最終更新日:

パワハラで転職すると不利?理想の企業に転職できるパワハラ脱出法

「他の社員の前で上司から恫喝される」「社長から深夜労働、休日出勤を強要される」「先輩のミスの責任を負わされる」

社会人経験の浅い20代ならまだしも30代以降になると「パワハラ」だけが原因での転職に抵抗感を覚えやすいです。

執拗な引き止めに合えば辞めるのも容易ではなく理不尽な環境から逃れたいのに辞められない状況に陥るケースは少なくありません。

転職理由をポジティブに変換すればパワハラが原因でも転職は可能、企業の選び方に気をつければ転職先でのパワハラも回避できます

今回はパワハラの現状を浮き彫りにし、パワハラのない企業の選び方、転職理由の上手な伝え方、辞められない状況でも確実に退職して転職する方法を解説していきましょう。

今すぐにパワハラから脱出してより良い企業に転職したい求職者は必見です!

パワハラの現状

パワハラを受けた経験がある人は年々増加

厚生労働省の平成28年の調査によると、「過去3年間にパワハラを受けた経験がある」と回答した人は全体の32.5%

前回調査実施時(平成24年)の25.3%と比べても、明らかに増加傾向です。

単純にパワハラの発生件数の増加と、パワハラの認知度が高まってきている背景があります。

部下や後輩への指導の名のもと、パワハラは我慢しなければならないと見過ごされた時代は今は昔。

行き過ぎた指導に目をつぶる時代ではないため、理不尽な行為をパワハラだと認識する人が増えているようです。

パワハラが理由でも転職は成功する?

出典:あかるい職場応援団/厚生労働省

30代が最もパワハラを受けやすい

年代 経験あり 経験無し
20代 23.3% 76.7%
30代 27.2% 72.8%
40代 25.7% 74.3%
50代 24.8% 75.2%

厚生労働省の調査によると、最近3年間にパワハラを受けた経験がある年代別の割合は30代が27.2%と最も高く、次いで40代、50代、20代となっています。

パワハラ経験の有無 性別・職種別

性別×職種 経験あり 経験無し
管理職 31.1% 68.9%
男性正社員 26.8% 73.2%
女性正社員 29.0% 71.0%
男性正社員以外 20.9% 79.1%
女性正社員以外 19.3% 80.7%

性別・職種別にみると、管理職(男女合計)が31.1%と最も高く、正社員なら女性の方が、正社員以外なら男性の方がややパワハラを受けやすい傾向にあるようです。

参考:職場のパワーハラスメントに関する実態調査について/厚生労働省

20代の方が上司や先輩も多いからパワハラを受けそうだけど、なんで30代が一番多いんだろう?

中間管理職がパワハラに合う確率が高いのよ。30代で課長や係長の人って多いでしょ?役職に就いてはいるけど会社ではまだ若いから立場や年齢が上の人からしたら攻めやすいのね。

部下を抱える責任ある立場の人が上司からパワハラを受けやすいのか…。なんだか悔しいよ。

パワハラのない企業に転職する方法

パワハラの解消には人事に相談して部署移動や配置転換をしてもらうのも一つの方法ですが、トラブルなしで平穏無事にパワハラから抜け出せる望みは薄いでしょう。

何かしらパワハラをしている側に伝わり逆に状況が悪化しないとも限りません。

パワハラ脱出の手段に転職を選ぶなら、仕事だけでなく家族や将来を見据えて慎重に。

どれだけ優良企業に転職できたとしてもパワハラは起こり得ますが、パワハラの可能性が低い企業は見極められます

パワハラが発生している企業の特徴を理解し、パワハラ対策に熱心な会社に絞れば、転職先でのパワハラは回避可能です。

パワハラが起こりやすい会社を避けて転職

パワハラが発生している職場の特徴

パワハラが発生している職場の特徴

出典:明るい職場応援団/厚生労働省

厚生労働省の企業調査によると、パワハラに関連する相談がある職場の共通点として「上司と部下のコミュニケーションが少ない職場」が45.8%と最も高い割合でした。

次いで「失敗が許されない/失敗への許容範囲が低い職場」、「残業が多い/休みが取り難い職場」となっています。

企業選びの際には、口コミやSNSなども駆使してしっかりとコミュニケーションがとれる環境かを確認しましょう。

上司だけでなく部下や後輩との関係も重要。失敗に厳しい環境は成果主義などノルマのある職場に多い。残業が多く有給取得率が低い企業もパワハラの可能性大。

パワハラ予防に取り組む会社を選んで転職

[パワハラ対策をしている企業の割合]

出典:明るい職場応援団/厚生労働省

パワハラ対策をしている企業の割合を見てみると、予防・解決に向けた取組をしている企業は全体で52.2%。従業員1000人以上の企業では88.4%と高い割合です。

その反面、従業員99人以下の企業では26%にとどまっていることから、従業員数が多い大企業の方がよりパワハラ対策への意識が高いと言えます。

パワハラ対策に高い関心を持っているかどうかが企業を選ぶポイント。

「どこに行っても同じだ」「ここで頑張れないなら他でも無理だ」はパワハラの常套句よ。この言葉が足枷になって転職に踏み出せない子もいるわ。パワハラ対策に前向きな企業も多いんだから、パワハラを改善する気がない会社は間違ってる!

転職理由はパワハラをポジティブに変換

企業としてパワハラ対策は取り組むべき社会問題ですが、転職理由をパワハラとありのまま伝えるのは得策ではありません。

面接でネガティブな理由を伝えるとマイナス評価に繋がりやすいです。

パワハラ×貢献度のアピール◎

例え転職した主な理由がパワハラだったとしても、転職理由をポジティブに変換してアピールしましょう。

「スキルアップのため」「新たな仕事への挑戦」「〇〇の事業に将来性を感じた」等、やる気や熱意、今後のキャリアビジョンが明確に伝わると好印象。

なぜ退職したかよりも、転職して何ができるかを企業は重要視します。

転職理由よりも貢献度のアピールに重きをおいて、これまでのスキルや経験を活かして如何に企業に貢献できるかを具体的に示しましょう。

パワハラが原因で退職したって言っても、面接官は現場を見てないから真実かどうか判断できないよね。「当人にも落ち度があったのでは」「本当にパワハラだったのか」なんて思われたら損するだけだよ。

パワハラが証明できても、その話で“入社後も会社に不満を言いそうな人”ってレッテルを貼られちゃうかも。過去のパワハラより、あなたがどんな人間かを売り込むために時間を使う方が建設的でしょ☆

パワハラで辞められない状況でも確実に退職して転職する方法

パワハラがあるような会社はすぐに辞めさせてくれません。

実際に執拗な引きとめに合うケースは多いので、退職希望者が無事に辞めるための方法もしっかりと確認しておきましょう。

パワハラ上司の悪質な引きとめは多い

[悪質な引きとめに遭遇した割合]

[悪質な引き止めの内容]

出典:転職コンサルタント100人に聞いた/エン・ジャパン

エン・ジャパンのアンケート(2018年調査)によると、コンサルタントの5割が「2人に1人が退職時に引きとめにあう」、4割が「悪質な引きとめに遭遇したことがある」と回答。

実際にあった悪質な引きとめは「退職届を受け取らないなど手続きを進めない」「退職時期を度々延長させられる」「上司や上位役職者による恫喝」がTOP3でした。

少子高齢化による人手不足で企業の倒産も懸念される今の時代、円滑に退職する術は知っておくに越したことはありません。

パワハラでも辞めるための手段がある

辞める権利を行使する

穏便に退職を目指すなら、1ヶ月前に退職の意思を伝えたいところですが、法律上は申し入れから2週間で辞めていいとされています。

経営者に直接伝えるか「退職届」を経営者に送ってから、2週間経過すると雇用は終了です。

パワハラを公共機関に相談する

都道府県労働局には「総合労働相談コーナー」があり、「自己都合退職」の相談窓口となっています。

パワハラなど自己都合での退職では、専門の相談員による電話相談が可能です。

参考:都道府県労働局所在地一覧/厚生労働省

パワハラで辞められないなら退職代行サービスを利用

退職希望の従業員に代わり、会社との退職のやり取りをすべて代行してくれるのが退職代行サービス「退職代行EXIT(イグジット)」です。

「今すぐ辞めたい」「気まずいから会社の人と顔を合わせたくない」「もう2度と会社に行きたくない」など、パワハラで追い詰められている人の要望にすべて応えてくれます。

    退職代行EXITのメリット

  • 相談から即日対応ですぐに退職できる
  • 深夜や休日でも対応可能
  • 会社とのやり取りは一切不要
  • 退職届の提出・貸与品の返却も郵送でOK
  • もうパワハラ上司と話す必要なし
退職代行EXIT

メディア掲載実績No.1!退職成功率100%
業界最大手で累計2500人以上の退職を代行。
即日対応でスピード退職を実現

パワハラから自分を守るために転職を選択する

近年パワハラによる精神的・肉体的苦痛を訴える人も多いです。

パワハラを何度も繰り返し受けると心身へもたらす悪影響は積み重なっていきます。

心の病が長期休業につながるケースもあり、家族にも負担がかかりかねません。

パワハラを受けているなら我慢せず早めの解決に向けて行動しましょう。

真面目で優しい人ほど、パワハラに合いやすいと言われているの。会社が違えば環境は今とまったく変わるわ!新しい1歩、踏み出しましょ♡

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職実績No.1の『リクルートエージェント』と20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかるアプリ「ミイダス」も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント

転職成功実績No.1!非公開求人20万件超!!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!
登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ

年収500万円から利用できるハイクラス転職サイト。
求人の3割以上が年収1,000万円超え!登録時に入力した情報をもとに企業から直接スカウトされる。

中でも「プラチナスカウト」を受け取ると企業やヘッドハンターと必ず面談できる。キャリアアップを望む人は必ず登録しておきたい転職サービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事