最終更新日:

レバテックキャリアって第二新卒は使える?第二新卒の評判と一緒に解説!

レバテックキャリアって第二新卒は使える?第二新卒の評判と一緒に解説!

「第二新卒でもレバテックキャリアを使えるのか」と気になった人もいるのではないでしょうか。

レバテックキャリアは第二新卒でも利用が可能です!
IT・WEB業界の経験があれば第二新卒はとても需要が高いです。
そのため、内定率の高い手厚いサポートが受けられます。

ただし業界経験がない第二新卒は案件が少なく不便さも感じるかもしれません。

レバテックキャリアでの第二新卒向けの求人、第二新卒が転職率をあげる方法、経験がない場合でも上手く使う方法までご紹介していきます。

レバテックキャリアで第二新卒も転職できる

レバテックキャリアは第二新卒も利用ができます。
現場情報に詳しくミスマッチが少なく、企業別対策で内定率も高いので転職経験がない第二新卒にはもってこいのエージェントです。

第二新卒にも2種類あり、業界経験があるかないかで案件の数は大きく違います。

    第二新卒とは—専門学校や大学を卒業してから3年以内に退職をした人

業界経験がある第二新卒

業界経験がある第二新卒は転職市場の中でも特に需要が高いです。
教育コストも未経験者と比べあまりかからず、年齢的にもまだまだ伸びしろが見込めるからです。

レバテックキャリアは経験者向けの案件が多いので、自分の経験が活かせられる案件はとても多く幅広い選択肢をもてるでしょう。

転職エージェントでは転職者が転職を成功させてこそ報酬が入ります。なのでレバテックキャリア側も転職成功の確率が高い第二新卒は特に気合いを入れてサポートもしてくれるでしょう。

業界経験がない第二新卒

業界経験がない第二新卒は、経験ありの第二新卒に比べ需要は少ないです。
未経験の場合、教育コストがかかるためです。

未経験OKの案件に応募することになります。

レバテックキャリアの第二新卒歓迎の案件

業界経験がある第二新卒向け案件

全案件の中から必須要件の部分さえ当てはまれば応募ができるので選択肢はとても多いです。

「第二新卒」で検索すると約20件(2019/7/30現在の情報)。「全然第二新卒の求人ないじゃん」と一瞬思った方もいるでしょうが、第二新卒が応募できるのは応募条件さえ当てはまっていれば全案件の中から選べるため、20件という数字に惑わされないようにしましょう。

業界経験がない第二新卒向け案件

業界経験がない第二新卒は未経験可の案件に応募ができます。
未経験で検索して出てくる案件は152件。(2019/08/27現在)

レバテックキャリア全体の約2500件に対して152件はとても少ないです。
どちらかと言えばレバテックキャリアは経験者向けなので、あまり選択肢は多くないのが現状です。

↓経験なしの人の対処法について詳しくはこちらに記載↓

IT・WEB業界の経験があれば紹介してもらえる案件は大きく増加するので、経験がある人は積極的にアピールしていきましょう。

レバテックキャリアで第二新卒がより高い確率で転職する方法

レバテックキャリアで第二新卒が転職を成功させるために考えるべきこと、するべきことをご紹介します。

転職時期を考える

何年目が良いのか?

第二新卒では1年目の転職はなるべく避け2~3年目で転職がおすすめです。

近年は「新卒はとりあえず3年働かないと転職先がない」といった考え方は崩れつつあります。
理由としては以下の2つが挙げられます。

  • 新卒3年以内の転職者が既に3割を超えている
  • 転職市場で第二新卒の需要が高まっている

したがって、第二新卒の転職はかなり有利です。

しかし第二新卒でも1年目での転職はあまりおすすめではありません。入社してもすぐ辞めてしまうのではと思われ敬遠される可能性が高いです。
2~3年目であれば、若さもあり経験もそれなりにあるのでとても企業には重宝されます。

何月が良いのか?

レバテックキャリアで第二新卒が転職活動するなら1~3月もしくは7~9月がおすすめです。

第二新卒は4月入社と10月入社が転職しやすい時期です。
内定をもらって実際に転職するまで平均3か月かかると言われてます。

なので第二新卒は、4月入社なら1~3月、10月入社なら7~9月に利用するのが良いでしょう。

第二新卒向けの個別相談会を利用する

レバテックキャリアには、プロのアドバイザーから個別に転職活動の悩みの相談ができる個別相談会があります。

第二新卒としての転職活動の進め方を教えてくれたり、アピールポイントの発見をしてくれます。

担当者が強みに変えられるものを見つけ、そして転職活動にどう生かせるのかをアドバイスしてくれ、このアドバイスのおかげで転職が続出するほどの実力。

第二新卒のIT・WEB転職を力強く支えてくれます。

ただし、個別相談会への参加は、紹介できる求人の用意ができる人を優先されています。経験や希望によっては連絡がこない場合があります。

↓登録を断られる理由を知りたい方はこちら↓
Coming Soon

プログラミングスクールに通う

IT・WEB業界の経験が浅いために自信がない第二新卒の人はスクールに通うのも一つです。ただ、どのスクールを選んだらいいのか、卒業しても転職できるのか分からない人もいるでしょう。

レバテックは、レバテックビギナーといったサービスを展開しています。レバテックビギナー経由でスクールに入学した場合に入学金を割り引いてもらえたり、スクール卒業後に専門のアドバイザーに転職のサポートを受けられるので、非常にお得です。

一度レバテックキャリアに登録したとしても、後から別のサービスに変更が可能。

第二新卒としてのメリットとスクールに通った経験、プロのサポートが掛け合わされることでIT・WEB業界への転職がしやすくなるでしょう。

レバテックキャリアに登録したものの、なかなか上手くいかないと感じたり、個別相談会の中でこのままじゃダメだと感じた場合は、アドバイザーにレバテックビギナーへの変更を訪ねてみるのも一つです。

レバテックキャリアを使った第二新卒の口コミ

将来のキャリアについて一緒に考えてくれました

ITエンジニアとしてさらにキャリアアップしたいと思い、レバテックキャリアを使いました。初めての転職だったのでどうすればいいのか分かりませんでしたが、アドバイザーの方が転職活動の進め方を教えてくれたり書類の添削などをしてくれたので安心して任せれました。

(25歳 男性 ITエンジニア)

質の高いカウンセリング

カウンセリングで私の気づかなかった強みを引き出してくれました。それをもとに面接対策もしっかりサポートしていただいたおかげで、自信をもって面接に臨めました。とても満足しています。

(25歳 女性 WEBデザイナー)

経験がなかったら紹介される求人はイマイチ

小さい会社だったので独学で何とか続けていましたが、給料が少なかったので転職を考えました。自分のレベルでは紹介される企業は少なく、内容もイマイチ。
担当の人も積極的には対応してくれず、やや放置気味でした。
聞いていた通り経験の少ない転職者には使いにくい転職エージェントでした。

(23歳 男性 SE)

相談会の日程入力後になかなか連絡が来なかった

個別相談会に参加するために日程登録したのですが、なかなか連絡が来ませんでした。経験が少ない自分には紹介できる求人がなかったのだろうと思います。
後でこちらから連絡を入れた時にレバテックビギナーがあることを教えてもらえたので、そちらで転職ができました。

(24歳 男性 プログラマー)

第二新卒は経験があればレバテックキャリアで最大の効果を発揮できる!

  1. 第二新卒(業界経験あり)は案件が多くサポートも充実
  2. 未経験の第二新卒はレバテックビギナーで勉強するのがいい

レバテックキャリアはIT・WEB業界経験者向けのため、経験ありの第二新卒にはとても強力な味方になるでしょう。

「第二新卒」はこの期間だけ使える貴重な武器なのです。
レバテックキャリアは内定率が高く、更に第二新卒の需要も兼ね備えれば最大の効果を発揮できます!

このチャンスを逃さないように行動することが大切です。

反対にIT・WEB業界経験のない第二新卒はレバテックビギナーでスクールに通い、その後転職サポートを受けるのをおすすめします。レバテックキャリア登録後に変更ができますので、そちらの方で手続きをすると良いでしょう。


RECOMMEND

関連記事