最終更新日:

レバテックキャリアは実は40代でも使える!?40代の利点とは?

レバテックキャリアは実は40代でも使える!?40代の利点とは?

40代の転職ってみなさんはどのような考えをお持ちですか?転職は35歳が限界と言われたりしています。しかし現在35歳転職限界説は崩壊しつつあり、市場では40代の転職が拡大しています。ただ、40代の転職となると若手の転職とは異なり、求められるスキルが高くなります。

20代であれば、熱い気持ちでどうにかなったものも、40代だと熱意だけでは全く通用しません。つまり40代では今までの知識や経験が重要になってくるので、完全な未経験ではIT業界に限らず厳しいでしょう。そのため、今までに培ってきた知識を活かすほうが圧倒的に可能性が大きくなります。

この記事では、40代はレバテックキャリアを利用したほうが転職に有利であることについて説明していきます。
では、なぜレバテックキャリアがおすすめなのか。。。

  1. レバテックキャリアはIT・WEB業界に特化したハイクラス求人が豊富
  2. フォロー体制がしっかりしている
  3. 業界に詳しい担当者に相談ができる

さらにレバテックキャリアはIT・WEB業界ではトップクラスの求人数を誇ります。
これだけでも利用する価値の高い転職エージェントだと言えるでしょう。
また、IT・WEB業界で40代はどういった知識やスキルが必要になるのかご存知でしょうか?

  1. 組織のリーダーとしてのマネジメント能力
  2. 開発者としての適性と柔軟性

やはり、40代ともなれば求められるものはそれ以外の年代と異なります。
以下記事内で詳しく解説するので是非ご覧ください。

40代でのIT・WEB業界転職にはレバテックキャリアがおすすめ


レバテックキャリアはITエンジニアとWEBクリエイター専門の転職エージェントです。そのため、業界特有の専門用語などへの理解も深く、安心して転職活動に専念することができます。レバテックキャリアは、キャリアアドバイザーリクルーティングアドバイザーの2人体制をとっています。

且、経験豊富なエキスパートエンジニアがGithub「ソフトウェア開発プロジェクトのためのソースコード管理サービス」や職務経歴書のフィードバックなどしてくれるので、通常の転職エージェントに比べるとIT・WEB業界への内定率は高くなります。

ハイクラス求人が豊富

レバテックキャリアの公開求人における年収600万円以上の求人が占める割合

レバテックキャリアは業界トップクラスの求人数とレバテックだけの非公開求人も多数あります。公開求人の中では年収600万円以上のハイクラス求人が1,922件ヒット。レバテックの公開求人数はおよそ2,400件なので、75%以上が年収600万円以上です(2019年8月29日時点)。

40代の平均年収
全体 男性 女性
528万円 583万円 413万円

参照:40代の平均年収 doda

また転職サイトdodaによると、40代の平均年収は528万円。

レバテックキャリアでは年収600万円以上の求人を全体の3/4以上扱っているので、40代がレバテックキャリアを使えば年収が上がる可能性が非常に高いと言えます。

フォロー体制がしっかりしてる

40代で初めて転職する方ももちろんいます。レバテックキャリアでは転職活動の進め方履歴書や職務経歴書の書き方、面接時の受け答えなどにも細かく対応してくれます。

まず、カウンセリングをしっかり行い自分の強みを発見してくれるアドバイザーや、応募先企業へ提出する書類も添削してくれたりとサポートも充実しているので安心です。

また、応募先企業の面接時にリクルーティングアドバイザーが隣でフォローしてくれたり、内定後、入社までに企業の内情を教えてもらえるので、入社後もすぐ現場に馴染めるようなバックアップまでしてくれます。

業界に詳しい担当者に相談ができる

上記の通り、レバテックキャリアに在籍している担当者(キャリアアドバイザーリクルーティングアドバイザー)は、もともと現場で活躍していた方ばかりなので業界内での共通認識事項や業界における専門用語も熟知しています。
40代にもなると業界での経験値が高い人が多いため、このポイントは大きいと思います。

そこまで経験に自信のない人であっても、しっかりコミュニケーションを取ったうえで丁寧なカウンセリングを行い、40代であるあなたの市場価値を測ってくれます。
だからこそ40代以上でIT・WEB業界を目指す方にはレバテックキャリアがおすすめ。

レバテックキャリア登録の流れ

レバテックの転職支援サービスは、WEB登録を完了させないと利用できないので、まずは登録をしましょう。任意で希望の転職時期や勤務地などを入力し、プロフィールやスキルなどを登録。クリエイターであればポートフォリオや、作品のURLも登録できるので積極的にアピールすることが大切です。

WEB登録が完了すると、3営業日以内にレバテックキャリア担当者から連絡が入り、今後の流れの説明や担当コーディネーターとのカウンセリング日程調整をしたのち、面談で詳しい情報や希望条件などの話をしていきましょう。

↓登録や利用の流れについて詳しくはこちら↓

40代がレバテックキャリアで求められるスキル


40代がレバテックキャリアで求められるスキルとは大きく分けて2種類あります。

  1. 組織のリーダーとしてのマネジメント能力
  2. 開発者としての適性と柔軟性

40代という年齢的なものもあるので、30代以上だからこそ経験できるような条件が必要になります。

マネジメント

40代ともなれば、知識・経験は20代の人に比べ圧倒的に上回ります。そのため、企業も「運用マネージャー」として数十名のプロジェクトを管理・運営する立場の人材を求めています。

具体的にIT業界でのマネジメントとは、予算や納期設定、開発・運用するシステムの内容から各工程に必要なプログラマーやエンジニアなどを集めたりと多岐にわたります。さらに、プロジェクト進行中も進捗状況の管理を行いながら技術指導なども行うのでスキルは当然必要。

スペシャリスト

40代でもまだまだ現役でスペシャリストとして働きたいのなら、開発者としての適性・柔軟性がとても大切になります。なぜなら、マネジメントするのが年下上司となる可能性が非常に高いからです。

IT業界では、歳を重ねるとマネジメント側にまわる方が多く、逆にエンジニアとして開発の現場にいると、仕事ができないと捉えられるケースがあるからです。さらに、開発環境では年下が上司として指示を出すようになるので、年下上司からは扱いづらいと思われるケースもあるので、注意が必要。

そのため、スペシャリストとして活躍したいのであれば、開発者としての適性(開発が好き)をアピールすることが大切です。

レバテックキャリアで40代が狙うべき求人

ITコンサルタント

ITコンサルタントとは、クライアントの経営課題を見つけ、それを解決するためのシステム導入の提案解決する仕事です。

クライアントにどういったシステムの導入が最適か分かればプロジェクトを発足させ、SEなどを含めたチーム作りや全体の進捗・品質管理といった幅広い業務をこなします。

課題の抽出や課題を解決する提案、マネジメントの経験があり、かつITの知識もある40代であれば非常に有利な条件で転職ができるでしょう。

ITコンサルタントの業務範囲は広く、企業によって業務内容(募集内容)が異なる可能性があります。

キャリアアドバイザーに相談する際は「ITコンサルタントの仕事がしたい」と言うのではなく、「企業のヒアリングをして問題発見・解決の提案がしたい」など具体的な業務内容を伝えると転職活動を効率的に進められるでしょう。

SE

SEはITコンサルタントの要望に沿ったシステム開発を行うのが仕事。

システムの開発なので実務経験が必須条件になりますが、これまでに大型案件に携わった経験のある40代にとっては大きなアピールポイントとなるでしょう。

レバテックキャリアにおける公開求人のうち約50%がSE関連の求人です。現場で開発の仕事に携わりたいと考える40代にとっては、転職の可能性は高いと言えます。

レバテックキャリアは意外と40代が強い!

いかがでしたか?レバテックキャリアでは、担当者が2人いて、あなたの強みを引き出す履歴書の書き方や、職務経歴書の添削までしてくれるので合格率はかなりアップ。40代の豊富な経験を活かすためのノウハウを多く持っているので心強いです。

さらに面接時にも、担当者が隣であなたの経歴や企業との相性などを説明してくれたり、内定後も丁寧なフォローがあるので安心して働くことができるでしょう。
レバテックキャリアを利用して転職活動を有利に進めてみませんか?


RECOMMEND

関連記事