最終更新日:

生産技術はきつい?仕事内容ときついと言われる理由・スムーズな転職方法

生産技術はきつい?仕事内容ときついと言われる理由・スムーズな転職方法

「生産技術はきつい?」
「生産技術の仕事内容は?」

生産管理職の仕事内容が気になる人は少なくありません。

生産技術職は、生産が効率良く進められるよう管理・生産過程の改善方法を考える仕事。作業範囲が広く生産トラブルが起きる可能性があるため、きついと言われています。

本記事では、生産技術の仕事内容や資格・向いている人や適性・年収/将来性をご紹介。

製造業・生産技術に興味のある人は必見です。

きつい生産管理職に耐えられる?
ストレス耐性チェック

生産技術の仕事内容

  • 生産性向上のため設計・修理
  • 生産システム計画・具現化
  • 各生産部門と連携

生産技術は工場設備での製品生産数や人の配置などを考慮し、コストや効率・クオリティを踏まえて最適な生産計画を練り実現方法を考える仕事

部署ごとを繋ぐパイプ役にもなり、双方に意見の食い違いが無いかなど全員をまとめる役割もあります。

仕事はパターン化されておらず、1日中デスクワークの日や現地で仕事をこなす日とバラバラ。ルーティーンワークを望む人には不向きです。

生産管理と生産技術を兼任している企業も少なくありません。

生産技術のやりがい

・いかにコストを抑え高品質製品を作れるかを具現化できる
・自身が携わった設備が形になり生産に活用される
・アイディアや考えが形になる

生産技術のメイン業務である設備の設計は、仕様を検討し品質保証などの調整・コスト計算から利益を算出するなど数多くの段階を経て導入されます。

導入された設備は何十年と長期間にわたって使われ、自分の実績が常に生産で貢献している点が最大のやりがいと言えるでしょう。

設備の設計は、新しい作業方法やシステムの組み込みなどアイディアが形になります。

設備が効果的だと実証が取れれば、他ラインへの拡大や別事業所へ採用されるのも夢ではありません。

生産技術の仕事がきついと言われる理由

生産技術は、「生産技術」で検索すると、サジェスト機能に「きつい」が表示されるほど厳しい仕事と囁かれる職種です。

■ きついと言われる理由
・残業が多い
・各部署との調整
・休日出勤がある
・国内外問わず出張がある
・危険と隣り合わせ

生産技術は生産ラインにトラブルが出たり、他部署との調整に時間がかかると残業時間が増えてしまう日も。

週休2日が基本の企業が多い一方で、設備の調整や修理は稼働していない土日に行われるため休日出勤を求められる日もあります。

大手企業の工場では海外進出で立ち合いのため国内外問わない出張や危険な設備を扱うため設計ミスは許されず、プレッシャーを感じるのがきつい理由です。

生産技術は、ストレス耐性やポジティブ思考があればストレスフリーで勤務できるでしょう。>>ストレス耐性チェックはこちら

生産技術に向いている人・活かせるスキル

≪生産技術に向いている人・活かせるスキル≫
・生産技術として一連の経験/スキル
・柔軟な発想力
・細かい管理/監督が嫌ではない
・コミュニケーション能力
・リーダー性
・ストレス耐性/適度な息抜きが得意

生産技術では設備を設計する際、様々な角度からどうすれば更に効率化できるかを考えなければならないため柔軟な発想力が求められます。

業務は設計後、意図通りに稼働しているか・効率が上がったかを逐一確認するので、細かい管理が苦ではない人に向いているでしょう。

他部署との関りが多く意見をまとめる業務では、コミュニケーション能力・リーダー性が不可欠です。

きついと言われる生産技術職を目指すには、ストレス耐性や問題解決力など生産技術職への適性があるかを把握しておけば今後のキャリアを考える要素になります。

生産技術への適性を知る

生産技術の適性があるかを知るなら、簡単な質問に答えるだけで自己診断ができるミイダスがおすすめです。

≫ミイダスの診断内容
■ コンピテンシー診断(総合適性検査)
―生産技術に必要な問題解決能力や状況適応力・ストレス要因、適性度の高い職種がわかる
■ 市場価値診断
―現在の経験やスキル/資格の市場価値(適正年収)を予測
■ パーソナリティ診断
―生まれ持った個性や今のコンディション
 ※精神医学を基にした「PSA」を基にした診断で信頼度”高”
    ミイダス診断のメリット

  • 結果が公開され面談確約スカウトが届く
  • 市場価値が知れて適した求人に応募できる
  • 性格など自己分析ができる

生産技術に有利な資格

生産技術者の採用には、資格より実務経験が重視されます。

しかし資格があれば知識やスキルの証明になるため、年収・キャリアアップや未経験からの生産技術への転職で有利になるでしょう。

  • CAD利用技術者試験
    設計の効率化を目的としたツールCAD。設計に関わる生産技術者には不可欠
  • CADトレース技能審査
    CADで製図・図面の読み取り能力が証明できる。初級・中級・上級があり実務経験がなければ初級のみ受験可
  • 情報処理技術者試験 ≪国家資格
    ITエンジニアの基礎を証明できる国家資格。コンピューターやネットワークに関するスキルを求められる求人に有利
  • マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)
    IT系の生産技術職では必須スキルであるExcelやWord。オフィスソフトを使いこなせる証明になるため取得して損はないでしょう
  • 機械保全技能検定 ≪国家資格
    機械保全に特化した資格で、機械系保全や電気系保全・設備診断などがある。3級~特級に分けられ、実務経験がなければ3級のみ受験可能
  • 生産技術者マネジメント資格(CPE)
    生産技術者としてのマネジメント能力を証明する検定。トヨタ自動車やソニーなど日本の製造業の多くが社員に受験を推進している

上記資格を保有していれば、未経験からでも生産技術者補助として働けるなど評価される可能性があります。

経験者は、実務経験を積み専門知識があると証明できれば今後のキャリアアップが期待できるでしょう。

生産技術の年収・将来性

2019年国税庁が発表した民間給与実態では、日本の平均年収が436万円。

doda平均年収ランキング2020年の生産技術は430万円と、平均に近い金額でした。

しかし20代の最高額は700万円・30代後半の最高額は800万円と高いため、経験・スキルを積んでいくと高年収を目指せます。

生産技術は、トータルスキルや経験値が必要とされるなど、高い専門技術・知識があるため即戦力として企業に求められやすく幅広い年代で活躍できます。

年代 平均年収 最高額
25~29歳 388万円 700万円
30~34歳 436万円 730万円
35~39歳 510万円 800万円

生産技術の将来性

工場製品が日々レベルアップし、AI技術も発展していく中で国際市場で日本製品のシェアを広げ守っていくにはQCDが鍵。

日本の製造業がある限り、QCDをさらに追及していくために生産技術者の需要は保たれると言えるでしょう。

生産技術職への転職はエージェントを活用

転職エージェントは、綿密なヒアリングで適切な求人紹介・書類や面接対策まで生産技術への転職を徹底サポート。スムーズな転職活動が期待できます。

企業の内部情報を把握しているエージェントは惜しみなく提供。

きついと言われる生産技術職でも現場の雰囲気や有給取得率など、求人紙面には載らない条件からも応募するかの判断が可能です。

事前に内部情報を知れば、企業とのミスマッチを防げます

■ 転職エージェントのサポート内容
・求人の検索/紹介/応募/推薦
・応募書類の添削
・面接日程の調節/面接対策
・給与/配属先/ポジションなど企業への条件交渉
・契約書や入社関連の手続き/入社日のすり合わせ

生産技術におすすめ転職エージェント

工場求人ナビ パソナキャリア
転職サイト
全体求人数 1,500件以上 37,000件以上
生産技術
求人数
60件以上 1,500件以上
主な年齢層 全年代 25~35歳
主な対象者 工場/製造業希望者 東名阪の年収400万以上
特徴 オリコン顧客満足度 製造派遣2年連続No.1 年収UP率67%
大都市圏の求人が豊富
簡単登録
(無料)


リクナビNEXT doda
転職サイト
全体求人数 5万件以上 約10万件以上
生産技術
求人数
800件以上 2,300件以上
主な年齢層 全年代 26~35歳
主な対象者 全転職者に対応 大卒者
特徴 満足度No.1
丁寧なサポート
企業からの
オファーも
幅広い層の求人
エージェント・サイト機能+スカウトもあり
簡単登録
(無料)


生産技術職は適性を確認して転職

生産技術職は出張や危険度の高さからきついと言われ、ストレス耐性や問題解決能力が必要です。メリット・デメリットを確認し適性があるかを診断すると良いでしょう。

適性診断には、簡単な質問に答えるだけで診断可能なミイダスがおすすめ。

転職活動を効率的に進め、入社後のミスマッチを防止するには転職エージェントを利用がベストです。

■ 生産技術職におすすめ転職エージェント
工場求人ナビ
パソナキャリア
リクナビNEXT
doda

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事