最終更新日:

MS-Japanは登録すべき?経理・会計士・税理士の転職効率アップ方法

【MS-Japan】登録

経理・人事・法務・会計士・税理士・弁護士など、管理部門や士業特化型の転職エージェント「MS-Japan(エムエスジャパン)」。

「登録は簡単にできる?」「登録の流れは?」

MS-Japanを利用する前に、登録の疑問や不安は解消しておきたいですよね。

MS-Japanでは、1分で簡単に登録できて転職の効率をアップできます。

今回は、MS-Japanの登録の流れ、MS-Japanへ登録おすすめの人、併用すべき転職エージェントを詳しく解説していきましょう。

管理部門・士業の転職効率を上げたい人は是非ご一読ください。

MS-Japanの登録の流れ

MS-Japanの登録手順はどんな流れなのかな?

MS-Japanの登録手順

  1. 公式サイトにアクセス
  2. 「まずは会員登録(無料)」を押す
  3. 基本情報を入力
  4. 登録完了!

1.公式サイトにアクセス

まずはMS-Japan公式サイトにアクセスしましょう。

2.「まずは会員登録(無料)」を押す

【MS-Japan】公式サイト-トップ

公式サイトトップページにある「まずは会員登録(無料)」を押します。

3.基本情報を入力

MS-Japanの登録に必要な情報は以下です。

  1. メールアドレス(登録IDになります)
  2. 氏名・生年月日・性別
  3. 転職に関する連絡先(IDと同じアドレスはチェックを入れるだけ)
  4. 現住所・携帯番号
  5. 学歴
  6. 経験職種
  7. 希望職種
  8. 所有資格
  9. 現在の年収

【MS-Japan】登録画面

経験職種と所有資格は記入必須項目ではありませんが、記入できる内容がある場合は記入するようにしましょう

入力が完了したら「規約に同意して登録」を押します。

4.登録完了!

MS-Japanから「仮パスワード発行」メールが届いたら、記載の手順に従い本パスワードを設定すれば登録完了です。

メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダに入っていないかの確認と「@jmsc.co.jp」の受信を許可設定にしてください。

パソコンとスマホ、どちらからでも簡単に登録可能よ☆

MS-Japanに登録後の流れ

MS-Japanに登録完了後に、エージェントから電話かメールでキャリアカウンセリングの日程確認があります。

MS-Japanのオフィスが遠方の場合などは、電話でもカウンセリング可能です。

キャリアカウンセリングでは転職の効率が上がるサポートが色々受けられるのよ♡

MS-Japan登録後に受けられるサポート

ここからはMS-Japanの転職サポートを紹介していくわよ!

    <MS-Japanの転職サポート一覧>

  • キャリアプランの提案
  • 応募書類作成サポート
  • 面接対策
  • 非公開求人の紹介
  • 転職に関する相談会・セミナーへの参加
  • 採用企業との交渉
  • おすすめキャリア診断

キャリアプランの提案

キャリアカウンセリングで求職者の経歴や転職先の希望などを確認し、キャリアアドバイザーが今後のキャリアプランを提案

転職して終わりではなく、その後仕事を続けていく上での目標やどうなりたいのかなど、キャリアアドバイザーが一緒に考えてくれます。

応募書類作成サポート

履歴書や職務経歴書など、応募書類の作成サポートをしてくれます

書き方マニュアルやサンプルの提供、作成後の添削も行なってくれるので、利用すれば書類の通過率も上がるでしょう。

面接対策

企業で面接を受ける前に、応募先に合わせた面接時のアドバイスや模擬面接などを実施

事前に面接対策をすれば、本番の質疑応答などに焦らず答えられる可能性も上がり、通過率がアップします。

非公開求人の紹介

MS-Japanの保有する求人は、90%が一般に公開されていない非公開求人です。

非公開求人の中には、応募が集中しやすい好条件の求人などもあるので、希望の転職先に出会える確率が上がります

転職に関する相談会・セミナー

MS-Japanでは、無料で参加可能な転職に関する相談会・セミアーが常時開催されています。

登録後にマイページから予約でき電話でも参加可能なので、気軽に参加して転職活動の悩みや不安を解消しましょう。

採用企業との交渉

MS-Japanでは、選考スケジュールや日程の調整入社後の就業条件や年収などの交渉もエージェントが代行してくれます。

自分では交渉しづらい内容も、転職のプロであるエージェントが代行してくれるのは、転職エージェンを利用する利点と言えるでしょう。

おすすめキャリア診断

【MS-Japan】キャリア診断

MS-Japanへ利用登録後、マイページから無料でキャリア診断を受けられます

具体的にどんな職種へ転職するか迷っている人でも、自分がどんな職種へ転職が向いているのかが分かるため、今後の転職活動の指針が分かる診断です。

転職に関するサポートを全て無料でしてくれるんだね!

そうなの!だから転職を迷っている子も、登録してキャリア診断をするだけでも利用しちゃえるわ☆

MS-Japanへ登録がおすすめの人

MS-Japanはどんな人に登録がおすすめなのかな?

  1. 管理部門・士業への転職希望
  2. 主要都市で転職したい
  3. 転職希望職の経験や資格がある

管理部門・士業への転職希望

楽天インサイトの調査(2019年3月)では、管理部門・士業特化型エージェントの登録率・相談率・転職決定率の3項目でNo.1を獲得

管理部門・士業に特化した転職のプロが職種によって的確なアドバイスをしてくれるため、転職成功率が格段に上がります

主要都市で転職したい

MS-Japanの求人は4000件以上あり、その内60%以上が東京近郊の求人です。

首都圏以外では、神奈川・愛知・大阪など、主要都市の求人が多くあります。

MS-Japanの拠点も東京・横浜・名古屋・大阪にあるため、主要都市近郊の人には利用しやすいと言えるでしょう。

転職希望職の経験や資格がある

経理や会計職の経験がある、簿記や会計士などの資格を持っている場合は、MS-Japanを利用すれば転職成功率が上がります

未経験でも簿記3級の資格を取得し転職に成功した人はいるので、実務経験がなくても転職は可能です。

今までの経験や持っている資格を活かしたい子には、特に利用おすすめの転職エージェントね!

MS-Japanと併用すべき転職エージェント

MS-Japanと併用がおすすめの転職エージェントを紹介するわね☆

リクルートエージェント ジャスネットキャリア
主な年齢層 20代~35歳 20代後半~30代
主なサポート対象者 全転職者に対応 会計・経理・財務に特化
特徴 業界最大手
求人数No.1
面接対策が充実
会計・経理・財務の求人多数
非公開求人99%
手厚いサポート
簡単登録
(無料)

転職エージェントを利用する時は通常2~3社を併用すれば、転職の効率も希望の転職先に出会える可能性もアップします。

経理や会計士などの転職を考えている場合は、「MS-Japan」と「ジャスネットキャリア」と「リクルートエージェント」を併用すれば、よりスムーズに転職成功が実現できます

転職エージェントを複数併用して、あなたの転職の可能性を広げてみて♡

MS-Japanは1分で登録可能!無料利用で転職の効率がアップ

MS-Japanの登録は無料で簡単に完了し、利用すれば転職の効率が格段にアップします。

経理・人事・法務・会計士・税理士・弁護士などで転職を考えている人は、MS-Japanを活用して理想の転職を成功させましょう。

MS-Japan

管理部門・士業特化型エージェント
経理・人事・会計士・税理士・弁護士の転職なら
転職決定率No.1MS-Japan

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事