最終更新日:

女性の外資系転職方法は?女性が外資系で働くメリット・年収アップが叶う理由

女性の外資系転職方法は?女性が外資系で働くメリット・年収アップが叶う理由

「女性は外資系に転職できる?」
「女性が外資系に転職する方法は?」

女性で外資系に転職する方法を事前に知りたい人は少なくありません。

外資系企業では効率良く業務をこなしながら常に成果が求められるため、情報を素早く捉え簡潔に説明できる旨をアピールできれば採用されやすいです。

本記事では、女性が外資系で働くメリット・デメリット、外資系に向いている女性・女性の外資系転職術をご紹介。

外資系企業に転職したい・家庭と仕事を両立したい女性は必見です。

女性が外資系で働くメリット

性別・年齢に関係なく平等に評価される

過程や結果で評価される成果主義の外資系企業では、性別・年齢に関係なく仕事を任され個人の成果が給与に反映されます。

プライベートとの両立だけでなく仕事に打ち込みたい女性は、働きやすいと言えるでしょう。

成果で評価される外資系企業では日系企業より採用する年代の幅が広く、30代・40代など年齢に関係なく転職可能

ワークライフバランスが取りやすい

外資系企業ではワークライフバランスが重視されており、仕事の進捗具合により個人で労働時間を変えられるフレックスタイム制を導入している企業も少なくありません。

仕事とプライベートのオン・オフもはっきりしており、業務外の飲み会や接待などが不要なところも多いです。

業務や労働時間をセルフコントロールできるため、プライベートとの両立がしやすく育児もしやすいでしょう。

産休・育休を取得しやすい

大手外資系企業では、産休制度の取得方法が確立されているところも少なくありません。

産休の取得フローが決められている分育休も取りやすい傾向にあり、取得期間は個々の事情に合わせて調節してもらえる可能性が高いです。

育児期間中の「短時間勤務制度」を導入している企業も多く、子育てと仕事の両立が配慮されています。

時短勤務はフルタイム勤務と比べて年収が下がる場合があるため注意

女性が外資系で働くデメリット

安定しない

外資系企業の年収は「基本給」+「インセンティブ」の2つから成り立ち、インセンティブが大半を占める企業もあります。

成果主義の外資系企業では結果を出さなければ収入が下がる他、本国の方針により職場環境が変化しやすいです。

外資系企業は日系企業と比べて約2倍の平均年収がありますが、福利厚生・退職金制度が無い企業が多い

リストラ(解雇)される可能性がある

外資系企業では常に結果が求められるため、物事の筋道を立て効率良く業務をこなさなければなりません。

残業が多ければ勤務時間内に業務を終えられない・自己管理能力が低いと見なされ、評価が下がります。

指示待ちをして自ら動かない・成果を出せない人もリストラの対象となり、解雇される可能性が高いです。

外資系に向いている女性

キャリア志向の女性

性別や年齢に関係なく成果を出せば評価が上がり年収に反映される外資系企業は、自身のスキルを発揮したい女性向きです。

女性向けのリーダー研修が行われている企業もあります。

日系企業より女性管理職比率が高い

日本政府が掲げている2020年までに女性管理職比率を30%に引き上げる目標では2021年の結果、日系企業が13%に対し外資系企業は22%

女性管理職比率2020年30%(政府目標)
※1

国外と比べ、日本では女性管理職比率が低い事実を問題視していると回答したのは、日系企業が45%・外資系企業は68%でした。

国外と比べ女性管理職比率が低いと問題視している割合
※2

日系企業より女性管理職比率が高く、国外と比べて比率が低いと問題視している外資系企業では、女性が活躍しやすいと言えます。

柔軟な働き方を希望する女性

日系企業では結婚や出産を機に、退職や転職を余儀なくされるケースも。

外資系では、結婚や出産・子育てに理解がある企業が多く在宅や時短勤務などサポート体制が整っている企業が多いです。

ライフイベントに左右されず、働き方を柔軟に変えたい女性に向いているでしょう。

目標に対して実行できる女性

外資系企業では自身の意見を持たなければならない点も、大きな特徴。

目標に対して、どうすれば成果が出せるかを考え・実行できる女性向きです。

女性の外資系転職術

企業調査を怠らない

外資系企業は入社してから社風に馴染ませるのではなく、自社の社風にあっている人を採用する傾向があります

企業が求めている能力は何かを・現在のスキルや経験が活かせる会社かを調査しておくと求人のミスマッチが防止可能。

結婚や出産を視野に入れている女性は、サポート体制があるかも確認しましょう。

紙面だけでなく、Lighthouse(旧カイシャの評判)や転職会議で評価制度・職場の雰囲気などを調査すれば、転職の失敗を回避できます。

経験/実績を具体的に伝える

外資系では即戦力採用で入社後すぐに結果が求められるため、重視されるのはスキルや経験・実績です。

入社を見据え、どのスキルがどう活かせるのか数字を含めた志望動機を作成すると、能力がアピールでき採用されやすくなるでしょう。

論理的思考力をアピール

情報を論理的に捉え最短で結果を出すためには、ロジカルシンキングが必須。

自己アピールでは、「考えを素早く整理でき、簡潔に説明できる」旨を伝えましょう。

外資系に強い転職エージェントに相談

外資系に強い転職エージェントを利用すれば、現在のスキルや経験・希望に合った求人紹介をしてくれます。

外資系ならではの英語レジュメの添削・面接対策や条件交渉サポートも受けられるため、個人より効率的かつ有利な転職活動が可能です。

■ 転職エージェントで受けられるサポート
・求人紹介
・英文での履歴書/職務経歴書などの書類添削
・面接対策
・日程調節
・条件交渉
・退職相談
・入職後のアフターフォロー

外資系転職に強い転職エージェント

JACリクルートメント ランスタッド
サイト JACリクルートメント
ランスタッド
タイプ 転職エージェント
年齢層 30代~50代
アドバイザー サービスクオリティが約束された総勢約800名のアドバイザーがサポート 英語/中国語対応可能なバイリンガルアドバイザー在籍
実績 転職支援実績約43万人 年間約20万人の転職サポート実績
特徴 世界11か国に広がるネットワークを駆使し各国の情報を搾取 世界39の国/地域に4600以上の拠点あり
面談 平日~19:30
※土日祝不可
平日~19:00
※土日祝不可
地域 全地域対応
主な
業種/職種
技術/専門/管理職 技術/エンジニア/管理職
公式


ビズリーチ キャリアカーバー
サイト BIZREACH キャリアカーバー
タイプ スカウト型転職サイト
年齢層 30代~40代 20代~40代
アドバイザー ヘッドハンターがアドバイザーの役割を担う
サポート 「外資系」でヒットするヘッドハンター
約1,100名
「外資系」でヒットするヘッドハンター
約800名
実績 年収600万円以上の人に支持される転職サービスNo.1 転職時の平均年収900万円
特徴 年収600万円以上の人向け
面談 ヘッドハンターとのやり取りで各自調整
主な
業種/職種
IT系・管理職/役員・経営
公式


リクルート
エージェント
Spring転職エージェント
サイト
リクルートエージェント
Spring転職エージェント
タイプ 転職エージェント
年齢層 幅広い年齢層 20代~40代
アドバイザー 交渉/営業力に長けたアドバイザー在籍 6つの専門分野別でアドバイザー在籍
サポート 英文レジュメフォーマット/書き方公開 英文レジュメフォーマット/外資系企業転職術公開
実績 老舗ならではの転職ノウハウで採用成功実績41万人超 2018年 利用者満足度No.1
特徴 求人数No.1
面接対策充実
コンサルタントが6つの専門分野に分かれている
面談 10時~19時半
※土日対応
9時半~20時
※事前相談で土日対応
主な
業種/職種
IT・通信業界
営業・SE/ITエンジニア職
外資系企業/メーカー/IT・通信系
公式


女性の外資系転職は企業の事前調査で転職成功へ

外資系に転職する女性は、評価基準や年収制度・雰囲気を確認しましょう。

結婚や出産を視野に入れている女性は、産休や育休など働きやすさの調査も必須です。

転職エージェントを利用すれば、スキルや経験・人柄から、社風に合う企業を紹介してもらえます。

英文レジュメの添削や面接対策も受けられるため、外資系転職が効率良く進められるでしょう。


※1.2 出典 エン・ジャパン-「女性管理職登用比率3割」を2020年に達成できたのは2割未満

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事