最終更新日:

リクルートエージェントの退会は面倒?簡単な退会手順と確実な転職成功法

リクルートエージェントの退会方法

「リクルートエージェントの退会方法がわからない」「リクルートエージェントを退会できない」「退会したのに連絡がくる」

リクルートエージェントは業界最大手のサービスで登録者が多い分、様々な理由で退会を希望する人もいます。

リクルートエージェントの退会は3分で簡単に完了、退会せずに他社と併用すると希望の転職が成功しやすいです。

今回はリクルートエージェントを退会する理由と退会しない対策、簡単な退会手順と他社の転職支援サービスを解説していきましょう。

リクルートエージェントを退会しない対策

転職エージェントには相性があるし、退会したい人も出てくるよね。リクルートエージェントに退会する理由を問い詰められたりしないのかな?

正当な理由がなくても退会はできるけど、リクルートエージェントを退会しなくても解決できる問題もあるから、退会前に状況を振り返ってみて☆

望む求人がないor紹介されない➔希望条件を整理する

  1. 希望する求人を紹介してもらえない
  2. 希望地域に求人が少ない
  3. マッチングする求人がない

上記の理由で退会を検討しているなら、まずは担当のキャリアアドバイザーと意思疎通ができているかを確認しましょう。

しっかりと希望が伝わっているか、条件を理解してくれているか。再度認識をすり合わせ条件を整理した上で、リクルートエージェントがあなたの転職活動に有益かを判断してください。

的外れな求人ばかり紹介されるなら、そもそも希望条件が食い違っている可能性が高いです。

求人紹介が少ないのはリクルートエージェントのせいじゃなくて、希望業界の求人が少ない時期なのかも。一度状況を確認しないといけないね。

キャリアアドバイザーと合わない➔依頼すれば変更可能

  1. キャリアアドバイザーと相性が悪い
  2. 担当が嫌で転職活動に支障をきたす
  3. 担当が人として合わない

上記の理由で退会を検討しているなら、キャリアアドバイザーの変更を依頼しましょう。

どれだけ高スペックな人材でも、その能力を活かしきれないキャリアアドバイザーでは転職は失敗します。

逆に経験やスキルが企業が求めるレベルに満たない人材でも、その能力以上の魅力を引き出してくれるキャリアアドバイザーもいます。

リクルートエージェントの「転職支援サービスお問い合わせフォーム」から依頼できるので勢いで退会する前に相談してみましょう。

「なんだあの担当は!退会してやる!」って怒ってる子も落ち着いて。その怒りがリクルートエージェントに対してじゃなくて担当者との問題なら、退会を決めるのは早計よ。

業界・職種・地域など変更が難しい状況もある。

他社で転職先決定➔正直に報告

  1. ハローワークで転職決定
  2. 他社転職エージェントで転職決定

無事に転職先が決まったら、転職サポートが必要なくなります。

リクルートエージェント以外で転職が決定したら、アドバイザーに直接言いづらい人もいるでしょう。

しかし、今や複数の転職エージェントを利用するのは当たり前。リクルートエージェントは利用者が多い分、他社で転職が決定するケースも頻繁にあります。

特にマナー違反ではないため、正直に求人紹介が必要なくなった旨を報告しましょう。

転職の必要がなくなった➔正直に報告

  1. 今の会社での不満が改善された
  2. 結婚や出産、介護で転職できなくなった

リクルートエージェントに登録したものの、上記の理由で転職する必要がなくなった人も、求人紹介が必要なくなった旨を正直に報告してください。

転職の必要がなくなったからって、そのまま放置しちゃうと失礼よ。正直に理由を話して、またサポートが必要になったらお願いすればいいの!

リクルートエージェントは退会せず継続

リセットしたいなら、退会の道もある

それぞれの理由にあった対策がとれれば、リクルートエージェントを無理に退会する必要はありません

実績や求人、知名度など、リクルートエージェントがどこよりも転職活動に有益なのは明白なので、サービスを利用しない方がもったいないです。

ただし、トラブルがあったり、担当と関係が悪くなったり、リクルートエージェント事態に嫌悪感があるなら、一度状況をリセットする意味でも退会の道もあります。

退会すればリフレッシュし、新たな気持ちで転職活動をリスタートできるでしょう。

転職先が決まらないと転職エージェントとのやり取りもストレスになるわ。自分で手続きすれば引きとめもないし、白紙に戻して考えましょ★

リクルートエージェントは退会しても再登録が可能ですが、「前回利用時にトラブルをおこした」「キャリアなどから紹介できる案件がない」と判断されると再登録できないケースも。

リクルートエージェントの退会方法

担当に依頼or自分で退会手続き

リクルートエージェントを退会するには

  • 「担当に依頼して退会手続きしてもらう」
  • 「公式サイトから自分で退会手続きをする」

上記2つの方法があります。

前者は手軽ではありますが、キャリアアドバイザーに退会を言いづらい人には不向き。

後者は少し手間ですがキャリアアドバイザーと面倒なやり取りなしで退会できます

特に担当者とあまりいい関係じゃなかった人は、退会するって直接言いづらいんじゃないかな?自分で退会できるなら、方法を知っておきたいよ。

自分で退会手続きをする手順

  1. リクルートエージェント公式サイトのTOPからページ最下部の「お問い合わせ(スマホはお問い合わせフォーム)」へ
  2. よくあるご質問の「転職支援サービスを退会(キャンセル)したいです。」へ
  3. ページ上部の「転職支援サービス退会(キャンセル)フォーム」へ
  4. 確認事項を一読し、ページ最下部の「退会(キャンセル)手続きへ進む」へ
  5. 必要事項を記入し、ページ最下部の「確認事項に同意して次へ」を押し退会へ
必要事項にある「お申込み受付番号」は、リクルートエージェント登録時にメールで届いている番号です。最初に届いたメールを確認しましょう。

退会時に個人情報の削除も

リクルートエージェントでは、退会した後も法令等の定めに従い、個人情報を一定期間保管しています。

情報漏洩や流用などが心配な人は、下記の手順に従えばキャリアアドバイザーを通さずに個人情報の削除ができます。

  1. リクルートエージェント公式サイトのTOPからページ最下部の「お問い合わせ(スマホはお問い合わせフォーム)」へ
  2. 「よくあるご質問」の「個人情報の消去をしたいのですが、どうしたらよいですか?」へ
  3. 遷移先では担当のキャリアアドバイザーに申し出るように促されるが、お問い合わせ窓口でも対応可。ページ最下部の「問い合わせる」へ
  4. 必要事項と個人情報の削除の旨を記入し、ページ最下部の「同意の上、送信する」を押し、連絡を待つ
キャリアアドバイザーも多くの求職者を抱えているため、手続きを忘れたり放置される可能性も。心配であれば自分で手続きをしておいた方が無難です。

リクルートエージェントを退会しない転職成功法

リクルートエージェントと他社併用がベスト

リクルートエージェントを無理に退会しなくてもいいなら、退会せず他社と併用すると転職活動の効率がアップします。

リクルートエージェント以外にも、希望条件やキャリアに合わせた支援に強みを持つサービスは多いです。

サービス名 特徴
DYM就職 優良企業を厳選して求人紹介。人物重視の採用
JAIC(ジェイック) 無料就活講座あり。就職成功率は81.1%
doda 業界・職種が幅広く手厚い面接対策も人気
マイナビエージェント 20代の信頼度No.1。中小企業に強く独占求人多数
ビズリーチ スカウト型。3分の1以上の求人が年収1000万超
リクルートダイレクトスカウト スカウト型。転職決定年収の平均900万円超

登録・利用はすべて無料なので、特性やサポートの質、得意な求人を比較して自分に合う転職エージェントを選びましょう。

経験が浅い20代向け

DYM就職 ジェイック
(JAIC)
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~35歳
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、女性もOK 中退者、フリーター、ニート
支援実績 経験が浅い若年層を積極支援 入社後の定着率91.5%
特徴 優良企業を厳選
人物重視の採用
親身なサポート
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)


経験がある20~30代向け

doda マイナビエージェント
転職エージェント
主な年齢層 26~35歳 20代~35歳
主なサポート対象者 関東、関西、東海の大卒以上 20代、第二新卒、1~3回目の転職者
支援実績 業界30年の採用成功実績 20代の満足度
No.1
を獲得
特徴 求人約10万件
営業職に強い
丁寧なサポート
サポートが◎
中小企業に特化
IT系にも強い
簡単登録
(無料)


ハイキャリアの30~40代向け

ビズリーチ リクルートダイレクトスカウト
スカウト型転職サービス
主な年齢層 30代~40代 25歳~40代
主なサポート対象者 現年収500万円以上 現年収600万円以上
支援実績 採用企業数累計17100社 転職決定年収の平均900万円超
特徴 ハイクラス国内最大級。1千万超の求人多数
年収800〜2000万円の求人多数。完全無料
簡単登録
(一部有料)

リクルートエージェントを退会せず適性診断

リクルートエージェントの退会を検討する前に、徹底的に自己分析しておきましょう。

自分の強みを整理・詳細まで的確に把握していれば志望動機に説得力が生まれ、納得感のあるアピールができます。

事前に仕事の適性を理解していれば、自分に向いている求人に応募できるので効率的です。

急に自己分析なんて言われても難しいよ。自分の強みや仕事の適性が簡単にわかる方法はないの?

自己分析が苦手・自分の適性を今すぐ診断したい人は、リクナビNEXTのグッドポイント診断を利用しましょう。

簡単な質問に答えるだけで自分の強みが見つかる本格診断サービスで、時間もお金もかけずに仕事の向き不向きの適性をチェックできます

リクルートエージェントの退会方法と適性診断(※会員登録すると無料で診断できます)

業界最大手の「RECRUIT」が開発しているため、診断結果の精度も信頼性も抜群です。

たった数分で適性が見えてくるので、自分にどんな仕事が向いているか知りたい人はさっそくチェックしてみましょう。

リクナビNEXTの求人は約6万件。診断後にはそのままマッチする求人を探せるのでスピーディー。

リクルートエージェントを退会せず市場価値診断

ミイダスは、あなたの本当の価値を“見いだす”効率的な転職活動ができるアプリです。

簡単な質問に答えるだけで想定年収が算出され、自分の今の市場価値がわかります。

リクルートエージェントの退会方法と市場価値診断(※会員登録完了後に自動で市場価値を算出)

業界大手「doda」の運営会社の新ブランドで、同社が持つ膨大な過去の転職者データから自分のキャリアの分析が可能。

すぐに約33万社の優良企業に経歴が公開され、企業からオファーが届くシステムです。

リクルートエージェント退会前に改善策を講じて転職成功

リクルートエージェントは名実共にNo.1の転職エージェントです。今すぐ退会が必要なら手続きも簡単にできます。

退会を焦らなくてもいいなら、リクルートエージェントと他社サービスを併用すれば転職活動がスムーズに、転職の選択肢が大きく広がるでしょう。

退会は難しそう、引きとめられそう…って担当者に言いづらくて心配してた人も、自分でサイトに入力するだけだし簡単だね!

リクルートエージェントの退会はいつでもできるわ!でも実績も実力もあって求人も多いんだから、勢いで退会するのはもったいないの。無料だし利用できるサービスは利用しなきゃ♡

上記サービスも上手に活用して、効率よく転職を成功させましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職成功実績No.1!非公開求人21万件!幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

年代問わず転職決定者が多く、キャリアアップ・キャリアチェンジに強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サービスがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サービス。登録者のレジュメを見た企業やヘッドハンターからスカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事