最終更新日:

50代外資系特化の転職エージェントは?リストラの関係・50代外資系転職方法

50代外資系特化の転職エージェントは?リストラの関係・50代外資系転職方法

「50代で外資系企業に転職できる?」
「50代で外資系に転職する方法は?」

50代で外資系に転職したいと考えている人も少なくありません。

外資系企業は年齢や性別に関係なく即戦力になる経験やスキルがあれば50代でも転職可能。定年の概念が無いため、年齢が理由のリストラもありません

本記事では、50代が外資系企業に転職可能な理由とメリット・外資系のリストラや50代外資系転職方法をご紹介。

年収アップしたい・外資系企業に転職したい50代は必見です。

≫50代におすすめ外資系転職エージェント

50代対応 外資系に特化した転職エージェント

ロバート・
ウォルターズ
エンワールド
サイト ロバート・ウォルターズ公式サイト エンワールド公式サイト
タイプ 転職エージェント
年齢層 30代~50代 28歳~50代
特徴 英語が活かせる求人のみ/ビジネスレベルの英語力がある人向け
コンサルタント 業界/職種に精通したコンサルタントがチーム体制でサポート
サポート 全員バイリンガル会話は英語 年収800万円以上の求人数常時1万件以上
実績 満足度93%
Company of the Year(最優秀企業/英国)
2019年転職成功者の満足度94.8%
面談 要相談
面談は全て英語で実施
全体
求人数
約1,500件 約1,000件
主な
業種/職種
製造/IT/金融/不動産など IT/コンサル/経営など幅広い業界を取扱い
公式


JACリクルートメント ランスタッド
サイト JACリクルートメント
ランスタッド
タイプ 転職エージェント
年齢層 30代~50代 25歳~
特徴 世界11か国に広がるネットワークを駆使し各国の情報を搾取 世界39の国/地域に4600以上の拠点
コンサルタント サービスクオリティが約束された総勢約800名のコンサルタントがサポート 英語/中国語対応可能なバイリンガルコンサルタント多数在籍
サポート 高い交渉力で転職時の年収100万円UP 案件紹介+スカウトのハイブリッド型でマッチング力が高い
実績 転職支援実績
約43万人
転職成功者の
60%以上が年収1,000万円を実現
全体
求人数
約11,000件 約8,000件
主な
業種/職種
技術/専門/管理職 技術/エンジニア/管理職
公式


アージス
ジャパン
アクシスコンサルティング
サイト アージスジャパン公式サイト アクシスコンサルティング公式
タイプ 転職エージェント
年齢層 20代~50代 20代~30代
特徴 一人一人に合ったオーダーメイドのキャリアプランを作成 コンサルタント専門エージェント
コンサルタント 一人が企業と利用者の両者を担当する一貫型コンサルタント 業界出身者多数
サポート 一貫型で得た企業の内部情報を惜しみなく提供 独立支援やフリーランスから正社員転職のサポートあり
実績 キャリアカーバー求職者満足度No.1/その他2冠 5年連続で大手コンサルティングファーム在籍者の転職支援実績No.1
全体
求人数
約4,000件 非公開
全体の77%が非公開求人
主な
業種/職種
消費財/製造/IT業界 BIG4/総合コンサルファーム
公式


50代は外資系に転職可能

日系企業では定年制度があるため、応募条件に年齢が明記されていない求人でも書類・面接通過が困難な場合も少なくありません。

定年制度の概念が無く即戦力採用がメインの外資系企業では、専門的な知識やスキル・実績があれば年齢を不利にしない転職が可能です。

50代が外資系に求められるスキル

50代は目標の実現力と行動力が求められるため、資格やスキルがあるのは基本。年相応のスキルが期待されます

■ 外資系企業が50代に求めるスキル
・今までに培った経験やスキル
・マネジメント/教育力
・ポータブルスキル
・コミュニケーション能力/協調性

英語を使用する部署や職種ではTOEIC800点前後が必須ですが、日本人同士での取引や会話が多い場合は高度な語学力は求められません。

しかし外資系転職では、語学力があって損はないため、身に付けておくといいでしょう。

50代が外資系に転職するメリット

高年収が目指せる

外資系企業の社員平均年収は800万円。

給与は「基本給」+「インセンティブ」で構成されており、インセンティブが大半を占める企業も少なくありません

外資系は成果主義のため、成果を出せば高年収が目指せます。

一方で思い通りの成果を出せなければ、想定以下の給与になる可能性も高いです。

外資系の年収が高い理由として、日系企業より福利厚生が充実していない・退職金制度が無いため、給与の中で調節しなければなりません。

経験やスキルを活かせる

外資系企業では自ら行動し成果を出さなければならないため、経験やスキルを遺憾なく発揮できます

実力次第で個人の評価が上がり昇給・昇格も可能です。

仕事・プライベートが両立できる

ワークライフバランスが重視されている外資系企業は、仕事の進捗具合で勤務時間を決められるフレックスタイム制を導入している企業も少なくありません。

仕事とプライベートがはっきりしており、業務外の接待や飲み会が不要な企業もあります。

業務・労働時間を調節できるため、仕事とプライベートを両立したい50代・女性は働きやすいでしょう。

50代と外資系での”リストラ”

かつて終身雇用が主流だった日系企業でも制度が崩壊しつつあり、40代や50代を対象に早期・希望退職を募る企業も少なくありません。

外資系企業では年齢や性別・人種を理由にしたリストラは差別と考えられており、訴訟問題に発展するケースも。

「定年」の概念が無い外資系企業では、リストラは成果を基準に実施されます

また特定の部署や職種が業績不振で解体されたり、本国からの撤退指示で日本支社がなくなるとリストラになる可能性が高いです。

年齢を理由にリストラはされませんが、常に成果を出し続ける必要があります。

50代外資系転職方法

企業の事前調査を徹底する

外資系企業は評価基準や業務範囲など、日系企業と異なる部分が多くあります。

■ 外資系企業と日系企業の違い
・成果主義
・福利厚生/退職金制度
・業務範囲
・研修制度
・英語を使用する場面がある
・仕事とプライベートの切り替え
・人の入れ替わりスピード

企業の中にも英語の使用頻度や年収制度の違いがあるため、企業の事前調査が必須。

求人だけでなくLighthouse(旧カイシャの評判)やopen workなどで雰囲気や内部情報を調査すれば、入社後のギャップを無くせるでしょう。

条件にこだわりすぎない

50代転職では企業への希望条件が高くなると共に、採用基準も厳しくなります。

希望条件を全て満たした転職は難しくなるため、年収や雇用形態など条件に優先順位をつけ選択肢を広げるといいでしょう。

スキルの棚卸・自己分析をする

企業が求めるスキルと保有スキルのマッチングが、採用を左右します。

今までに培った経験やスキル・強みを棚卸すると、自己アピールにも引用可能。

現在のスキルでは選択肢が狭い・外資系企業への転職が難しい場合は、資格取得や日系企業への転職も視野に入れましょう。

転職エージェントを利用する

50代転職では、若年層の転職活動に比べ思い通りに進まない可能性もあります。

外資系に強い転職エージェントでは、求人紹介はもちろん英文レジュメの添削・面接対策や条件交渉までサポート

必要な英語レベルや評価制度など企業ごとの社風を踏まえてアドバイスを受けられるのは、個人での転職活動に無いメリットです。

50代外資系転職が効率良く、有利に進められるでしょう。

外資系は実力があれば50代で転職できる

50代転職では経験やスキルを活かした即戦力採用がメインになりますが、外資系企業では成果を出し続ける実力が必要です。

外資系特化の転職エージェントを利用すれば、英語レジュメの添削や面接対策・条件交渉など個人での転職活動にはない情報も得られます。

50代転職で失敗したくない・企業ごとの対策を知りたい人は利用してみるといいでしょう。

■ 50代対応の外資系特化転職エージェント
ロバート・ウォルターズ
エンワールド
JACリクルートメント
ランスタッド
アージスジャパン
アクシスコンサルティング

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事