最終更新日:

リクルートエージェントの退会は簡単!ひと目で分かる退会方法と退会の注意点

リクルートエージェントは業界No.1の実績と圧倒的な求人数から幅広い転職者のニーズに応えられますが、上手く活用できずに退会する人もいます。退会への導線は分かりづらく、「退会できない」「退会方法が難しい」「退会したのに連絡が来る」など、スムーズに退会できないケースも少なくありません。

実は退会の手順は至って簡単、ポイントさえ押さえればスムーズな退会が可能です。この記事では退会する理由とそれぞれの対策を洗い出し、「リクルートエージェントは本当に退会するべきか?」を検討。それを踏まえて、退会する方法とその手順をお伝えしていきます。

リクルートエージェントを退会しなくても解決できる問題

転職エージェントも人によって合う合わないはあるだろうし、退会したいって人も出てくるよね。リクルートエージェントに退会する理由を問い詰められたりしないのかな?

特に正当な理由がなくても退会はできるわ。でも理由によっては、わざわざリクルートエージェントを退会しなくても解決できる問題もあるから、退会する前にまずは状況を振り返ってみて☆

望む求人がないor紹介されない➔もう一度希望条件を整理する

希望する求人を紹介してもらえない、希望地域に求人が少ない、そもそもマッチングする求人がない、などの理由から退会を検討している場合は、まずは担当のキャリアアドバイザーとの意思疎通が上手くできているかを確認してから退会に踏み切る方が賢明です。しっかりと自分の希望が伝わっているか、キャリアアドバイザーは自分が転職に求める条件を理解してくれているか。

再度双方の認識をすり合わせ条件を整理した上で、自身の転職活動に有益かどうかの判断を下しましょう。的外れな求人ばかりを進められるなら、そもそも希望条件が食い違っている可能性が高いです。

求人紹介が少ないのはリクルートエージェントのせいじゃなくて、そもそも希望する業界の求人が少ない時期って可能性もあるよ。一度状況を確認しないといけないね。

キャリアアドバイザーと合わない➔依頼すれば変更可能

担当のキャリアアドバイザーと相性が悪い、転職活動に支障をきたすほど人として合わないなどの理由から退会を検討している場合は、担当キャリアアドバイザーの変更を依頼しましょう。

どれだけ高スペックな人材でも、その能力を活かしきれないキャリアアドバイザーでは転職は失敗します。逆に経験やスキルが企業が求めるレベルに満たない人材でも、その能力以上の魅力を引き出してくれるキャリアアドバイザーもいます。

リクルートエージェントの「転職支援サービスお問い合わせフォーム」から対応してくれるので、勢いで退会する前にまずは相談してみましょう。

「なんだあの担当は!退会してやる!」って、腹が立ってる人も落ち着いて。その怒りがリクルートエージェントに対してじゃなくて担当者との問題なら、退会を決めちゃうのは早計よ。

業界・職種・地域など状況によってキャリアアドバイザーの変更が難しい場合もあります。

他社で転職先が決定した➔感謝と共に報告

無事に転職先が決まったら、もちろん転職サポートが必要なくなります。リクルートエージェント以外で転職が決定したために、キャリアアドバイザーに直接言いづらいと考える人もいるでしょう。しかし、今や複数の転職エージェントを利用するのは当たり前の時代です。リクルートエージェントは利用者が多い分、他社のエージェントで転職が決定してしまうケースも頻繁にあります。

特にマナー違反ではないため、感謝の意を込めて正直に他社で決定し求人紹介が必要なくなった旨を報告しましょう。

転職の必要がなくなった➔正直に報告

リクルートエージェントに登録したものの、今勤めている会社で状況が改善されて転職する理由がなくなったり、結婚や出産、介護などで転職自体が必要なくなる場合もあるでしょう。その場合もキャリアアドバイザーに正直に報告し求人紹介が必要なくなった旨を伝えてください。

転職の必要がなくなったからって、そのまま放置しちゃうと失礼よ。正直に理由を話して、またサポートが必要になったらお願いすればいいの!

リクルートエージェントを無理に退会する必要はない

リセットしたいなら、退会の道もある

それぞれの理由にあった対策がとれれば、リクルートエージェントを無理に退会する必要はありません。実績や求人数、知名度やブランド力など、リクルートエージェントが転職のこの上ないパートナーになってくれるのは疑いようのない事実。転職者には一切金銭の負担もないので、サービスを利用しない方がもったいないです。

ただし、リクルートエージェントとトラブルがあったり、キャリアアドバイザーと関係が悪くなったり、転職エージェントとしてリクルートエージェント事態に嫌悪感がある場合は、一度状況をリセットする意味でも退会の道もあります。退会すればリフレッシュし、新たな気持ちで転職活動をリスタートできるでしょう。

転職って、なかなか決まらないと気持ちもナーバスになっていくから、エージェントの対応がストレスになる場合もあるわ。自分で手続きすれば引きとめもないし、白紙に戻して考えましょ★

リクルートエージェントは退会しても再登録が可能です。ただし「前回利用時にトラブルをおこした」「キャリアなどから紹介できる案件がない」と判断されると再登録できないケースもあります。

リクルートエージェントの退会方法

担当にお願いorHPから自分で退会手続き

リクルートエージェントを退会するには、「直接担当のキャリアアドバイザーにお願いして退会手続きをしてもらう」方法と「公式ホームページから自分で退会手続きをする」方法があります。

前者は手軽ではありますが、キャリアアドバイザーに退会を言いづらい人には不向き。後者は少し手間ですがキャリアアドバイザーと面倒なやり取りなしで退会できます。

特に担当者とあまりいい関係じゃなかった人は、退会するって直接言いづらいんじゃないかな?自分で退会できるなら、方法を知っておきたいよ。

自分で退会手続きをする手順

  1. リクルートエージェント公式サイトのTOPからページ最下部の「お問い合わせ(スマホの場合はお問い合わせフォーム)」へ
  2. よくあるご質問の「転職支援サービスを退会(キャンセル)したいです。」へ
  3. ページ上部の「転職支援サービス退会(キャンセル)フォーム」へ
  4. 確認事項を一読し、ページ最下部の「退会(キャンセル)手続きへ進む」へ
  5. 必要事項を記入し、ページ最下部の「確認事項に同意して次へ」を押し退会へ
必要事項にある「お申込み受付番号」は、リクルートエージェント登録時にメールで届いている番号です。最初に届いたメールを確認しましょう。

退会時に個人情報の削除もしてもらう

リクルートエージェントでは、退会した後も法令等の定めに従い、個人情報を一定期間保管しています。情報漏洩や流用などが心配な場合は、下記の手順に従えばキャリアアドバイザーを通さずに個人情報の削除ができます。

  1. リクルートエージェント公式サイトのTOPからページ最下部の「お問い合わせ(スマホの場合はお問い合わせフォーム)」へ
  2. 「よくあるご質問」の「個人情報の消去をしたいのですが、どうしたらよいですか?」へ
  3. 遷移先では担当のキャリアアドバイザーに申し出るように促されるが、お問い合わせ窓口でも対応可。ページ最下部の「問い合わせる」へ
  4. 必要事項と個人情報の削除の旨を記入し、ページ最下部の「同意の上、送信する」を押し、連絡を待つ
キャリアアドバイザーも多くの転職希望者を抱えています。担当者にお願いしても、忙しさのあまり手続きを忘れてしまったり、しばらく放置されるかもしれません。心配であれば、自分で手続きをしておいた方が無難です。

案内が不要ならリクナビNEXTの退会も

リクナビNEXTからスカウトメールが届く可能性がある

リクルートエージェントを登録した際、「リクナビNEXTスカウトサービス同時登録」のチェックを外していないと、リクナビNEXTにも同時登録されています。リクルートエージェントは転職エージェント、リクナビNEXTは転職サイトです。似ているようで異なる特徴があります。

リクナビNEXTの退会方法

転職先が決まっても、また転職活動が必要になるかもしれません。リクナビNEXTに登録しておけば、転職先が決定した後も求人の閲覧が可能で、常に転職市場をチェックできます。しかし、リクナビNEXTからのスカウトメールも届き続けるので、必要ない場合は下記の手順に従って自分で退会手続きをしましょう。

  1. リクナビNEXT公式サイトのTOPからページ最下部の「ヘルプ・お問い合わせ」へ
  2. 「よくあるご質問」から「リクナビNEXTを退会したい」へ
  3. 遷移先から状況に応じて退会手続きを進める
キャリアアドバイザーと直接のやり取りが億劫でなければ、リクナビNEXTからの退会や、個人情報の削除も一緒にお願いできます。

リクルートエージェント退会後も活動するなら他社を利用

自分に合う転職エージェントを見つける

リクルートエージェントは確かに実績のある大手です。しかしリクルートエージェントだけが転職を有利にしてくれる転職エージェントではありません。リクルートエージェントを退会する場合も、これから改善を試みる場合も、一つのエージェントだけに拘らずに複数の転職エージェントを併用すると転職に効果的です。

転職エージェントの選び方についてはこちらをチェック↓

転職エージェントには得意分野、苦手分野があります。キャリアアドバイザーによっても連絡がマメでぐいぐい引っ張ってくれるタイプ、こちらが連絡するまでは何も言わない見守りタイプなど、特徴も違います。求職者によってはリクルートエージェントよりも紹介される求人が多い転職エージェントもあるかもしれません。

転職活動を有利に進めてより良い会社に転職するためにも、下記から比較して自分にあった転職エージェントを見つけましょう

各転職エージェントの転職支援サービスに申し込み後、キャリアコンサルタントと面談すると様々な転職サポートが受けられます。登録・利用はすべて無料です。

転職エージェントは複数併用すると転職活動がより円滑に進みます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職成功実績No.1!非公開求人20万件超!!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。
特に20~30代の転職決定者が多く、営業職に強い。充実の面接対策も人気!

【公式サイト】
https://www.r-agent.com/
登録は3分で完了!

リクルートエージェントの詳細はこちらの記事をチェック↓

ジェイック

ジェイック

社会人未経験からの就職成功率80%超
17~34歳なら誰でも利用可能な手厚い研修が無料。
7日間の研修でビジネスマナーの基礎から面接対策まで、就職活動に必要な全スキルを一気に学べる

【公式サイト】https://www.jaic-college.jp/
登録はたったの2STEP!

ジェイックの詳細はこちらの記事をチェック↓

doda

doda

求人数10万件以上!非公開求人80%超!!
履歴書添削や面接対策など丁寧なサポートが人気で転職後のアフターフォローも手厚い。
女性の求職者にも高評価!

【公式サイト】
https://doda.jp/
登録は3分で完了!

dodaの詳細はこちらの記事をチェック↓

マイナビエージェント

マイナビエージェント

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!
登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。
主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。
転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

【公式サイト】
https://mynavi-agent.jp/
登録は3分で完了!

マイナビエージェントの詳細はこちらの記事をチェック↓

パソナキャリア

パソナキャリア

オリコン顧客満足度調査 転職エージェント部門1位!
首都圏など大都市圏の求人数が豊富。25~35歳転職初心者やキャリアのある女性の転職サポートに特化。
転職成功者の年収アップ率は驚異の67.1%!

【公式サイト】
https://www.pasonacareer.jp/
登録は3分で完了!

パソナキャリアの詳細はこちらの記事をチェック↓

Spring転職エージェント(アデコ)

Spring転職エージェント(アデコ)

2018年利用者満足度No.1!
管理職や金融、営業やマーケティング、ITやメディカルなど4つの職種専門部があり専門領域に特化
企業と求職者が同じ担当でマッチング率が高い。

【公式サイト】
https://www.springjapan.com/
登録は3分で完了!

Spring転職エージェント(アデコ)の詳細はこちらの記事をチェック↓

市場価値を把握して転職の可能性を拡大

自分の市場価値が分かるアプリ「MIIDAS(ミイダス)」

MIIDAS(ミイダス)は、あなたの本当の価値を「見いだす」効率的な転職活動ができるアプリです。dodaを運営するパーソルキャリアの新ブランドで、同社が持つ数百万人の過去の転職者データから自分のキャリアの分析が可能。

簡単な質問に答えるだけでおおよその年収が算出され、自分の今の市場価値がわかります。すぐに優良企業40,000社にあなたの経歴が公開され、あなたを必要としている企業からオファーが届くシステムです。

    MIIDASのメリット

  • 家で手軽に適性チェック可
  • 5分程度の短時間かつ無料で、転職市場での自分の価値がわかる
  • スマホだけで企業からオファーが届く体制ができる
  • オファーがきた時点で書類選考合格済み(面接確約!)
  • 求人を探す手間が省けて書類選考もなし。転職の負担を大幅軽減
MIIDAS

自分のキャリアを見いだす適正チェックができるアプリ。
社会人だけでなくニートでも想定年収が算出される。自分の市場価値がわかり、転職するべきか客観的な判断が可能に。
オファーはすべて面接確約で転職活動が効率的。

【公式サイト】https://miidas.jp/
市場価値を5分で算出!

MIIDASの詳細はこちらの記事をチェック↓

リクルートエージェントを退会する前に改善策をとろう

リクルートエージェントは名実共にNo.1の転職エージェントと言っても過言ではありません。今すぐ退会が必要なら退会手続きも簡単です。しかし、退会を焦る必要がないのであれば、リクルートエージェントと他のエージェントを併用して転職活動をよりスムーズに、転職の選択肢を確実に広げられます

退会は難しそう…とか、引きとめられそう…って心配してた人も多いんじゃないかな。担当者に言いづらくても、自分でサイトに入力するだけだし、簡単だね!

リクルートエージェントの退会はいつでもできるわ!でもせっかく登録したんだし、間違いなく実績も実力もあって求人数も多いんだから、勢いで退会するのはもったいないわよ。無料なんだし、利用できるサービスは利用しなきゃね♡


RECOMMEND

関連記事