最終更新日:

外資系転職は失敗?後悔した例と向いてない人・失敗しない方法で転職成功

外資系転職は失敗?後悔した例と向いてない人・失敗しない方法で転職成功

「外資系転職で失敗したくない」
「失敗しないためにはどうすればいいか」

外資系転職に失敗しないためにはどうすればいいか、悩んでいる人も少なくありません。

外資系転職は、日系企業との違いを理解し企業情報を多方面から調査したうえで転職すると、入社後のギャップを無くし転職失敗を回避できます

本記事では、外資系企業への転職失敗例と外資系転職で失敗しない方法・外資系に強い転職エージェントをご紹介。

外資系企業で失敗したく無い人は必見です。

外資系転職で後悔した例

外資系企業は、過程と成果によって評価される成果主義が主流。実力があれば昇進できるため、入社1年目から管理職に就く人もいます。

しかし日系企業と評価基準や職種の専門性が違い、外資系企業への転職を失敗したと感じる人も少なくありません。

外資系では日常語が英語の企業も多く、語学力が原因で昇進・年収アップを逃すケースもあります。

■ 外資系転職での失敗例
・年収が低い
・社風が合わない
・業務範囲が決められている
・海外勤務が無い

成果が出せず年収が低い

国税庁が調査した2019年の日本人平均年収は436万円に対し、外資系企業の平均年収は約800万円と約2倍です。

しかし外資系企業では「基本給」+「インセンティブ」の2つから成り立ち、インセンティブが大半を占める企業も。

自身の実績によってインセンティブは変動するため、十分な成果が出せず予測していた年収より低い場合も少なくありません

成果が給与に直結する仕組みから、外資系企業への転職が失敗と感じる人もいます。

社風が合わない

外資系企業では、成果が出せない人=リストラの対象。効率良く業務をこなし、常に結果を出さなければなりません。

残業が多ければ業務時間内に仕事が終えられない・自己管理能力が低いと捉えられ、評価が下がります。

日系企業とは異なる評価基準や仕事の在り方など、外資系の社風に合わない人は転職の失敗を感じるでしょう。

業務範囲が決められている

外資系企業では、各職種で即戦力として活躍できる人を採用します。

新規の業務や活躍の場が広がるチャンスが少ないため、キャリアアップをするには業務の範囲内で突出した成果を出さなければなりません

幅広い業務に関わり・スキルアップするビジョンを描いて入社すると、転職の失敗を感じるケースも多いです。

海外勤務が無い

日本に支社を置く外資系企業の目的は、日本市場の開拓。

海外と提携して国内の事業拡大と顧客対応を行うための支社なので、海外出張や転勤の回数は多くありません

海外勤務を目的として外資系企業に入社した人は、ギャップを感じる可能性もあります。

外資系企業への転職に失敗しない方法

日系・外資系企業の違いを把握する

外資系企業と日系企業では、仕事の概念・評価基準が180度異なる企業もあります。

違いを把握しておけば入社後のギャップを防げるため、事前調査が必須です。

企業の下調べする

外資系企業は年収が高い傾向ですが、福利厚生は最低限・退職金制度がない企業も少なくありません

求人情報だけでなく、Lighthouse(旧カイシャの評判)や転職会議で評価制度・職場の雰囲気などを調査すれば、転職の失敗を回避できます。

中には、日系企業のように定年制度がある企業も。企業によって条件は違うため、多方面から情報を集めるといいでしょう。

経験/実績を具体的に伝える

外資系企業では即戦力採用のため、経験や実績が重視されます。

入社後、経験・実績を基にどう貢献できるのか数字も含めて具体的に伝えると能力がアピールできるため採用されやすくなるでしょう。

論理的思考力をアピール

情報を素早くとらえ最短で結果を出すため、外資系企業ではロジカルシンキング(論理的思考)が必須

「自身の考えを整理し、簡潔に説明できる」旨をアピール出来れば、高い評価を得られるでしょう。

外資系に強い転職エージェントに相談

外資系企業の転職に強い転職エージェントを利用すれば、経験やスキルに合った求人紹介はもちろん英語での書類添削・条件交渉のサポートが受けられるため、転職が有利になります

■ 転職エージェントで受けられるサポート
・求人紹介
・英文での履歴書/職務経歴書などの書類添削
・面接対策
・日程調節
・条件交渉
・退職相談
・入職後のアフターフォロー

外資系転職に強い転職エージェント

JACリクルートメント ランスタッド
サイト JACリクルートメント
ランスタッド
タイプ 転職エージェント
年齢層 30代~50代
アドバイザー サービスクオリティが約束された総勢約800名のアドバイザーがサポート 英語/中国語対応可能なバイリンガルアドバイザー在籍
実績 転職支援実績約43万人 年間約20万人の転職サポート実績
特徴 世界11か国に広がるネットワークを駆使し各国の情報を搾取 世界39の国/地域に4600以上の拠点あり
面談 平日~19:30
※土日祝不可
平日~19:00
※土日祝不可
地域 全地域対応
主な
業種/職種
技術/専門/管理職 技術/エンジニア/管理職
公式


リクルート
エージェント
Spring転職エージェント
サイト
リクルートエージェント
Spring転職エージェント
タイプ 転職エージェント
年齢層 幅広い年齢層 20代~40代
アドバイザー 交渉/営業力に長けたアドバイザー在籍 6つの専門分野別でアドバイザー在籍
サポート 英文レジュメフォーマット/書き方公開 英文レジュメフォーマット/外資系企業転職術公開
実績 老舗ならではの転職ノウハウで採用成功実績41万人超 2018年 利用者満足度No.1
特徴 求人数No.1
面接対策充実
コンサルタントが6つの専門分野に分かれている
面談 10時~19時半
※土日対応
9時半~20時
※事前相談で土日対応
主な
業種/職種
IT・通信業界
営業・SE/ITエンジニア職
外資系企業/メーカー/IT・通信系
公式


外資系対応スカウト型転職サイト

ビズリーチ キャリアカーバー
サイト BIZREACH キャリアカーバー
タイプ スカウト型転職サイト
年齢層 30代~40代 20代~40代
アドバイザー ヘッドハンターがアドバイザーの役割を担う
サポート 「外資系」でヒットするヘッドハンター
約1,100名
「外資系」でヒットするヘッドハンター
約800名
実績 年収600万円以上の人に支持される転職サービスNo.1 転職時の平均年収900万円
特徴 年収600万円以上の人向け
面談 ヘッドハンターとのやり取りで各自調整
主な
業種/職種
IT系・管理職/役員・経営
公式


外資系企業に向いていない人

安定を求める

外資系企業では自身の実績により年収が変動するため安定した収入は得られない他、本国の方針により職場環境が変化しやすいです。

制度化され安定した企業に勤めたい人には、不向きと言えます。

指示を仰いで行動したい

個人の実績が何よりも重視される外資系。

マニュアル通りに動きたい・指示待ちなど受け身の言動を取ると会社に不要とみなされ、リストラの対象になります。

仕事を貰いに行く・アイディアを出すなど積極性が無ければ、外資系企業で勤務を続けるのは難しいでしょう。

外資系転職で失敗しないためには企業を良く知る

外資系企業への転職では日系企業との違いを把握し、気になる企業の評価基準や雰囲気など様々な角度から調査すると入社後のギャップを回避でき、転職の失敗を防げます。

外資系に強い転職エージェントでは、経験やスキルに合った求人紹介や英文での書類添削が受けられ、スムーズな転職活動が可能です。

外資系企業に向いているかを確認し、日系企業のどちらに転職するかを検討しましょう。

■ 外資系転職に強い転職エージェント
JACリクルートメント
ランスタッド
リクルートエージェント
Spring転職エージェント
■ スカウト型転職サイト
ビズリーチ
キャリアカーバー

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事