最終更新日:

LINEでのパワハラの判断基準は?パワハラLINEを今すぐ解決する方法

LINEでパワハラになるケースとは? 判断基準と対処法についても

「どんなLINEがパワハラになるの?」
「パワハラLINEの具体的な事例は?」
「パワハラLINEにはどう対処すればいい?」

パワハラは上司から部下or同僚間での職場いじめが多いですが、近年はLINEでのパワハラに悩む方も少なくありません。

パワハラLINEの判断基準と被害者になった時の対策を把握しておけば、パワハラLINEは早期解決が可能です。

今回は、LINEでパワハラになるメッセージの判断基準とパワハラLINEを今すぐ解決する方法を詳しく解説していきましょう。

パワハラLINEの判断基準

最近は様々な場面でパワハラが起こってるらしいけど、LINEでのパワハラも深刻な問題だよね?

LINEでいつでも連絡を取れる状態がパワハラを加速させてるの。パワハラ被害者が職場を離れてもLINEで追い打ちがあれば苦痛は継続するわ。

パワハラLINEは閉鎖的な空間で起きるため、被害者は判断に困ります。

個人間でのLINEでは目撃者がおらず、被害者は自ら客観的に判断するしかありません。

メッセージの微妙なニュアンスが不快でも、パワハラに該当するかの判断は難しいでしょう。

パワハラで精神的に追い込まれてる子は「自分が我慢すれば」「自分が間違ってるから」って言い聞かせて正常な判断力を失いがちよ。

LINEでの誹謗中傷や人格否定

LINEは職場で対面する状況とは違い他人の目がありませんが、職場でもLINEでも人格を否定する発言や行為はすべてパワハラです。

社内LINEグループで、特定の人物の誹謗中傷・人格を否定するメッセージを送るとパワハラになります。

被害者が「人格を否定された」と感じる内容ならパワハラと判断しましょう。

就業時間外に業務のLINE

退社後の深夜や休日など就業時間外の業務に関するLINEはパワハラと判断できます。

    就業時間外のパワハラLINEの例

  1. 深夜に上司から業務に関する叱責
  2. 休日に業務への対応の強制
  3. 早朝に業務を急かす嫌がらせ

緊急時を除き就業時間外に業務への対応を促す・強制する行為はプライベートの侵害です。

社員や部下にLINEへの返信を強制させるなら、被害を訴える正当性があります

パワハラLINEがあるかもって緊張してたら心が休まる暇がないよ。精神的に耐えられなくなりそう…。

業務に一切関係ないLINE

業務に一切関係ないプライベートなLINEもパワハラに該当します。

男性から女性へのプライベートな内容が問題視されがちですが、女性管理職が増え男女逆のパターンでもセクハラ&パワハラの事例が増加しているようです。

上司から部下に対して断りづらい食事の誘いや交際の話題などパワハラLINEが執拗に続けば、職場での対面すら精神的苦痛になるでしょう。

パワハラLINEを今すぐ解決する方法

真面目で優しい子ほどパワハラ被害者になりやすくて、パワハラLINEに耐える選択をしがちなの。でも“我慢する”のはパワハラ対策ではNGよ。

パワハラLINEがない企業に転職

パワハラが起こりにくい会社は、パワハラに関する制度がしっかりと整っています。

  1. パワハラ研修の定期的な実施
  2. 社内に専用の相談窓口がある
  3. 就業規則にパワハラ定義が含まれている

今の会社がパワハラの解決に消極的なら、早めに転職を検討するのも選択肢の一つです。

しかし、企業の内情を知らずに転職活動すればまたパワハラLINEが起こる会社に転職してしまいかねません。

企業の人事と関係が深くパワハラの内部事情に詳しい転職支援サービスを活用すると、パワハラLINEがない会社を見つけられます

サービス名 特徴
ビズリーチ 一部有料のスカウト型。高年収の管理職求人多数
リクルートダイレクトスカウト 無料のスカウト型。高年収の管理職・役員の求人多数
リクルートエージェント 転職支援実績No.1。営業職やIT系に強い
マイナビエージェント 20代の信頼度No.1。中小企業に強く独占求人多数

転職エージェントの面談でパワハラ相談すれば、パワハラの経験を考慮した求人紹介や面接対策の対応が可能です。

特徴やサポート内容を比較して自分に合うサービスを選びましょう。

転職エージェントは2~3社併用すると求人の選択肢が広がります。

キャリアが長い30~40代向け

ビズリーチ リクルートダイレクトスカウト
スカウト型転職サービス
主な年齢層 30代~40代 25歳~40代
主なサポート対象者 現年収500万円以上 現年収600万円以上
支援実績 採用企業数累計17100社 転職決定年収の平均900万円超
特徴 ハイクラス国内最大級。1千万超の求人多数
年収800〜2000万円の求人多数。完全無料
簡単登録
(一部有料)

キャリアが浅い20~30代向け

リクルートエージェント マイナビエージェント
転職エージェント
主な年齢層 20代~35歳 20代~35歳
主なサポート対象者 全転職者に対応 20代、第二新卒、1~3回目の転職者
支援実績 採用成功実績は54万人超 20代の信頼No.1を獲得
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
サポートが◎
中小企業に特化
IT系にも強い
簡単登録
(無料)

パワハラLINEが辛いなら退職

パワハラLINEに悩んで転職を決意しても、パワハラだけが理由では退職しづらいと考える人も多いです。

  1. パワハラで会社を今すぐ辞めたい
  2. 上司や会社に言いづらい
  3. 引き止めを断れない
  4. 相談したのに退職できない

上記の問題に悩む退職希望者は、退職のやり取りをすべて代行してくれる退職代行サービスを利用しましょう。

相談だけなら無料で、数万円の依頼費を払えば明日から会社に行かずに今すぐパワハラLINEの苦痛から逃れられます

退職代行Jobs(ジョブズ) 退職代行ガーディアン
退職代行サービス
依頼費 27,000円 29,800円
相談窓口 電話
メール
LINE
電話
LINE
相談料 無料 無料
特徴 顧問弁護士監修
労働組合と連携
現金後払いOK
追加費用なし
東京都労働委員会認証の労働組合法人が運営
追加費用なし
無料相談

なかなか転職先が決まらない時は…

一般的に、転職活動の平均期間は3ヶ月~半年程度とされています。

転職支援サービスを活用しても、転職先が決まるまでに数ヶ月の離職期間(ブランク)が空く人は少なくありません。

転職活動が長期化する理由
・求人を選り好みしている
・転職したい業界/職種で求人が少ない
・ライバルが多い時期

LINEでのパワハラで会社を辞めてから転職活動を始めた人は、金銭面の不安や長期化の焦りが募りやすいです。

ブランクが長引くほど求人を吟味しなくなり、希望条件を妥協して望まない企業に転職してしまいます。

転職先が決まるまでしのぐ方法

転職活動が長引いても金銭面に余裕があれば不安や焦りは軽減されるから、好きな時だけ自由に働ける「Uber Eats 」を活用しましょ♪

Uber Eats は海外発のフードデリバリーサービスで、配達パートナーに登録すれば好きな時間に働いて報酬を得られます

個人事業主なので、朝だけ、夜だけ、土日のみ、短時間など、スケジュールは自分のペースで自由自在

18歳以上で自転車・原付バイク・軽貨物車両を運転できれば、学生でも主婦でも60代でも登録可能です。

本業としても、転職活動中のつなぎにも、副業にもお小遣い稼ぎにも時間を有効活用できるので、ぜひ登録しておきましょう。

Uber Eats 配達パートナー
個人事業主
主な年齢層 18歳~60代
特徴 自分のペースで好きな時に働けるフードデリバリーサービス。
学生、主婦、40~60代も◎
簡単登録
(無料)

パワハラLINEを第3者機関に相談

退職・転職が選択肢にないなら、まずは同僚や会社の窓口への相談がベストですが、パワハラを軽視して対応しない会社もあります。

相談してもパワハラLINEが解決しないなら、「総合労働相談センター」に相談しましょう。

各都道府県の労働局に設置されていて、労働に関するあらゆる問題に対応、パワハラLINEの被害にも相談に乗ってもらえます。

LINEでパワハラ加害者にならないために

ここからは被害者側じゃなくて、パワハラLINEの加害者にならないための注意点を見ていきましょ☆

LINEで部下を注意しない

パワハラか否かは、「被害者がどう感じるか」で決まります。

上司として正当な注意だとしても、部下の感じ方は分かりません。

何気ない一言が人格を否定していると受け取られかねないため、「記録」が残るLINEは業務についての注意には適していないでしょう。

退勤後はLINEを送らない

管理職には重い責任があり、退社後の仕事や業務について思考錯誤する時間は部下の比ではありません。

非協力的で責任感が薄い部下に対してトゲのある言い回しになりがちです。

就業時間外の業務LINEではさらにパワハラの危険性が高いので、極力控えましょう。

人格否定や誹謗中傷のLINEは送らない

LINEやSNSには顔が見えない共通点があり、対面していない状況が気持ちを大きくさせ油断させます。

普段なら決して使わない言葉でも、LINEだと気が緩み部下や同僚に不快な思いを抱かせてしまう人は少なくありません。

頭では理解していても、つい不用意になるのがLINEやSNSの恐ろしさです。

「自分に限っては」と例外にしないで、LINEでも職場でも人格に関する内容や中傷は絶対にしない習慣をつけておかないといけないね。

パワハラLINEは回避・早期解決できる

LINEは閉鎖的な空間だからこそパワハラを深刻化させ、顕在化しにくい状況を作っています。

  1. パワハラLINEがない企業に転職
  2. パワハラで退職しづらいなら退職代行
  3. パワハラLINEを第3者機関に相談

パワハラLINEには早期解決する方法があるので、上手く活用して今すぐパワハラの苦痛から脱却しましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事