最終更新日:

リクルートエージェントなら新卒の就職も有利?確実に内定を得る活用法とは

リクルートエージェントは新卒でも就職が有利に

「新卒だけどリクルートエージェントを利用したい」「そもそも新卒でも登録できるの?」

リクルートエージェントは業界No.1の求人数と転職支援実績で幅広いニーズに応える転職エージェントです。

しかし、社会人経験のある求職者向けのイメージが強く、リクルートエージェントが就職活動にも有効か不安で登録を迷っている新卒者も少なくありません。

リクルートエージェントは新卒でも利用可能で、上手に活用すれば就職活動が有利に進められます

今回はリクルートエージェントを新卒で利用できる理由や新卒が利用する注意点、新卒が確実に内定を得るための活用法を詳しく解説していきましょう。

効率よく就職したい新卒者は必見です!

リクルートエージェントは新卒も利用可

リクルートエージェントは“転職”エージェントだから、中途採用がメインだよね?就職活動してる新卒者でも登録できるのかな?

確かに「転職の支援」が主なサービスだけど、懐が深いリクルートエージェントは新卒も受け入れてくれるの☆

リクルートエージェントに新卒の依頼も

少子高齢化が進む中、企業の新卒採用獲得の動きは年々激化。

新卒を募集しても希望する人数の採用が難しいため、企業がリクルートエージェントに新卒採用の求人を依頼するケースもあるようです。

リクルートエージェントは転職支援がメインのサービスですが、企業の新卒採用の需要が急激に高まっている背景から新卒者も受け入れています。

リクルートエージェントを新卒で利用する注意点

中途採用と新卒採用の求人数の差、社会人経験のある子がライバル、新卒は大変な部分も多いけど注意点を押さえておけば不利にはならないわ!

リクルートエージェントの新卒向け求人は少なめ

新卒採用の求人依頼もあるとは言え、リクルートエージェントは“転職”エージェント。やはり求人の大部分は中途採用です。

リクルートエージェントには「未経験可」の求人も多いですが、未経験可=新卒歓迎とは限りません。

他社での社会人経験やマネジメント経験を重視する企業、経験ではなく資格を重視する企業もあります。

中途採用の求人に比べると、新卒採用の求人を見つけるのは多少ハードルが高いです。

ただ、リクルートエージェントで新卒で内定をもらった口コミも一定数見受けられるので、業界や職種に拘らなければ十分に内定は得られるでしょう。

新卒より第二新卒を優先されるケースも

企業は求職者に社会人経験の有無や即戦力性を求める傾向があります。

同等のスペックを持つ新卒と第二新卒が同じ求人に応募した場合、肩書だけで後者が優先されるケースも。

育成に力を入れる余裕のない企業ほどその傾向は強いです。

その分新卒にあるのは若さと伸び代経験よりもポテンシャルを評価してくれる企業を見つけられれば、新卒の就職は有利に進みます。

リクルートエージェントで新卒が内定を得る方法

新卒はキャリアドバイザーになんでも相談する

新卒で初めての就職活動だと、経験がない分どうアピールすれば良いのか、そもそも新卒採用をしている企業をどうやって探せばいいのか、右も左もわかりませんよね。

リクルートエージェントには就職支援のスペシャリストのキャリアアドバイザーが多数在籍。

履歴書の書き方から面接対策まで、社会人経験がなく躓きやすい新卒の就職活動が不利にならないようトータルサポートしてくれます。

どんな些細な悩みでも気軽に相談して「自分が就職に求める条件」を細部までキャリアドバイザーとすり合わせられれば、就職成功率は格段にアップするでしょう。

新卒は希望する業界・職種を絞りすぎない

中途採用の求人に比べて、新卒採用の求人は多くありません。

新卒が選べる業界・職種は狭いため、最初から希望条件を絞り過ぎると求人を紹介されない可能性があります。

新卒に限らず、リクルートエージェントに登録しても「紹介できる求人がない」旨のメールが届いて面談に進めない求職者もいますが、断られる人は希望条件を高く設定したり業界や職種を限定しすぎている場合が多いです。

求人を紹介してもらえなければ就職活動は進まないので、キャリアアドバイザーと相談しながら希望条件を緩めに設定しておきましょう。

自分の市場価値がよくわからない場合は、転職アプリ「ミイダス(MIIDAS)」を利用すれば簡単に市場価値の診断ができます。

MIIDAS

自分のキャリアを見いだす適正チェックができるアプリ。社会人だけでなくニートでも想定年収が算出され、自分の市場価値がわかる。
オファーはすべて面接確約で転職活動が効率的。

【公式サイト】https://miidas.jp/
市場価値を5分で算出!

新卒は第二新卒での転職も視野に入れる

少し前までは永久就職、つまり最初に就職した企業で定年まで働くのが当たり前でしたが、現在は転職してキャリアアップするのが当たり前の時代に変化しています。

近年、第二新卒の市場価値は高く、引く手あまたの状況。

新卒で希望の企業に就職できなかったとしても、その企業で数年実務経験を積み、第二新卒として有利に転職するのも今後のキャリアを構築する確実な方法です。

リクルートエージェントは第二新卒にもおすすめなので、ぜひ上手に活用してくださいね。

リクルートエージェントと他社を併用して新卒の就職を効率化

就職活動は就職支援サービスを利用した方が効率的です。

就職支援サービスを複数併用すると就職活動はより円滑に進みます。

特性やサポートの質、得意な求人は異なるため、自分に合う就職支援サービスをピックアップしましょう。

登録・利用はすべて無料です。

ジェイック

社会人未経験からの就職成功率80%超
18~34歳なら誰でも利用可能な研修が無料。
5日間の研修でビジネスマナーの基礎から面接対策まで、就活の全スキルを一気に学べる

【公式サイト】https://www.jaic-college.jp/
登録はたったの2STEP!

就職Shop

利用者は述べ10万人超。9割が20代!
8500社以上の未経験歓迎の登録企業から直接訪問した安心の求人のみ紹介。
書類選考なしスピーディーな就職が可能

【公式サイト】https://www.ss-shop.jp/
登録は3分で完了!

DYM就職

相談からの就職率は驚異の96%
2000社超の優良企業の正社員求人を多数取り揃え、書類選考なしで面接が可能
面接対策のサポートも万全!

【公式サイト】https://www.dshu.jp/
登録は3分で完了!

リクルートエージェントは新卒でも内定を得られる

リクルートエージェントは中途採用向けの転職エージェントではありますが、新卒でも内定の獲得は十分に可能です。

社会人経験のあるライバルに負けないためにもキャリアアドバイザーと上手に付き合って就職活動を有利に進めましょう。

新卒での就活って何が正解かも企業へのアピール方法もわからないから、頼れる存在がいるのは頼もしいね。

これから社会に出て活躍していく最初の一歩だからこそ、適当に就職するよりプロに任せた方が安心よ☆経験のなさを恐れず、自信を持ってリクルートエージェントで就活して!

リクルートエージェント

転職成功実績No.1!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。
特に20~30代の転職決定者が多く、充実の面接対策も人気!

【公式サイト】https://www.r-agent.com/
登録は3分で完了!

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職実績No.1の『リクルートエージェント』と20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかるアプリ「ミイダス」も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント

転職成功実績No.1!非公開求人20万件超!!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!
登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ

年収500万円から利用できるハイクラス転職サイト。
求人の3割以上が年収1,000万円超え!登録時に入力した情報をもとに企業から直接スカウトされる。

中でも「プラチナスカウト」を受け取ると企業やヘッドハンターと必ず面談できる。キャリアアップを望む人は必ず登録しておきたい転職サービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事