最終更新日:

自動車エンジニアの仕事内容は?自動車エンジニアへの確実な転職成功法

自動車エンジニアへの転職成功法

「自動車エンジニアの仕事内容は?」「自動車エンジニアに必要な経験や資格は?」

自動車エンジニアの具体的な働き方や仕事内容が分からず、転職をためらう人も多いです。

自動車エンジニアは、工学系の基礎知識自動車整備士の資格があれば有利で、転職支援サービスを活用すれば確実に転職が成功します

今回は自動車エンジニアの仕事内容や必要な経験、年収・将来性を解説していきましょう。

自動車エンジニア向け転職支援サービス

まずは自動車エンジニアの転職に有利な支援サービスをご紹介♪自分に最適なサービスを選べば希望の転職が成功するわ☆

リクルートエージェント マイナビメーカー AGENT
転職エージェント
主な年齢層 20代~35歳 幅広く対応
主なサポート対象者 全転職者に対応 ものづくりエンジニア経験者/未経験者
支援実績 採用成功実績は54万人超 20代の信頼No.1を獲得
自動車エンジニアの求人数 4000件以上 1000件以上
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
ものづくり・メーカーに特化
独占求人も多い
簡単登録
(無料)


doda パソナキャリア
転職エージェント
主な年齢層 26~35歳 25~35歳
主なサポート対象者 関東、関西、東海の大卒以上 東名阪の年収400万以上
支援実績 業界30年の採用成功実績 46万人の転職成功実績
自動車エンジニアの求人数 1500件以上 約1000件
特徴 自分のペースで転職活動できる
丁寧なサポート
年収UP率67%
大都市圏の求人が豊富
簡単登録
(無料)


自動車エンジニアの仕事内容

近年では、ハイブリッドや電気自動車・水素自動車など、環境に配慮した次世代型の自動車を各社が次々に発表。

自動車エンジニアの仕事は追突防止機能や自動運転技術の向上など新車・新技術の開発から小さな部品の設計まで多岐に渡ります。

安全性+環境問題にも配慮安心して利用できる自動車を設計・開発するのが役割です。

自動車エンジニアは自動車業界の中でも重要な役割を担ってるんだ!

自動車エンジニアの働き方

自動車エンジニアは、自動車部品ごとに担当を分けて仕事を進めます。

どの自動車部品のエンジニアを担当するかで業務内容は大きく異なり、担当部品は大きく分けて5種類です。

  1. ボディー
  2. インテリア
  3. シャーシ(フレーム)
  4. エンジン
  5. 足回り

自動車エンジニアのメイン業務は車のモデルチェンジのための設計・開発

自動車が生産を始める約3~5年前からモデルチェンジの開発はスタートし、各部品の自動車エンジニアと連携しながら進めます。

フルモデルチェンジは5~7年・マイナーチェンジは2~4年の周期が一般的です。

自動車エンジニアには数年後の発売を見据えた開発が求められるんだね!

“何もないところからモノを造る”点はどの部品の自動車エンジニアでも共通してるのよ♪

自動車エンジニアの仕事の流れ

自動車エンジニアが1つの自動車を完成させるまでの流れは以下の通りです。

  1. 作りたい車の機能やイメージを固める
  2. 必要な部品の洗い出し
  3. 設計図の作成
  4. 実験・開発
  5. 各部品を組み合わせてテスト
  6. 不具合の修正・調整

日々の仕事内容は実験と開発の繰り返しで、進行状況によって仕事量は大幅に変わります。

不具合や調整に時間がかかると夜遅くまで残業が発生しますが、納期前の繁忙期を除けば基本的に自動車エンジニアは残業が少ないです。

車の開発は1ミリの狂いもない部品を作り上げないとダメ。自動車エンジニアは繊細な作業が多いわ。

自動車エンジニアのキャリアパス

一般的な自動車エンジニアのキャリア形成のイメージは下記の通りです。

自動車エンジニアのキャリアパス

特定の部品の自動車エンジニアとして数年程度で設計を覚えた後、担当部品の設計チーフとなり経験を積みます。

以降は、別の部署の担当なども経験しながらキャリアアップする流れです。

最終的には製造計画や日程調整・他部署とのやり取りなどを担う、自動車エンジニアを統括するリーダーとして活躍できるようになります。

自動車エンジニアに必要な経験・資格

自動車エンジニアに転職したい人に必要な経験や資格はあるの?

自動車エンジニアに必要な経験

自動車エンジニアには工学系の知識が必須ですが、課程を修了さえしていれば未経験でも転職は可能です。

【工学系学部で学べる学問】
・金属工学
・機械工学
・電気工学  など

車のボディやエンジン系なら機械学科・制御系、モーター系なら電気電子工学系の知識や経験が活かせます。

工学系の知識が学べる学校は、高専や専門学校・短大・大学・大学院などです。

研究や実験で培った知識・経験をダイレクトに活かせる職業が自動車エンジニアなの♪

自動車エンジニアに必要な資格

自動車エンジニアに必須の資格はありませんが、自動車の知識はある方が転職には有利になります。

知識の豊富さを証明できる下記の資格取得はおすすめです。

【自動車エンジニアにおすすめの資格・検定】
・自動車整備士(国家資格)
・車体整備士
・環境社会検定

自動車整備士の資格は国家資格の中では難易度が低いため、取得して損はないでしょう。

自動車開発と環境問題は切っても切れないので、環境社会検定の知識も業務に活かせます。

受験資格を満たしていないと自動車整備士・車体整備士は受験不可。

自動車エンジニアの転職成功法

自動車エンジニアの適性を診断

自動車エンジニアは最新技術やテクノロジーを取り入れて開発するため、挑戦心や柔軟性があると長期的に活躍できます

開発に慎重に取り組む姿勢と失敗しても諦めない継続力がある人にも向いているでしょう。

チーム内や他部署とのやり取りも多いので、チームのメンバーと打ち解けられる親密性・全体のバランスを見ながら調整する能力が高い人も自動車エンジニア向きです。

【自動車エンジニア向きな人】
・挑戦心がある
・柔軟性がある
・継続力がある
・バランスを考えられる 

自動車エンジニアに転職する前には、徹底的に自己分析しておきましょう。

自分の強みを整理・詳細まで的確に把握していれば志望動機に説得力が生まれ、納得感のあるアピールができます。

事前に仕事の適性を理解していれば、自分に向いている仕事だけを選べるので効率的です。

急に自己分析なんて言われても難しいよ。自分の強みや仕事の適性が簡単にわかる方法はないの?

自己分析が苦手・自分の適性を今すぐ診断したい人は、リクナビNEXTのグッドポイント診断を利用しましょう。

簡単な質問に答えるだけで自分の強みが見つかる本格診断サービスで、時間もお金もかけずに仕事の向き不向きの適性をチェックできます

自動車エンジニアの適性診断(※会員登録すると無料で診断できます)

業界最大手の「RECRUIT」が開発しているため、診断結果の精度も信頼性も抜群です。

たった数分で適性が見えてくるので、自分に自動車エンジニアが向いているか知りたい人はさっそくチェックしてみましょう。

リクナビNEXTの求人は約6万件。診断後にはそのままマッチする求人を探せるのでスピーディー。

自動車エンジニアは実験と開発の繰り返しなので、飽きっぽく毎日刺激が欲しい人はもどかしさを感じるでしょう。

1ミリのズレが大事故に繋がるため、大雑把でスピード重視な人には向いていません。

自動車エンジニアはチーム全員で1つの自動車を作り上げるので、自分の力のみで成し遂げる経験をしたい人には不向きです。

【自動車エンジニアに不向きな人】
・飽きっぽい
・緻密さよりスピード勝負の方が良い
・自分の力だけで難題を解決したい

自動車エンジニアの年収と将来性

求人サイトのdodaによると、自動車エンジニアの平均年収は下記の通りでした。(※1)

業界・職種 全体 男性 女性
自動車/輸送機器メーカー 477万円 498万円 385万円
設計・開発 431万円 438万円 365万円

自動車エンジニアなどの開発職は自動車メーカーの中でも高年収で、大手自動車メーカーでは年収800万円を超える社員もいるようです。

2020年の全体の平均年収409万円と比較しても、自動車エンジニアは高年収を狙える職種でしょう。

設計開発は20代でも平均年収が300万円台後半だから、未経験でも高年収が望めるの♪

自動車は日本での需要はもちろん、海外では特にインフラが整備されていない地域で重宝されています。

海外の日本車への信頼は厚く、日本の自動車業界で自動車エンジニアは需要が高い職種です。

ハイブリット車や電気自動車が次々に誕生している状況から見ても、自動車エンジニアの将来性は非常に高いでしょう。

自動車が完成するまで何度も地道な努力を重ねる自動車エンジニアだけど、出来上がったとき他の職種にはない達成感ややりがいがあるわ♪

自動車エンジニアの転職を効率化

自動車エンジニアに限らず、一人で転職活動を進めると求職者の負担は少なくありません。

転職エージェントは面倒な作業をすべて代行してくれるため、転職活動の時間や手間が省けて大幅に効率がアップします。

    転職エージェントのサポート内容

  1. 求人の検索、紹介、応募、推薦
  2. 応募書類の添削
  3. 面接日程の調節、面接対策
  4. 採用条件、給与、配属先、ポジションなど企業との交渉
  5. 契約書や入社関連の手続き、入社日のすり合わせ

好条件の自動車エンジニアの求人紹介や手厚いサポートを望むなら、転職エージェントを活用した方が確実です。

【自動車エンジニア向けのサービス】

サービス名 特徴
リクルートエージェント 転職支援実績No.1。20~30代の転職決定者多数
マイナビメーカー AGENT 20代の信頼度No.1。ものづくり・メーカーに特化
doda 業界・職種が幅広く丁寧なサポートが人気
パソナキャリア 顧客満足度No.1。転職後の年収アップ率67.1%

自動車エンジニアへ効率良く転職成功

自動車エンジニアは自動車の豊富な知識と、業務への柔軟性・チームワークが求められます。

工学系の知識や仕事の正確さ、コミュニケーション能力があれば転職に有利です。

上記サービスを上手に活用して、効率良く自動車エンジニアへの転職を成功させましょう。

(※1 出典:doda/平均年収ランキング)

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、丁寧なサポートが人気の『doda』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

doda公式へ

求人数約10万件!非公開求人多数!!
こだわり条件にマッチする求人を提供する国内最大級の求人情報・転職サイト

特に営業職に強く、丁寧なサポートとアフターフォローに定評あり。大卒以上の26~35歳関東、関西、東海の求職者向け。

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事