最終更新日:

レバテックキャリアの面談は使える!?実際の面談体験者の評価も入手!

レバテックキャリアの面談は使える!?実際の面談体験者の評価も入手!

「他の面談とは何が違うの?」「面談ではどんな質問をされるの?」「どんな内容を話せば好印象なの?」など、面談に不安を抱える求職者は多いです。

レバテックキャリアの面談は、
強みを最大限に引き出す聞き取り
現役エキスパートエンジニアによる書類添削
企業の採用担当者との事前面談
この3点が他の転職エージェントよりも強みです!

今回は「レバテックキャリアの面談」をテーマに、面談で話す内容、面談当日のポイント、利用者の声、実際に問い合わせた内容を含めて詳しく解説していきます。

レバテックキャリアの面談までの流れ

レバテックキャリアの面談は、登録後、スキルや職歴から紹介できる求人があると判断された場合のみ実施されます。

    【面談までの流れ】

  1. 公式サイトにて登録
  2. 担当者から連絡がくる
  3. 面談日程を調整
  4. 面談

数日後に担当者からの連絡で、面談の日程調整を行います。その後、希望拠点で面談の流れです。


詳しい情報はこちら↓

レバテックキャリアの面談準備

担当者との面談日程が決まれば、次は準備です。余裕をもって準備しておくことで、相手に好印象を与えることができ、必要なものもそろえておくことができます。

CHECK POINT!
・面談時の服装
・面談時の持参物

「服装」「持ち物」はどんなものがいいのか、注意点もご紹介します。

面談の服装

面談へ行くときの服装は、特に決まりがないため私服で問題ありません。しかし、注意が必要です。

身なりによって対応が変化することはありませんが、常識の範囲内での服装・清潔感を心がけることが大切。ラフすぎる恰好やサンダル・ダメージジーンズなどは避け、寝癖や髭などを整えましょう。

不安な人は、オフィスカジュアルが無難。スーツで行けば、着こなしを見てもらえるから面接本番にばっちりキメて挑めるというメリットも!

面談の持ち物

    【基本的な持ち物一覧】

  1. 筆記用具
  2. 写真付き身分証明書(受付で本人確認の際に必要)
  3. 履歴書(任意)
  4. 職務経歴書(任意)

上記以外に、メモ帳・スケジュール管理できるものがあれば要点を書き留めたり、先の予定を決めやすいのでおすすめです。また、面談時には必ずと言っていい程書類をもらうのでA4サイズが入るカバンで行きましょう。

≪任意の書類を持参すればメリットがたくさん≫
任意の履歴書・職務経歴書を持参すれば、その場で添削してもらえるのでおすすめです。書き方に困った場合は、登録後のメールにフォーマットが添付されている為、参考にしましょう。

作り方がよくわからない・不安な人は、面談当日・もしくは後日添削もしてもらえるので安心です。

また履歴書・職務経歴書を提出する場合は、事前にコピーをしておきましょう。もし転職途中で書類の修正をした場合、どの内容の物を提出しているか分からなくならない為にも重要です。

履歴書・職務経歴書はコピーを保管しておこう

レバテックキャリアの面談概要

準備がわかったら次は面談概要の確認をしましょう。時間や内容を確認しておけば、気持ちに余裕を持った行動・アピールポイントをまとめておくことができます。

CHECK POINT!
・面談可能時間
・面談所要時間
・面談内容

面談可能日時

【平日】10:00~20:30
最終20時30分開始まで大丈夫です。
【土曜日】10時・13時・16時開始の計3回
土曜日は3つの時間が決められています。

いずれにしても面談は事前予約が必要になります。

レバテックキャリアには、ログイン・マイページ画面が存在しません。模擬面接などの予定は、専用のチャットアプリからでき、何度もやり取りする手間が省けます。チャットアプリを使用するかは、面談時にアドバイザーからの説明によって決定。

面談所要時間

所要時間は1時間~2時間です。

基本的には1時間程度、長引けば2時間程度になるようです。時間に余裕があるなら疑問点や不安なことをすべてアドバイザーに相談しておきましょう。

面談内容

    ①まずは、キャリアアドバイザーの自己紹介からスタート
    ②つくってきた履歴書・職務経歴書の提出(任意)
    転職した理由の確認
    ④今まで経歴・仕事内容の説明
    ⑤あなたのアピールポイントを紹介
    希望条件の確認(通勤時間・年収・仕事内容)
    ⑦アドバイザーによる求人情報の紹介
    書類添削

面談は個室で求職者とアドバイザーの1対1で行われるので、周りのことを気にせずに話すことができます。

採用試験のような堅苦しい者ではなく、気楽にあなたの経験や希望をアドバイザーとすり合わせるといった内容です。

この面談が今後の求人紹介の種類も変わってくるので希望条件をしっかりと伝えることが大切です。

希望条件をしっかり伝えましょう。伝えることで、理想のスキルアップ転職を実現できる可能性が高まります。

レバテックキャリアの面談場所

レバテックキャリアの面談場所は東京・神奈川・大阪・福岡の全国4カ所で行われています。
愛知にもオフィスがありますが、愛知は面談が行われていないので注意が必要です。

東京本社

    <住所>
    東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ 17F
    <アクセス>
    ・東急田園都市線・東急東横線・東京メトロ副都心線「渋谷駅」15番出口と直結
    ・JR・東京メトロ銀座線・京王井の頭線「渋谷駅」2F連絡通路で直結11階スカイロビーにてオフィス用エレベーターに乗り換え

レバテックの東京本社になります。渋谷駅直結なのでアクセスもとても便利です。

東京の面談が行われているカウンセリングルームの様子です。
とにかく東京はオフィスがとても綺麗と評判です。

横浜支店

    <住所>
    神奈川県横浜市神奈川区金港町3-1コンカード横浜3F
    <アクセス>
    ・京急本線 横浜駅 きた東口A 徒歩5分
    ・みなとみらい線 横浜駅 きた東口A 徒歩5分
    ・東急東横線 横浜駅 きた東口A 徒歩5分
    ・JR東海道本線/京浜東北線/横須賀線 横浜駅 きた東口A 徒歩5分
    ・横浜市営地下鉄ブルーライン 横浜駅 徒歩15分
    ・相鉄本線 横浜駅 徒歩15分

横浜駅から徒歩圏内でとても便利な位置です。

大阪支店

    <住所>
    大阪府大阪市北区堂島1-5-30 堂島プラザビル8F
    <アクセス>
    ・JR「大阪駅」徒歩10分
    ・京阪中之島線「渡辺橋駅」5番出口徒歩約4分
    ・地下鉄東西線「北新地駅」徒歩約3分

こちらも大阪駅から近く便利な場所にあります。京阪や地下鉄の乗り換えが面倒な人はJR大阪駅からでも10分なので十分に徒歩圏内です。

福岡支店

    <住所>
    福岡県福岡市中央区天神1-1-1 アクロス福岡12F
    <アクセス>
    ・西鉄福岡「天神駅」徒歩10分
    ・地下鉄空港線「天神駅」16番出口より徒歩3分
    ・地下鉄七隈線「天神南駅」5番出口より徒歩3分

博多駅行く場合は徒歩で約30分かかるので、電車の利用をおすすめします。

事前に場所と拠点までの所要時間を調べておけば、余裕を持った行動ができます。

レバテックキャリアの面談で注意すべきポイント

レバテックキャリアの面談では、求人を紹介してもらう立場なので注意が必要です。

CHECK POINT!
・面談前
・面談中
・面談後

それぞれ分けてみていきましょう。

    【印象を良くするためには】

  1. アドバイザーに良い印象を与える
  2. 転職意思が強いこと伝える

担当のアドバイザーは志望している企業に対して求職者の強みをプッシュしてくれるのでアドバイザーに良い印象を与えることも大切です。

それと同時にサポートする価値があると判断してもらえるように転職意思が強いことを伝えるのも大事です。

その為にレバテックキャリアの面談で注意すべき点を紹介します。

面談前

連絡の折り返しは素早くする

基本的に連絡はその日中に返すようにしましょう。

面談中

早く転職したい意思を見せる

転職に前向きな意思を伝えることが大事です。「できれば1か月以内に転職したい」等と、早めの転職を希望していると伝えましょう。

質問は的確に。話し方や姿勢などに注意。

何を聞かれているかを冷静に考えて、質問に対する答えはだらだら話さず端的に返しましょう。敬語はもちろん、面談時の態度や姿勢に注意しましょう。

だからといって身構える必要はなく、常識的な範囲で行動できていれば大丈夫です。

嘘はつかない

今までの経歴や資格など嘘をつくのはやめましょう。アドバイザーに嘘をつくことは適切なアドバイスが受けられず、そもそもの転職エージェントを利用する意味がなくなってしまいます。

アドバイザーはあなたに対して、今までの経歴から様々な選択肢を与えてくれるので、「何の仕事がしたいかわからない」など悩んでいることがあれば包み隠さず伝えることが大切です。

面談後

お礼メールを送る

面談後には簡単で大丈夫なのでお礼のメールを送ると印象は良いでしょう。

    <例文>
    本日、面談をして頂きました○○です。
    お忙しい中、面談の時間を作って頂きありがとうございました。

    ~面談の感想~

    これから転職活動でお世話になりますが、いち早く転職できるよう頑張りますのでよろしくお願い致します。

レバテックキャリアの面談はここが違う

公式HPでは分かりづらかったので実際にレバテックキャリアに問い合わせて面談の特徴を聞いてみました。

他の転職エージェントに比べてレバテックキャリアならではの面談の強みが分かったので紹介します。

面談での聞き取りが上手い

自分ではあまりアピールする部分がないな…と思っていても、企業にとってはとても高い評価が得られるスキルを持っていたということがよくあります。

レバテックキャリアの面談では、自分では気付かない「あなたの強み」を最大限に引き出し、その強みを武器に企業への推薦状を書いてくれます。

現役エキスパートエンジニアによる書類添削

担当のアドバイザーとは別に現役エンジニアにも職務経歴書の添削をしてもらえます。

通常の面談の場合、担当のアドバイザーにより書類添削が為されます。しかしレバテックキャリアの面談の場合、担当アドバイザーに加え、レバテック所属の現役のエンジニアによる職務経歴書の添削が受けられるのです。

現役のエンジニアによる添削は実際に重宝されるスキルを教えてもらえるので、アピールする部分が明確にわかります。

アドバイザーの他に現役エンジニアのアドバイスを貰うことで書類選考も有利に進めることができるのが大きな利点。

カジュアル面談

カジュアル面談は企業の採用担当者と面談ができます。「カジュアル」「面談」という名前・呼び名からもわかるように、カジュアル面談は、応募者と採用担当者が、よりラフな形で話し合いをする場になります。

カジュアル面談というサービス名ではないので、面接前に企業の方とお話ししたい旨を担当のアドバイザーに申し出ることが必要です。気になる企業について実際に企業の方と会って、より詳しい内容が聞けるのです。採用側は会社のことを知ってもらい、志望度を高めてもらう狙いがあります。

企業の抱える課題点、これからの展望、その会社の雰囲気などより具体的な内容など気になることは片っ端から聞くのが大切です。ただホームページでわかるような質問は避けた方が良いでしょう。

現役エンジニアの書類添削とカジュアル面談は全員が受けられる訳ではない(基準は不明確)ので面談時や面談以降に希望の旨を伝えましょう

レバテックキャリアの面談の実際の口コミ

レバテックキャリアの面談について、声をTwitterで見つけたので紹介します。

Twitterの声

全体的にレバテックキャリアの面談について
・東京本社での面談は面談場所が広い部屋でガヤガヤしていた
という評判が見つかりましたが致命的な悪い評価は見当たりませんでした。

全体的な感想としては話しやすく丁寧に経歴を深堀りして聞いてくれるようです。

レバテックキャリアの面談は書類添削が強い!

    レバテックキャリアの面談は、

  • 強みを最大限に引き出す聞き取り上手
  • 現役エキスパートエンジニアによる書類添削
  • 採用担当者との事前面談

という他の転職エージェントに負けない強みがわかりました。特に書類は書き方次第で書類通過率が変わります。

面談時にはすぐにでも転職したいと転職意欲を伝えることで求人紹介などのサポートも充実し、面談準備をしっかりとすることが有意義な面談になるでしょう。

※1 引用;PRTIMES


RECOMMEND

関連記事