最終更新日:

リクルートエージェントの特徴は?転職が成功する充実サポートを徹底解説!

リクルートエージェントの特徴は?転職が成功する充実サポートを徹底解説!

転職を希望する誰もが失敗はしたくありません。転職エージェントはスムーズな転職活動に欠かせない存在ですが、利用するなら信頼できる転職エージェントを安心して利用したいですよね。

リクルートエージェントは「知名度」「ブランド力」「実績」「求人数」で他社を圧倒しています。より良い会社に転職したいなら登録して損はない転職エージェントです。

今回はリクルートエージェントの特徴からメリット・デメリットを紐解き、多くの転職者に選ばれている理由上手に活用する方法を解説していきましょう。

リクルートエージェントの特徴

リクルートエージェントって色々なサイトで紹介されてるよね。それだけ人気があるのかな?どんな特徴があるんだろう?

最も利用されてる転職エージェントの一つなのは間違いないわ☆特徴をしっかり理解して有益に活用しましょ♪

リクルートは人材業界の最大手

リクルートエージェントは老舗の総合型転職エージェントです。運営会社は人材業界の最大手「リクルートグループ」。

「RECRUIT」はテレビCMや広告でも派手に露出されているのが特徴で、転職を検討している人もそうでない人も、その名前を一度は目にしているでしょう。

40年以上の歴史があり、知名度・ブランド力共に他の転職エージェントの比ではありません。他社同様にすべてのサービスが無料で利用できます。

リクルートエージェントの転職支援実績No.1の実力

信頼があるから企業側も利用しやすい

(※1)

リクルートエージェントの採用成功実績は累計41万人超に上ります。

求人を出す企業側も、求職者の母数が多いところから人材を確保する方がスムーズです。

企業からも求職者からも利用しやすい確かな信頼があるのは、リクルートエージェントの最も着目すべき特徴でしょう。

リクルートエージェントの実績
取引社数:約1万7000社(2018年3月末時点)
登録者数:約64万3000人(2017年度実績)
転職決定者数:約3万9000人(2017年度実績)

今ほど転職が活発じゃなかった時期からコンスタントに実績を上げ続けてるのも特徴的だね。40年で41万人…考えてみると物凄い数だよ!

転職に限らず長年業界の第一線で活躍し続けるってホントに難しいの。業界最大手は伊達じゃないわ☆リクルートエージェントは名実ともにNo.1の転職エージェントと言っても過言じゃないわね♪

リクルートエージェント

転職成功実績No.1!非公開求人20万件超!!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。
特に20~30代の転職決定者が多く、営業職に強い
充実の面接対策も人気!

リクルートエージェントならではのメリット

老舗で大手で有名で実績も信頼もあるのはわかったけど、人気の理由ってそれだけなの?他のエージェントじゃなくリクルートエージェントを選ぶ特別なメリットがあるんだよね?

冴えてるわねヒロミ♪リクルートエージェントには、リクルートエージェントにしかできない規格外のサービスが満載なの!なぜ多くの子に選ばれてるのか?一つずつメリットを見ていきましょ。

20万件以上の非公開求人

全国の転職エージェントの中でもリクルートエージェントの求人数は群を抜いています。

現在の総求人数は約33万件に上り、求人数業界2位で14万件を保有するdodaでもその差は歴然、他社の追随を許しません。

その内16万件以上が非公開求人で、ここでしか紹介されない「独占求人」も多数保有しています。

リクルートエージェントを利用しないと出会えない求人が数多くあるのは大きなメリットです。(求人情報2019/11/28更新)

独占求人とは企業がそのエージェントにしか依頼していない求人。ライバルが少ない場合が多く、採用されやすい特徴がある。

非公開求人についてはこちらの記事をチェック↓

30万件も!選べる求人が多いのはありがたいけど、そんなにあっても自分じゃ選びきれないよ…。

決して一人だけで選ぶわけじゃないから安心して☆求人数が莫大でも、あなたに合った企業を一緒に選んでくれるキャリアアドバイザーがいるから負担にはならないわ。

全国、全業種・全職種、全求職者に対応

全業種・全職種を取り揃えている

リクルートエージェントには全国から全業種・職種のあらゆる求人が集まります。リクルートエージェントが保有している案件だけでも全国の求人の動向が見えてくるでしょう。ここまでの業種・職種を網羅している転職エージェントは他にありません

今急速に成長している企業、人手不足が顕著な職種、応募が殺到している人気の業界など、リクルートエージェントがどこよりも転職市場に詳しいのは明白です。求職者は自分が転職したい業界・職種に対して有益な情報を得られるメリットがあります。

特に強い業界・職種

[転職決定者の業界比率]
(※2)

あらゆる分野であらゆる条件の求人を取り揃えているため、どの業界にも強いと言えますが、特に強い業界はIT・通信、医薬、メーカーです。

[転職決定者の職種比率]
(※2)

特に強い職種は営業、IT・通信系エンジニア、経理を除く事務系のスペシャリストです。こちらはどの会社でも重宝される職種なので、業界を跨いで(異業種へ)の転職に抵抗が無ければ、リクルートエージェントを利用すると選択肢の幅がかなり広がります

リクルートエージェントは非公開求人が豊富で実際の保有求人数が不透明なため、強い業界・職種は転職決定者の比率から判断。

特に弱い業界・職種

リクルートエージェントが弱い業界・職種は無いに等しいでしょう。強いて言うなら、専門性の高い職種であればそこに特化したエージェントと比べると多少専門性が劣る場合があるぐらいです。

リクルートエージェントの業種・職種についてさらに詳しい情報はこちらの記事をチェック↓

全国に16拠点で土日も面談可、地方への転職も◎

エージェントの利用にはキャリアアドバイザーとの面談が必須です。リクルートエージェントは北は北海道から南は九州まで、主要都市を中心に全国各地に16拠点が点在しています。各地で面談が可能で土日も対応しているので、仕事をしながらの転職活動でも地方在住でも利用しやすいです。

転職エージェント 拠点数 本社 支社
リクルートエージェント 16 東京丸の内 札幌、仙台、宇都宮、大宮、千葉、立川、横浜、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡

リクルートグループは色々な分野でサービスを展開しているため、地方の求人も決して他社に引けを取りません。ただ全国の求人を網羅的に保有しているだけではなく、実際に各地のエージェントが地方への転職もサポートする体制があります。

☆レディのワンポイントアドバイス★

転職エージェントは支社がある地域とその周辺の求人にしか強くない場合が多いんだけど、リクルートエージェントは別よ。地方の求人にもちゃんと強いから、地方への転職を考えてる子は希望の地域にどれぐらいの求人があるのか、一度チェックしてみると良いわ。

ハンデのある求職者、厳しい条件にも柔軟に対応

他のエージェントで断られてしまった場合でも、リクルートエージェントなら求人を紹介してもらえる可能性があります。

経験が浅い第二新卒や40~50代(年齢相応の経験は要)の求職者、狭い業界内での転職やU・Iターン転職での年収アップなど厳しい条件にも柔軟に対応。外資系や海外勤務の案件もあり、様々な求職者を満足させられるだけの環境が整っています

前職が高年収営業職希望、転職希望時期が早いとより転職が決まりやすい。

リクルートエージェントの40代・50代の転職サポートについてはこちらの記事をチェック↓

誰でもどんな条件でも求人がある、とまではいきませんが、その圧倒的な求人数から特定の業種・職種に限らず、年齢問わず他社よりも幅広い求職者にマッチする求人が多いのは確かです。

下記公式サイトからリクルートエージェントの転職支援サービスに申し込み後、キャリアアドバイザーと面談すると様々な求人を紹介してもらえます。登録・利用はすべて無料です。

リクルートエージェント公式サイト
https://www.r-agent.com/
登録は3分で完了!

リクルートの精鋭アドバイザー

若いキャリアアドバイザーが目立つのもリクルートエージェントの特徴の一つです。年齢の低さ=能力の低さとは限りませんが、経験が浅い事実は否めないでしょう。実際に社会人としての基礎力がない、教育がされていないとの声もあります。

しかし、リクルートは一般の企業に比べて給与もハードルも高く、誰もが入社できるわけではありません。転職事業は特に収益を担っているため、キャリアアドバイザーとして活躍しているのはリクルートグループの中でも選りすぐられた精鋭です。

若くて多少経験が浅くとも、「今現在リクルートエージェントのキャリアアドバイザーとして働けている」事実が、能力が高い優秀な人材だと物語っています。

国家資格「キャリアコンサルタント」有資格者が多数在籍しているのもメリット。

リクルートエージェントは交渉力・営業力が抜群

不採用でも挽回のチャンスがある

リクルートエージェントは1977年創業。長い歴史があるからこそ取引先の多くの企業との間には太いパイプが構築されています。仮に書類選考や面接で落ちた場合でも落ちた理由を教えてもらえるので、反省点を次回からの面接に活かせるのもメリットです。

どうしても転職したい企業から不採用の結果が出たとしても、諦めるのは早計です。実際に不採用後にキャリアアドバイザーが企業と交渉し、別の部署で1次面接から再スタートして内定を得たケースも。不採用の結果も覆すほどの営業力がリクルートエージェントにはあります。

高い確率で年収アップが狙える

年収アップに期待できるのもリクルートエージェントの特徴です。転職での年収増減には、求職者のキャリアだけでなくエージェントの実力も大きく問われます。リクルートエージェントは全体的に交渉力があり、内定後の交渉で数十万円年収がアップするケースは珍しくありません。

[転職者の年収増減]
(※2)

上記はリクルートエージェントを利用した転職者の年収増減データ。実に6割以上が年収アップに成功しています(2011年度)。年間に数万人の転職決定者を輩出しているリクルートエージェントだからこそ、この数字は信憑性が高いです。エージェントの給与交渉力・営業力が高水準だと証明しています。

リクルートエージェントでの年収アップについてはこちらの記事をチェック↓

実績に基づいた手厚い面接対策

豊富な過去データから個別対策

リクルートエージェントは全ての転職エージェントの中で、最も多くの求職者を転職決定にまで導いています。その実績に基づいたどこよりも分厚い転職ノウハウが土台にあり、面接の傾向と対策を練るには十分過ぎる過去データを大量に蓄積しているため、質の高い充実した面接対策が可能です。

    過去データから知れる面接の傾向

  • 面接でどんな内容を聞かれるか
  • どんな人が面接を突破しているか
  • 企業に好印象なアピール方法
  • 業界が好む人物像
☆レディのワンポイントアドバイス★

キャリアアドバイザーと企業の人事が密接な間柄なら、面接官の経歴や好みとかパーソナルな情報まで知れちゃう場合もあるの♡個別対策は面接で強力なアドバンテージになるんだから♪

模擬面接サービス

リクルートエージェントでは、面接対策のアドバイスはもちろん、面接のプロフェッショナルによる面接練習ができる模擬面接のサービスも提供。参加費は無料で、面接の本番前に利用可能です。

本番さながらの面接を体験すれば自分の強み弱みが浮き彫りになり、面接での対応力がグッと上がります。面接に自信をつけたい求職者は、リクルートエージェントの充実した模擬面接を受けてレベルアップを図ると良いでしょう。

面接必勝法を学べる「面接力向上セミナー」

リクルートエージェントで人気のサービスが、受講満足度97%(2017年セミナー満足度調査)を誇る「面接力向上セミナー」です。面接を受ける側の視点に加えて面接官の立場をシミュレーション体験でき、企業側の視点が身につきます。

転職に必要な成功ノウハウをすべて伝授するとされており、受講者の面接通過率も約16%アップ(2017年実績)とセミナーの効果が顕著に現れています。

リクルートエージェントの面接対策についてはこちらの記事をチェック↓

リクルートエージェントの転職支援サービスに申し込むと模擬面接、面接力向上セミナーの予約が可能になります。登録・利用はすべて無料です。
>>スマホで簡単登録はコチラ
>>PCで簡単3STEP登録はコチラ

リクルートエージェント独自サービス

転職の手間を削減する会員専用システム「Personal Desktop」

リクルートエージェントに会員登録後、IDを取得すると利用できる転職活動のサポートシステムが「Personal Desktop」です。企業への応募や面接日程の管理、必要事項を入力して楽に職務経歴書の作成ができる「レジュメnavi」など多くの機能で転職活動の全てを管理できます。

キャリアアドバイザーとの面談以降はすべて「Personal Desktop」で進めていけるので、転職活動にかかる手間の大幅な削減が可能です。

実情を知れる企業研究レポート「AGENT Report」

エージェントの視点で各企業の社風や実情、職場環境や労働環境、好まれる人物像や選考上のポイントなど、企業の分析結果を詳細にまとめたレポートが「AGENT Report」です。企業への理解を深め求職者とのミスマッチを防ぐ役目を担います。

ただし、すべての企業を分析しているわけではないので、あくまでも企業の情報を得る一つの方法として捉えておくぐらいが丁度いいでしょう。

リクルートエージェントを利用するデメリット

他社と比較しても突出したサービスが豊富だからみんなに利用されてるのか!リクルートエージェントにだけ登録しておけば安心して転職活動できそうだよ。

確かにメリットはいっぱいなんだけど、大手だからこそ残念ながら穴もあるの。知らないで利用したら転職活動の停滞もあり得るから、予めリスクを理解して備えておくのよ。

リクルートエージェントは細かい対応が遅い場合がある

リクルートエージェントは登録者が多い分、1人の担当者が複数の求職者を同時並行でサポートしていきます。多くの利用者に忙殺されてキャパシティをオーバーし、メールの返信や内定通知の連絡など細かい対応が遅くなりやすい傾向があるようです。

担当があまりにも忙しそうな時は、受け身にならずこまめに連絡をするようにしましょう。

リクルートエージェントは転職が決まりそうな人材から優先

転職エージェントは慈善事業ではなくあくまでもビジネスです。成果報酬を得られなければ収益を見込めないため、すぐに転職が決まりそうなハイスペックの人材やマッチング率の高い人材を優先する特徴があります。逆に言えば、そうでない人材は後回しにされる可能性が高いです。

転職エージェントの成果報酬のシステムについてはこちらの記事をチェック↓

積極性が見られなかったり、希望条件がふわふわし過ぎている状態は好ましくありません。「すぐに転職する気がない」「この求職者は優先度が低い」と判断され、求人の紹介が少なくなってしまいます

特にやりたい仕事がない場合は条件が定まらないのも仕方がないですが、それでも最低限のやる気や熱意、転職する意欲の高さは必ずアピールしておきましょう。

経歴やスキルの伝達が甘ければ希望に合わない求人を紹介されやすい。初回面談時に情報伝達は怠らないのが吉。

リクルートエージェントは良くも悪くも積極的

積極的にマッチングに奮闘

リクルートはイケイケの体育会系の営業のイメージが強いと巷でまことしやかに囁かれています。実際に担当は企業と求職者のマッチングにかなり積極的です。条件に近い多数の求人紹介、年収などの条件交渉、採否の結果の催促と、できるだけ早く内定を得られるように転職活動のあらゆる局面で奮闘してくれます。

積極的だからこそ、強引で営業っぽい部分も

その反面、とにかく転職を強要してきたり、内定を辞退させないように入社を迫られたりと、積極性が裏目に出てしまう担当者も。一定のノルマもあるため、求職者のためではなくノルマ達成のために、希望条件と全く違う的外れな求人や質の低い求人を強引に押し付けられる場合もあります。

担当の変更は可能なので、営業感が透けて見えるようならすぐに変更するのが賢明です。

初回面談で100件以上の求人を紹介されたケースもあるわ。積極的なのはとってもありがたいけど、そんなに紹介されても選べないじゃない?100件の求人にマッチングしてるなんてあり得ないし、強引過ぎて空回りしてる子も中にはいるの。頭に入れておいて。

リクルートエージェントに向いている人、向いていない人

大手だしビジネスだから、多少のリスクは仕方がないのか…頼りがいはあるけど頼りきりになっちゃうと転職に躓く可能性があるんだね。

心強い転職のパートナーに違いはないんだけど、自分の芯はしっかり持ってなくちゃ希望の転職は叶わないわ。次はリクルートエージェントに向いてる子、向いてない子を探っていくわよ☆

知名度、求人数、スピード重視な人向き

実績があるから信頼を呼び、信頼がさらなる実績を呼びます。最大手、知名度の高さ、No.1の実績は信頼の証です。まず、転職エージェントを安心して利用したい人には、リクルートエージェントはうってつけでしょう。

全国に選べる求人があり、且つ求人数が多ければ希望に近い求人が素早く見つかりやすいです。できるだけ多くの求人の中から転職先を選びたい人早めに転職したい人地方へ転職したい人も、膨大な求人数を誇るリクルートエージェントを利用しない理由がありません。

転職ノウハウを身につけたい人は、例え転職するにまで至らなかったとしても、リクルートエージェントを利用すれば基本的なノウハウは身につくため、それだけでも登録する価値があります。

    リクルートエージェントに向いている人

  • 大手や有名どころで安心したい人
  • できるだけ多くの選択肢がほしい人
  • 少しでも早く転職先を決めたい人
  • 地方への転職を検討している人
  • 転職ノウハウを身につけたい人

登録・利用はすべて無料です。転職が決定したとしても、利用者には一切金銭の負担はありません。上記に当てはまる人は下記公式サイトから転職支援を申し込み、転職を有利に進めましょう。

自分のペースでじっくり派には不向き

良くも悪くも、キャリアアドバイザーが積極的な部分が求職者を選びます。主張が強い担当も多いため、意思が弱く人の意見に流されやすい人は担当の意見に押されて望まぬ転職をしてしまうかもしれません。主導権を握られてしまえば自分のペースは乱され、じっくりと転職活動できなくなってしまいます。転職先探しに時間をかけたい人にもリクルートエージェントは不向きでしょう。

40代、50代の求職者は年下のキャリアアドバイザーが担当になる場合もあります。若者には安心して任せられない、そもそも若いと頼りなくて不安な人は、リクルートエージェントは避けた方が無難です。

幅広い求職者に柔軟に対応してくれるリクルートエージェントですが、ニートやフリーターなど余りにも経歴やスキルが低過ぎると魅力的な求人は紹介してもらえません。求められるレベルに満たない人は篩に掛けられ、「紹介可能な求人がない」「条件に合う求人がない」と登録できたとしてもサービスを利用できない場合があります。

    リクルートエージェントに向いていない人

  • 意思が弱く人の意見に流されやすい人
  • 自分のペースでじっくり転職したい人
  • 時間をかけて転職先を探したい人
  • 担当が若いとストレスになる人
  • 求められるレベルに満たない人

幅広く柔軟に対応してくれるリクルートエージェントでも不向きな人がいるんだ…。自分がどう転職活動したいのか、適正を見極めて利用を検討しないといけないね。

リクルートエージェントを上手に活用する方法

特徴、メリット・デメリット、向き不向きも分かってもらえたみたいね☆後はリクルートエージェントを上手に活用するためのポイントを押さえて、転職成功に一直線に向かっていきましょ♡

リクルートエージェントの面談準備を怠らない

転職エージェントを利用するためにはまず、キャリアアドバイザーとの面談が必要です。リクルートエージェントは大手だからこそ企業から迅速で最適な人材紹介が求められます。優先度の高い求職者から対応する特徴があり、面談の印象次第で転職サポートの手厚さが決まると言っても過言ではありません。

好印象を得て手厚い転職サポートを受けるためにも、面談までの流れと面談の詳細を事前に把握し用意周到に準備しておきましょう。

リクルートエージェントの【面談準備編】はこちらの記事をチェック↓

リクルートエージェントの【面談本番編】はこちらの記事をチェック↓

リクルートエージェントで面談なしや連絡がこない対策はこちらをチェック↓

希望条件と異なる紹介が続いたら再面談

希望条件からかけ離れた求人ばかり紹介される場合は、再度面談をしてもらう手もあります。再面談の際には希望をより明確にして、絶対に譲れない条件多少は譲歩できる条件を担当者に伝えておくとミスマッチが防ぎやすいです。

担当の変更も視野に入れておく

キャリアアドバイザーは変更可能です。経験不足の新人で頼りない、こちらが萎縮してしまうほど担当が積極的過ぎる、営業感がすごくていやらしく感じるなど、キャリアアドバイザーとの相性が良くない場合は遠慮せずに担当の変更を依頼してください。

転職エージェントも人間です。いくらリクルートエージェントのキャリアアドバイザーの質が高くても、中には人として合わない担当も出てくるでしょう。

担当キャリアアドバイザーからの求人紹介の場合は、マッチングする企業を厳選して紹介してくれるため社内選考で落とされにくい傾向があります。それでも度々落ちて行きたい企業に応募できない状況が続くような時も、担当の変更を視野に入れるのが得策です。

リクルートエージェントの社内選考についてはこちらの記事をチェック↓

キャリアアドバイザーに意見する

求人紹介の増減が可能

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは基本的にマッチング意欲が高く、条件に近い求人があれば引っ切り無しに紹介される可能性も十分にあり得ます。逆に自分の市場価値を見誤り希望条件を高く設定し過ぎれば、紹介される求人数は大幅に減少します。紹介を減らしたい場合も増やしたい場合も、解決法はキャリアアドバイザーにしっかりと意見する、です。

「求人の紹介が多すぎて選びきれないから、もっと厳選してほしい」「紹介が少ないから、この条件は譲歩したい」など、どうしたいかを具体的に伝えましょう。あなたが転職に求めるすべてをキャリアアドバイザーに理解してもらえば、転職活動がより円滑に進みます。

キャリアアドバイザーも転職が決まったら収益になるんだから、図々しいぐらいに相談しても何の問題もないわ☆遠慮せずに不満や改善してほしい点はどんどんぶつけるのよ!

リクルートエージェントのスカウトサービスを活用

リクルートエージェントには、企業の採用担当者やキャリアアドバイザーからスカウトメールが届く「スカウトサービス」があります。

企業が求める人物像にマッチングする求職者には、書類通過率が通常応募の約3倍の「企業スカウト」や、書類選考が免除される「面接確約オファー」などのメールが届くので、通常の転職サポートと共に活用しましょう。レジュメに希望条件を詳細に記載しておくほどマッチするスカウトが届きやすくなります。

リクルートエージェントのスカウトサービスについてはこちらの記事をチェック↓

リクルートエージェントの口コミも参考にする

公式の情報だけでは不透明な部分もあります。リクルートエージェントのサービスを実際に利用した人の口コミを参考に、事前に実情を探っておくと良いでしょう。

リクルートエージェントの口コミについてはこちらの記事をチェック↓

その他リクルートエージェントの上手な使い方についてはこちらをチェック↓

リクルートエージェントの特徴は“すべての求職者のニーズに応え得る”

転職するならまずはリクルートエージェントに登録しよう

リクルートエージェントは求人数とその多様性が大きな特徴です。大多数の方の転職の後押しになりますが、大手ならではのリスクもあり利用が不向きな人も少なからずいます。

しかし、そのリスクを加味しても有り余るメリットがあるのは事実です。今の会社に不満がある人は、まずは気軽にリクルートエージェントに相談してみると良いでしょう。

不向きな人もリクルートエージェントの求人を選択肢に入れないのは勿体ないので、メインではなくサブの転職エージェントとして求人数をカバーする目的で他社と併用するのもアリ。

多少のリスクは大手であるがゆえ★信頼できる要素の方が多いんだからそこには目を瞑ってもいいんじゃない?今すぐにリクルートエージェントを利用して、理想の転職を叶えるのよ♫

リクルートエージェント

転職成功実績No.1!非公開求人20万件超!!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。
特に20~30代の転職決定者が多く、営業職に強い
充実の面接対策も人気!

【公式サイト】https://www.r-agent.com/
登録は3分で完了!

(※1 出典:リクルートエージェントの特長/採用成功ナビ)
(※2 出典:転職実績データ/RECRUIT AGENT)

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職実績No.1の『リクルートエージェント』と20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかるアプリ「MIIDAS(ミイダス)」も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント

転職成功実績No.1!非公開求人20万件超!!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!
登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ

年収500万円から利用できるハイクラス転職サイト。
求人の3割以上が年収1,000万円超え!登録時に入力した情報をもとに企業から直接スカウトされる。

中でも「プラチナスカウト」を受け取ると企業やヘッドハンターと必ず面談できる。キャリアアップを望む人は必ず登録しておきたい転職サービス。

関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事