代 535万円
40代 634万円
50代 776万円

半導体エンジニア(プロセスエンジニア)の平均年収は、20代408万円、30代535万円、40代634万円、50代776万円と、実務経験を重ねていくたびに順当に給与アップしていくようですね。

平均年収ランキング2017「技術系(電気/電子/機械)-プロセスエンジニアxメーカーx20~50代」
参考URL
https://doda.jp/guide/heikin/search/

半導体エンジニアの将来性について

半導体業界は現状人手不足で、とくに半導体エンジニアは今後もさらに優秀な人材を育てていこうという動向が見られます。そのため、しっかりと技術を磨けば、長きに渡り重宝される人材となっていくことでしょう。長期的に安定した仕事がしたいなら、おすすめの職業です。


RECOMMEND

関連記事