最終更新日:

MS-Japanの退会方法は?退会時の注意点と転職を成功させる方法

【MS-Japan】退会

経理・人事・法務・会計士・税理士・弁護士など、管理部門や士業特化型の転職エージェント「MS-Japan(エムエスジャパン)」。

しかし「希望の転職先が見つからない」「担当者が合わない」など様々な理由で退会を考える人も少なくありません。

MS-Japanの退会は簡単にできますが、退会せず他社と併用すれば転職成功率をアップさせられます

今回は、MS-Japanの退会方法、MS-Japanを退会する際の注意点、MS-Japanの退会理由と改善策、併用おすすめの転職エージェントを詳しく解説していきましょう。

MS-Japanの退会方法

MS-Japanの退会方法は2種類あります。

  1. 公式サイトから退会する
  2. 担当者へ連絡して退会する

退会手続きはどちらでも簡単にできるわ。やり方を紹介するわね!

1.公式サイトから退会する

MS-Japanの公式サイトからの退会は、以下の3つの手順で簡単に完了します。

  1. MS-Japan公式サイトからマイページへログインする
  2. マイページ右上の「マイページの使い方」をクリック
  3. 「退会手続き」から退会申請を出せば退会完了

退会手続きは1分程度で完了するので、非常に簡単です。

2.担当者へ連絡して退会する

MS-Japanの担当者へ電話かメールで退会したい旨を伝えます

選考中の案件がある場合は必ず担当者へ連絡してから退会手続きを行ってください。

  1. 担当者へ退会したいと電話かメールで連絡する
  2. 選考中の場合は辞退する旨を伝える
  3. サービスの利用を終了すると伝えれば退会完了

退会手続きはこんなにすぐ終わっちゃうんだね!

退会手続きはすぐに完了するけど、その前に確認しておきたい注意点があるから見ていきましょ。

MS-Japanを退会する際の注意点

内定後の退会は必ず「入社してから」

企業から内定が出た時に入社準備などで期間が空く場合がありますが、入社が完了する前に退会してしまうのは早計です。

万が一「内定取消し」になった際に退会しているとサポートを受けられなくなってしまい、また1から転職活動をしなければなりません。

MS-Japanを利用して内定が出た時は、必ず入社が完了してから退会手続きをしましょう

現在応募中の企業がないかを確認する

MS-Japanのマイページから、現在応募中・選考中の企業がないかを確認します。

応募先の企業へ迷惑をかけないためにも、応募中・選考中の企業がある場合は、選考辞退の連絡をしてから退会の手続きを進めてください

キャリアアドバイザーへ連絡をする

退会をする際には、お世話になった担当キャリアアドバイザーへお礼と共に退会理由も伝えておきましょう

「他で転職が決まった」「転職活動を辞める」など簡単に退会理由を説明しておくと、トラブルにもならずスムーズに退会ができます。

退会すると個人情報は削除される

MS-Japanを退会すると、マイぺージに記入した個人情報は削除されます

MS-Japanに提出していた書類などはマイページにアップロードされているので、必要な場合は退会前に控えておきましょう。

退会するとMS-Japanを再度利用しても情報は復元されないわ。本当に退会しても大丈夫かよく確認してから手続きするのよ!

MS-Japanの退会理由と改善策

退会しようと思う理由は色々あるけど、退会しなくて済む改善策ってあるのかな?

    <MS-Japanの退会理由>

  1. 転職活動をやめた
  2. 担当者との相性が合わない
  3. 希望条件に合う求人が見つからない

改善策はあるわ!退会すべきか悩んでる子はぜひ目を通してちょうだい☆

転職活動をやめた

●別のエージェントで転職先が決まった
●転職活動ができなくなった
●現職を続けるため転職活動をやめる

上記のような理由から転職活動をやめるため退会したい人は、いつか転職活動を再開した時のために「転職サポートサービスの停止」をおすすめします

    <転職サポートサービス停止方法>

  1. マイページのプロフィール画面へ
  2. 「現在、転職活動中ですか?」を『いいえ』に変更する
  3. 転職サポートサービスの利用停止完了

MS-Japanでは、退会せずに転職サポートサービスのみの停止ができるので、個人情報を削除せずに転職活動の休止が可能です。

担当者との相性が合わない

転職エージェントを利用していて、担当になったキャリアアドバイザーが自分と合わないと感じる転職者もいます。

担当者との相性が悪いと感じた場合は、退会する前にキャリアアドバイザーの変更依頼をしてみましょう。

担当者へ変更の依頼をするのが気まずい場合は、MS-Japan公式サイトの「お問い合わせ」から担当者変更を依頼できます。

希望条件に合う求人が見つからない

MS-Japanは首都圏の求人に強く、拠点も東京・横浜・名古屋・大阪と主要都市に集中しています。

首都圏以外では極端に求人が少ない地域もあるなど、自分の希望条件に合う求人が見つからない場合も

希望の求人を見つけるためには退会はせず、他の転職エージェントを併用してより多くの選択肢から希望の求人を探しましょう

MS-Japanは管理部門・士業に特化してるから、好条件の求人が出てきた時に退会してたら損になっちゃうわ!

MS-Japanと併用おすすめの転職エージェント

MS-Japanで希望の求人が見つからなかった場合の、併用がおすすめの転職エージェントを紹介するわね☆

リクルートエージェント ジャスネットキャリア
主な年齢層 20代~35歳 20代後半~30代
主なサポート対象者 全転職者に対応 会計・経理・財務に特化
特徴 業界最大手
求人数No.1
面接対策が充実
会計・経理・財務の求人多数
非公開求人99%
手厚いサポート
MS-Japanを利用する
(無料)
マイナビ会計士 マイナビ税理士
転職エージェント
主な年齢層 20~30代 20~30代
主なサポート対象者 公認会計士
試験合格者
USCPA
税理士
科目合格者
特徴 初めての転職にオススメ
非公開求人80%
手厚いサポート
科目合格者の転職支援に強い
非公開求人80%
手厚いサポート
MS-Japanを利用する
(無料)

転職エージェントを利用する時は通常2~3社を併用すれば、転職の効率も希望の転職先に出会える可能性もアップします。

経理や会計士などの転職を考えている場合は、「MS-Japan」と「ジャスネットキャリア」と「リクルートエージェント」を併用すれば、よりスムーズに転職成功が実現できます

会計士や税理士の資格を持っている場合は、「マイナビ会計士」や「マイナビ税理士」などの各業界に特化した転職エージェントを併用しましょう。

転職エージェントを複数併用して、あなたの転職の可能性を広げてみて♡

MS-Japanは退会せず他エージェントと併用で転職成功率アップ

MS-Japanの退会を考える理由は様々ですが、退会せずに転職サポートサービスのみ停止も可能で、他エージェントと併用すれば転職成功率もアップします。

退会したい原因を改善し、MS-Japanをうまく活用して希望の転職を叶えましょう。

MS-Japan

管理部門・士業特化型エージェント
経理・人事・会計士・税理士・弁護士の転職なら
転職決定率No.1MS-Japan

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事