最終更新日:

威圧的な上司のパワハラが辛い!上司からのパワハラ被害を避ける方法

もう嫌!パワハラ上司から解放されたい!パワハラ上司の分類と対策法について

「上司からパワハラを受けている」
「上司のパワハラにどう対処法したらいい?」

権力や立場を利用した上司や先輩からパワハラを受け、悩んでいる方は少なくありません。

パワハラの基準や対処法を把握して窓口や第3者機関へ相談すれば、上司に受けているパワハラを早期に解決可能です。

この記事ではパワハラ上司を傾向別に分類し、パワハラに苦しまずに済む方法や今からできる対処法、今すぐに職場を辞める手段についても解説します。

「職場でのパワハラを避けたい」「仕事の時間が辛い」と感じている方は必読の一記事です。

上司から受けるパワハラの定義と分類

組織の中で相手よりも立場が弱いと、理不尽な言いがかりを付けられてもなかなか抗議しづらいですよね。

優位な立場や権力を使って業務の範疇を超えた干渉・嫌がらせをし、精神的・肉体的苦痛を与えるのがパワハラの定義。

厚生労働省ではパワハラを6つの分類に大きく分けています。

分類 パワハラ行為の例
身体への攻撃 相手を肉体的に傷つける、物を投げつける
精神への攻撃 長時間の執拗な叱責、人前での威圧的な叱責
人間関係からの切り離し 同僚と隔離、仲間外れにして無視
過大要求 業務上明らかに不要な作業や遂行不可能なノルマの強制
過小要求 合理性なく程度の低い業務を命じる
個の侵害 相手のプライベートを暴露、嫌がらせ行為
複数の類型に該当する、または分類に当てはまらなくてもパワハラになる行為もあるので、6分類に当てはまらない=パワハラではないとは言えません。

上司のパワハラ傾向に合わせた対処法

威圧で従わせるパワハラ上司

部下へ威圧的な態度で接し、時には物に当たったり直接的に暴力を振るったりするのは、パワハラ上司の典型例です。

日常的に暴言・暴力を受けながら人格を否定されると、肉体的・精神的に大きな苦痛を受け続けるでしょう。

部下を怯えさせてコントロールしようとする上司は、常に威圧しながら立場の違いを示しています。

恐怖と尊敬を取り違えて「自分はマネジメントが上手い」と考えるので、報復や口論をするとさらに威圧的になりかねません。

どんな態度を取られても影響を受けていない素振りで、淡々と対応するのが威圧をする上司への対処法です。

不可能な仕事をさせるパワハラ上司

実現不可能な仕事を押し付けて、過大な要求を「成長のため」と有無を言わせずに正当化するパワハラ上司もいます。

善意を装った陰湿な行為に対して、感情的になるのは避けましょう。

上司の自尊心を傷つければ、より悪質なパワハラをする大義名分を与えてします。

基本的には上司を立てて体面を保ちながら、尊敬している態度を装って論理的に不可能だと事実を伝えましょう。

  1. 「成長のため」にと考えてくれた上司に感謝を伝える
  2. 「○○さん(上司)に迷惑がかかるので(損害が出るので)」と断りを入れる
  3. なぜ実現不可能なのか、論理的に述べて納得してもらう

部下を孤立させるパワハラ上司

特定の人物を孤立させる行為は、厚生労働省の分類では「人間関係からの切り離し」に該当します。

  • 不愉快なあだ名を付ける
  • 仕事を振らない
  • 他の部下に伝えた情報を伝えない
  • 個人的な好き嫌いで態度を変える

職場での立場が悪化する前に先輩や同僚に相談し、嫌がらせがあってもフォローしてもらえるよう根回しをしましょう。

周りに悩みを相談してパワハラ行為を遠回しに周知する、直属ではない他部署の上司へ相談するのも有効な手段。

パワハラをする人は、精神的優位に立てると判断した相手を見下し、自尊心を傷つけます。

上司に侮られないよう、毅然とした態度で対応してください。

執拗にミスを指摘するパワハラ上司

小さなミスに対して「指導」と称した執拗な叱責で自尊心を満たす上司の行為もパワハラにあたります。

付け入られるミスを減らせば回避はできますが、仮にミスがあっても「今日はついていない」と割り切って聞き流しましょう。

パワハラをする上司は仕事の効率より、部下に叱責が効いている事実を重視します。

悪意しかない言動を真剣に受け止めても非生産的なので、精神的苦痛を軽減する方向に努めるのがおすすめです。

責任を押し付けるパワハラ上司

パワハラをする上司側に指導力・マネジメント力がないと、業績が振るわない責任を部下に押し付けます。

責任逃れをするためのパワハラには、論理的に予防策を提示するのが効果的。

客観的な事実を積み上げ、理不尽な要求に対抗しましょう。

神経質だと揶揄されても動じず、業務の始めから終わりまで責任の所在をあやふやにしないようにしてください。

  1. 指示が不明確だと伝える
  2. 成果のラインを事前に明確化
  3. 逐一確認し、発言を記録(矛盾を指摘)
  4. 失敗の要因を論理的に追求
  5. 果たすべき責任の範囲を論理的に伝える

上司のパワハラから脱出する方法

上司から受けているパワハラを止めたい、上司から離れたいなら、段階に応じた対応を考えましょう。

「報復する」「やり返す」ではなく「上手く付き合って被害を減らす」のも一つの選択肢。

選択の内容にかかわらず、相談や根回し、受けた被害の記録をしておくと不測の事態にも対処しやすくなります。

ハラスメント窓口へ相談

現代のパワハラは会社組織全体の問題です。

会社によっては人事部や総務部にハラスメント相談の窓口があるので、利用してみましょう。

相談する前にパワハラ上司の発言や態度を記録し、提出すると話がスムーズに進みます。

公的機関に相談するなら、相談先は要チェック。パワハラの相談は労働基準監督署ではなく「労働局」の管轄です。

パワハラ上司の行動を把握&先回り

パワハラ上司の存在を完全に排除するのは法的にも難しく、上司からパワハラを受けた経験のある社会人は多いでしょう。

「嫌がらせをする隙を与えない」「毅然とした態度をとる」ような日々の努力は有効なパワハラ対策です。

外的要因でパワハラを根絶するのは困難ですが、パワハラをする心理や動機を把握して自分で先回りすれば大きな被害は避けられます。

「本当に向いている仕事は?」適性を診断

上司もパワハラの被害者?

従順に働かせるために自由な思考・感情を奪う行為は、現代に限らず行われてきました。

パワハラをする上司自身がパワハラの被害者で、不愉快な経験を当然だと思っているのかもしれません。

パワハラに耐えてきた結果、上司となった今は他のマネジメント方法を知らず、パワハラを肯定しているのです。

上司のパワハラで退職希望なら退職代行を利用

相談や対処を試みても上司からのパワハラが解決せず、退職をしたくても会社に言い出しづらいと感じている方も多いです。

上司のパワハラにこれ以上被害を受ける前に退職したいなら、退職代行サービスを活用しましょう。

「今すぐ辞めたい」「会社の人と顔を合わせたくない」「もう2度と会社に行きたくない」とパワハラで追い詰められている人の要望に応えてくれます。

退職代行の種類とサービス

退職代行サービスには一般業者、労働組合、弁護士の3タイプがあり、それぞれ対応可能な範囲が異なります。

一般業者 労働組合 弁護士
有給交渉 ×
未払い請求 × ×
損害賠償対応 × ×

有給交渉だけなら労働組合の方がリーズナブル。未払い請求も希望するなら弁護士の退職代行サービスへ依頼しましょう。

料金は約2~5万円と決して安い金額ではありませんが、面倒なやり取りなしでパワハラ上司の苦痛から逃れられます

業界最安水準の退職代行サービス

退職代行
モームリ
退職代行
TORIKESHI
退職代行サービス
退職代行TORIKESHI
依頼費 ■正社員・契約社員
22,000円
■アルバイト
12,000円
正社員・アルバイト・パート
一律25,000円
相談窓口
電話
メール
LINE
LINE
相談料 無料 無料
特徴 業界最安水準
弁護士監修
労働組合が運営
労働組合が運営
弁護士監修
全額返金保証
無料相談

労働組合の退職代行サービス

退職代行Jobs(ジョブズ) 退職代行ニチロー
退職代行サービス
依頼費 ■安心パックプラン
退職代行+労働組合

29,000円
■シンプルプラン
退職代行

27,000円
一律28,000円
※内、労務サポート費用3,000円は税込金額
相談窓口 電話
メール
LINE
LINE
メール
相談料 無料 無料
特徴 顧問弁護士監修
労働組合と連携
現金後払いOK
追加費用なし
労働組合が運営
早朝・深夜24時間対応
アフターフォローも充実
無料相談
退職代行ガーディアン
退職代行サービス
依頼費 一律29,800円
相談窓口 電話
LINE
相談料 無料
特徴 東京都労働委員会認証の労働組合法人が運営
追加費用なし
無料相談

上司のパワハラで転職しても成功する方法

転職前に適性診断を受ける

上司からのパワハラを避けて退職する方は、自分に合った職場に転職したいですよね。

転職活動を始める前に仕事の適性を把握すると、自分に向いていない職場を回避しやすくなります。

仕事の適性を診断するなら、リクナビNEXTのグッドポイント診断を利用しましょう。

質問に答えるだけで自分の強みが見つかる本格診断サービスで、簡単に向いている仕事を確認できます

上司のパワハラに悩んだら適性検査(※会員登録完了後に診断できます)

リクナビNEXT

求人6万件超!スカウト機能あり
日本最大級の求人データベースから検索可能&AIが最適な求人をレコメンドする転職サイト。
本格診断サービス「グッドポイント診断」で自分の適性を把握できる。

転職エージェントで上司のパワハラがない企業に転職

転職エージェントは転職活動で手間のかかる作業をすべて無料で代行してくれる存在です。

自分一人では知りえない企業の内部情報も教えてくれるので、ミスマッチを未然に防げます。

転職エージェント_サービス一覧

取り扱い件数が多い業種・職種やサポート内容は各社で異なるので、自分に合う転職エージェントを選びましょう。

転職エージェントは複数併用すると転職活動がより円滑に進みます。

全転職者向け大手転職エージェント

リクルートエージェント doda
転職エージェント
主な年齢層 20代~35歳 26~35歳
主なサポート対象者 全転職者に対応 全転職者
支援実績 採用成功実績は54万人超 業界30年の採用成功実績
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
求人が幅広い
営業職に強い
丁寧なサポート
簡単登録
(無料)

若手向け転職エージェント

マイナビエージェント DYM就職
転職エージェント
主な年齢層 20代~30代 18~35歳
主なサポート対象者 第二新卒、1~3回目の転職者 第二新卒、既卒、女性もOK
支援実績 20代の満足度
No.1
を獲得
経験が浅い若年層を積極支援
特徴 サポートが◎
中小企業も豊富
IT系にも強い

優良企業を厳選
人物重視の採用
親身なサポート
面接対策も充実
簡単登録
(無料)

ハイクラス向け転職サービス

ビズリーチ リクルートダイレクトスカウト
転職
サービス
弁護士の転職に強い転職エージェント「ビズリーチ」
弁護士の転職に強い転職エージェント「リクルートダイレクトスカウト」
主な年齢層 30~40代 20~50代
主なサポート対象者 ハイキャリア
管理職クラス
年収500万円以上の転職者
ハイキャリア
管理職クラス
年収600万円以上の転職者
入会審査 あり なし
アドバイザー
ヘッドハンティング型
実績 年収1,000万円以上の人から支持される転職サービスNo.1 転職時の平均年収900万円
特徴 ベンチャーから大手まで幅広い
求人の1/3が年収1000万円超
企業からの面談確約スカウト
完全無料
大手求人多数
年収800~2000万円求人多数
一流ヘッドハンター指名可
簡単登録
(無料)

上司からのパワハラは我慢せず相談

上司のパワハラに対して、ただ耐え続けたり、激しく対抗したりしても問題は解決しません。

パワハラをする上司のタイプと心理に合わせた対処法を取り、受け流せるようになると働きやすくなります。

問題の大小に関わらず、会社の窓口やしかるべき機関に相談するのも有効な手段です。

パワハラの問題が解決せず辛い方や、長く会社に居続けたくない方は退職代行転職エージェントなど、自分に合ったサービスを活用しましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティーワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、業界・職種が幅広い『doda』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職成功実績No.1!非公開求人多数
幅広い業界・職種から希望条件にマッチする求人を紹介可能

年代問わず転職決定者が多く、キャリアアップ・キャリアチェンジに強い。充実の面接対策も人気!

doda公式へ

求人数20万件超!非公開求人多数!!
こだわり条件にマッチする求人を提供する国内最大級の求人情報・転職サイト

特に営業職に強く、丁寧なサポートとアフターフォローに定評あり。大卒以上の26~35歳関東、関西、東海の求職者向け。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サービスがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超。登録者のレジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

会員登録時に基本情報や職務経歴まで入力するとスカウト率アップ!
関連記事:転職エージェント23社を徹底比較!自分に合う転職エージェントを選ぶコツ

RECOMMEND

関連記事