最終更新日:

英語できない人は外資系に転職できる?英語ができないリスクと転職成功方法

英語できない人は外資系に転職できる?英語ができないリスクと転職成功方法

「英語できないけど外資系に転職したい」
「外資系=英語?」

外資系への転職で英語ができない状態で転職できるのか、悩んでいる人は少なくありません。

外資系でも英語が重視されない部署や職種があるため、英語ができなくても転職は可能。しかし一定以上のポジションや年収アップが難しくなるため、入社後の語学勉強は必須です。

本記事では、外資系で一般的に必要とされる英語力や英語ができなくても外資系に転職する方法を解説。

英語での転職サポートが受けられる外資系に特化した転職エージェントもご紹介します。

外資系転職での英語力は企業で異なる

外資系企業でも業務内容によって求められる英語力が異なるため、必ずしも英語が話せないといけないわけではありません

従業員の大半を日本人が占める・クライアントが日本企業の場合は、英語に関する条件が応募条件に書かれていない求人も。

しかし外資系企業では英語を使用する業務も多いため、英語ができると転職時の選択肢が広がります

外資系で一般的に必要とされる英語力

TOEICを運用・実施しているIIBCの2019年英語活用実態調査では、「今後ビジネスパーソンにとって重要な知識・スキルは英語」と回答した企業が82.6%。

今後ビジネスパーソンにとって重要な知識・スキルは英語

「社員や職員に不足している・今後強化しなければならない知識やスキル」でも英語が67.0%でした。

社員や職員に不足している・今後強化しなければならない知識やスキルは英語

グローバル化が進む近年では、外資系だけでなく日系企業でも語学力が求められる傾向が強いです。

TOEICスコア

英語力の目安として、TOEICの点数を設けている企業も少なくありません。。

一般的に外資系企業に転職するには、TOEIC700点が最低ライン。外部とのやり取りで英語を用いる業務がある企業では、800点以上が目安とされています。

英語でコミュニケーションが取れる

外資系企業は、成果主義のため年齢や性別に関係なく個人の実力で評価され昇給・昇格が決まります。

英語で自分の意見を述べ、アピールしなければならないため実践的な対応が重要

また外資系企業では、海外の企業との取引が多いです。

上司が日本人ではない・国外勤務になる可能性もあり、英語でのコミュニケーションが取れるかが問われます

メールや書類などの作成

海外本社や取引企業のやり取りは、基本英語。

メールやプレゼン資料・報告書など英語で作成する機会も少なくありません。

英会話だけでなく、読み書きでの語彙力や表現力があると採用されやすいでしょう。

英語ができなくても外資系に転職する方法

英語不要な業界・職種を狙う

従業員の多くや取引相手が日本人の場合、基礎レベルの英語で採用する外資系企業も。

■ 英語が重視されない業界・職種
業界:消費財メーカー(食品/家電)/保険/不動産/IT
職種:エンジニア/営業/コンサル など

英語スキルを重視しない業界や職種でも、どの程度英語のレベルが採用基準かは企業やポジションによって異なります。

企業探しの際は求人だけでなく様々な方面から情報収集し、求められる英語レベルだけでなく評価基準や職場の雰囲気などをチェックしましょう。

英語<仕事スキルの企業を探す

英語ができても、業務に活かせるスキル・能力が無ければ即戦力として採用されません。

実務経験や実績など、英語以外の仕事スキルを採用基準にしている企業も多いです。

仕事スキルを前面に出しアピールするといいでしょう。

応募してみる

求人にTOEICの点数が記載されていても、面接で必要な英語レベルを確認すると「入社してからの勉強でも良い」と言う企業もあります。

記載されている条件で応募を諦めず、とりあえず応募してみるのも外資系企業に飛び込む一つの手段です。

英語ができないまま外資系に入社するリスク

英語ができなくても外資系企業に入るチャンスはありますが、英語ができないまま入社すると苦労する点があります。

英語ができなければ語学力が足枷となり、昇格や年収アップを逃す人も少なくありません。

入社後、英語の勉強は必須です。

■ 英語ができず苦労する点
・資料/メール作成に時間がかかる
・社内研修が英語
・英語で発言できず評価されない
・周囲人にフォローされなければ仕事が進まない
・マネージャー以上への昇格/年収アップが不可能

転職エージェントを利用する

外資系に強い転職エージェントでは求人紹介だけでなく、英語レジュメの添削や面接対策・条件交渉のサポートが受けられます。

必要な英語レベルや社風・評価制度など企業ごとの特色を踏まえアドバイスを得られるのは、個人での転職活動にはないメリット。外資系企業への転職なら、活用がおすすめです。

外資系に特化した転職エージェント

JACリクルートメント ランスタッド
サイト JACリクルートメント
ランスタッド
タイプ 転職エージェント
年齢層 30代~50代
アドバイザー サービスクオリティが約束された総勢約800名のアドバイザーがサポート 英語/中国語対応可能なバイリンガルアドバイザー在籍
実績 転職支援実績約43万人 年間約20万人の転職サポート実績
特徴 世界11か国に広がるネットワークを駆使し各国の情報を搾取 世界39の国/地域に4600以上の拠点あり
面談 平日~19:30
※土日祝不可
平日~19:00
※土日祝不可
地域 全地域対応
主な
業種/職種
技術/専門/管理職 技術/エンジニア/管理職
公式


ロバート・
ウォルターズ
Spring転職エージェント
サイト ロバート・ウォルターズ公式サイト
Spring転職エージェント
タイプ 転職エージェント
年齢層 20代~40代
アドバイザー アドバイザー全員バイリンガル
会話は英語
6つの専門分野別でアドバイザー在籍
サポート 業界専門アドバイザーがチーム体制でサポート 英文レジュメフォーマット/外資系企業転職術公開
実績 満足度93%
Company of the Year(最優秀企業/英国)
2018年 利用者満足度No.1
特徴 英語が活かせる求人のみ/ビジネスレベルの英語力がある人向け 世界60の国/地域拠点あり
面談 要相談
面談は全て英語で実施
9時半~20時
※事前相談で土日対応
主な
業種/職種
製造/IT/金融/不動産など メーカー/IT・通信系
公式


外資系を扱うハイクラス向けスカウト型転職サイト

ビズリーチ キャリアカーバー
サイト BIZREACH キャリアカーバー
タイプ スカウト型転職サイト
年齢層 30代~40代 20代~40代
アドバイザー ヘッドハンターがアドバイザーの役割を担う
サポート 「外資系」でヒットするヘッドハンター
約1,100名
「外資系」でヒットするヘッドハンター
約800名
英語レベル ヘッドハンターの英語レベルを4段階から選べる
実績 年収600万円以上の人に支持される転職サービスNo.1 転職時の平均年収900万円
特徴 年収600万円以上の人向け
面談 ヘッドハンターとのやり取りで各自調整
主な
業種/職種
IT系・管理職/役員・経営
公式


外資系を扱う総合転職エージェント

リクルート
エージェント
サイト
リクルートエージェント
タイプ 転職エージェント
年齢層 幅広い年齢層
アドバイザー 交渉/営業力に長けた
アドバイザー在籍
サポート 英文レジュメフォーマット/
書き方公開
実績 老舗ならではの転職ノウハウで採用成功実績41万人超
特徴 求人数No.1
面接対策充実
面談 10時~19時半
※土日対応
主な
業種/職種
IT・通信業界
営業・SE/ITエンジニア職
公式

英語ができない状態でも外資系に転職可能

外資系の中でも英語を重視しない部署や職種があり、英語ができない状態でも入社できる企業はあります

しかし英語ができなければ昇格や年収アップを逃す他、意見が述べられず評価が0にもなり得るため入社後の語学勉強は必須です。

外資系に強い転職エージェントを利用すれば、現在の英語力に合った企業紹介や英語レジュメの添削・面接対策が受けられます。

経験やスキル・英語レベルを考慮して転職のアドバイスが貰えるため、外資系企業への転職を有利に進めたいなら利用がおすすめです。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事