最終更新日:

貿易事務になるには?貿易事務の仕事内容や年収・スムーズな転職方法とは

貿易事務になるには?貿易事務の仕事内容や年収・スムーズな転職方法とは

一般事務と比べて専門性が必要な貿易事務。

グローバルな仕事がしたいけど、仕事内容やどんな人が向いているのか気になりますよね。

本記事では、貿易事務の仕事内容や向いている人・必要なスキルや活かせる資格・年収をご紹介。加えて、貿易事務へ転職する際に活用できる転職エージェントもお伝えします。

語学を活かした仕事がしたい・仕事で海外と関わりたい人は必見です!

あなたが「貿易事務に向いているか」
適性診断するにはこちら≫

貿易事務とは

貿易事務は、輸入・輸出の貿易に関わる企業の事務職。

書類制作や手続きを行う点は一般事務と同じですが、貿易事務は語学力や専門知識が必要な専門性の高い仕事です。

貿易事務の仕事内容

貿易事務の仕事内容は、輸出業務と輸入業務の2つに分けられます。

1.輸出業務
輸出通関手配や書類作成・運送便/倉庫の手配
2.輸入業務
輸入通関手配・関税/消費税納付や商品管理

貿易事務 業務内容

※1

≪貿易事務の主な仕事内容≫

  • 貿易の書類作成・処理
  • 輸送手配
  • 通関手配
  • 出荷や発注・納品などスケジュール管理
  • 電話やメール・来客対応

貿易事務は、英文での書類作成・チェックが多く語学力が必要です。しかし、取り扱う書類によってはテンプレートで作成されるものもあるため未経験から挑戦できる企業もあります。

貿易事務の勤務先

貿易事務は、「商社・メーカー」「国際物流やフォワーダー(仲介)・船会社」「海貨業者や倉庫会社」に分けられ業界・部署によって仕事内容が変わります。

大企業や人手が多い場合は、上記で紹介した仕事内容が工程によって担当が振り分けられている場合もあるのです。

貿易事務 なるには

貿易事務の適性

  • 語学が好き・活かしたい
  • グローバルな仕事がしたい
  • コミュニケーションがすき
  • 学ぶ・勉強が好き
  • 几帳面

貿易事務になるには、語学が好き・活かしたい思いがあるのはもちろん、国内外で人と関わる機会が多いため人と接するのが好きな人が向いています。

また、業務では多くの書類制作ルールや手続き方法・専門用語を覚えなければなりません。よって、普段から学ぶことが好き・一つ一つの仕事をスピード感を持ってこなせる几帳面さが求められます。

貿易事務に必要なスキル

■ 英語(語学)の読み・書き
業務内での書類は基本的に英語。読み書きができる必要がある
■ パソコンスキル
パソコンを使った業務が主となるため操作できるのは最低限のスキル。
■ コミュニケーション
語学を駆使して人と接するので、認識の確認・メモを取って記録するなど工夫しなければならない。受け身ではなく積極的にコミュニケーションを取る姿勢が重要
■ 臨機応変な対応力
貿易は、天候などにより荷物の到着が遅れたりとトラブルが付きもの。臨機応変に対応し、最善を考え行動するスキルが不可欠
■ スケジュール管理能力
貿易では多くの人が関わるため、スケジュール管理能力は必須。長期的な計画の中で段取りを組む必要がある
■ 作業の正確性・スピード感
書類上の手続きが多く、正確かつスピーディに処理する能力が求められる
\*スキル重要度*/

貿易事務に求められるスキル

※2

貿易事務に活かせる・必要な資格

貿易事務になるには、英語力やPCスキル・貿易事務に関する知識を証明できる資格があると有効です。

貿易事務に有効な資格

■ 英語の資格
・TOEIC(TOEIC Listening & Reading Test)
・日商ビジネス英語

■ PCスキルの資格
・マイクロソフトオフィス スペシャリスト(MOS)

■ 貿易関連の資格
・貿易実務検定
・国際取引業務検定
・通関士試験

貿易事務の求人には、「要・英語スキル」「TOEICテスト○○以上」「Excel知識有」などの応募条件が設定されているケースが多いです。上記に加え、貿易事務経験者が条件になる場合もあります。

貿易事務の年収

dodaが発表した2020年1月のデータでは、貿易事務の平均年収は368万円でした。下記のように、貿易事務の年収は様々な事務職の中でも比較的高いと言えます。

≪事務職の年収≫
・一般事務:327万円
・営業事務:327万円
・医療事務:284万円

マイナビが発表した貿易事務の平均時給は、1,503円。専門知識を求められる貿易事務の収入は、高い水準にあります。

求人には、年収500万円以上に設定されているものもあるため、自身のスキル・経験によって高収入を狙える職種です。

※3

貿易事務に就くなら転職エージェント

転職には、ステップが多く手間・時間がかかってしまう点がデメリットです。

転職エージェントでは、手続きや年収など条件交渉を代理で行ってくれるので、スムーズかつ有利な転職活動ができます。

海外取引のある企業に強い転職エージェントなら、外資系など語学を活かせる企業への転職ノウハウに詳しく希望通りの転職が実現できるでしょう。

    ≪転職エージェントのサポート内容≫

  • 求人検索・紹介から応募・推薦
  • 書類添削
  • 面接日程の調節・面接対策
  • 採用条件(給与や配属先)を企業に交渉
  • 契約書など入社関連の手続き


貿易事務に活用可能 転職エージェント

JACリクルートメント ビズリーチ
サイト名
公開求人数 約3,000件
非公開求人60%
約123,000件
ヘッドハンター保有求人により変動
貿易事務
求人数
約60件
事務職全体の求人数
約50件
主な年齢層 30~50代 30~40代
サービス 専任制 スカウト型
支援実績 累計約43万人 優秀なヘッドハンター4,500人の支援実績有
特徴 ハイクラスな外資系企業/海外転職,管理職/専門職

求人多数
丁寧なサポート
ハイクラスNo.1
ヘッドハンターと企業からも
スカウトが届く
面談確約スカウトあり
簡単登録
(無料)

※求人数は2020/6/10時点


リクルートエージェント doda
サイト名
全体求人数 約210,000件 約100,000件
貿易事務
求人数
約20件 約50件
主な年齢層 20代~35歳 26~35歳
サービス 専任制 専任制
支援実績 採用成功実績は41万人超 業界30年の採用成功実績
特徴 業界最大手
求人数No.1
面接対策が充実
求人数約10万件
非公開80%超
丁寧なサポート
簡単登録
(無料)

※求人数は2020/6/10時点


1社が保有する求人が少ないと感じた際は、転職エージェントの併用が得策。求人数・サポートの幅が広がり更にスムーズな転職活動ができます。

貿易事務の適性を知る

貿易事務に興味があるけど、なれるか不安な場合はリクナビNEXTのグットポイント診断がおすすめ。

簡単な質問に答えるだけで自信の強みが5つ分かり、そのデータを基に適した職種を抽出してくれるので、今後のキャリアを考える指標になります。

自己分析もかねて、診断してみましょう。


※1 出典:パーソルパナソニックHRパートナーズ貿易事務のお仕事とは
※2 出典:マイナビキャリレーション貿易事務に求められるスキル
※3 参考①:doda 平均年収ランキング 最新版【職種別】,
参考②:マイナビキャリレーション 貿易事務とは

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事